白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

製品

泡タイプ(ムース)の白髪染めランキング 選び方と注意点

投稿日:

泡 白髪染め ランキング 0

泡の白髪染めは、染料を容器に入れて振ることで、泡状になるタイプのことです。容器から出した時点で、泡状のこともあります。

クリームのようにクシをつかって染め剤を伸ばす方法ではなく、シャンプーをするように手で揉み込んで塗布できます。

簡単に染められるということで、泡タイプの白髪染めは、人気のカラーリング方法でもあります。今回は、泡タイプ(ムースタイプとも言います)の白髪染め商品を、ランキングでご紹介していきます。

なお、白髪染めを始めるタイミングを迷っている方が多いのでお伝えすると、当サイトからのおすすめタイミングは、白髪が目立ってきたらすぐです。

始めるのが早すぎると思われるかもしれませんが、白髪が進行し過ぎてから白髪染めを開始すると、染めた時にバレやすくなってしまいますよね。

そんな時、泡の白髪染めでしたら手軽に始められ、1回で全体を染められるので経済的な負担も少なくて済みます。

泡タイプの白髪染めには、便利さ・手軽さという長所がある一方で、短所もあります。使用をご検討している方は、ご一読ください。

目次

泡タイプの白髪染めを選ぶ条件

泡 白髪染め ランキング 1

まず、泡タイプの白髪染めを選ぶ条件を見ていきましょう。泡タイプにも、実は成分に違いがありますので、自分に合ったものを選ぶのであれば、ご確認ください。

自分の髪色に合っている?

泡カラーは、染めるのが簡単というメリットがあります。

しかし、カラートリートメントや白髪染めカラーと比較すると主流な染め方ではありません。ですから、流通している商品数もあまり多くないんです。そうなると、必然的にカラーバリエーションが少なくなります。

その中から自分の髪色に合っているものを選ぶわけですが、泡タイプは色の出方に個人差があるので、同一商品でカラーバリエーションが豊富だと調整しやすいですよね。

髪や頭皮をいたわる成分が入っている?

白髪染めは、どんな種類であっても、少なからず髪と頭皮に負担がかかるものです。その負担を小さくしてくれるような、保護成分が配合されていれば、染まりも美しくなって将来的に薄毛の可能性も低くすることができます。

ジアミン系染料をチェックしておく

ジアミン系染料とは、ほとんどのカラー剤に配合されている成分です。日本人の髪色を変えるのには優秀な染料ですが、毒性が高く、アレルギー原因物質でもあります。

ジアミン系染料にアレルギーがなければ問題ありませんが、発症経験がある方や皮膚の強さに自信のない方は、ジアミン系染料が無添加の白髪染めを選びましょう。

厳選!泡の白髪染めランキング

それでは、

  • カラーバリエーションは十分か
  • 髪や頭皮をいたわる成分が入っているか
  • ジアミン系染料の有無

この3つの観点から泡タイプの白髪染めをランク付けしました。

第1位 KIRARI とろ~りムース<白髪用カラートリートメント>

カラーバリエーション

全3色

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

髪と頭皮の保護成分

ヘアケアキューブ

パンテノール

ガゴメ昆布

水添ナタネ油アルコール

アミノ酸 など

ジアミン系染料

不使用

内容量

150g

価格

【通常価格】3,200円

【初回限定】2,555円

※送料無料

 

KIRARI(キラリ)は、成分上はカラートリートメントながら、ムースで扱いを簡単化した白髪染めです。

ヘアキューブやパンテノール、ガゴメ昆布などの美容成分が、髪のキューティクルのすき間を埋めて補修してくれます。白髪染めを継続しながらも美しい髪が手に入れられるのです。それぞれが保湿機能を持っているので、頭皮の潤いもキープし、健康な頭皮の維持に効きます。

泡タイプのカラーリングは髪が痛むイメージが先行していますが、そのイメージとはかけはなれている泡カラーがあるということを覚えておきましょう。ジアミン系染料も無添加で、植物染料などで優しく染め上げてくれます。

初回限定で、割引価格で購入可能です。試しやすい、ハードルの低さもいいですよね。

 

第2位 ルプルプ ヘアカラーフォーム

カラーバリエーション

全2色

ダークブラウン

ブラック

髪と頭皮の保護成分

ガゴメ昆布(フコダイン)

グリセリン

ヒアルロン酸

セラミド など

ジアミン系染料

不使用

内容量

80g

価格

【通常価格】3,500円

【初回限定】1,833円

※送料540円

 

ルプルプ(LPLP)は、ヘアカラートリートメントが人気ですが、泡タイプでも販売されています。

カラーバリエーションは2色で、KIRARIと比較すると劣りますが、成分上は同水準と言って良いでしょう。お風呂前の10分、薬剤を塗っておくだけで簡単に白髪染めができます。

ジアミン系染料が不使用で、髪と地肌のケア成分が豊富です。髪の毛を傷める心配なく、白髪を隠せます。

初めての購入でしたら割安で購入できるキャンペーンが実施中ですし、全額返金保証もついています。カラーバリエーションは少ないですが、試すことのデメリットはない状態で始められるのがうれしいですよね。

 

第3位 ラサーナ 白髪染め泡カラー

カラーバリエーション

全2色

ダークブラウン

ライトブラウン

髪と頭皮の保護成分

褐藻エキス

コンフリーエキス

ボタンエキス

真珠貝由来成分

ジアミン系染料

使用

内容量

80g

価格

【通常価格】2,800円

※送料無料432円

 

白髪染めカラートリートメントが人気のラサーナからも、泡カラーが販売されています。カラートリートメントは、ジアミン系染料を配合していませんでしたが、こちらには使用されていますので、かぶれの恐れがある人はご注意ください。

ラサーナシリーズの特徴ともなっている褐藻エキスを始めとした地肌・髪の保護成分が豊富です。

ラサーナの泡カラーは、空気に触れることで酸化染料(ジアミン)が自然酸化して、染色が始まります。一般的なヘアカラーや泡カラーは、酸化させるためにブリーチ剤(過酸化水素水)を使うのですが、ブリーチ剤は刺激が強く、髪と頭皮に負担がかかります。

ブリーチ剤を使用せずトリートメント成分を豊富にふくんでいるので、上出来です。鼻にツンとこないフローラルの香りで、毛染め特有のニオイが苦手な人にも安心です。

 

第4位 泡のレフィーネ

カラーバリエーション

1色

ダークブラウン

髪と頭皮の保護成分

褐藻エキス

アルニカエキス

ローズマリーエキス

カミツレエキス など

ジアミン系染料

不使用

内容量

150g

価格

【通常価格】3,239円

 

レフィーネは、ヘッドスパ効果も併せ持ったヘアカラートリートメントが人気のメーカーで、泡タイプも販売しています。

ブリーチ効果はなく、トリートメントが泡状に変わったという状況です。髪と頭皮の保護成分はそのままです。カラーはダークブラウンの1色のみなのが少々残念です。

第5位 ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム

カラーバリエーション

全2色

ナチュラルブラック

ダークブラウン

髪と頭皮の保護成分

スクワラン

真珠エキス

ガゴメ昆布エキス

ジアミン系染料

使用

内容量

200g

価格

【通常価格】7,390円

【初回限定】4,425円

※送料無料

 

ヘアボーテの泡カラーは、ジアミン系染料を使用していますが、過酸化水素水を使用していない白髪染めです。染まりの良さは維持しながらも、刺激は抑えられていて、ラサーナの泡カラーと同じメカニズムで染めています。

保護成分も3つ入っているので、髪を傷めたくない女性におすすめです。

ただし価格が少々他よりも高めなので、継続をシミュレーションしてから購入してくださいね。美容院よりも高くつくことも考えられますが、美容院に行く時間を節約したい場合には役立ちそうです。

第6位 ブローネ 泡カラー

カラーバリエーション

全22色

髪と頭皮の保護成分

ローヤルゼリーエキス

シルクエッセンスエキス

ジアミン系染料

使用

内容量

1剤40ml、2剤60ml(セミロングヘア1回分)

アフターカラーヘアパック

価格

【通常価格】650円

 

使用直前に、1剤と2剤を混ぜ合わせて使う白髪染めです。

ジアミン系染料と、ジアミン系染料を酸化させるためのブリーチ剤(過酸化水素水)を使用していますので、刺激は非常に強めとなっております。

ただ、傷んだ後のケアとして、アフターカラーヘアパックも付属品で入っており、これで650円というのはコスパ最強です。カラーバリエーションも非常に豊富で、22色ありますので、まさに選び放題ですよね。

ブローネの特徴としては、泡をもみ込むと、ねっとりと重い泡に変わるので、髪に密着して液だれしにくい点です。

第7位 サロンドプロ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ

カラーバリエーション

全15色

髪と頭皮の保護成分

ローヤルゼリーエキス

パールエキス

海藻エキス など

ジアミン系染料

使用

内容量

1剤50g、2剤50g

ピッタリフィット手袋

価格

【通常価格】1,000円

 

ジアミン系染料とブリーチ剤(過酸化水素水)の二大刺激成分を含みますが、髪と頭皮の保護成分を配合してくれていますので、なんとか耐えてくれるかと思います。口コミでは「頭皮ヒリヒリ」や「かゆくなってきた」という声もありましたので、体質にもよるでしょう。

あらかじめ1剤と2剤が混ざっており、容器を振ることで、泡を作り出します。余った分は次回使うことができるのがうれしいですよね。泡タイプの白髪染めを使うのが初めてという方にはやりやすいと思います。

カラーバリエーションも15色と豊富で、コスパは良いです。

泡タイプの白髪染めを使うメリット

泡 白髪染め ランキング 2

初めての白髪染めに最適な泡タイプですが、まずは良い点をお伝えしていきます。

泡タイプだと染めやすい

まず、泡やムースタイプで染料が扱えるので、染めやすいということが大きいでしょう。

クリームタイプの白髪染めは、クシを使って髪を細かくブロッキングし、クシで少しずつ塗っていかなくてはいけません。

泡タイプの白髪染めであれば、泡をもみ込むだけで髪全体に染料がいきわたるので、ブロッキングする必要がありません。普段からしているシャンプーと同じ感覚と同じです。頭を泡で包み込むので、染めやすさは相当高く、直感でできます。

泡タイプだと使いやすくお手軽

泡タイプの白髪染めは、始めから泡で出てくるものが多いので、扱いが楽で手軽だというメリットがあります。

クリームタイプの白髪染めのように、1剤と2剤を混ぜる手間はなく、既に混ざっているか、そもそも1剤だけで染められるものばかりです。

使う分だけ泡にして出せばいいので、使い切らなかった薬剤は、次回まで取っておけるのもいいですね。

泡タイプは刺激が少ない

ほとんどの白髪染めには、ブリーチ剤(過酸化水素水)が使われていて、頭皮と髪に刺激的なものです。その点、泡タイプの白髪染めはブリーチ剤を含まない商品が多いので、刺激は少なく済みます。

今回ランキングでご紹介した中で言うと、「ブローネ」と「サロンドプロ」にはブリーチ剤が含まれますが、他は安心してご使用いただけます。

泡タイプの白髪染めを使う時の注意点

泡 白髪染め ランキング 3

扱いやすさと、頭皮・髪への優しさが考えられている泡タイプカラーですが、使い始めるにあたって何の心配もないわけではありません。注意点をご確認ください。

泡タイプは生え際が染めにくい

泡タイプのカラーリングは、髪全体をもみ込むように染めますので、使うのはとても楽です。しかし、その分狙った場所にピンポイントで生え際に乗せるのは難しいというデメリットがあります。

付属品として、クシがついていないことが多いので、生え際を染める時は、少量を指につけて塗りつける必要があります。その時、指の温度で泡の形状が保てなくなってしまって、おでこからタレてしまうこともありますので、心得ておきましょう。

泡が飛び散りやすい

クリームタイプの白髪染めとは違って、泡カラーの泡はフワリと軽いものです。手に乗せている時に、ちょっとしたキッカケで落ちたり、飛んでいってしまったりします。

また、液の残量が少なくなってくると、泡を出すときに綺麗な泡にならず、ブチブチと飛び散ることがありますので、そちらも注意しましょう。

泡で髪をもみ込み過ぎる

泡タイプの白髪染めは、使い方がシャンプー瓜二つですから、クシュクシュと髪に揉み込む力が行き過ぎることがあります。せっかく髪に優しい成分が配合されても、力を込めすぎては髪がこすれ、頭皮もダメージを被ります。

あくまでも「優しく」もみ込んであげてください。

ブリーチ剤入りの泡カラーは染めたい部分にだけつける

ブリーチ剤入りの泡カラー(「ブローネ」と「サロンドプロ」)に限ったことですが、このタイプは、髪と頭皮についた時間分だけダメージが蓄積します。

ブリーチ剤は脱色作用があるので、白髪染めしたい部分にだけ泡をつけ、その他の箇所には泡が触れないように注意してください。

ブリーチ剤入りの泡カラーは放置時間を守ろう

これもブリーチ剤入りの泡カラー(「ブローネ」と「サロンドプロ」)に限った注意点になりますが、髪につけておく時間が長ければ長いほど、不可逆的ダメージを襲います。商品の説明書に書いてある使用時間をしっかりと守って、時間通りに洗い流してください。

トラブル防止にパッチテストをしよう

白髪染めを使う時は、必ず毎回、染める2日(48時間)前に、パッチテストをしなくてはいけません。パッチテストとは、その白髪染めでかぶれが起きないかどうかを確かめるものです。

パッチテストで皮膚異常が見られた時は、その白髪染めは利用できなくなります。ただしこのパッチテスト、実際に行っている人は少ないという現実があります。プロが行う美容院でのカラーリングでさえ、パッチテストせずに施術を始めてしまうことがほとんどです。

泡カラーで頭皮トラブルを起こしたくないのであれば、必ずパッチテストを行ってください。

泡タイプの白髪染め 欠点をカバーする方法とコツ

泡 白髪染め ランキング 4

実は色々と問題もある泡タイプの白髪染め。欠点に目をつむるのではなく、カバーする方法と、成功させるコツがありますのでご紹介します。

使用量は節約しない

泡タイプの白髪染めは、余った分は次回使えるのがメリットでもありました。しかし、これを気にしすぎて、使用量を節約して白髪を染めるのは逆効果です。

泡は、確かに髪全体にいきわたらせやすい形状ですが、量が少なくては意味がありませえん。次回のことばかり考えず、今美しく染めるためにはどうしたらいいのかを考えて、たっぷりと使用しましょう。

2回目以降は根元を中心に染める

髪のダメージは、蓄積していくものです。白髪染めを何回も繰り返すと、毛先の傷みが進行して、深刻化します。

対策として有効なのは、リタッチカラーという新しく生えてきた部分だけに染料をつける方法です。泡カラーでは難しいように思いますが、極力毛先につけず、根元に泡をのせてくださいね。

当然ですが、白髪染め薬剤が触れている時間が長ければ長いほど、染まりが良くなりますの。最初から白髪多めのポイントを見つけておき、そこから泡をのせて馴染ませましょう。

ただし、ランキング1位のKIRARI、2位のルプルプは、泡のトリートメントですから、ダメージは心配せず、全体にお使いいただけます。

お風呂で白髪染めを使用し、床は濡らしておく

泡タイプの白髪染めは、軽い形状で泡が飛び散る可能性があります。ですから、泡が飛び散ってもよいお風呂でカラーリングされることをおすすめします。

また、あらかじめ床や壁を濡らしておくことで、飛び散っても掃除を楽にできます。

顔まわりにクリームを塗っておこう

散らばりやすい泡の白髪染め。染める前に、油分の多いクリームを顔周りに塗っておきましょう。泡が飛んできたり液だれしてきたりしても、クリームの油分が薬剤を弾いてくれるので、顔が染まってしまうことはありません。

アミノ酸シャンプーを使おう

ブリーチ剤入りの泡カラーの使用を続けると、髪にダメージが蓄積していきます。ですから、市販の高級アルコール系シャンプーで洗髪すると、キューティクルが逆立って色が落ちやすく、髪の毛もますます傷みます。

色落ちを止めて髪の毛をいたわるためにも、アミノ酸シャンプーに替えましょう。

泡タイプ(ムース)の白髪染め 色の選び方

泡 白髪染め ランキング 5

泡カラーの扱い方が分かったところで、ここからは色選びの方法をお伝えしていきます。自分に合った色、自分に似合う色と言っても、意外と外れていることもありますので、念のためご確認ください。

初回は明るい色で染めよう

初めて白髪染めをされるのであれば、希望よりも明るめの色を選びましょう。なぜなら、初めての白髪を染めるという方は、白髪の量はまだ少量だと予想されるからです。

白髪の量が少ないとき、仕上がりの印象はもとの髪色の暗さによってつくられます。初回から暗めで染めてしまうと、全体の印象が暗くなりすぎる可能性があるのです。

いったん暗く染めてしまうと、染め直して明るくするのが簡単にはできなくなります。ベースを明るめにしておくと、調整もしやすくなりますよ。

たまには色を調整しよう

「暗めの色で白髪を隠したい」という方の場合、3回に1回くらいは、ひと段階明るい色で染めると良いと言われています。

なぜなら、繰り返しの白髪染めを暗い色で統一してしまうと、染料が髪に蓄積し、あれよあれよと髪色が想定よりも暗くなってしまっていることがあるからです。

たまには明るい色を入れて、ベースを変えてみましょう。

白髪の量で色を調整しよう

白髪の量によって、同じ色の泡カラーを使っても、仕上がりの印象が変わってきます。白髪10%の場合と、白髪50%では全く違うのは当然ですよね。

白髪が少ないと、地の髪色の暗さが印象を決めます。量が多いと、白髪に入れた色で印象が変わります。つまり、同じ色を使い続けていても、白髪の量が増えると出来栄えと印象はガラリと変わってくるということです。

時々でいいので、白髪のバランスを考えて、色を調整しましょう。

他の白髪染めの種類を解説

泡 白髪染め ランキング 6

それでは、他の白髪染めの手法を解説しましょう。最初から泡カラーに絞らず、他の種類も見てみてくださいね。

クリームタイプの白髪染め

白髪染めの主流は、クリームタイプです。こってりとした形状で、生え際部分が染めやすい特徴があります。狙った部分に塗りやすく、しっかりと密着してくれます。付属でクシが付いていることが多く、色ムラが防げます。

1剤と2剤を混ぜる必要があり、手間に感じる人もいるかと思いますが、美容院でもこちらが採用されています。ジアミン系染料とブリーチ剤(過酸化水素水)を使用する点だけはご注意ください。

液体・乳液タイプの白髪染め

液体・乳液タイプの白髪染めは、ゆるい形状なので、髪全体に伸ばしやすく、スピーディーに塗ることができます。時短をしたい人向きで、染めムラができにくい特徴があります。

シャンプータイプの白髪染め

シャンプータイプの白髪染めは、シャンプーで髪を洗いながら白髪を染める、という2つの機能が1つになったものです。

ただ、1回で白髪に色が入ることはなく、ゆっくりと徐々に染めていきます。即効性を求める方には向きませんが、ダメージが少なくて髪と頭皮の健康を第一に考える方には向きます。

トリートメントタイプの白髪染め

トリートメントタイプの白髪染めも、シャンプータイプと同じで使うたびに徐々に染まってくるものです。白髪染めと、トリートメントの機能を併せ持っています。

シャンプータイプよりは髪との密着度と時間が長いので、1回あたりの染まり度は非常に高いものです。

まとめ

厳選!泡の白髪染めランキング

第1位

KIRARI とろ~りムース

第2位

ルプルプ ヘアカラーフォーム

第3位

ラサーナ 白髪染め泡カラー

第4位

泡のレフィーネ

第5位

ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム

第6位

ブローネ 泡カラー

第7位

サロンドプロ 泡のヘアカラー

 

便利ながらも、選ぶ商品ややり方を間違えると、髪を傷めることにもなりかねません。

セルフで白髪と向き合う際は、今回ご紹介したポイントを踏まえながらトライしてみてくださいね。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-製品

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.