白髪染めによる、かぶれの症状とは?

白髪染め かぶれ 肌荒れ 症状 0

 「お肌は内臓を映す鏡」と言いますが、外からの刺激を受け止める砦(とりで)でもあります。

白髪染めの刺激を受け止めるのは、やっぱりお肌なんですよね。白髪染めを拒絶した証であるかぶれ・肌荒れの症状をまとめました。

ちょっとした頭皮や顔の違和感も放っておかずに向き合うことが大切です。悩みが少なく、希望のある美容ライフをゲットしましょう。

白髪染めでかぶれてしまう原因は2パターン。あなたはどちらが原因?

かぶれを起こした白髪染めと関わらないことが一番の解決策なのですが、かぶれるプロセスは2種類ございます。あなたのかぶれ、どちらが原因でしょうか。

アレルギーでのかぶれ

白髪染め後の経過時間

症状

6時間~半日

かゆみを感じる。

半日~48時間

かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出始める。

48時間

かぶれのピーク。最も症状がひどくなる。

時間を追うごとに症状がひどくなるのが、アレルギーによるかぶれです。典型的な症状の現れ方は上記の表のようになります。染めてから2日後である48時間後が、かぶれの山場ですね。

パラフェニレンジアミンなどのジアミン系染料によってアレルギー症状が引き起ります。

刺激でのかぶれ

変わって、誰にでも起こるかぶれです。刺激のある物質・成分によるかぶれで、濃度と自分の肌の状態が関わってきます。

症状の現れ方はアレルギー性の「48時間後がピーク」ではなく、肌に触れた瞬間からかぶれたり、徐々に広がりを見せたりするなど様々です。

  • 白髪染めを頭皮に付けた途端、ジガジガと燃えるような熱さを感じた。その後赤く腫れてきた。

という症状は、刺激性のかぶれになります。

また白髪染めを洗い流すときに肩や腕に付着し、かぶれてしまうことも。

片膝ついて薬剤を洗い流していたら、折っていた膝の方にだけかぶれが現れた、という体験談もあるように本当にお肌は正直者です。

白髪染めによるかぶれ 症状と場所

ここではかぶれによる症状やかぶれやすい場所についてご紹介していきます。

かぶれの症状

代表的なかぶれの症状としては、

  • かゆくなる
  • チクチクしてくる
  • 赤くなる
  • はれる
  • ブツブツが出る
  • 皮がめくれる
  • フケが増える
  • ドロッとした膿(うみ)が出る
  • ジュワーと透明な液体がしみ出る

かぶれの出方は人それぞれなので、形態もたくさん。

症状を一言で言い表すのは難しいのですが、うっとうしくて、不快なのは共通していることかと思います。

かぶれる場所

そんな不快なかぶれですが、出現ポイントは白髪染めを使用する頭髪周辺です。毛染めが触れる可能性のある、

  • 頭皮
  • 髪の生え際
  • おでこ
  • 耳の後ろ
  • うなじ

は狙われやすいのです。さらに頭髪周辺から派生して、

  • まぶた

など、洗い流すときに触れてしまう所にもかぶれは訪れます。

白髪染めによる健康被害

かぶれに気づかなかったり、無理をして同じ白髪染めを使い続けたりすると、

  • 全身じんま疹
  • 呼吸困難(咳・息切れ)
  • 動悸
  • 血圧の低下
  • めまい
  • 嘔吐

などの重篤な症状が出ることがあります。取るに足らない出来事と思っていた白髪染めによるかぶれ。そこから命までも脅かされてしまうなんて、思いもしないですよね。

もし白髪染めをして紹介したような症状が出てしまったら、すぐにでも病院に診察しに行きましょう。

 

かぶれの症状が出たときのNG行動

白髪染め かぶれ 肌荒れ 症状 3

かぶれた白髪染めは使わないのは鉄則ですが、この呼びかけを勘違いされる方もいるようです。かぶれの症状が出た後に、やってはいけないNG行動をまとめました。

かぶれの症状が軽いからと使い続ける

かぶれの症状は、大もあれば小もあります。顔全体が赤くパンパンに腫れあがった!なんてことがあったら、すぐに原因を作った白髪染めは手放しますよね。

しかし、ほんの一日でしずまるチクチクや、チーク程度の赤味など、放置していれば治るレベルでは白髪染めを交代せねば!という切迫感はありませんよね。

少しのかぶれも危険

ジアミン系成分によるアレルギーの特徴は、長い間をかけて抗体をつくることです。軽いかぶれ期間が長ければ長いほど、かぶれが大爆発する傾向があります。

自分を買いかぶることなく、次の白髪染めを探しましょう。

かぶれない白髪染めを使おう

ジアミン系アレルギーは、肌の弱い強いに関係なく発症します。チクチクしない・赤くならない白髪染めを選ぶべきなのは、明らかですよね。

メーカー・成分を変えてみる

かぶれたメーカー・製品を使わないのは正解です。ただ、かぶれの原因となった成分が、乗り換え後の製品に含まれていては、全く意味がありませんよね。

  • ジアミン系染料:1剤と2剤で構成される基本的な白髪染めには必ず含まれる
  • タール色素:ヘアマニキュアに含まれる

このように、メーカー・製品を変えても原因成分はついて回るんです。染める手法自体の見直しが大切なんですね。

どうにか肌につかないように頑張ってみる

一度かぶれても、肌につかないような工夫をして使い続ける方もいます。生え際に保護クリームを塗ったり、洗い流すときに足につかないように椅子を用意してみたり。その心がけ、かぶれる前であれば、刺激成分を肌から遠ざけてくれるので、とっても有効です。

かぶれた後では

しかし、かぶれ経験者がやっても無駄なんですよね。どんなに頑張っても、薬剤を塗る~洗い流すという工程で、肌についてしまうことでしょう。そもそも、頭皮から生える白髪です。薬剤を肌に付けないなんて無茶ですよね。

付けない努力より、新しく白髪染めを選ぶ手間をかけてはいかがでしょうか。

※美容院の白髪染めでかぶれた後の対処に関しては以下の記事をご覧ください。

まとめ

白髪染め かぶれ 肌荒れ 症状 4

白髪染めによるかぶれの症状と、かぶれ後にやりがちなNG行動をお伝えしました。他の製品探しが面倒なズボラさんがNG行動に走ると思いきや、知識がないと誰でもやってしまいそうなことばかりです。

ここらでしっかり知識をつけ、生涯を通してお付き合いしていきたい逸品と出会いたいですよね。まずは面倒くさがらずパッチテストをしっかりすることです。そして、いわくつき成分の入っていない肌に優しいヘアカラートリートメントなどの白髪染めもありますから、おすすめしております。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です