白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

製品

簡単な白髪染めランキング 自宅で自分で!キレイに染めるならコレ

投稿日:

簡単な白髪染め 0

女は髪が命というほど、その人の印象は髪の質によって左右され、良くも悪くもガラリと変わってしまうものです。 

対人関係のカギを握るともいえる髪に、白髪が混ざっていたらどうでしょうか。印象のマイナス要因は、取り除いていくのがベストでしょう。

しかし、生えた白髪を美容院で染めるとなると、1回に1万円はかかってしまします。1ヶ月に髪ののびるスピードは約1cm。月に一度は染めないと、生え際が気になってしまいます。

でも、安心してください。特別な技術や環境がなくたって、美しく白髪を染めて印象を良くすることはできるということです。

今回は、美容院に行かずに、簡単にできる白髪染め商品をご紹介してきます。

目次

簡単に染められる白髪染めを選ぶコツ

簡単な白髪染め 1

自宅で簡単に、かつ美容院で施術してもらった仕上がりと見劣りしない白髪染めとなると、選ぶのは大変でしょう。世の中には白髪染め商品があふれていますので、その中から一つ一つ試してみるわけにもいきません。

そこで、理想に近づくための白髪染め選びのコツを3つに絞りましたのでご紹介します。

手間なく染められ、髪の美しさをアップできるか

白髪染めは、こまめに行うものですよね。白髪が気になり出したら出動、という具合に機敏性も大切です。

毎回の準備が面倒に感じないよう、染料以外は、道具を用意しなくてもよい白髪染めにしましょう。容器やハケが不要で、素手で染めることができるものがベストです。

そして髪の色だけでなく、髪一本一本の美しさを維持してくれる白髪染めを選ぶことで、印象アップにつながります。

ドラッグストアで、1,000円前後で購入できるヘアカラーはあります。しかし実際に使ってみると、リカちゃん人形ばりに髪がキシキシになってしまった、という話がよくあります。

一般的な白髪染めは、髪を脱色してから酸化染毛料で髪の表面(キューティクル)をこじ開けて、そこに染料を入れて発色させます。この手順を踏みますから、痛んでしまうのも当然です。

悲惨なことのなきよう、色がしっかり入ってキューティクルも補修してくれる白髪染めにしましょう。

安全性が高い成分配合か

どんなに気を付けていても、染めている途中に頭皮やお肌に染料がついてしまうことはありますよね。そんな時、トラブルが起きないように成分チェックは欠かせません。

市販の白髪染めも、昔と比較すれば幾分品質は良くなってきてはいます。しかし、素人がセルフでも染めることができるように、薬剤の刺激は強くなっています。

薬剤が強すぎて肌がかぶれ、皮膚科通いが始まる人もいるほどです。ですから、健康被害の心配がない、安全性の高い成分配合の白髪染めにしましょう。

コストは安いのか

簡単に染められても、コストが高くては継続が難しいですよね。美容院よりも安いのは当然です。かつ自分の財布にとって負担のないものを選出してください。

おすすめはヘアカラートリートメント

3つの条件を満たし、簡単に白髪対策ができるのはヘアカラートリートメントになります。

ヘアカラートリートメントは、髪の表面とキューティクルの内側に、ナノ分子化された小さい染料を浸透させて白髪を染めていきます。何度かに分けて色を入れていきます。

素手で扱えて、髪を傷めることはありません。

むしろ、痛んだ髪に付帯するマイナスイオンに対抗して、プラスに荷電したイオンカラーが結合するので、使えば使うほどにトリートメント効果が出て髪のツヤがうまれてきます。

最初の条件「手間なく染められ、髪の美しさをアップできるか」に関してはほとんどの商品がクリアしていますから、放置時間を基準にしてもいいでしょう。

「簡単」だけじゃなく、安全性もしっかりと確保できているため、白髪のセルフケアにはヘアカラートリートメントがベストです。

おすすめ!簡単な白髪染めランキング

3つのポイントから採点した白髪染め(ヘアカラートリートメント)を、ランキング形式でご紹介していきます。

  • 手間なく染められ、髪の美しさをアップできるか
  • 安全性が高い成分配合か
  • コストは安いのか

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めシェア日本一! 人気の白髪染め

放置時間

10分

安全性

コスト

2,000円(お試し)
3,000円(通常)
6,000円(初回限定3本セット)

内容量

200g

利尻ヘアカラートリートメントは、日本一売れている人気の白髪染めです。利尻シリーズで、累計1,700万本売上突破している、大ヒット商品です。

シャンプー後の髪に馴染ませて洗い流すだけで、誰でも簡単にツヤツヤな美しい髪を手に入れることができます。素手で染めることは可能ですが、専用ブラシも付属されており、よりやりやすくなるでしょう。

高度なテクニックを必要としないのも、ヘアカラートリートメントのメリットですよね。

安全性の高さがピカイチ!

植物由来の天然染料が使われ、安全性の高さがずば抜けている白髪染めです。

利尻ヘアカラートリートメントの最大の特徴は、北海道利尻産の昆布が配合されていることです。

昆布のネバネバ成分には、高い保水力があります。髪と頭皮にうるおいがもたらされます。髪にとっては美しさを、頭皮にとっては肌の健康を、確保することができます。

カラーバリエーションの多さも魅力

利尻ヘアカラートリートメントには、4つのカラーバリエーションが用意されています。

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

自分の髪色や、肌の色に合ったものを選ぶことができます。初回はお手頃な価格なので購入しやすく、試しやすい条件がそろっているかと思います。

口コミ

白髪染めって、こんなに簡単だったんですね。60代女性

ほとんど白髪だから、こまめに白髪染めをしなきゃいけないんですが、月に1回美容院で染めてもらうのはお金がもたないし、体力的にも厳しい。自宅でできる白髪染めを探していたところ、お風呂で染められる白髪染めがあることを知って、利尻を試してみることにしました。

以前は、自宅で髪を染めるということに対して、良い印象はありませんでした。肌とかお風呂のタイルについて汚れてしまわないか心配でしたし、仕上がりもムラにならないか心配でした。

ですが、利尻の白髪染めには、いい意味で期待を裏切られました。お風呂も手もすぐに洗い流せて、かつムラなくしっかり染まってくれます。トリートメント成分も沢山入っているから、髪にもツヤが出始めたような気がします。

トリートメント効果もありますよ。50代女性

天然の植物色素や利尻昆布を使った、優しい白髪染めです。髪と地肌に優しいと感じます。前に使っていた白髪染めは、頭皮がヒリヒリして白髪染め後2~3日は敏感だったんですが、利尻トリートメントだとかゆみは起きません。

1回使うだけでしっかりと染まります。濡れている髪でも乾いた状態の髪でも使えるので、しっかり染めたい時は居間で娘に塗ってもらってからお風呂で流します。

白髪染めなのにトリートメント効果が高くて、髪がまとまりやすくなりました。

色づきが強力です。30代女性

20代後半から頭頂部の白髪が目立つようになって、他はまだ黒いのでサロンで染めるほどでもないなあと思って、トリートメントタイプの白髪染めを何商品か使ってみたんです。

その中で一番色づきがよくて持ちが良かったのが、利尻ヘアカラートリートメントでした。

1回目からしっかり色が入って、色持ちも良いです。髪も痛まないので、白髪が全体に出てきてからも使えそうです。

第2位 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

頭皮のダメージゼロ! 優しい白髪染め

放置時間

10分

安全性

コスト

1,833円(お試し)
3,000円(通常)
3,000円(初回限定2本セットで1本分無料)

内容量

200g

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、頭皮と髪のダメージをゼロにし、ケアまで考えられている白髪染めです。今まで、白髪染めを使って頭皮や指が荒れてしまった経験がある人でも、安心してご使用いただけます。

海藻由来の成分がたっぷり含まれており、保湿に優れています。肌のバリア機能を活性化できます。

Wフコダインでツヤ髪に

海藻由来成分の「ルプルプWフコダイン」で、白髪を染めるだけでなく、若々しい髪を取り戻すことができるのも、大きな特徴になります。

通常の白髪染めは、普通のヘアカラーよりも刺激が強く、ダメージが強くなってしまうものです。しかし、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは白髪用トリートメントですので、白髪カバーと髪保湿を両立し、同時にケアしてくれるのです。

ガゴメ昆布由来のフコダインで頭皮の乾燥も防ぎます。白髪染めながら、健康な髪が育つ頭皮環境に改善していきます。

天然色素がしっかり浸透

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、ベニバナなどの天然色素を、独自バランスで配合しています。天然色素は髪表面に浸透し、髪や頭皮に負担をかけずに根元からしっかりと染め上げることができます。

髪のキューティクルを守る微アルカリ性なので、髪を傷めずに染め上げることができます。

口コミ

かなり良いですよ。40代女性

若いころからよくカラーリングしていたので、髪はスカスカ・パサパサで、すごく傷んでいました。40歳になってからは髪を大事にしようと思って、白髪染めは美容院でするようになりました。

でも、お金がかかってしまいますし、自宅でできる白髪染めで簡単なものを探していたところ、ルプルプが良いと聞き購入しました。

回数を重ねると染まっていくので、1回では染まりません。でも、使用後はサラサラと髪の手触りが良いですよ。手にとって染めても大丈夫なので、道具もいらないし簡単でお肌にも優しいです。

肌トラブルなく染められました。50代女性

敏感肌で、すぐ肌荒れしてしまうんですが、そんな私でも肌トラブルなく染められました。1回トリートメントすれば長持ちするので、コスパも良いと思います。家計的にも助かります。不器用な私でも簡単でした。

変な刺激臭もしなくって、素手でも使えるので、ホームケアしたい人にピッタリですよ。ムラが出てしまうこともありますが、何回か繰り返し使っていけば、気にならなくなってきます。

第3位 ラサーナ ヘアカラートリートメント

根元と生え際の白髪も! 液ダレしにくい白髪染め

放置時間

10分

安全性

コスト

2,296円(初回限定)
2,800円(通常)
4,759円(2本セット)

内容量

180g

ラサーナヘアカラートリートメントは、液ダレしにくい白髪染めです。トリートメントタイプの白髪染めは、簡単に白髪を自宅で染められる一方、顔や耳、首などに染料が垂れてしまうことが難点でした。

肌が敏感だと、液ダレは肌トラブルの原因になってしまいます。ラサーナであれば、しっかり髪に留まって液ダレしにくく、根元・生え際の白髪をカバーしてくれます。

W処方でしっかり染まる

髪の外側は、イオン化した染料が付着してキレイに染まります。髪の内側は微粒子化したマイクロ染料が髪に付着してキレイに染まります。

ツヤ感アップにも関係のある天然染料(シコンエキス・ウコンエキス等)により、自然な髪色になります。

こってりテクスチャで扱い楽々

ラサーナのヘアカラートリートメントは、テクスチャがこってりしている白髪染めです。扱いが楽々で、不器用な人も簡単に理想の髪色に近づくことができます。

通常価格もお手頃なので、試しやすさも嬉しいポイントになります。

口コミ

香りも爽やかで白髪ケアが簡単に。30代女性

高校時代から白髪の多さが悩みでした。美容室にしょっちゅう通うわけにもいきませんから、トリートメントタイプの白髪染めは色々試してきました。

美容院で染めてもらっていた時は、肌が弱いので根元に触れないように塗ってもらっていました。ラサーナの白髪染めなら、頭皮に触れてもヒリヒリしません。しっかり染まるというより、白髪にうっすら色が入る感じなのですが、目立たなくなるのでお気に入りです。

使った後はサラサラになるので、指通りが良いですよ。

ヘアケアでお馴染みのブランドなのも安心。40代女性

ラサーナはヘアケアで馴染みの深いブランドなので、購入してみました。白髪は分け目にちらほらあって、2日に1回のペースで使っていました。

かためのテクスチャだから、小回りがきいて髪に密着しやすいです。シトラスとフローラルな香りも好きです。液ダレしないのも良いですね。

第4位 POLAグローイングショット カラートリートメント

スキンケア化粧品のPOLAから待望の白髪染めが発売

放置時間

5分

安全性

コスト

2,900円(通常)

内容量

200g

化粧品をはじめとしたサプリやコスメなど、女性の美を応援するPOLAから白髪染めが発売されました。

Wカラー処方で短時間勝負

鮮やかな発色に仕上げる浸透型ピグメントと、髪の表面をコーティングする吸着型ピグメントによって、1度の使用でツヤ髪を手に入れることができます。

5分という短時間で白髪染めが完了できるので、いつものトリートメントと持ち替える感覚で白髪染めができるのです。

美髪成分と頭皮健康成分が豊富

3種類の浸透型コラーゲンや、オタネニンジン根エキスが配合され、ハリとコシがある髪へと導きます。頭皮に効果的な5種類のセラミド、アミノ酸などで健やかな頭皮環境にしてくれます。

使えば使うほどに髪が美しくなっていくので、早くも口コミでは評価の高い白髪染めとなっています。

第5位 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

新感覚! ヘッドスパもできてしまう白髪染め

放置時間

10分

安全性

コスト

3,334円(通常)
2,679円(定期コース)

内容量

300g

楽天市場での白髪染め売上部門において、ランキング1位を獲得したこともある人気の白髪染めです。モンドセレクションで金賞を8年受賞していて、効果や成分、口コミを総合しても高いレベルの白髪染めです。

色ムラなく白髪を美しくできる

植物由来の天然染料が配合されていて、安全性の高い白髪染めです。テクスチャは柔らかめなので、液ダレしやすいというデメリットがありますが、塗りやすさはピカイチです。

頭皮ケア成分が13種類配合

レフィーネの白髪染めが他と違うのは、頭皮ケアもしてくれるという点です。頭皮ケアに効果のある成分が、13種類配合され、日本人女性にとって最適な状態に近づけます。

頭皮のハリをキープすることができる白髪染めです。

第6位 くろめ ヘアカラートリートメント

毛髪化学に基づいた白髪染めが登場!

放置時間

10分

安全性

コスト

2,759円(通常)
5,518円(2本セット)

内容量

200g

毛髪化学の博士が監修した実力派白髪染めです。専門家による研究結果がつまった白髪染めで、期待値は高いでしょう。

髪の印象を上げることで、マイナス5歳のツヤ髪を手に入れられるとうたっています。肌への優しさも一級品で、今まで白髪染めで頭皮トラブルが起こったことがある人には絶対使ってみてほしい優しさの成分配合です。

髪の補修で印象アップ

くろめヘアカラートリートメントには、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaという成分が配合されています。ジラウロイルグルタミン酸リシンNaには、傷んだ髪を補修する作用があり、しなやかな髪へと導きます。

商品名にもなっている「くろめ」は、希少価値の高い昆布で、フコダインやフロロタンニン、アルギン酸などが豊富です。これらの成分は、紫外線から髪を守って、抗菌殺菌作用があるので、髪と頭皮を外的刺激から守ります。

敏感肌やアレルギー体質の人でも安心して使える

肌のことを考えられて開発された白髪染めですので、極度の乾燥肌・敏感肌・アレルギー体質の方でも安心してご使用いただけます。今まで白髪染めでかぶれた経験があり、恐怖心があっても優しい使い心地ですから、是非試していただきたいです。

第7位 スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

頭皮に優しくても、しっかり染まる

放置時間

10分

安全性

コスト

2,592円(通常)
2,203円(定期購入)

内容量

200g

ヘアケアで有名なスカルプDから販売されている、頭皮への刺激を低減した白髪用トリートメントです。頭皮ケア、髪ケアにこだわっているスカルプDですから、信用度は高いかと思います。

髪の内側と外側の色付け

スカルプDボーテのヘアカラートリートメントは、浸透性コラーゲンと天然コーティング成分の働きによって髪の内側と外側から白髪を染めていきます。

フローラル系の香りで、白髪染めをしている感覚はないでしょう。

髪の補修力の高さが魅力

ヒアルロン酸やアルガンオイルなどの美容成分も配合され、髪の表面を滑らかにしてくれます。髪の補修力の高さが魅力です。髪ケアを重視する女性は注目すべきトリートメントです。

第8位 ヘアボーテ シーエッセンスカラーホーム

満足度の高い白髪染め

放置時間

10分

安全性

コスト

4,425円(初回限定)
7,388円(通常)

内容量

200g

染めやすさ満足度が93%と、使用した人の満足度が非常に高いのが特徴の白髪染めです。空気の力で染めるという、新発想の白髪染めです。

泡タイプのプッシュ式

ヘアボーテの白髪染めは、通常のヘアカラーには配合されている脱色剤は使用されていません。泡タイプのプッシュ式で、空気の力で酸化させてカラー成分を髪の芯まで浸透させます。

1回使うだけで、毛髪内部まで染め上げることができます。スクワランや真珠エキス、ガゴメ昆布エキスなどの保湿成分が豊富で、髪のツヤを取り戻すことができます。

刺激は強いので要注意

ムースの伸びが良く、手で伸ばしやすいという特徴があります。しかし、通常のヘアカラーに使われている刺激の強い「ジアミン系」染料が使用されていますので、安全性の面ではおすすめできません。

頭皮の強さに自信があるのであれば、問題なく使用していただけます。

第9位 黒茶のチカラ ヘアカラートリートメント

プーアル茶を染料に改良

放置時間

10分

安全性

コスト

2,571円(通常)
2,313円(定期お届け)

内容量

210g

黒茶とはプーアル茶のことで、お茶を染料として改良して、白髪染めにしました。

黒茶のチカラのヘアカラートリートメントは、pH8程度のアルカリ性に変化させることによって、キューティクルを壊さずに白髪を染めることができます。

一度でしっかりと染まる上に価格もお手頃なので、挑戦しやすいヘアカラートリートメントでしょう。

第10位 フラガール カラートリートメントリッチ

髪と頭皮をいたわる

放置時間

10分

安全性

コスト

3,200円(通常)

内容量

170g

パッケージが可愛らしいので、白髪染めだと想像できない人もいるかもしれません。フラガールの白髪染めは、チューブの先が尖っていて、染めたい場所に起きたい量をピンポイントでのせることができます。

濡れた髪にも、乾いた髪にも使えます。

白髪染めの種類を解説

今回は、ヘアカラートリートメントを「簡単に染められるかどうか」という目線でランキングにしましたが、白髪染めもいくつか分類がございますのでご紹介していきます。

ヘアカラートリートメント

最も簡単で美しく染まるのが、ヘアカラートリートメントでしたね。素手で扱うことができ、頭皮と肌についても洗い流すことができるのが特徴です。

白髪を染めるだけでなく、髪のツヤやキューティクルケアもでき、毎日の使用も可能です。髪色を常にキープできるので、美意識の高い方に選ばれています。

白髪染めシャンプー

利尻カラーシャンプー

白髪染めシャンプーは、シャンプーをするたびに徐々にそまってくるので、いかにも「染めました」という感じはありません。この特性から、白髪が目立ち始めた男性にも支持されています。

利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染めシャンプーと併用して色の深みを出すことをおすすめしています。

泡タイプの白髪染め

LPLP(ルプルプ)ヘアカラーフォーム

ラサーナ ヘアカラー

徐々にそまるのではなく、1回目から色がしっかり入るタイプを希望される方に人気なのは、泡タイプの白髪染めです。

1回でヘアカラーレベルで色がはいりますが、髪と頭皮には低刺激なので傷める心配はありません。泡タイプなので毛髪にしっかりと密着します。

部分染めタイプの白髪染め

グローイングショット カラークイックブラシ ブラシ

伸びてきた生え際に塗って、サッと染めることができる部分染めの人気も上昇してきています。生え際白髪の処理に最適で、数ミリ、数センチでも気になってしまう白髪隠しには向きます。

ちょっと待った!市販の白髪染めはこんなに怖い

簡単な白髪染め 2

ドラッグストアやスーパーに出向けば、白髪染めは大量に陳列されていますが、成分などを確認せずに購入すると、髪や頭皮の状況は最悪になってしまいます。

自宅でのセルフカラーは、素人が一人で染めてもそれなりの見た目になるように、染料(薬剤)は強めに配合されています。薬剤が強いということは、その分肌や髪への刺激も強いということです。

①ヘアカラー

ビゲン香りのヘアカラー

ウエラトーン ツープラスワン

市販で、最も一般的であり価格も安いのがヘアカラーでしょう。

キューティクルをこじ開けて染料を髪の中に入れて発色させます。キューティクルが開かれるため、髪の痛みの原因になります。そして、この時使われる染料は「ジアミン系染料」と呼ばれ、頭皮・肌のかぶれの原因になりやすいものです。

なお、ヘアカラーは一般的に美容院でも行われている染め方ですが、美容院ではプロが施術しますので最低限の薬剤と、キューティクルをしてくれるので安心です。しかし、セルフとなればやはり刺激は強く、術後のトリートメントも不十分になりますのでおすすめできません。

②ヘアマニキュア

ブローネ ヘアマニキュア

こちらは髪の表面に色をつけるだけの白髪染めですので、比較的キューティクルへの影響は少なく済みます。しかし、ヘアマニキュアに使われる色素は、タール色素と言って刺激が強いものです。

皮膚についてしまうとなかなか取り除けないので、初心者が簡単にできるものではありません。

自分で白髪染めを行う上でのポイント

簡単に、と言いましても、白髪染めでも何点か注意すべきことがあります。確認の上、自宅での白髪染めを始めましょう。

髪の長い人こそヘアカラートリートメント

ロングヘア・セミロングの方は、市販の白髪染めを使うと全体のキューティクルが開いて、髪のパサパサを止めることができなくなってしまいます。

一回で色が入って色持ちも良いので、白髪染めとしては主流です。しかし、ダメージは蓄積されてしまいますので、髪の長い場合はトリートメントタイプの白髪染めにしましょう。

ショートヘアの方は、こまめにカットすると思いますので、市販の白髪染めでもダメージ蓄積は防ぐことができます。

かぶれ対策にパッチテストを行う

白髪染め前には、かならず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行いましょう。カラーリングをすると、まれに重いアレルギー反応が起きて、肌荒れ・かぶれにつながることがあります。

新しく白髪染め商品を試すときは、パッチテストをすることで肌トラブルを防げます。

パッチテストのやり方は商品パッケージに記載されていますので、そちらを参考にして事前に確認しましょう。

換気を行う

こもった部屋で白髪染めを行うと、薬剤のニオイが充満して体調を崩してしまうことがあります。必ず換気を行いながら染めましょう。

お風呂で染められるヘアカラートリートメントも、換気扇を回しながら実施することをおすすめします。

キューティクルのケアをする

キューティクル(髪の表面)をケアすることで、髪1本1本の滑りが良くなって、色素の流出を防ぐことができます。

お風呂あがり、洗い流さないトリートメントを塗布して保護しましょう。髪が濡れた状態を放置すると、キューティクルが剥がれやすくなります。乾かすことも、大きなキューティクルケアになります。

ただし、ドライヤーの熱を当てすぎると髪の水分が蒸発して失われてしまいます。熱源を近づけ過ぎず、熱の当てすぎには注意してください。

まとめ

40代にさしかかると、ほとんどの人が白髪との付き合いが始まります。これからの長い人生、白髪とうまく付き合っていくためにも、自宅で簡単に染めることができるパートナーを見つけておきましょう。

自分のベストヘアーをゲットしてくださいね。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-製品

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.