利尻ヘアカラーの頻度は?どれくらいのペースで使えばいいの?メーカーに聞いてみた

ここ5年くらいで白髪の量や生える場所が増え、徐々に染める頻度が多くなる、40代のアラフィフ世代。

美容室に行くと高くつくから、なるべく自宅でのセルフカラーで補いたいけど、2週間に1回位薬剤を用意するのも、薬剤が飛び散った後の始末も超面倒!

もっと言うと何度も使うと髪や頭皮が傷むし、生え際(根元)は染めにくくすぐに根元が目立って気になってしまう。

そんなときに美髪効果を期待出来て、髪もしっかり染めることが出来る、”利尻ヘアカラー”のことを知って、使ってみたい!

そう思ったけど…

「どれくらいの頻度で使えばいいの?」
「だいたいどれくらい使えるの?」

こんなことが気になった方もいるはず。

そこで今回は、メーカーに実際に問い合わせて分かったメーカー側の頻度と、愛用している人がどれくらいの頻度で使っているか見て、「利尻ヘアカラーで白髪を全く目立たなくする頻度」について、一緒に考えて行きましょう。

利尻ヘアカラーを使う頻度は基本的にどれくらい?メーカーに聞いてみた

利尻ヘアカラーはトリートメントタイプの白髪染めになるため、市販のカラー剤よりも刺激性の低い成分を含みませんが、その分染まりが悪く何回か使用することで徐々に白髪を染めていくことが出来るもの。

そのため、必然的に使う頻度は多くなることが予想できますが、どれくらいの頻度で使えば失敗せずに使っていくことが出来るのか、ちょっと気になりますよね?

そこで実際に、販売しているメーカーである「自然派clubサスティ」に、どれくらいの頻度で使えば良いのか問い合わせてみました!

初めて利用する場合はどうすればいいの?

白髪用利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮に優しい成分を中心に配合しているので、1度塗布して10~30分放置していただくだけで、しっかり色を入れることが出来ます。

しかし、植物由来の染料とイオン色素で髪の表面に色を定着させるため、人によっては1回で染まりきらない場合もあります。

ですので、白髪用利尻ヘアカラートリートメントを利用する際は、最低3日ほど連続して使うことをおすすめいたします。

一般的なペースはどれくらいで使えばいいの?

あくまで目安となってしまいますが、だいたい1~2週間に1回の頻度で染めている人が多いようです。

利尻ヘアカラーはお風呂で染めることが出来ますので、「白髪が目立ってきた」と思った時に染めていただけます。

低刺激なので使用する期間が短くても、かぶれ等は起きにくく、またトリートメント成分も豊富に含まれているので、安心してご利用いただけますよ。

ちなみに…毎日使ってもいいの?

もちろん毎日ご利用していただいてもかまいません。普通のトリートメントとしても優秀ですので、使うたびに指通りが滑らかに、そしてご希望の色に近づけることが出来ますよ。

実際に使った人からわかる、利尻ヘアカラーで染める頻度

メーカーがおすすめしている利尻ヘアカラーの頻度は、「1~2週間に1回」ということが分かりましたが、この頻度はあくまでも『平均値』。

人によっては髪の長さや量、髪色、全体染めか部分染めか、人によって使い方も違うため、実際にどれくらいの頻度で行えばよいのか、ハッキリしていませんよね?

そこで今回、実際に利尻ヘアカラーを愛用している人が、どれくらいの頻度で使って白髪対策をしているのか調査してみました!

「利尻ヘアカラーで、白髪を全く目立たなくするため」には、どれくらいの頻度で使えばいいのか、一緒に見ていきましょう。

使い続けて髪色を保っている人の、利尻ヘアカラーの頻度を見てみよう

55歳 ★★★★★ 5
(使う頻度:5日おき)

元々はかぶれやすいのでヘナを利用していたんですが、前髪からほとんどヘナ色になり、黒髪に戻そうと思って利尻のブラックを使い始めました。

使い始めは3日連続で使うようにしたんですが、色落ちが心配だったので放置時間を伸ばし、1時間くらい放置したところ、2日で地毛と区別がつかない黒色に染まってくれました。

染めた翌日はちょっと色落ちしますが、気になった部分だけ染めることが出来るし、長い時間放置しても頭皮がヒリヒリしないので助かっています。

39歳 ★★★★★ 5
(使う頻度:3日おき)

普段からおしゃれ染めをして若白髪を目立たなくしているのですが、結構髪が伸びるのが早いのかすぐに根元に白髪がちらほら見えるので、境目を目立たなくするために利尻ヘアカラーを使っています。

私の場合はシャンプー前に丁寧にたっぷりと塗布して、30分くらい放置してしっかり洗い流せば、程よい感じに色が付いて目立たなくなります。

シャンプーごとに色は落ちるのでペースは速いですが、部分的に染めるだけなのでコスパ的にも良いですし、天然成分配合で髪が傷まないので安心して頻繁に使えています!

41歳 ★★★★★ 5
(使う頻度:1週間おき)

若いころから遺伝による白髪が悩みだったのですが、毎月染めようとすると必ずかぶれて困っているときに、利尻のことを知って使い始めたんですが私的には当たりです!

1週間おきに根元を中心にたっぷり塗って20分くらいおけば、完璧ではありませんがかなり白髪が目立たなくなるので、毎月痛みを我慢しながら染めていたのがコレのおかげで2ヵ月染めずに済みました。

ただ、私のようにショートヘアなら使う量が少なくて済むのですが、ロングヘアの人が全体染めするならちょっと量が必要かも…。

それでも、美容院で毎月染めるよりはかなりお安く済むと思いますよ。

44歳 ★★★★☆ 4
(使う頻度:2日おき)

週1または最低でも2週に1度は染めないと生え際が真っ白になってしまい、白髪染めと美容院とで白髪と戦っていたんですが、利尻を知って変わりました!

今までは白髪染めするために髪にダメージが入り、パサつきやゴワつきを感じていたんですが、コチラは1回でかなり生え際の白髪が染まったんです。

シャンプーするたびに色が落ちるので、週3回くらい使わないといけませんが、刺激が全くないので1時間くらい放置しても、全く痛くならず助かっています!

ただ、染料が強いのか素手で使うと、指や爪に色が付くのが難点っちゃ難点ですね。

36歳 ★★★★☆ 4
(使う頻度:2週間おき)

まばら白髪でサロンで染めると、頭皮も髪も傷む割に染め漏れも多く困っていた時に出会ったのがコレ!

私の場合は原則ルール無視で、介護用ビニール手袋をしてシャンプー前の乾いた髪に直接刷り込み、シャワーキャップして2時間放置(笑)

そうするとしっかり染まって2週間以上持つんですよね。刺激臭もなく、かぶれることもないし、髪もしっとりツヤツヤしています!

使用方法がかなり自己流なので万人には勧められないけど、利尻ヘアカラーを使うこと自体はかなりおすすめ!

50歳 ★★★☆☆ 3
(使う頻度:4日おき)

白髪が所々パラパラと固まってある感じで、そこだけを白髪染めようとすると結構大変。そんなときに利尻のことを知って、ちょっと使ってみようと思いました。

白髪がある場所を重点的に手袋して乗せて45分おいてみたんですが、1回目から結構染まりましたね。

でも、元々染めていた髪まで色が入り、全体的に色のトーンが落ちたような気がします。

それに色が赤よりなのが残念。黄色みがあるブラウンがあったらなって思うのと、ボトルタイプでテクスチャを出しにくいのが不満です。

58歳 ★★★☆☆ 3
(使う頻度:10日おき)

月1で美容院に通って白髪染めしていたのですが、4週目にもなると白髪がかなり目立って老けた印象になるのが嫌になり、つなぎで使う目的で利尻ヘアカラーを購入。

シャンプー後より、シャンプー前に使った方が染まりは良いですね。

乾いた髪の気になる場所にたっぷり塗って、ビニールキャップを二重にかぶって20分くらい放置したら、かなり目立たなくなるくらいまで染まりますが、シャワーで流すとかなり色が落ちているような感じがします。

それに、髪にツヤが出るけど手触りはちょっと悪いかも。ツルツル感にかける気がします

40歳 ★★☆☆☆ 2
(使う頻度:1日おき)

ここ数年白髪がだんだん増えてきた気がして悩んでいたんですが、ヘアカラーの毒性がかなり強くて危険と聞いて我慢していた時に、友人からコチラの商品を勧められて試してみることに。

でも正直な話、かなり染まり具合に不満。

私はミディアムの黒髪なので、たくさん塗ろうと思っても3回分くらいしかないですし、25分くらい放置しても赤みがかった茶色にしか染まらないため、陽の光に照らされるとかなり浮いて見えます。

放置時間を長くすればいいのでしょうが、朝晩はかなりバタバタ家事に追われるので、落ち着いて染めることが出来ず辞めてしまいました。

35歳 ★★☆☆☆ 2
(使う頻度:2日おき)

中学生から白髪に悩み始め、市販のヘアカラーを使って月1で染めていたんですが、この1年でまたどっと増えてしまった時に、折り込みチラシで利尻ヘアカラーのことを知って、ダメもとで試してみました。

でも…私には合わなさそうだなってのが、正直な感想です。

色持ちがかなり悪く、根元に塗って30分以上しても、使った次の日から色がどっと落ちてしまいます。

そのため購入してから2週間くらいで1本使いきってしまい、コスパ的にも続けられそうにないです。

38歳 ★☆☆☆☆ 1
(使う頻度:1日おき)

出産してから年々白髪が増え始め、今ではかなりまとまって白髪が見えるように。

周りからもかなり老けたと言われるようになったのも嫌だったので、白髪染めしようと思ったときに、髪にダメージがなさそうなコチラの商品を買ってみました。でも、正直失敗。

トリートメント効果は確かにあるとは思うのですが、説明書通りに染めても色落ちが早く、1日おきに染めないと髪色が安定しません。

試しに放置時間を30分から1時間に伸ばしてみたけど、大して変わらず。1日しか持たなかったのが、2日に伸びただけでした。

だからリピは今のところはないです。

一目でわかる、利尻ヘアカラーの頻度はコレだ!

利尻ヘアカラーを使っている人の口コミから、使っている頻度と塗布時間(塗って放置する時間)をまとめると、このようになりました。

こうして見てみると、実際に利尻ヘアカラートリートメントを利用する頻度は、「3日~5日おき」のペースで使っている人が多く、塗布時間はだいたい30分以上放置している人が多いようですね。

その一方で「説明書通りに使っても染められなかった」、「色落ちが激しい」という意見も見られますね。

実は利尻ヘアカラーは、イオン色素と植物由来の色素の二つで、髪の表面に色を定着させる仕組みとなっています。

早い話、カラー剤のように髪の芯まで染めるということはないってわけです。

そのため、どうしても色持ちは早く、毎日洗髪するたびに色が落ちてしまいますし、人によっては濡れた髪に塗布しても色がしっかり入らないってことも考えられます。

ただ、カラー剤とは違いトリートメント効果が高いので、使うたびに髪質を良くして、サラサラな髪を維持することが出来るんです。

そう考えると、利尻ヘアカラーはヘアカラーよりは使う頻度は多くなるものの、髪をキレイに染めつつコシやツヤのある髪を保ち、上品な印象を保つことが出来る、そう言えるのではないでしょうか。

利尻ヘアカラーはどれくらいでなくなる?何回使うことが出来るの?

さて、利尻ヘアカラーの頻度について紹介してきましたが、「3~5日おき」の頻度で染めることを考えると、1本使いきるのも結構早いような気がするから、どれくらい”使える”のかも把握しておきたいですよね。

というわけで、ここでちょっと「利尻ヘアカラーって何回使うことが出来るのかどうか」を見ていきましょう。

利尻ヘアカラー1本使いきる回数とは

短髪の場合(男性) 約5~6回分
ショートヘアの場合(女性) 約4~5回分
ミディアムヘアの場合 約3~4回分
ロングヘアの場合 約2~3回分
部分染めの場合 約10回分~

こちらはあくまでも”目安”として考えて見てください。

日数に置き換えてみると、髪の長さにもよりますが、だいたい10日~20日くらいで1本使いきる感じ。こうして見てみると、結構使うことが出来そうですね。

そう考えると、1~2ヵ月に一回高いお金を払ってかぶれる恐怖や、きちんと染まるか不安になりながら美容院でカラーリングするよりも結構コスパが良いように感じます。

利尻ヘアカラートリートメントに配合されている成分に、ジアミンも含まれてはいませんし、天然の成分で色を定着、髪質をキレイに保てるので髪にもお財布にも良い商品と言えるのではないでしょうか。

利尻ヘアカラーはたっぷり使った方が良い?ちょっとでも大丈夫?

それでも、利尻ヘアカラーを使いたい方の中には、「もうちょっとコスパ的に良くしたい」なんて思って、使う量をちょっとだけ減らしてしまう…なんてことを考える人もいるかと思います。

でもソレ、「染まり具合をかなり悪くして、不満を感じやすくなる」行為!

キレイに染まった!と思うことはありません。

そのため、利尻ヘアカラーを使う時は、できるだけ規定量(もしくはちょっと多めにとるくらい)でたっぷり塗ってあげることが大事です。

具体的には、画像のような量と塗った状態になるようにすると、きちんとキレイに染めることが出来ますよ。

利尻ヘアカラーの使う頻度が多くなると変色する?気になる疑問をサクッと解決

「利尻ヘアカラーは短いサイクルで使った方が、色が持つ」

「たっぷり塗って、ある程度の時間放置すればキレイに染まる」

ということはわかりましたが、一方で『頻度を多くして塗布量・塗布時間を増やせば、髪が変色するのでは…?』と感じた方も、少なくはないと思います。

確かに、利尻ヘアカラーの口コミを見てみると「髪が緑色に染まった!」と評価した方も、かなり稀ですがいるんです。

そこで最後に、変色する人ってどんな人なのか、サクッと解決しちゃいましょう。

そもそも利尻ヘアカラーだけが変色するわけではない

これはヘアカラーの仕組みを見てもらうとわかります。ヘアカラーは色を重ねることで、一つの色を表現しています。

わかりやすく言うと、赤や黄、青といった絵の具を混ぜて、茶色を表現しているといった感じでしょうか。

この色は時間やシャンプーによって、抜けやすい色や抜けにくい色があり、特に赤系の色素は結構抜けやすいんです。

つまり、どのヘアカラートリートメント・カラー剤を使っても、赤系の色味が抜けてしまうと緑っぽい色になることが多いってワケ。

利尻ヘアカラーだけ変色するってことではないんです。

利尻ヘアカラーを使っても変色させない頻度と放置時間を知っておきましょう。

しかし、できることなら利尻ヘアカラーを使って緑っぽい色に染めたくはない!と思うはず。

そんな方におすすめしたいのが、放置時間をちょっと長くすること。

放置時間が短すぎて、赤系の入りが悪くなって緑に染まってしまうことが考えられます。

そのため、どの色素もバランスよく髪に定着させるためにも、放置時間より普段より長めにとってみることが簡単に出来る、変色させないコツなんですよ。

まとめ

内容量 200g
価格 初回WEB限定2,000円
通常3,000円
バリエーション ライトブラウン ナチュラルブラウン
ダークブラウン ブラック

利尻ヘアカラーは植物由来の色素で髪に色を定着させ、天然成分で上質な髪質に保たせてくれる、ロングヒット商品。

使う頻度や塗布時間をしっかり認識していれば、自然な印象で染めた髪を維持することも可能です。

美容院に行くのが面倒くさい、根元だけを染めていきたい、かぶれない白髪染めを使ってみたい!

そんな方にこそ、利尻ヘアカラーはアナタの心強い味方になってくれると思いますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です