利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンはどんな色になる?

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

せっかくならオシャレな色に白髪染めしたい。

誰だって思うことです。どうしても白髪染め=オシャレ染めではないというイメージが先行してしまいますが、諦めたくはない。

人の印象をガラッと変える髪色はいくつになってもこだわり続けたいですよね。

本記事に来たという事は

「利尻ヘアカラーのライトブラウンってどんな感じに染まる?」

「自宅でも簡単に白髪染めしたいんだけど、なるべく自分が好きな色味で!」

と思っているでしょう。

髪を傷めずに白髪染めが出来るということで大人気の利尻ヘアカラー。全4色展開していますが、その中でも人気なのがライトブラウンです。

名前からして何だかオシャレに染まりそうな感じがしますもんね。

ということで本商品について

①染まり具合

②口コミ

を徹底的に調査してみました。イメージしやすいように写真付きで紹介していくのでご安心ください。

まるで白髪なんてなかったかのような明るい髪色を手に入れて心晴れやかに外出しちゃいましょう!

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンはこんな色に染まる!

利尻ヘアカラートリートメント 画像

利尻ヘアカラートリートメント

内容量200g

通常価格

3,000円(税抜)

 

送料

540円

(10,000円以上お買い上げで送料無料)

(2本セット以上お買い上げで送料無料)

キャンペーン・特典

 

 

  • 初回購入時、通常価格3,000円から1,000円オフ
  • 2本以上のまとめ買いは1本につき1,000円オフ+初回送料無料+限定特典付き(オリジナルコーム)

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

①     無添加で髪と頭皮に優しく染まりやすい成分配合

②     天然由来の植物色素使用

③     天然成分豊富な利尻昆布を使用

④     肌に優しい天然由来植物エキス

⑤     ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックから選べるカラー

利尻ヘアカラーは全部で4色用意されており、その中でもライトブラウンは一番明るい色として紹介されています。

でも「一番明るい色!」とだけ言っても、どれぐらい明るいのか・色味はどんな感じになるのか等の判断は難しいです。

今回は利尻ヘアカラーのライトブラウンに注目して、どんな色なのか一緒にチェックしていきましょう!

ライトブラウンは赤みの強い色になる

利尻ヘアカラーは、ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの4色あります。

その中でもライトブラウンは一番明るい色で、赤みが強く出る色とされています。

発色が良いので、赤みのある色が目立って明るく見えるんです。

しかしライトブラウンは明るすぎる色のため、白髪を染めると金髪っぽくなってしまう事も!

元々の地毛が明るい人なら、白髪が多少明るめに染まっても問題ないかと思います。

逆に地毛が暗い色の人はライトブラウンで染めると、白髪だけ光って目立ってしまう可能性もあるので要注意です!

白髪を金髪っぽくしないためには、しっかり染め置きすることと何回も染め続けることが大事。

トリートメントタイプは徐々に染まっていくタイプなので、最初は物足りないなと思った色味も染めるうちにだんだん色がついてくるようになっています。

色を浮かせないようにするにはしっかり染め続けることが大事なので、何回も染めるようにしましょう。

白髪がしっかり染まってくるようにするには、最低5回は染め続けることが大事です。

ライトブラウンで黒髪はどれぐらい染まるのか

利尻ヘアカラーのライトブラウンは明るい色なので、黒髪が多い人は黒髪も一緒に明るめのブラウンに染まるのか気にする人が多いです。

実際ライトブラウンは黒髪も染めるとどれぐらい染まるのか、確認してみましょう!

染める前の黒髪の量はこれぐらいです。

白髪も若干ありますが、黒髪の方が量が多いように見えます。ここからライトブラウンで染めると…

こんな感じの染まり具合になります。

黒髪も染まっているように見えますが、トリートメントタイプは髪の表面に色を乗せているだけです。

髪染めのように黒髪も一緒に染める効果はほとんど期待できないので、ご注意ください。

「うっすら色がついたかな?」という程度なので、トリートメントタイプで「しっかり黒髪も染めたい!」というのは難しいです。

あくまで白髪を染める用だというのは覚えておきましょう。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンを実際使ってみた人達の口コミ

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン 見出し画像

色について詳しく知ったので、次はライトブラウンを実際使ってみた人達の口コミから、本当はどんなものなのかチェックしていきます。

実際使ってみた人達の口コミを集めてみたので、参考になることは間違いないでしょう。

ライトブラウンの色が合わなかった人の口コミ

ライトブラウンは思ったよりも明るい
女性(60代) 白髪多め

ライトブラウンが一番明るい色との事だったので明るい色に染めたかった私は迷わずこの色にしました。どれぐらい明るく染まるのかワクワクしていたら、洗い流して髪を乾かしてみたところ、思ったよりも明るい…。

赤みが強い色と公式サイトでは見かけましたが、実際使ってみると想像以上に明るいです…。白髪が多いからでしょうか。なんか金髪っぽい髪も見つかって、赤みが強い色じゃなかったの?と疑問です。

染まったことは染まったんですが、想像と違う色の染まり具合だったのでどうすればいいかわかりません…。染め続けるとサンプルと似たような色になるんでしょうか…。

実際染めて見たら思った色と違う感じになってしまった、という人も少なからず見られました。

特に白髪が金髪っぽくなったことや、赤みが強い事に困惑する人が多いです。

染め続けているとライトブラウンになっていきますが、最初は色の入り具合が難しいかもしれません。

染まりが弱いと白髪が金髪っぽくなるようなので、最初は長い時間染め置きした方が安心できるでしょう。

推奨の染め置き時間は20~30分、色の入りが悪いようなら1時間置くと〇とされています。

1時間置いても染まりが悪い場合は、1・2日おきに染め直すようにすると良いでしょう。

だんだん染まってきたら染め直す日にちも空けて、置き時間も短くしていくと良いです。

全体の染まりが良くなったら、部分染めに切り替えることも出来るので、臨機応変に対応していきましょう。

ライトブラウン?思ったよりも明るくならない
男性(30代) 黒髪多め

元々地毛が明るいので、白髪を染める際も明るい色で染めた方が良いのかなと思い評価の高いのが多かった利尻ヘアカラーで染めました。

色はライトブラウンです。赤みの強い明るい色と見かけていたので、自分の地毛にもなじむかなと思ったんですが、染めたら元の髪色より暗くなってしまいました。

公式サイトを見ると結構明るめの色だったし、ネットで確認した時も明るめの色だったので完璧にだまされた気分です…。

地毛はちょっと明るめのこげ茶みたいだったんですが、利尻ヘアカラーのライトブラウンを使ったら限りなく黒に近くなってしまいました。

家族や同僚からも黒くしたのかと問われてしまい、なんだかこれだと地毛の色が元々髪染めしていたみたいになりそうで困ってしまいました。

まさかこんなに暗くなるなんて…。

ライトブラウンは公式でも明るい色という位置づけになっていますが、あそこまでの明るい色は白髪が多い人がなりやすい色だと思った方が良いです。

白髪よりも黒髪が多い人は、どうしても暗めに仕上がってしまいます。

利尻ヘアカラーは髪の表面に色を付けているだけ、という事をお話ししましたがそれが原因で暗くなってしまうんです。

白髪染めは元の髪色まで同じ色に染める効果はほぼないので、地毛も一緒に染めたい人は普通の白髪染めの方が向いているのかもしれません。

どうしてもトリートメントで染めたい場合は、白髪だけなるべく染めるようにすると地毛の色を残すことが出来ます。

利尻ヘアカラーはライトブラウンが一番明るい色なので、この色で暗く仕上がってしまうとこれ以上色のトーンを上げるのは難しいです。

部分染めか普通の白髪染めで髪全体を染めた方が安全でしょう。

一部分だけ染めて、どんな色の仕上がりになるのか確かめてみるのもおすすめですよ。

ライトブラウンの色が気に入った人の口コミ

ライトブラウンで染めたらおしゃれだと言われた
女性(40代) 黒髪多め

利尻ヘアカラーのダークブラウンを愛用していました。

一番無難な色だったのでこれを使っていましたが、思ったよりも暗めの色に仕上がるのが気がかりでした。ナチュラルブラウンも新色として追加されましたが、黒髪がまだ多いのでどうせなら思い切ってライトブラウンで染めた方が良いのかなと考えて、ライトブラウンをつい先日使用してみました。

前回のダークブラウンが暗めの色だったからか、ちょっと明るめになったような気がします。白髪は良く染まりますね。白髪だけ明るめのブラウンになったので、メッシュ入れたみたいと娘におしゃれだねと言われました。

黒髪部分は思ったよりも明るくはなりませんでしたが、前回使っていたダークブラウンより明るい気がするので、今度はこっちを使い続けてみようかなと考えています。

元々使っていた色が暗めならライトブラウンの色は明るく見えるかもしれません。

白髪だけ良く染まるので場合によっては地毛の色が暗めだと、白髪だけ明るく目立って浮いてしまう事も。

元の色となじませたい場合は、地毛に合った暗めの色を選択するなどした方が良いでしょう。

オシャレな明るい色になりました
女性(50代) 白髪多め

口コミを確認すると、ライトブラウンは赤みが強すぎると見かけたので正直不安だったんですが、染めてみたらおしゃれ染めのような仕上がりになりました。

元々白髪が多かったからか、きれいな仕上がりになります。

口コミで見かけたときも赤みが強い事が不評のように見えたので、やっぱり不安でした。でも自分で染めてみないとわからないものですね。私はライトブラウンの赤みの強い色が気に入りました。

白髪がきれいな明るい色に染まるので、オシャレも楽しくなりました。

でも仕事をしている人は仕事によっては明るすぎる色だと思うので、やっぱり難しい色のような気もします。

ライトブラウンは赤みが強い明るい色なので、発色の良いおしゃれな仕上がりになります。

口コミにあるように「暗い髪色じゃないとダメな仕事」をしている人にとっては扱いが難しい色でしょう。

しかし、単純にオシャレな白髪染めがしたい!なんて人にはこれ以上ないほどピッタリな色と言えるんです。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンはトーンダウンにも使えちゃう

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン 見出し画像

利尻ヘアカラーは白髪染め以外の使い道として人気があるものだというのを知っていますか?

「白髪染め意外に使い道があるの?」と思う人もいるかもしれません。

利尻ヘアカラーは、実はこんな使い道もあったんです!

トーンダウンにも使える!明るすぎた髪色を暗くする方法

トーンダウンとは、おしゃれ染めした髪色を暗くすることを言います。

普通の髪色戻しのように完璧に黒にするものではなく、元の色の感じも残したまま暗めの髪色にすることが出来るんです。

ブラック等、本当の黒い色を使ってしまうと髪色が暗くなりすぎてしまう可能性があるので、トーンダウンに使う色はなるべく明るめの色を選択した方が良いんです。

明るい髪色には白髪染めトリートメントの色がつきやすいので、髪色を完璧に戻したいわけではないけれど暗めの色にしたい人には向いている方法になります。

トリートメントは髪の表面に色を付けているだけなので徐々に色が落ちてきます。

色落ちしてきても元の明るい色にはならないので、しっかり黒い色にしたい人はトリートメントではなく髪染めで色を戻すと良いでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントはトーンダウンの利用でも人気!

利尻ヘアカラーって実は白髪染め用としてよりも、トーンダウンとして使用するのに人気があります。

トリートメントなのでおしゃれ染めの傷んだ髪にも効果がありますし、髪色も暗すぎない色に出来るのでそのような目的で使用している人は非常に多いです。

しかし、白髪染め用トリートメントは赤みが強いカラーが多いので、アッシュ系の色が好きな人にはあまり向いていません。

赤みが強いのでどうしても白髪染め用トリートメントでトーンダウンを行うと、オレンジっぽい感じや赤みの強い色になってしまうんです。

✔ アッシュ系の色が好みの人は、普通のおしゃれ染めのカラーでトーンダウンを行った方が好みの色に出来る

髪が傷みすぎていると色が入りやすく、思ったよりも濃い色になる可能性も。

「髪の毛先とか傷んでいるかも…」と思う人は、染めるときに置き時間を短くするなど工夫をしてみましょう。

もしライトブラウンやナチュラルブラウンで染めて思ったよりも暗くならなかった場合は、もう一度染めてみるのをおすすめします。

利尻ヘアカラーは使えば使うほど染まっていくので、使うたびに髪色が暗くなっていくんです。

1回染めて駄目なら2回・3回と自分の好みの暗さになるまで染めて調整するのも1つの使い方。

明るく染めすぎたときは、利尻ヘアカラーを使ってトーンダウンをしてみると良いでしょう。

トーンダウンに一番人気のライトブラウンを使用してみるのがおすすめです!

まとめ

利尻ヘアカラーのライトブラウンは赤みが強い色が特徴ですが、人によってはその赤みがデメリットとなってしまいます。

特に白髪が多い人は赤みが強く出るので、染めるときは注意が必要。

どれぐらい明るく染まるのかは自分で染めてみないと分からないことですが、発色の良い色に染まるのは間違いありません。

4色の中で一番赤みが強いので、赤い色が得意でない人はライトブラウンと違う、他の色を使用するのがおすすめです。

トーンダウンなどの使い道もあるので、色んな使い道を考えて購入するのもありでしょう。

利尻ヘアカラーのライトブラウンは、おしゃれに染めてみたい人に特におすすめします!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です