利尻ヘアカラーで髪が緑色になるって本当?噂の真相とは

『利尻ヘアカラートリートメントを使ったら髪の毛が緑色になった!』

こんな口コミを見かけたことはありませんか?

まるで営業妨害のように見えるこの口コミ、実は本当に起こった出来事なんです。

しかし、この“白髪染めで髪の毛が緑になる問題”、利尻ヘアカラートリートメントに限った話ではないんです。

白髪を染めて髪色のおしゃれを楽しむつもりだったのに、予想外の緑色になってしまっては大変!

そこで今回はみなさんが安心して髪色のおしゃれを楽しめるよう、利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方をナビゲートしていきたいと思います。

利尻ヘアカラートリートメントだけじゃない!髪の毛が緑になってしまう謎

利尻ヘアカラートリートメントで髪色が緑になってしまうのは、別に利尻昆布が入っているからという理由ではありません

髪が緑になってしまう最大の原因はカラートリートメントに含まれている染料です。

利尻ヘアカラートリートメントと同じタイプの白髪染め(カラートリートメント)はHC染料・塩基性染料という染料が配合されています。

白髪染め 仕組み 違い

一般的な白髪染めヘアカラーといえば、髪のキューティクルを剥がし、色素を無理やり髪内部に閉じ込めて白髪を染める仕組みになってします。

一方で、ヘアカラートリートメントはHC染料という小さな色素がキューティクルの隙間から入り込み、さらに塩基性染料が髪表面にイオン結合して白髪を染めていきます。

染めた部分が緑になるのは髪が傷んでいる証拠!?

カラーバリエーション

配合成分(HC染料・塩基性染料)

ライトブラウン

HC青2、HC黄4、塩基性青99

ナチュラルブラウン

HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57

ダークブラウン

HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57

ブラック

HC青2、HC黄4、塩基性青99

※植物染料(シコン・クチナシ・ウコン・アナトー)を外して表記しています。

さて、利尻ヘアカラートリートメントに配合されている成分を見てみると、どのカラーバリエーションにも青い色の塩基性染料が入っていることがわかりますね。

前述の通り、塩基性染料は髪の表面にイオン結合して白髪を染めていきます。

プラスの電荷を持つ塩基性染料は、髪が傷んでいれば傷んでいるほど(髪がマイナスの電荷に傾いているほど)、髪に強くイオン結合すると言われています。

そのため、髪にダメージが蓄積されている人は、塩基性染料が強く結合して、稀に緑色になる傾向があるようです。

頻繁にカラーやパーマを繰り返している人は要注意!

髪にダメージがどんどん蓄積されて、ヘアカラートリートメントを使うと髪が緑になってしまうかも!?

白髪密集地帯は危険!?

また、黄みを帯びた白髪も、青色の塩基性染料が吸着すると髪が緑に見えてしまうことがあります。

白髪が密集している箇所は特に危険!染めた後、緑色に見えてしまう面積が多くなってしまうことも…。

逆に言えば、白髪の本数が少ない方やまばらに生えている方はこうした状態になることはほぼありません。

シャンプーや整髪料で赤みが抜けてしまうケースも

あとは極めて稀なケースですが、シャンプーや整髪料によって染料が不均一に色落ちしてしまうことがあります。

利尻ヘアカラートリートメント 緑 噂

ヘアカラートリートメントに配合されている赤や茶の着色料が先に抜けてしまうと、当然残った着色料が強く発色しますから、もし時間の経過とともに髪が緑になってしまうのであれば、シャンプーや整髪料を見直してみましょう。

シャンプーは洗浄力がマイルドなタイプやノンシリコンタイプを使うと色持ちを長くすることができます。

整髪料は付けすぎに注意してみて。

以上のことから、利尻ヘアカラートリートメントを使って髪が緑になってしまうのは、特定の条件に当てはまったときのみ。

  • カラーやパーマを頻繁に繰り返している
  • 黄みがかった白髪が密集している
  • 洗浄力の強いシャンプーを使っている
  • 整髪料を使うことが多い

上記に該当しないのであれば、髪が緑色になってしまうことはほぼあり得ません。

安心して利尻ヘアカラートリートメントを試してみてくださいね♪

噂が目立ってしまうのは利尻が売り上げNo.1だから!

商品名

配合している塩基性染料(一例)

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16

マイナチュレヘアカラートリートメント

塩基性青99、塩基性茶16

スカルプD ヘアカラーボーテトリートメント

塩基性青99、塩基性茶16

メンズビゲン カラーリンス

塩基性青75、塩基性茶16

利尻ヘアカラートリートメントと同じような着色料は、他のメーカーのカラートリートメントにも含まれています。

それなのに、これだけ利尻ヘアカラートリートメントが話題になっているのは、売り上げ数が日本一を誇っているから!

利尻ヘアカラー 売上

知名度が高いと、やはりそれだけ悪い噂も目立ちます。

しかし、それ以上に利尻ヘアカラートリートメントは高い評価を受けているわけですから、まずは売り上げNo.1商品の実力を確かめてみるのもアリではないでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントのメリットとは

利尻ヘアカラートリートメント

緑になるのは利尻ヘアカラーだけではありませんが、不安はぬぐえませんよね。

利尻ヘアカラーは、その不安要素を上回るだけのメリットもありますから、2点に絞ってご紹介しておこうと思います。

植物由来の潤い成分がタップリ 

天然利尻昆布、ミツロウ・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン(羊毛)・カキタンニン・ローマカミツレ花エキス・ローズマリー葉エキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナ根エキス・カワラヨモギ花エキス・カミツレ花エキス・オタネニンジン根エキス・オクラ果実エキス・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・ヒマシ油・ムラサキ根エキス・クチナシエキス

利尻ヘアカラーには、28種類の植物由来成分が配合されています。

髪のキューティクルの補修や、頭皮の潤いを保ってくれます。カラーリングによる肌トラブルゼロを目指していることが分かりますね。

刺激が少ない無添加の白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント 無添加 アレルギー
  • ジアミン
  • タール系色素
  • パラベン
  • 酸化剤
  • シリコーン
  • 香料
  • 鉱物油

利尻ヘアカラートリートメントには、上記の刺激成分が無添加です。特にアレルギー原因物質となるジアミンや、かぶれやすいタール系色素が無配合。

毛染めに不安がある方にはふさわしいでしょう。

カラートリートメントで緑色になった時の対処法

利尻ヘアカラートリートメント 緑 1

最後に、もしもヘアカラートリートメントで緑になってしまった場合の対処法をいくつかお伝えしておきましょう。

カラートリートメントの放置時間を長くしてみる

カラートリートメントで染めた際に待ち時間が短すぎて、赤色の入りが悪くなり緑になってしまっている可能性が考えられます。

ですからどの色素もバランス良く髪に着色させるために、カラートリートメントの放置時間を普段より長めに取りましょう。

美容院で弱めの脱色をしてもらう

髪の脱色を実施していない美容院もあるほど、髪色の脱色は、高度な技術であり危険の伴うものです。

脱色が得意な美容院をリサーチして、弱めの脱色をお願いすることで、緑色を落してもらいます。

髪のダメージは避けられませんが、最後の手段ですからあきらめるしかありません。

脱色後は、普通の白髪染めヘアカラーを使って染め直してもらいましょう。

濃い色のマニキュアを塗る

緑色を覆い隠すほどの濃い色で、ヘアマニキュアを塗る方法もあります。ヘアマニキュアは、髪の表面を完全にコーティングします。

しかし、ヘアマニキュアは刺激強めのタール系色素がメイン染料で、頭皮や手に付着すると頑固でなかなか落ちてくれません。扱いが難しいので、美容院で施術してもらうのが良いと思います。

シャンプーをして色が抜けるのを待つ

シャンプーで洗い流して、髪に残った黄色と青色の、緑色に見えてしまう原因の色素を抜く方法です。

色が抜け切るまでの期間は、その人の髪質によります。

10日程でなくなる人もいれば、数か月は抜けきらない人もいます。シャンプーの洗浄力にもよります。

地道なシャンプー活動で色を抜いた後は、再び利尻ヘアカラーで染め直してみるか、他のカラートリートメントを使って白髪染めをします。

最初のカラートリートメントでは、再び緑になる可能性もありますから、他のカラートリートメント商品にするのが良いと思います。

 

まとめ

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしたら、髪の毛が緑になってしまった!

嘘でもあり、真実でもある噂だと分かりました。どんな物事にもメリットとデメリットはつきものですよね。

とはいえ、この髪の毛緑化現象は、ヘアカラータイプの白髪染めでかぶれ症状やアレルギーを発症するよりも発症率はかなり低めです。

また、他のヘアカラートリートメントを使っても同じ現象が起こる可能性は十分にありますから、もし利尻ヘアカラートリートメントが気になるのなら、是非試しに使ってみてはいかがでしょうか。

なお、利尻ヘアカラートリートメントは現在、初回限定キャンペーン実施中です。お得にチャレンジするなら今ですよ♪


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です