白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

製品

利尻ヘアカラー 市販の白髪染めとしてどうなの?

投稿日:

利尻ヘアカラートリートメント 市販 0

年齢が上がると、誰もが悩まされる白髪。悩む人が多い分、市場に流通している白髪関連商品は膨大です。

美容院でプロに染めてもらうのも気持ちが良くて良いのですが、相手は1ヶ月に1cmも成長します。白髪が目に付くたびに美容院に出向くのはとても大変ですよね。

そこで気軽に自宅で染めることができる市販の白髪染めの種類と、利尻ヘアカラーがセルフカラーに適しているのか、成分的に害はないのか等を徹底調査しました。

白髪染めアイテムとして累計販売数1,700万本をほこる日本一の定番ですが、厳しくジャッジしていきます。

市販の白髪染め 種類は3つ

利尻ヘアカラートリートメント 市販 1

利尻ヘアカラーのご紹介をする前に、市販の白髪染めにはどのような種類があるのか見ていきましょう。大きく分けて、3つあります。

白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜ合わせて染料を作る二剤混合式白髪染めです。黒髪を変化させる「おしゃれ染め」と染まるメカニズムは同じですが、白髪にも色が入るように染料が調整されています。

一度髪を脱色し、キューティクルをこじ開けて染料を入れ、髪の内部で発色させます。髪の内側の深層部から色を変えるので、長く髪色がキープできます。

ただ、ジアミン系染料や過酸化水素水などの刺激の強い薬剤を使用しますから、頭皮環境が悪化したり、髪のキューティクル(表面を覆うもの)がはがれてしまったりと、ダメージは大きくなるというデメリットがあります。白髪染めヘアカラーの形状は、クリームや泡、液体などのタイプがあります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪表面をコーティングして白髪に色を付ける方法です。キューティクルを操作せず、髪の表面を滑らかにしてくれるので、ツヤツヤの髪になれます。

ただし色もちは2~3週間ほどと短く、頭皮や肌に染料がつくと落ちにくいので、セルフカラーには向きません。染料に使われるタール系色素の刺激も気になるところではあります。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、トリートメントのようにシャンプー後の髪(時にシャンプー前の乾いた髪)に塗布することで、色素を付着させて白髪を染める方法です。

イオン結合で染めるもの(塩基性染料)と、小さい染料をキューティクルのすき間から入り込ませるもの(HC染料)が配合されています。

利尻ヘアカラーはこのタイプで、普段のシャンプー後のトリートメントと置き換えるだけで白髪染めは完了になります。

ヘアカラートリートメントのデメリットというと、色もちは最も悪く、1~2週間で色は衰退してしまいますし、染め始めは何回か連続して使用する必要があります。

市販ならヘアカラートリートメントがベスト

利尻ヘアカラートリートメント 市販 2

色持ちを選ぶのか、優しさを選ぶのか。

自分の目的に合わせて、市販の白髪染めは選んでいいと思います。しかし、短期的にも長期的にも、ベストはヘアカラートリートメントでしょう。

短期的には:手間が少ない

まず、短期的には染める手間が少ないということです。

白髪染めヘアカラーやヘアマニキュアは、お風呂外で髪に塗らなくてはいけません。塗るには、ハケやカバーなど、道具の用意も必要になります。

市販の染め剤に付属してくることもありますが、各自用意することもあります。

ヘアカラートリートメントであれば、普通のトリートメントを思い浮かべてもらうと良いのですが、道具はいりませんよね。手や爪への着色が気になるようでしたら、手袋を使うことをおすすめされていますが、他の道具は必要なく、お風呂内で作業は済んでしまいます。

集約すると、ヘアカラートリートメントは手間が少ないので、ホームカラーとしては最適でしょう。

長期的には:頭皮と髪の毛が傷まない

ヘアカラートリートメントは、優しい染料が使用されています。そして白髪が染まる際に、特別な化学反応を起こさず、そのための成分も配合されていませんから、頭皮環境を壊さず、髪のキューティクルも維持できるんです。

さらに、ヘアカラートリートメントは、髪のトリートメント効果も併せ持っており、今後、頭皮と髪の毛を大切にしたい人からは選ばれています。

利尻ヘアカラーの成分レビュー 

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,000円
通常3,000円

送料

540円
2本セットなら無料

 

それでは、利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染めトリートメントとして十分な成分配合なのか、確認していこうと思います。

植物色素を使用 

染料

解説

イオンカラー(塩基性染料)

他の分子(髪のマイナスイオン)と結合して染色する。髪の表面に付着する。

ナノ分子カラー(HC染料)

非常に小さい分子の染料で、キューティクル(髪の表面をおおっている部分)の隙間から髪の内部に浸透する。

植物色素

染色能力を持つ植物のエキス。シコン、クチナシ、ウコン、アナトー

 

利尻ヘアカラートリートメントには、通常ヘアカラートリートメントでは必ず使用される塩基性染料とHC染料の他、植物色素が配合されています。

植物色素を使用することで、塩基性染料・HC染料だけでは表現できない色が作り出すことができます。利尻ヘアカラートリートメントは、定番のブラックだけでなく、全4色のカラーバリエーションがあり、理想の髪色に近い色を購入できます。

28種類の潤い成分を配合 

天然利尻昆布、ミツロウ・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン(羊毛)・カキタンニン・ローマカミツレ花エキス・ローズマリー葉エキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナ根エキス・カワラヨモギ花エキス・カミツレ花エキス・オタネニンジン根エキス・オクラ果実エキス・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・ヒマシ油・ムラサキ根エキス・クチナシエキス

 

利尻ヘアカラートリートメントは、植物由来の美髪成分が28種類配合されています。キューティクルのほつれを改善したり、頭皮を潤して肌荒れを予防したりしてくれます。

白髪染めヘアカラーのように、アレルギー・肌荒れ原因になる成分は入っていませんが、白髪染めである以上、無刺激ではありません。利尻ヘアカラートリートメントは、頭皮の保湿を行うことで、頭皮環境を良好にしてくれるのです。

商品名にもなっていますが、「天然利尻昆布」から抽出されたエキスも保水力が高いものです。

無添加白髪染めなのに、色もちは良い

利尻ヘアカラートリートメントには、色もちや品質維持のために配合される下記成分が無添加です。

  • ジアミン
  • タール系色素
  • パラベン
  • 酸化剤
  • シリコーン
  • 香料
  • 鉱物油

色の流出は避けられないヘアカラートリートメントながらも、色もちが良いと評判なのは、独自の植物由来成分配合で、髪が保護され、髪色がキープできたことによると思います。

 

まとめ

市販の白髪染めとして、ベストな選択となるヘアカラートリートメント。中でも成分配合において、利尻ヘアカラートリートメントは小回りがきく白髪染めと言えそうです。

簡単に白髪染めを済ませたい方、健康な髪と頭皮になりたい方は利尻で決まりですね。

利尻ヘアカラートリートメントは、公式ショップからの購入が最安値です。(現在キャンペーン実施中)

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-製品

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.