カラートリートメントの口コミランキング! もう迷わない選び方

カラートリートメント 口コミ ランキング 0

トリートメントとカラーを同時にできる、カラートリートメント。 

美容室に足繁く通えず時間を作るのが難しい人にとって、気軽にカラーリングできるということで人気があります。 

今回は、カラートリートメントの口コミを調査し、成分や使用感などの総合的な評価も含めてランキングにしました。 

理想の髪色をキープするために、ベストパートナーを現段階で見つけておきましょう。 

カラートリートメントは口コミを参考に選ぶべし! 

カラートリートメント 口コミ ランキング 1

カラートリートメントは、通常のカラーリングとは違って、トリートメントをのせて髪の表面に染料を付着させるものです。商品によっては染料がうまく髪をコーティングできずに、染まりが悪いと感じてしまうものもあります。 

口コミが基準になる染まり具合 

染まりの良さというのは、実際に染めてみないと分からないもので、あらかじめ知るのは難しいことです。しかし、使用者の口コミを見れば、染まり具合がどの程度なのか、大体の傾向をつかむことができます。

染まりやすさや色持ち、染める時の待ち時間など、知りたい情報も得られます。 

成分や使用感の調査も必要 

  • 色持ち(白髪に入った色の持続期間)
  • 待ち時間(トリートメントの放置時間の短さ)
  • 美髪成分(キューティクル補修成分は入っているか)
  • 地肌成分(頭皮環境を整える成分は入っているか)

他にも、事前に分かる情報として上記もありますので、参考になさってくださいね。

カラートリートメント

口コミ重視!カラートリートメントランキング

それでは、口コミに重点を置きながら、カラートリートメントのランキングを発表していきます。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

価格

初回2,000円

 

利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染め用カラートリートメントの定番中の定番ですから、ご存知の方も多いかと思います。日本一売れている白髪染めです。

利尻昆布由来のフコイダンが豊富で、強力な保水力を持ちます。

髪と頭皮を潤すので、髪はツヤを取り戻し、頭皮は正常なバリア機能が発揮され、刺激に負けない頭皮が手に入ります。

待ち時間は、初回が20分、2回目以降は5~15分で完了です。ジアミン系染料や香料などが完全無添加で、髪と頭皮を保護しながら白髪染めをしたい人にはおすすめです。

乾いた髪に塗ると、より深く染まりますよ。

Good口コミ

Bad口コミ

乾いた髪から塗って、30分以上置けば、完全に白髪なくなりますよ。ラップして密着させるとより良いと思います。

自分で白髪を染めるのは初めてだったのですが、液だれもしないテクスチャで、髪質も改善したので、使い続けていこうと思います。

生え際の白髪が目立つので、4日連続で使ってみました。染まりには満足なんですけど、汗をかくと服やタオルについてしまって、色おちが気になりました。

真っ黒に染まるわけではないので、自然な髪色に仕上がりますよ。生え際は染まりにくかったですが、2日連続で染めれば気にならなくなりますよ。指がスーッと入って、通りが良くなります。

明るいところで見ると、白髪が光って見える。トリートメント効果はあって、サラサラにはなったんですけど、白髪が目立っちゃ意味なし。

カラー剤のニオイが苦手なので、利尻は無臭なので快適に白髪染めできます。ストレスフリーです。

頭皮もピリピリしなくて、刺激が少ないですね。きれいにも染まります。

ラップで包んでみたり、長めに時間を置いたりしてみましたが、染まりは良くなかったです。髪は痛まなかったから良かったですけど、リピートはしないですね。

 

良い口コミ・悪い口コミで共通しているのは、髪のトリートメント効果は高く、実感できたということでしょう。色の付き具合には個人差がありますが、髪のダメージを誘う成分は入っていないことが、口コミからも分かりますね。

染まりが悪いということであれば、温風をかける、放置時間を長める、などの対策をやってみましょう。それでもダメであれば、新しい白髪染めに移行しましょう。

 

価格

初回1,839円

 

利尻ヘアカラートリートメントと同シリーズで、気になった時に即席で白髪を隠せる上に、使うたびに白髪が染まっていくアイテム「利尻白髪かくし」もあります。

 

第2位 ルプルプ ヘアカラートリートメント

価格

初回1,833円

 

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントは、無添加の白髪染めで、利尻と同じく昆布の保護成分で低刺激、というのがポイントとなります。

ルプルプの場合はガゴメ昆布由来のフコイダンが、髪の毛一本一本にハリやコシを与えます。染料も天然染料が使用されており、トリートメント効果の高いカラー剤となっています。

Good口コミ

Bad口コミ

1回、2回では、染まりはあまり良くなかったですが、3回目では完全に白髪が目立たなくなりました。カラートリートメントでも、ここまで白髪が染まると知っていたら、もっと前から使っていたと思う。

シャンプー後の色落ちが気になる。乾いた髪に使えば、染まりは良い。髪はつやつやになって、ダメージは感じない。

低刺激で、何回か使ってもヒリヒリ、ピリピリもしなくて、アトピー体質でも大丈夫なのが嬉しいです。染まり具合は、使うたびに濃くはなっているから、まずまず満足しています。

1回目ではあまり変化がなくて、3回目くらいで、ようやく染まってきたという感想。30分待つのは面倒。

今まで使っていた市販の安いカラートリートメントは、色落ちが凄いのと、色がまだらに染まってムラができてしまっていたけど、ルプルプだときれいに染まる。髪もサラッとした仕上がりになるから気に入っている。

染まりは良いほうだと思うんです。その分、白髪に戻るのも早い気がします。十分にすすいでいるつもりだけど、少し痒みが出るので、使い続けるのはやめようと思います。

染まりにくい髪質もあるようですが、1回であきらめずに2~3回使用を続けることで、納得の色レベルに近づけることができているようです。使用後の髪の質感アップは、良い口コミ・悪い口コミでも共通している感想で、フコイダンの働きが万能だと分かりますね。

かゆみが出た人もいますが、いくら低刺激をうたっていても、かぶれる可能性は大いにあります。無理しての使用は、続けないようにしましょう。

 

第3位 POLAグローイングショットカラートリートメント

価格

2,900円

 

エステや高級化粧品で著名なポーラのエイジングケアシリーズの一つが、このグローイングショットカラートリートメントです。

ポーラの白髪染めは、1回の放置時間が5分という短さで白髪に色を付着させることが可能です。キューティクルのすき間を埋める補修成分も配合しており、コシのある髪にしてくれます。香りは、爽やかなシトラスとフローラルです。

Good口コミ

Bad口コミ

染まりは良く、1週間は色持ちします。いつもは美容院で染めてもらって、リタッチをポーラのカラートリートメントでしています。ポーラはヘアケア商品はお手頃なのが嬉しいです。

満足に染まるわけではないが、美容院での白髪染めの間隔を伸ばすために、週に1回は使っている。

1回で、白髪はかなり目立たなくなります。髪に香りは残らないくらいの軽めの香りです。

乾いた髪に20分置いたけど、白髪に全然変化がなくてダメでした。肌にも合わなかったみたいで、頭皮がピリピリしてきました。

トリートメント効果が高くて、指通りがスムーズになりました。10分くらいは置いた方が、ちゃんと染まると思いました。

髪からすすぐのが、思いの外時間がかかる。これを続けるなら、ふつうのカラーリングをしたほうがいい。髪もきしむ。

 

口コミを見渡すと、色持ちは、1週間が限度のようで、週に1回のペースで使用している人がほとんどでした。白髪染めはポーラ一本という人が少ないですが、カラーリングの期間を長めるためには十分使えるものだと思います。

価格

初回2,400円

目に入った、気になる白髪を即座に隠すことができるアイテムが、ポーラからも発売されています。頭皮を汚さずに、白髪に着色できます。利尻の白髪かくしとは違って、シャンプーで落ちる一時染料です。

 

第4位 アンナドンナ エブリカラートリートメント

価格

1,400円

 

アンナドンナのカラートリートメントは、白髪染めというよりも、おしゃれ染めであかるく染めた髪色キープや、違った色ニュアンスにしたいという場合に使われるものです。

シャンプー後の髪に塗って時間を置いてから流す。

深く染めたい場合には、シャンプー前の乾いた髪に塗ってから入浴する、という手順は、他の白髪染め用カラートリートメントと同じです。

カラーバリエーションが豊富でパッケージが可愛らしく、若い人向きというのがわかりますね。

Good口コミ

Bad口コミ

ヘアカラーの色が抜けてくると、明るく黄色っぽくなるのが嫌で、ピンクを使って赤みがかった色に近づけました。簡単ですし、きれいに染まりますよ。

グレー使用。ブリーチした髪のトーンダウンした髪に使ったんですが、汚い緑色になってしまいました。他の色と混ぜたら変わるかもしれませんけど、自分では何をえらんだらよいのか分からないです。

ブルー、とても良いですよ。美容院でアッシュ系にした髪が、色あせてきて茶色くなりすぎたので、使いました。きれいなアッシュに戻りました。傷んだ髪もツルツルしてきた気がします。

明るめのブラウン髪を落ち着かせたくてグレーを使ったけど、あまり変化がなかった。

髪の明るい部分にだけ、よく染まりました。カラーリング剤のように、ブロッキングして塗る必要がないのが、楽で良いですね。

ピンクを使用したが、全く色が入らず、赤みの要素がなく、終わってしまった。髪はサラサラしている気がするが、色に変化がないのならガッカリです。

 

使用している年齢層も、他のカラートリートメントと違って若いです。

色の入りや持ちに関しては評判が良いものの色の種類が沢山あり、それぞれの髪色の状態も違います。どのカラーを使えば理想の色になるのか、素人目では判断が付きづらいことが問題であるようです。

色を混ぜるにしても、また新たに購入しなくてはいけませんし、悩むところですよね。約3分の1量のミニサイズ(463円)も販売されていますから、まず髪の一部で試してみることが適切でしょう。

 

第5位 ビアント シラガネーゼボタニカルカラートリートメント

価格

2,500円

 

シラガネーゼは、週に1回の習慣で白髪ケアが完了する、トリートメントを兼ねた染め剤です。キューティクルの傷みが進んだ髪表面を補修する植物エキス、アミノ酸などが配合されており、美髪成分が豊富です。

Good口コミ

Bad口コミ

白髪ではない髪も、白髪と同じ色に染まってくれた。色落ちが少ないので、2週間に1回でも問題なさそう。

詰め替えのビニールから、容器に移すのが大変。

クシと容器がついてくるので、手は汚さずにカラーができます。他のカラートリートメントと全然違う、色持ちの良さでした。手とか体につくと、なかなかとれないからそれは注意です。

顔につくと、数日間とれない。

染めた後、髪がツヤツヤになります。容量が多くて、コスパ良いと思います。

髪のきしみが少し出てくる。タオルへの色移りもスゴイ。

 

色持ちの良さに感動する口コミが多く、カラートリートメントとは思えない、といった声が多くありました。

成分を鑑定すると、本当に「普通の」カラートリートメントとは違って、刺激強めのタール系色素が配合されていました。分類としては、ヘアマニキュアとほぼ同じです。

ですから、ふつうのカラートリートメントの感覚でベタベタと頭皮に素手で塗るようなことをしていると、着色してしまいますし、肌荒れの原因となりますから注意しましょう。

当サイトは今回ご紹介した口コミランキングとは別に、人気の商品を比較した記事も公開しております。価格や染まり具合など、優先ポイント別で商品を選びたい方は、是非そちらの記事もご覧ください。

カラートリートメントとヘアカラーの違い

カラートリートメント 口コミ ランキング 2

今回は、カラートリートメントを口コミと成分でランク付けしていきました。

なお、髪を染める道具として主流なのは、「ヘアカラー」です。髪の毛の色を変える、という点は同じですが、髪の染まる原理が異なります。

カラートリートメントの染まる原理

カラートリートメントは、主に白髪を染めるのが仕事で、髪の表面に色素をくっつけて、髪の内部にも色素を浸透させて色を出します。化学成分も、ほとんど使われていません。

カラートリートメントのメリット

脱色せずに色を入れていくことができるので、頭皮や髪へのダメージは抑えられ、トリートメント成分配合により、ケアしながらのカラーが可能です。比較的、かぶれる心配もありません。きれいな髪の毛のキープができます。5分~10分という短い時間でそめられるので、手間がかからないというメリットがあります。

カラートリートメントのデメリット

デメリットとしては、天然由来成分の染料やケア成分配合であることから、価格が高めに設定されていることでしょう。美容院で染めてもらうよりはお手頃ではありますが、市販のカラー剤と比較すると高めです。

一度に染まらないのも、もどかしいいと考える人は多いでしょう。色がつくのは髪の表面だけなので、色は長持ちしません。

ヘアカラーの染まる原理

ヘアカラーは髪の内部にあるメラニン色素を脱色してから、髪の内部にカラー剤を浸透させて発色させます。

ヘアカラーのメリット

日本人の暗めの髪色を、好きなカラーにできるのがメリットで、色も基本的には落ちません。

ヘアカラーのデメリット

ヘアカラーは、化学変化を伴う染め方なので、頭皮や髪にかかるダメージは避けられません。カラー剤の刺激で、体調によっては、かぶれる恐れもあります。

カラートリートメントでしっかり染める方法

カラートリートメント 口コミ ランキング 3

カラートリートメントのデメリットとして、色の入りが悪い、という点がありましたね。その点をカバーできるような染め方を伝授していきます。

放置時間は長めにとる

カラートリートメントを塗って、放置時間が長ければ長いほど、色づき度は高くなります。

入浴前に塗って十分な時間が経過してから始める、ヘアカラートリートメントを塗った状態で湯船につかるなどして、髪との密着時間を増やしましょう。

ノンシリコンシャンプーを使う

シリコンシャンプーを使うと、髪のキューティクルの隙間にシリコンコートが入り込みます。手触りは改善されますが、カラー剤の染料が浸透しにくくなってしまうんです。

カラートリートメント生活を始めるのであれば、ノンシリコンシャンプーに切り替えましょう。

タオルドライをしてからカラートリートメントを塗る

髪に水分が残っていると、カラートリートメントの成分も薄まって、白髪への色づきも低くなります。シャンプー後にカラートリートメントを使う際は、タオルで水分を拭きとってからにしましょう。

髪の奥まで染料を浸透させて、より染まりが良くなります。

カラートリートメント

まとめ

カラートリートメントの口コミランキングと、使用のコツなどをお伝えしてきました。誰にとってもベストな製品というのは存在しませんが、口コミは大いに参考になるものです。

いつまでも美しく見られたい。

そんな願いを叶えてくれる製品を見つけられるよう、まずは試してみてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です