アトピーで肌荒れしやすい人にオススメの白髪染め

 アトピー持ちの方は、どんなコスメでも肌荒が心配で、徹底したリサーチをされるのではないでしょうか。パッケージの可愛さや爽やかな香りに惑わされないのが、アトピー思考ですよね。

敏感なアトピー肌でも肌荒れせず、満足に白髪が染まる商品を探しましょう。アトピー目線から、辛口レビューを始めます。

アトピーはどんな状態?

白髪染め かぶれ 肌荒れ アトピー 1

日本皮膚科学会では、アトピーをこのように定義しています。

アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患
アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版より

つまり、『かぶれ・肌荒れの状態が、悪化・好転を繰り返し、掻きむしりたいほどのかゆみを持つ病気』ということです。

油断大敵アトピー

良くなったと思ったら、ちょっとの刺激で前よりも悪くなる。一歩進めばまた戻る、ご機嫌ナナメの“ナマモノ”を相手にしているようなものですよね。毎日が、気が抜けない戦いなのではないでしょうか。

アトピーの原因と症状

遺伝や環境などが絡み合って、お肌の生理機能に異常が起こります。

汗と皮脂の分泌が低下して、セラミドや天然保湿成分が減っていきます。お肌は水分をキープできなくなるので乾燥し、様々な刺激に対するバリアー機能も低下してしまうのです。そうやってできたのが、刺激を受けやすいアトピー肌なんです。

アトピー対策

アトピー対策は、肌の保湿コントロールで乾燥を食い止め、生理機能を正常にしていくことが第一です。そして、普段から刺激に気を付けます。刺激なりそうなもの、例えば洗浄力の高いせっけんは避けてください。衣服も、柔らかい木綿などが良いでしょう。

白髪染めを選ぶポイント

白髪染め かぶれ 肌荒れ アトピー 2

アトピーの大敵は、刺激と乾燥であることが分かりましたね。ここから、白髪染めを選ぶポイントとしては、この2点になります。

  • 低刺激の白髪染め
  • 頭皮の乾燥を防ぐ白髪染め

①低刺激の白髪染め

アトピー肌は、他の人は普通に使えているものでも、ワッとかゆみが噴き出します。油断は禁物なんですよね。普通の口コミは、あまり参考にできません。しっかり成分表示を見て、低刺激な白髪染めを選びましょう。

②頭皮の乾燥を防ぐ白髪染め

そんな弱い肌を作り出す根っこには、乾燥がありました。

頭皮も乾燥した状態では、どんなに刺激が弱くても荒れやすい状況です。頭皮の乾燥ケア用オイルを用意するのも手ですが、乾燥を防いでくれて、保湿してくれる白髪染めがあるのであれば最高ですよね。

乾燥を防ぐ白髪染めについては以下の記事をご参照ください。

アトピー向けの白髪染めとは?

白髪染め かぶれ 肌荒れ アトピー 3

総合評価

種類

①低刺激

②乾燥防ぐ

A

ヘアカラートリートメント

B

ヘナ

×

B

ヘアマニキュア

×

C

白髪染め(酸化染毛料)

×

×

C

オハグロ式白髪染め(非酸化染毛料)

×

×

2つのポイントをふまえて、アトピー向けの白髪染めを判定します。

低刺激はともかく、乾燥ケアを白髪染めに期待するのは手厳しかったかもしれませんね。総合評価Aから詳しくみてみましょう。

【A】ヘアカラートリートメント―低刺激〇 乾燥△

ヘアカラートリートメントは、使うごとに徐々に染まる白髪染めですね。カラーリンスとも呼ばれます。何回も薬剤を付けるなんて、髪もお肌も荒れるように思われがちですが、刺激の低い染料(HC・塩基性)なので安心です。

塩基性染料には髪の手触りも良くする効果があります。トリートメントと命名されているだけのことはありますよね。乾燥ケア機能を備えているかどうかは、製品によるので判定は△です。シャンプー前にするタイプと、シャンプー後にするタイプがあります。

【B】ヘナ―低刺激△ 乾燥×

植物性の染料なのでヘナの刺激は低めです。ただし、白髪染めとしてヘナ100%の製品はほとんどなく、他の染料と混ぜていることが多いのが現状です。そうなると他の染料の刺激がありますので、低刺激判定は×に近い△、乾燥への配慮は特にございませんので×です。

【B】ヘアマニキュア―低刺激△ 乾燥×

キューティクルを開いて色を入れていくだけなので、化学反応がない、髪には優しい白髪染めです。色づくとともにツヤが出せますので、大人のキチンと感をプロデュースできます。

ただし、使われているタール色素は刺激が強いので、アトピー肌にはご法度です。ヘアマニキュアは、そもそも肌につくことを想定していませんが、根元から始まる白髪を前に、つけないことは難しいですよね。

【C】白髪染め―低刺激× 乾燥×

最も流通している白髪染めですね。髪を脱色して、色素を入れて発色させます。美容院で、カラーリングで白い薬剤を塗っている方を見かけたことがあると思います。それって、なりたい髪色ってわけじゃないですよね。真っ白では嫌です。

実際は、薬剤の中の色素が化学変化して髪の中で発色します。化学変化を起こすので、肌には負担がかかります。そして色素を入りやすくするため、アルカリ剤でキューティクルを膨らませるので、これも大きな負担となってしまいます。

さらに、ここで使われるジアミン系の染料は、アレルギーを起こしやすい物質です。アレルギーが起きるかどうかは運ですが、もともとアトピーのように肌の弱い方は、はじめから使用を控えることをすすめます。

パッチテストで安全を確認してから染める決まりですが、パッチテスト自体で肌荒れすることもありますので、挑戦するのも微妙です。刺激を与えるだけで、潤いを与えることはないのでC判定となりました。

【C】オハグロ式白髪染め―低刺激× 乾燥×

アレルギーを起こしやすいジアミン系染料ではありませんが、こちらも化学変化を伴いますので刺激は強め。ポリフェノールと鉄塩を、キューティクルの内側で発色させます。紫に近い黒になりますので、人気もなく、商品も少ないですね。

オハグロ式の詳細に関しては以下の記事に記載しています。実際にオハグロ式白髪染め(マロン)を使ったかぶれの実験も掲載していますので、お肌に自信のない方は是非ご参考までにどうぞ。

アトピーにおすすめのヘアカラートリートメント

白髪染め アトピー 利尻

利尻ヘアカラートリートメント

価格1本200g

3,240円(税込)

初回購入

2,160円(1本につき1,000円オフ)

送料

税込540円(定期購入で無料)

時間

10分

低刺激で、乾燥ケアもしてくれるヘアカラートリートメントをご紹介します。私の生え際で実験した中で一番優しかったのがくろめです。

それからは、お肌の調子が悪い時はこちらを使っています。生え際に乗っけても、こすらずスルスルとお湯でオフ出来ます。色の入りは今一つでしたが、優しさはピカイチ。アトピー肌の白髪染めで、最後の砦と言って良いと思います。

まとめ

アトピーのご機嫌をとりつつ白髪染めを実行するには、ヘアカラートリートメントを使いましょう。今回は利尻を推しましたが、基本的に優しいものばかりです。

他にも、保湿やツヤ髪に特化したものがありますので、初回特典や返金保証を利用して、賢くアトピー用白髪染めと巡り会ってくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です