白髪染め、市販薬を調査! かぶれないのはどれ?

 白髪が顔を出すたびに、プロがいる美容院に顔を出せたらどんなに幸せでしょうか。ヘアカラーやシャンプーなど、誰かに頭を触ってもらえるって、腰が抜けるくらい心地よくて幸せですよね。

しかし、実際は美容院に割けるお金と時間って限られていますよね。カットとパーマは美容院、お家で出来ることとなれば白髪染めくらいです。この記事では、白髪染めでかぶれたことがある方でもお使いになれる、白髪染めキット市販薬の調査をしましたので、結果をご報告します。

お手持ちの白髪染めや、ドラッグストアにズラーッと並んだ製品のかぶれ成分、全て確認できますよ。

かぶれない白髪染めを選ぶポイント2つ

一度でも白髪染めでかぶれたご経験のある方は、今後白髪染めができないの?とビクビクしてしまいますよね。次回、心安らかに白髪染めをするためのポイントです。 

①かぶれる成分が入っていないものを選ぼう

 アレルギーを起こしやすい成分や、お肌に刺激の強い成分は避けましょう。

②かぶれにつながる化学反応が起きないものを選ぼう 

髪の色を変化させるときに、かぶれにつながる化学変化が起きないものを選びましょう。化学変化全てが悪いというわけではありません。成分だけでなく、化学変化のカスタマイズもできます。

かぶれにくい白髪染めは、ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアと同じで、髪の表面に色を付ける方法ですが、使われている染料が優しいので、お肌についても大丈夫です。主な染料は、HC染料・塩基性染料の2つで、優しく染め上げてくれます。

  • かぶれにつながる成分が使われていないか
  • かぶれにつながる化学反応はないか

​という2つのポイントに注目しながら、見ていきましょう。​

利尻ヘアカラートリートメント

トリートメントタイプ10分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

LpLpヘアカラートリートメント

トリートメントタイプ20分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

ポーラ グローイングショット カラートリートメント

トリートメントタイプ5分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

ラサーナ ヘアカラートリートメント

トリートメントタイプ10分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

くろめヘアカラートリートメント

トリートメントタイプ10分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

ビゲン カラートリートメント

 

トリートメントタイプ5分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

サイオス カラーリフレッシャー

トリートメントタイプ5分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

LABOMOスカルプアロマ

トリートメントタイプ3分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

50の恵 カラートリートメント

トリートメントタイプ5分

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

どれもかぶれ観点からは刺激的な成分が含まれていませんし、激しい化学反応もございませんので、商品を並べただけになってしまいましたね。

ただ、どの商品も絶対にかぶれないという保証はできません。万が一、これらの商品でかぶれが起こってしまったときのために、以下の記事もチェックしておいてくださいね!

成分に関して詳しくわからない方は、トリートメントする時間を一つの選ぶ材料にしても良いかもしれません。

しかし、かぶれを徹底的にガードするためにも、もっと深く成分表を読み解くように知識をつけましょう。当サイトでは、各商品の詳細ページに成分考察を記載していますから、そちらも是非参考にしていただけると幸いです。

絶対に使ってはいけない!白髪染め(ヘアカラー)

一度でもかぶれた方は、絶対に使ってはいけません。頭皮付近だけでなく、手やお肌に近づけるのも危険!白髪染め(ヘアカラー)の、かぶれ選び方ポイントはこちら。 

  • かぶれにつながる成分:アレルギーを起こしやすいジアミン系
  • かぶれにつながる化学反応:脱色→染色 

特に市販薬は、刺激の集合体です。初心者でも美しく染め上げられるよう濃度も高いので、これでもかと肌をいじめてきますよ。 

ブローネ 泡カラー

泡タイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ブローネ ワンプッシュカラー

クシにつけるタイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン、パラニトロオルトフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ブローネ らく塗り艶カラー

ブラシでぬるタイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ブローネ 香りと艶カラー

ブラシでぬるタイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ブローネ シャイニングヘアカラークリーム

ブラシでぬるタイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ブローネ 液状ヘアカラー

液状タイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ 無香料ヘアカラー早染めクリーム

ブラシでぬるタイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ 無香料ヘアカラー早染め乳液

乳液タイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ

泡タイプ

①成分

トルエン-2,5-ジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ ザ・クリームヘアカラー

クシにつけるタイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ ワンプッシュクリームヘアカラー

クシにつけるタイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ダリヤ ヘアカラーエマルジョン

エマルジョン(乳液)タイプ

①成分

トルエン-2、5-ジアミン

②化学反応

あり

ウエラ トーン2+1 白髪染め

ブラシでぬるタイプ

①成分

硫酸トルエン-2.5-ジアミン

②化学反応

あり

ビゲン ポンプフォームカラー

泡タイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ビゲン 香りのヘアカラー

ブラシでぬるタイプ

①成分

硫酸トルエン‐2、5‐ジアミン

②化学反応

あり

ビゲン スピーディカラー

ブラシでぬるタイプ

①成分

パラフェニレンジアミン、硫酸トルエン‐2.5-ジアミン

②化学反応

あり

ビゲン クリームトーン

ブラシでぬるタイプ

①成分

パラニトロオルトフェニレンジアミン、パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

マンダム ミルクジャムヘアカラー

ブラシでぬるタイプ

①成分

パラフェニレンジアミン

②化学反応

あり

ドクターシーラボ ヘアカラーフォーム

泡タイプ

①成分

パラフェニレンジアミン、ニトロパラフェニレンジアミン

②化学反応

脱色せずに染め上げるのでなし

一般的な白髪染めには、ジアミン系が100%入っていますね。ヘアカラーになると、ジアミン系に加えて、化学反応を促すために使われているアルカリ剤や過酸化水素水も、刺激がどぎついんです。

 一つだけ、化学反応のないドクターシーラボには、アルカリ剤と過酸化水素水は入っていません。でもジアミン系染料なので、やはり使うことができないものです。

肌との相性によるオハグロ式

ジアミン系ではないカラーです。ポリフェノールと鉄イオンが合わさると、黒く変色する反応を、髪の毛の中で起こします。そんな化学反応をお肌の上で起こされて、刺激にならないわけがないですよね。

その刺激の受け具合には、相性がありますので、使ってみないことには分かりません。説明書でも呼びかけていますが、パッチテストの結果で判断して始めてください。 

かぶれ的に注目すべき

  • かぶれにつながる成分が使われていないか
  • かぶれにつながる化学反応はないか

2点に注目して検証をしていきます。

マロン マインドカラー

1剤→2剤の順番で、クシでぬるタイプ

①成分

刺激なし

②化学反応

あり

ネオビーマン

1剤→2剤の順番で、クシでぬるタイプ

①成分

刺激なし

②化学反応

あり

  • 1剤と2剤を、時間を置いてそれぞれ塗らなくてはいけないので、手間がかかる。
  • オシッコに似たニオイがする。
  • 真っ黒に染まるので不自然だ。
  • 鉄イオンとパーマの薬剤の相性が悪く、パーマがかかりにくくなる。

このような意見があって、使用者も少なく、商品数もごくわずかです。

オハグロ式の白髪染めとかぶれについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

実際にオハグロ式白髪染め(マロン マインドカラー)を使って行ったかぶれ検証を掲載しています。

ヘナは、一緒に含まれる成分による

ヘナは、お肌に優しい植物性のヘアカラーです。白髪や、明るめの髪だけに発色するので、まさに白髪染めのための植物なんです。

しかしヘナ100%だと、赤~オレンジと、明るくなってしまうので、他に染料が足されることがほとんどです。足されたヘナ以外の染料に、かぶれの危険性が付きまとってきます。かぶれ的に注目すべき点は二つです。

  • かぶれにつながる成分が使われていないか
  • かぶれにつながる化学反応はないか

ナイアード ヘナ100%

オレンジ~赤に染まる

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

ナイアード ヘナ+木藍

黒茶系に染まる

①成分

木藍(インディゴ)

②化学反応

なし

テンスター ファインヘナ ブラウン

黒茶系に染まる

①成分

ナンバンアイ葉(インディゴ)

②化学反応

なし

マックヘナ ナチュラルオレンジ

オレンジ~赤に染まる

①成分

刺激なし

②化学反応

なし

マックヘナ ナチュラルブラウン

黒茶系に染まる

①成分

ナンバンアイ葉(インディゴ)

②化学反応

なし

オーズインターナショナル 天然ヘナ インディゴネイビー

藍系に染まる

①成分

ナンバンアイ葉(インディゴ)、タール色素

②化学反応

なし

自然に染まりつくので、刺激のある化学変化がないのが、ヘナの良いところですもんね。ただし、かぶれにつながる成分はわんさかありました。

  • インディゴ:植物性の染料で、アレルギー性のかぶれを引き起こしやすい
  • タール色素:刺激の強い色素

自然な暗い色を出すために、添加はやむなしですが、タール色素には納得いきません。ヘナだと思って安心して使う私たちへの冒涜だと感じてしまいました。

ヘナとかぶれについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

初心者は扱いづらいヘアマニキュア

ヘナで登場した問題成分【タール色素】を使った白髪染めです。爪に塗るマニキュアのように、髪の表面に色をつけます。一度お肌につくと、数日はとれない、という恐怖の粘り強さを誇るタール色素は、刺激も強いんです。

またかぶれたくないのであれば、自宅での使用はやめておいた方が賢明です。美容師さんにおまかせすると、根本から数ミリ離して、頭皮に付けずに薬剤を塗ってくれます。結果は見えていますが、かぶれ的に注目すべき点2つで見ていきましょう。

  • かぶれにつながる成分が使われていないか
  • かぶれにつながる化学反応はないか

ブローネ ヘアマニキュア

泡タイプ

①成分

タール色素

②化学反応

なし

シエロ ヘアマニキュア

泡タイプ

①成分

タール色素

②化学反応

なし

ダリヤ ヘアマニキュア・スピーディ

ブラシでぬるタイプ

①成分

タール色素

②化学反応

なし

タール色素ありきのヘアマニキュアですので、使う限りは刺激から逃れられません。泡タイプか、ブラシでぬるタイプかがございますが、正直大差なしです。泡で扱いやすいと思っても、放置時間が終わるうちにパチパチとはじけて、液状に変わってしまいます。

刺激的で扱いづらい。そんな魔性のヘアマニキュアは、誰かにお金を払ってやってもらいましょう。市販だと、どれも1,000円未満とお手頃ですが、美容院では、質の良い薬剤(それでもタール色素は含まれていますが)とプロのテクニックが追加されて、最低価格10,000円ほどです。世の中、うまくできていますね。

まとめ

ジアミン系+非ジアミン系の白髪染めを一覧にしてみました。盛りだくさんでしたね。きっと、ドラッグストアでヘアカラーコーナーを通ったら、うんちく王気分になれること間違いなしです。

同時に、優しそうでおしゃれなパッケージに、こんな毒素が含まれていたなんて、と驚かれるでしょう。見かけに騙されずに、お肌に優しくかぶれにくい白髪染めと出会えますよう応援しております。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です