白髪染めでかぶれる…肌荒れしない白髪染めをお探しのみなさんへ

白髪染めによるトラブルは、これまでかぶれとは無縁の生活をしてきたみなさんの元にも突然やってくるものです。

痒み・湿疹・かさぶた・膿のような液体が出てくる等の症状があらわれた方は要注意

ひょっとすると、その症状、単なる一時的なかぶれではないかもしれません。

 かぶれはアレルギーのサイン?肌からのSOSを見逃さないで!

白髪染め 肌トラブル 原因

人間関係には相性がつきものですが、実は人間と物質(成分)の間にも、相性というものが存在します。

かぶれ症状はその相性によって、<一次刺激性接触皮膚炎>か<アレルギー性接触皮膚炎>かのどちらかに分類されます。

以下の成分はそれぞれ、一次刺激性接触皮膚炎・アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいと位置づけられている成分です(白髪染めに含まれる成分)

一次刺激性接触皮膚炎 アレルギー性接触皮膚炎
  • タール色素
  • 過酸化水素水
  • 香料
  • エタノール 等
  • ジアミン系染料
  • レゾルシン
  • 過酸化アンモニウム
  • インディゴ 等

前述でもお伝えした通り、私たちは肌質や体調によって、各々成分との相性が異なります。

ですから、かぶれ症状と一言に言っても、少しムズムズとした痒みがある方から、中には顔がパンパンに腫れてしまう人まで様々です。

では、かぶれ症状にはどんなものがあるのか。

次項でさらに詳しく症状をお話したいと思います。

白髪染めによるかぶれの症状

画像引用:消費者健康調査委員会 資料より

白髪染めによるかぶれは、一次刺激性接触皮膚炎・アレルギー性接触皮膚炎ともに似たような症状が出ます。

特徴として、一次性接触皮膚炎はアレルギー性接触皮膚炎よりも症状が軽い、治るまでの時間が早いとされていますが、実際は接触した成分の毒性の強さによって異なります。

ただ、アレルギー性接触皮膚炎の場合は、そのまま放っておいたり、再度同じ成分と接触したりすると、アナフィラキシーショックを起こす場合も

↑の写真のように、外に出られないほど顔がパンパンに腫れてしまったり、さらにひどい場合は以下のような症状が起こることもあります。

  • 呼吸困難(咳・息切れ)
  • 蕁麻疹
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 血圧の低下
  • めまい
  • 嘔吐

白髪染めが、命の存続さえ脅かすなんて恐ろしいですよね。

とはいえ、一次性接触皮膚炎かアレルギー性接触皮膚炎か素人で判断するのは難しいため、かぶれ症状が起きたら、まず直ちに白髪染めの使用を中止すること

そして、すぐに皮膚科などの病院を受診することが必要です。

一度でもかぶれ経験のある白髪染めは使わない方が◎

白髪染めで一度かぶれてしまった以上、再度同じ白髪染めを使うのはリスクが高くて危険です。

残念ですが今後かぶれないためには、現在お使い頂いている白髪染めときっぱり決別して、新たな白髪染めを見つけることをおすすめします。

白髪染めを変えても成分が同じであればかぶれる可能性大

ただし、白髪染めと言っても、手持ちの白髪染めを捨てて、新しい商品に持ち替えるだけじゃいけませんよ。

かぶれた白髪染めの原因物質を排除」と言うのが正しいです。

というのも、白髪染めは各タイプによって、配合されている成分が決まっているからです。

それぞれのタイプに、以下の成分が必ずといっていいほど含まれています。

白髪染めの種類

原因物質

ヘアカラータイプ

(1剤と2剤を混ぜて作る普通の白髪染め)

  • パラフェニレンジアミンなど語尾に“ジアミン”がついた染料
  • 過酸化水素水

ヘナ

  • インディゴ

ヘアマニキュア

  • タール色素

つまり、ヘアカラータイプでかぶれた人はヘアカラータイプ以外の商品を、ヘアマニキュアでかぶれた人はヘアマニキュア以外の商品を…という感じで、違うジャンルの白髪染めに移らなくてはいけません。

美容院はほぼパッチテストなし!白髪染めする際は要相談を

白髪染め 美容院 待遇

「セルフで白髪染めした結果、かぶれてしまったのだから、次回は髪のプロにお任せした方がいいのかしら…」

そんな不安から、白髪染めを自宅⇒美容院に切り替える人も少なくないと思います。

しかし、美容院で使用している白髪染めは、大半がアレルギー成分(ジアミン系染料)を含むヘアカラータイプの白髪染めです。

ジアミンアレルギーの場合はヘアマニキュア、もしくは植物染料で白髪染めを行います。

さらに、ほとんどの美容院はパッチテストを実施しておりません

つまり、新しい白髪染めでかぶれるかかぶれないかは、イチかバチかのギャンブル。

美容院の考えとしては、一発勝負で染めてみて、かぶれなかったらラッキーと言う心づもりなんでしょうね。

今後セルフで白髪染めを行う方におすすめのアイテム

  • 過去にかぶれ症状を起こしてしまった白髪染めと同じタイプのものは使えない…
  • 美容院でもひょっとしたらかぶれてしまうかも…

一回でもあのつらい経験をしてしまうと、もうこの先どんな白髪染めを使えばいいのかよくわからなくなってしまいますよね。

そんなみなさんに今後是非お試ししていただきたいのが、ジアミン系染料やタール色素などを含まない新しい白髪染め【ヘアカラートリートメント】です。

安全性抜群!ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントとは、普段使っているトリートメント(コンディショナー・リンス)と同じ要領で、シャンプーした後の髪に塗って放置すれば、自然と白髪が色づく白髪染めです。

ヘアカラートリートメントの特徴
  • ジアミンフリーでアレルギーでも安心して使える
  • トリートメント成分配合だから髪にもやさしい
  • 毎日使用しても問題なし
  • 放置時間は5分~20分ほど
  • 着色はマイルド(染め直し可能、2~3回目でしっかり色づく)
  • 色持ちは1週間~2週間
  • 白髪ケア+トリートメントが同時に出来てコスパが良い

これまでヘアカラータイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めを使ってきた方にとっては、染まり具合・色持ちに不満が出てくると思いますが、かぶれの安全性でいえばピカイチと言えるのではないでしょうか。

そこでここからは、白髪染め用のヘアカラートリートメントの中でも、特におすすめの商品を2つ紹介していこうと思います。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染めトリートメントの中でも、ネットショッピングだけではなく、スーパーやドラッグストアでも販売している商品。

そのため、白髪染めトリートメント初心者でも気軽に手に取れる商品の1つです。

 

ジアミン系だけではなく、パラベンやシリコンなどを徹底的に排除しているのも魅力。

さらに!乾燥から頭皮を守る保護成分も配合されているので、冬場の肌荒れしやすい季節でも、痒みや痛みを起こさず白髪染めを行うことができます。

※利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン使用

↑以前行った当サイトの調査でも、安全性・染まり具合・色もちがヘアカラートリートメントの中でトップクラスであることがわかりました。

👤愛用者の口コミ

前に市販の白髪染めで頭が火傷でもしたかのようにあつくなり、数週間、痒みや湿疹に苦しめられたことがあります。

それからというものの、白髪染めは美容院でヘアマニキュアを行ってもらうようになりました。

でも、2週間ぐらいするとやっぱり根元が気になってくるし、何より美容院ってコストがかさむんですよね。

それで色々調べているうちにネットでこちらの商品を見つけたんですけど、試してみて正解でした!

セルフでもトリートメントみたいに使えばいいから染めやすいし、何より自分の好きなペースで染めれます。

気にしていたかぶれなども全くないのでもっと早く知りたかったです。(50代・女性)

若い頃から肌が弱いので、今まで毛染めは行ったことがありませんでしたが、30歳後半になり、いよいよ白髪が隠しきれなくなってきました。

そこで、口コミ評価の高かった利尻ヘアカラートリートメントを購入。

手や肌も特に荒れることなく、ポツポツ目立っていた生え際の白髪もキレイに染まりました。(30代・女性)

LPLP(ルプルプ)

また、比較的暗めの髪色をキープしたい方には、LPLPもおすすめ。

利尻ヘアカラートリートメントに次いで、人気の商品となっています。

こちらもジアミン系染料やタール系色素、パラベンやシリコンといった添加物が配合されていないのもポイント。

ガゴメ昆布から抽出したフコダインを主軸に、美髪成分も配合されているので、使うたびにキレイな髪質にしつつ、しっかり染めていくことが出来ます。

※LPLP ブラウン使用

↑こちらも以前当サイトで行った調査で、安全性や染まり具合、色持ちはトップクラス。

元々暗めの色合いを楽しんでいる方には、かなり心強い味方になってくれると言えますね

👤愛用者の口コミ

昔から白髪が生えやすいのか、この年になって切るのも抜くのも面倒に。

それから初めて市販の毛染めを使ってみたんですが、髪はボロボロになって染まらないわ、頭皮は傷みまくって1週間ヒリヒリした感じがあるわで、毎回使うたびに後悔していました。

そんな時に、ネットでLPLPのことを知って試してみたんですが、私には合っていたみたい!

お風呂に入る前にサッと髪につけれるし、つい長時間放置しても頭皮がヒリヒリしません。

しかも染まりもかなり良いので、リピ買い決定です!(40代・女性)

今までは白髪染めを使ってもかぶれることはなかったんですが、去年あたりからとうとうかぶれるようになってしまい、染めたくても染められず。

正直かなり悩んでいた時に、ネットでコチラの商品を見かけて、ジアミン不使用だから…と思って使ってみたんですが、かなり良かった!

手についてもちょっとごしごし洗えばすぐ落ちるし、髪を傷めることなく染めることが出来るので助かっています。

現在は使い始めて1年弱位経ちますが、白髪も目立たないしぜんな髪色で過ごすことが出来ています。(50代・女性)

なお、今回ご紹介した商品の他にも、ヘアカラートリートメントは現在、様々なメーカーから販売されております。

中には染まりの悪い商品や、頭皮に刺激の強い成分が入っている商品もありますから、不安な方は当サイトがご紹介している以下のランキングをご参照ください。

安全な白髪染めランキング|自宅で安心して使える白髪染めを徹底ジャッジ!

2017.12.22

まとめ

痒みや湿疹などの頭皮トラブルは普段お使いのシャンプーやスタイリング剤でも起こる可能性がありますが、いつまで経っても症状がおさまらない場合は、ひょっとすると最近使った白髪染めが原因かもしれません。

「今まで同じものを使ってきたけど、こんな症状は起こったことがない」

という方でも、白髪染めのアレルギーというものは突然にして起こります。

白髪染めアレルギーは一度発症してしまうと、二度と同じ成分が配合されたものを使うことができません。

繰り返すうちにもっと症状がひどくなり、最悪の場合は呼吸困難やめまいまで引き起してしまう恐ろしい白髪染めアレルギー。

一度でも白髪染めでかぶれてしまったら、是非次回は別の白髪染めに切り替えることをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です