20代の若白髪予防、不規則な昼夜逆転の生活でもできる?

近年、若白髪に悩む人が急激に増え続けています。

その中でも特に多いのが、10代後半~20代。学校を卒業して、あらゆるものから解禁された年頃の人に多く見られるようです。

社会人になり、学生の頃より生活が不規則になっていることや、お酒・たばこなどが原因なのでしょうか。

そういった考えから今回は、【最も白髪のリスクが高い】水商売をしている人にスポットを当ててみました。

さらに、同じような生活をしている人でも、果たして白髪を予防する方法はあるのか、詳しくお話していきたいと思います。

お水と夜型人間に迫る白髪

キャバクラやスナックなど、表は華やかなお仕事のように見える水商売。

しかしその裏で、かなり白髪のリスクがあることをご存知ですか。

水商売の人が他の同世代より白髪になりやすい原因は、以下の原因が考えられます。

  • 昼夜逆転の生活
  • 食生活の乱れや連日の飲酒
  • 過度のヘアセットやヘアカラー

なんだか白髪の原因だけではなく、健康面にも問題が出てきそうですね。

これらの理由がなぜ白髪の原因につながるのか、詳しく見ていきましょう。

 昼夜逆転の生活

水商売の方は仕事柄、朝起きて、夜眠るという一般的な生活リズムで過ごすことができません。

しかし、この【昼夜逆転の生活】になってしまうと起こってしまう問題が、自律神経の乱れ。

自律神経が乱れると、成長ホルモンの分泌が悪くなったり、血行不良を起こしたりしてしまい、髪の毛をつくる細胞が元気に働けなくなっちゃうんです!

食生活の乱れ

栄養不足も白髪の原因のひとつ。これは誰しもが起こりやすい問題なんですよね。

特によくあるのが、ダイエットや外食ばかりの食事による栄養不足。栄養が足りないってことは、頭皮にも栄養が十分に行き渡っていないということですよ。

また、水商売の人に多く見られる栄養不足のパターンが、連日の飲酒ではないでしょうか。

アルコールは栄養の吸収を阻害してしまうため、毎日お酒を大量に飲んでいる水商売の人たちは、知らず知らずのうちに、栄養が不足しているかもしれません。

 過度のヘアセットやヘアカラー

煌びやかな水商売の世界だからこそ、身だしなみは人並み以上に気を遣っていますよね。

しかし過度のヘアセットやヘアカラーは、頭皮に負担をかけてしまい、白髪の原因どころかアレルギーのきっかけにもなってしまうんです。

 

以上のことから、【最も白髪のリスクが高い】のが水商売のお仕事をされている方だとお伝えしました。

同じような生活、あなたもしていませんか?このような生活の中で、果たして白髪の予防はできるのでしょうか。

昼夜逆転してしまったら生活に一工夫を

先程お話したように、自律神経の乱れは、成長ホルモンの分泌量や、血液の流れに大きく関わってきます。

昼夜逆転の生活を直さない限り、自律神経の乱れはなかなか改善されませんが、それでも白髪を予防する工夫はちゃんとあるので安心して下さいね。

工夫その1 ちょっとでも成長ホルモンの分泌を増やす

私たちが眠っている時間は、髪の毛をつくる細胞を活発に働かせる【成長ホルモン】が分泌されます。

よく聞くのが「22時~2時のいわゆるゴールデンタイムに、成長ホルモンが最も分泌される」という話。これは実は大きな間違いなんですよ。

本当に成長ホルモンが分泌されやすいのは、眠ってから3~4時間後。そのため、最低4時間以上は睡眠をとらなくてはいけません。

しかし、寝すぎも体に悪影響を与えるため、7時間睡眠を目安に心がけるようにしましょう。

工夫その2 体を落ち着かせる

自律神経の乱れで不良を起こすと、栄養が体の隅々に届きにくくなってしまいます。もちろん頭皮の細胞にも栄養が十分に届きません。

そこで、血のめぐりを良くするために必要なことが、体をリラックスさせてあげるということ。入浴やマッサージ、ストレッチなどで構いません。

とにかく、自分が落ち着くことをして、体を労わってあげて下さいね。

栄養不足よりなら栄養過多の方がマシ

自律神経の乱れと同じくらい、白髪の原因になるやすいのが、食生活の乱れです。

体に取り入れられた栄養素は、まず心臓や肝臓などの命に関わる重要な器官から順番に送られていきます。

従って、さほど生命に関係のない頭皮に栄養が届けられるのは後回しになってしまうんです。

そのため、私たちは普段から体が余してしまう程の栄養を補わなければいけません。

しかし、過剰摂取すると害が起きる栄養素もあるので、気をつけて下さいね。

ダイエットは食事制限よりも体を動かす方が◎

食事制限を行うダイエットは、今すぐ休止符を打ちましょう。

バランスのとれた食事をとり、体をしっかり動かした方が、健康的にスリム体型になれますよ。

また、長風呂もオススメ。湯船につかることで代謝があがり、痩せやすい体をつくることができます。

添加物たっぷりの外食は控えめに

付き合いで、どうしても外食をしなければいけないときもありますよね。

そんなときは、和食をなるべく食べるようにしましょう。和食には、白髪の予防になるようなビタミンやミネラルがたくさん入っています。

ただし、脂質や塩分が多く含まれているものもあるので、味の濃い煮物や天ぷらなどには気をつけなければいけません。

アルコールは栄養を奪う泥棒猫

栄養を補っていても、毎日お酒を飲んでいては、せっかくの努力も水の泡。アルコールは、白髪予防に必要な栄養を吸収してしまう効果があるのです。

【アルコールが吸収する栄養素】

  • ビタミンA・B・C・D・E
  • 葉酸
  • ビオチン
  • カリウム
  • ナトリウム
  • 亜鉛
  • カルシウム など

500mlの缶ビール1本分程度のアルコールであれば、特に問題はありません。大事なのは、飲みすぎないことですよ。

白髪の予防に役立つ食事・食品は、以下の記事にも記載しています。興味がある方は、是非そちらものぞいてみてくださいね。

頑張ってくれた頭皮には感謝の気持ちを

過度なヘアセットやヘアカラーが、髪と頭皮に悪影響なのは、みなさんも薄々気づいていることではないでしょうか。

しかし美しく、かっこよく見られるために、おしゃれは妥協したくないですよね。

そのような場合は一体どうしたらいいのでしょう。

ヘアセットをどうしてもしなきゃいけない場合

本来であれば、毎日ヘアセットをするのは髪に負担がかかってしまうため、好ましくありません。

ですが、人に見られる仕事をしているとそうもいきませんよね。ヘアセットをしたら、帰宅後、頭皮と髪にありったけのご褒美を与えてあげましょう。

【頭皮と髪への4つのご褒美】

  1. すぐに髪をほどき、ブラッシングする
  2. シャンプーを十分に泡立てて、髪を洗う
  3. 頭皮マッサージも加えながら、丁寧にすすぐ
  4. 毛先にオイルトリートメントをつけて乾かす

これだけでも頭皮と髪は喜ぶこと間違いなし!面倒でもヘアセットをしたら、必ず行って下さいね。

過度のヘアカラーより付け毛やウィッグ

白髪を隠したいからといって、頻繁にヘアカラーやブリーチをすることはナンセンス。

ヘアカラーやブリーチには、頭皮に悪い薬剤がいっぱい入っています。使いすぎるとアレルギーを引き起こすことも・・・そんなの絶対いやですよね。

白髪を隠したいのであれば、付け毛やヘアウィッグを使ってみてはいかがでしょうか。ヘアセットも短時間で済みますし、毎日色んなバリエーションのヘアスタイルを楽しむことができますよ♪

白髪予防に役立つシャンプーに関しては、以下の記事に記載しています。お疲れ気味の頭皮に是非試してみては?

まとめ

本当は生活習慣を改めることが、一番白髪の予防に効果的なんですが、生活スタイルを変えるのが難しい人だっていますよね。

しかし、普段の生活にちょっとした工夫をしてあげるだけで、白髪のリスクをグンと抑えることができるんですよ。

この先もっと白髪で悩まないためにも、若い今のうちから白髪予防を始めていきましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です