白髪染めでかぶれる…肌荒れしない白髪染めをお探しのみなさんへ

白髪染めによるトラブルは、これまでかぶれとは無縁の生活をしてきたみなさんの元にも突然やってくるものです。

痒み・湿疹・かさぶた・膿のような液体が出てくる等の症状があらわれた方は要注意

ひょっとすると、その症状、単なる一時的なかぶれではないかもしれません。

 かぶれはアレルギーのサイン?肌からのSOSを見逃さないで!

白髪染め 肌トラブル 原因

人間関係には相性がつきものですが、実は人間と物質(成分)の間にも、相性というものが存在します。

かぶれ症状はその相性によって、<一次刺激性接触皮膚炎>か<アレルギー性接触皮膚炎>かのどちらかに分類されます。

以下の成分はそれぞれ、一次刺激性接触皮膚炎・アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいと位置づけられている成分です(白髪染めに含まれる成分)

一次刺激性接触皮膚炎 アレルギー性接触皮膚炎
  • タール色素
  • 過酸化水素水
  • 香料
  • エタノール 等
  • ジアミン系染料
  • レゾルシン
  • 過酸化アンモニウム
  • インディゴ 等

前述でもお伝えした通り、私たちは肌質や体調によって、各々成分との相性が異なります。

ですから、かぶれ症状と一言に言っても、少しムズムズとした痒みがある方から、中には顔がパンパンに腫れてしまう人まで様々です。

では、かぶれ症状にはどんなものがあるのか。

次項でさらに詳しく症状をお話したいと思います。

白髪染めによるかぶれの症状

画像引用:消費者健康調査委員会 資料より

白髪染めによるかぶれは、一次刺激性接触皮膚炎・アレルギー性接触皮膚炎ともに似たような症状が出ます。

特徴として、一次性接触皮膚炎はアレルギー性接触皮膚炎よりも症状が軽い、治るまでの時間が早いとされていますが、実際は接触した成分の毒性の強さによって異なります。

ただ、アレルギー性接触皮膚炎の場合は、そのまま放っておいたり、再度同じ成分と接触したりすると、アナフィラキシーショックを起こす場合も

↑の写真のように、外に出られないほど顔がパンパンに腫れてしまったり、さらにひどい場合は以下のような症状が起こることもあります。

  • 呼吸困難(咳・息切れ)
  • 蕁麻疹
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 血圧の低下
  • めまい
  • 嘔吐

白髪染めが、命の存続さえ脅かすなんて恐ろしいですよね。

とはいえ、一次性接触皮膚炎かアレルギー性接触皮膚炎か素人で判断するのは難しいため、かぶれ症状が起きたら、まず直ちに白髪染めの使用を中止すること

そして、すぐに皮膚科などの病院を受診することが必要です。

白髪染めでかぶれを経験してしまったら…

白髪染めで一度かぶれてしまった以上、再度同じ白髪染めを使うのはリスクが高くて危険です。

残念ですが今後かぶれないためには、現在お使い頂いている白髪染めときっぱり決別して、新たな白髪染めを見つけることが懸命です。

ただし、白髪染めと言っても、手持ちの白髪染めを捨てて、新しい商品に持ち替えるだけじゃいけませんよ。

かぶれた白髪染めの原因物質を排除」と言うのが正しいです。

というのも、白髪染めは各タイプによって、配合されている成分が決まっているからです。

それぞれのタイプに、以下の成分が必ずといっていいほど含まれています。

白髪染めの種類

原因物質

ヘアカラータイプ

(1剤と2剤を混ぜて作る普通の白髪染め)

  • パラフェニレンジアミンなど語尾に“ジアミン”がついた染料
  • 過酸化水素水

ヘナ

  • インディゴ

ヘアマニキュア

  • タール色素

つまり、ヘアカラータイプでかぶれた人はヘアカラータイプ以外の商品を、ヘアマニキュアでかぶれた人はヘアマニキュア以外の商品を…という感じで、違うジャンルの白髪染めに移らなくてはいけません。

美容院のかぶれ待遇は?

白髪染め 美容院 待遇

「セルフで白髪染めした結果、かぶれてしまったのだから、次回は髪のプロにお任せした方がいいのかしら…」

そんな不安から、白髪染めを自宅⇒美容院に切り替える人も少なくないと思います。

しかし、美容院で使用している白髪染めは、大半がアレルギー成分(ジアミン系染料)を含むヘアカラータイプの白髪染めです。

ジアミンアレルギーの場合はヘアマニキュア、もしくは植物染料で白髪染めを行います。

さらに、ほとんどの美容院はパッチテストを実施しておりません。

つまり、新しい白髪染めでかぶれるかかぶれないかは、イチかバチかのギャンブル。

美容院の考えとしては、一発勝負で染めてみて、かぶれなかったらラッキーと言う心づもりなんでしょうね。

肌にやさしい白髪染めでかぶれ症状から卒業しよう!

過去にかぶれ症状を起こしてしまった白髪染めと同じタイプのものは使えない…

美容院もあまり頼りにならない…

そうなってしまうと、もうこの先どんな白髪染めを使えばいいのかよくわからなくなってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、ジアミン系染料やタール色素などを含まない新しい白髪染め【ヘアカラートリートメント】です。

ヘアカラートリートメントとは、普段使っているトリートメント(コンディショナー・リンス)と同じ要領で、シャンプーした後の髪に塗って放置すれば、自然と白髪が色づく白髪染めです。

これまでヘアカラータイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めを使ってきた方にとっては、染まり具合・色持ちに不満が出てくると思いますが、かぶれの安全性でいえばピカイチの白髪染めです。

特に、ヘアカラートリートメントの中でも無添加により強いこだわっている利尻ヘアカラートリートメントは、口コミ人気ナンバーワン。

ジアミン系染料やタール色素だけではなく、パラベンやシリコンなどの添加物も徹底的に排除しています。

ヘアカラートリートメントなら絶対にかぶれない?

白髪染め ピンク 赤

一度かぶれた経験があると、いくら“肌にやさしい”と謳っていても、なかなかすぐに信用はできませんよね。

ヘアカラートリートメントは肌へのやさしさがウリですが、果たして絶対にかぶれることはないのでしょうか?

実は、ヘアカラートリートメントも絶対にかぶれない!とは正直言いきれません

過去にも、欧米でいくつかのヘアカラートリートメント成分によってかぶれ症状を発生したという報告が東京都健康安全研究センターから報告されています。

参考文献:毛髪用化粧品に配合される新規染毛用色素の分析法

とはいえ、国内でのかぶれ報告はほとんどありませんから、従来の白髪染めに比べれば、十分安心してお使いいただけると思います。

まとめ

「絶対かぶれない」と宣言できる白髪染めは、この世に存在しないでしょう。

アレルギーを起こしやすいものが入っていたり、刺激の強いものが入っていたり、相性が悪かったり、落とし穴は数えたらきりがありません。

ただ、一つ一つ予想される原因物質を取り除いていけば、いつかは使い勝手のいい白髪染めを手に入れられるはずです。

原因物質を、なるだけ減らして減らして作られているのがヘアカラートリートメント。使ったことのない方は、ぜひ一度トライしてみてください。

 


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です