セルフカラーランキング 「誰でも美しく」が市販で叶う

セルフカラーランキング

自宅でできるセルフカラーは、気軽に髪色を変えることができるために人気です。ただし、テクニック不足やカラー剤との相性の悪さによっては、染めムラが出てしまったりかぶれてしまったりする可能性があります。 

今回は、おすすめの商品や、セルフカラーで美しく染めるコツをお伝えしていきます。染める髪が、黒髪か白髪かでも商品の分類が変わりますので、ここで一度整理してみてください。

目次

セルフカラー「白髪染め」と「おしゃれ染め」の違い

セルフカラーランキング 白髪染め 1

セルフカラーは、目的別に大きく二つに分けられます。白髪に色を入れて目立たなくするのを「白髪染め」と言い、元々の髪色を明るくするのを「おしゃれ染め」と言います。

染料のベースが違う 

白髪染めは、ブラウンが強い、濃いめの染料ベースになっています。反対におしゃれ染めでは、明るい色味が全面に出るよう、あまり濃い染料の配合は多くありません。

目的別で使い分けよう

染料の配合が全く異なりますから、それぞれの目的と違った使い方をすると、理想通りの髪色にならなくなってしまいます。

おしゃれ染めを使っても白髪はうまく隠れてくれず、白髪はないのに白髪染めを使うと、無駄に暗い仕上がりになってしまいます。カラー剤は万能ではありません。希望にあった用途を満たしてくれるものを買って、セルフカラーに挑みましょう。

白髪染め・おしゃれ染めの違いについて、さらに詳しい内容を知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

【白髪染め】自分に合ったセルフカラー剤の選び方 

まずは、白髪染めから、自分に合ったセルフカラー剤の選び方をお伝えしていきます。白髪染めでしたら、以下の3つを満たしているものを選ぶことで、失敗がありません。

白髪染めはトリートメントタイプがベスト

白髪のセルフカラーでしたら、トリートメントタイプのカラー剤を選んでください。トリートメントタイプは、シャンプー前かシャンプー後に、髪に塗って何分か放置して、洗い流すことで白髪が染まります。

お風呂で完了して、白髪染めをするにあたって特別な道具の用意はいりません。トリートメントタイプだと、気軽に白髪を染められるので、セルフカラー向きなんです。

通常の白髪染めカラーリングと比較すると、色落ちが早いため、こまめな染め直しが必要となります。

しかし逆に言うと、白髪は、日々成長するもので、白髪の成長スピードに対応することができているとも言えます。白髪のスピードに、自宅で追い付け追い越せで、染め続けられるのであれば、色もちの面は仕方のないように思います。通常の白髪染めカラーリングは、髪の傷みが進行してしまいますから、1ヶ月から2ヶ月は間隔をあける必要があります。

そして、トリートメントタイプは、白髪染めとしての機能以外にも、髪のキューティクルの補修、頭皮の保湿などをしてくれるので、薄毛対策にもなってしまうのもメリットになるでしょう。

香りを確認しておこう

白髪染めの成分表を確認すると、香料が入っているのかいないのかを確認できます。

白髪染めトリートメントの香りがきついと、セルフカラー中は不快ですし、白髪染めが終わって乾かしてからも香りは髪に残ってしまいます。

香りの強弱や好みをを確認して買うことができたら良いのですが、トリートメントタイプの白髪染めは、通販限定であることが多く、確認することが難しい状況です。香りの問題で絶対につまずきたくないのでしたら、無香料の白髪染めを選んでください。

継続可能な価格か確認しよう

白髪染めトリートメントは、色落ちスピードや生え際もこまめにケアできるという性質上、使用頻度は高くなります。

ロングヘアや毛の量が多ければ、使用量も増えるでしょう。そんな時、1回あたりのコストも計算し、使い続けられるカラートリトメントなのか確認の上、購入を決めてください。

【白髪染め】セルフカラーランキング

それでは、3つ確認事項

  • トリートメントタイプを使おう
  • 香りをチェックしよう
  • 使用コストをチェックしよう

と、口コミ評価をミックスし、おすすめの白髪染めを、ランキング形式でご紹介していきます。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

髪の保護成分

利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料

無添加

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,000円

通常3,000円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

540円

2本セットなら無料

 

一番売れている白髪染め、それが利尻ヘアカラートリートメントです。

カラー剤でよく登場する刺激成分

  • ジアミン
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油

などが無添加です。肌への負担を、できる限り排除しようとしてくれています。

トリートメントタイプの白髪染めは、着色するにあたって、強い化学反応を起こさせません。ですから、染まりは悪いという特徴があるのですが、利尻ヘアカラートリートメントは一味違います。

利尻ヘアカラートリートメントは、使用1回目から、白髪に満足に色が入り、色持ちも続くという特徴があります。

どうしてカラートリトメントなのに色落ちのデメリットを感じさせないのかというと、利尻には、28種類の植物由来の潤い成分と、キューティクル補修成分が含まれているためです。そして、利尻昆布エキスに豊富に含まれるフコイダンという成分が、高い保水力で髪をコーティングします。

このように、髪質の向上機能のある利尻ヘアカラートリートメントなので、色素の流出も防ぐことができ、色持ちが持続したということです。

女性の髪の毛は、ドライヤーやアイロン、パーマなどにさらされて、髪の傷める機会が多くなりがちです。そんな女性が置かれた環境も考えて作られた白髪染めが、利尻ヘアカラートリートメントなんですね。

初回割引価格は、公式販売サイトで適用されます。

 

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ 

セルフカラーは初めてだったので、利尻を髪全体に塗った後、ラップをぐるぐる巻いて密着させました。

しっかりと生え際や根元から染まってくれて、2回目が済むと、すっかり白髪が見えなくなってくれました。

カラートリトメントなのに、ちゃんとここまで染まってくれるのを知って驚きました。これからは、白髪染めに関しては美容院に行かなくて済むかなと思います。

 

実際の使用感が、トリートメントだという意識が少ないということが分かりますね。

髪が伸びるスピードは、1ヶ月に1cm程度です。髪色を変えて色落ちのない白髪染めカラーリングをしていたとしても、根元から1cm、白髪が見えてしまっているのであれば、見た目のイメージダウンが心配ですよね。カラートリートメントであれば、セルフカラーで日々調整しつつ、白髪染めが習慣にできちゃいます。

利尻ヘアカラートリートメントは、全4色。自分に相性の良い色を選び、混ぜて使用することも可能です。

 

第2位 ルプルプ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

髪の保護成分

ガゴメ昆布エキス

香料

ラベンダー、オレンジ、ローズマリー

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

無料

 

頭皮ケア機能も備わっているのが、ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントに配合されていたフコイダンが、ルプルプヘアカラートリートメントにも豊富に含まれていて、頭皮の潤いと髪の保護が両立している白髪染めです。

フコイダンの頭皮ケア性能で、将来を見越したケアが実現しています。

 

ルプルプ ヘアカラートリートメントの口コミ

40代に入ってから、前髪と分け目に白髪が混ざってくるようになりました。育児や仕事で、頻繁に美容院に行くのが難しくて、セルフカラーで何かいいものがないかと探していた時に試してみたのがルプルプです。

ちゃんと白髪が染まる、っていうのは当たり前かもしれませんが、トリートメントでこんなにきれいに染まるなら、もうずっとこれでいいかと思っています。

手触りがツヤツヤで、髪が復活した感じがします。肌がかぶれてしまうこともなかったので、使い続けていくつもりです。香りは、好きな香りなんですけど、気合い入れて長時間置くときはきついので、マスクとヘアキャップをして、香りを吸い込まないようにしていました。

 

 

香料の好みが大きく分かれてしまうこともありますが、成分上は低刺激ですから、心配ありません。安心して、セルフカラー生活を送れる製品です。

利尻ヘアカラートリートメントと同じく、セルフカラーの白髪染めでは定番になりつつあるルプルプ。こちらでも、割引キャンペーンで購入できますから、ぜひ試してみてくださいね。

 

第3位 ラサーナ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、グアイアズレン、ウコン)

髪の保護成分

真珠由来成分、羊毛由来成分、海藻エキス

香料

シトラス&フローラル

カラーバリエーション

ダークブラウン

ラサーナ 色 ダークブラウン

内容量

180g

価格

初回WEB限定2,296円

通常2,800円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

756円

送料

初回無料

通常432円

 

海藻由来の毛髪保護成分が充実していて、髪のトリートメント効果が非常に高い特徴があります。

カラートリートメントで通例の染料(塩基性染料・HC染料)と共に、天然染料を使用しています。自然で、優しい色合いに染め上がります。

ダメ―ジが蓄積した髪の毛にも、内側と外側のアプローチで、印象良く白髪染めを行えます。

 

ラサーナ ヘアカラートリートメントの口コミ

普通の白髪染めは、1剤と2剤を混ぜて、ムラなく塗って、という作業をしなくてはいけなくて、すごく面倒で白髪染めを億劫に感じていました。

シャンプーの後に塗って、お風呂の中で終わらせられる白髪染めがあると知って、もともとラサーナの洗い流さないトリートメントを愛用していたので、同じシリーズモノでこちらを選びました。

3日連続で使えば染まってくれるので、どこにいっても問題ない状態になりますよ。一度もピリリと刺激を感じたことはないです。全部お風呂でできてしまうのが嬉しいですよね。

髪質は、変わらず良い感じです。

 

 

3回の使用で、色が入ってくれたのが分かって、かぶれなどの頭皮トラブルもないということで、相性が良かったと判断できますね。アレルギー発症の原因となる成分も配合されていませんから、どなたでも安心して始めていただけると思います。

 

第4位 POLAグローイングショット カラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

香料

シトラス

カラーバリエーション

ブラック

ブラウン

内容量

200g

価格

通常2,900円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

725円

送料

送料無料

 

ポーラは、スキンケア化粧品やエステでお馴染みですね。ポーラの白髪染めの特徴は、放置時間が短いことでしょう。

通常は10分~30分の放置が必要ですが、ポーラの場合は5分で完了してしまいます。ポーラ独自の染料配合で、この色の染みこみの速さを実現しました。

軽やかなシトラスの香りで、刺激臭というまでのキツさはありません。放置時間も短いので、放置中に体調不良になることもないかと思います。

公式サイトから購入すると、送料は無料です。

 

第5位 髪萌ヘアカラーHATSUMOE

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ)

髪の保護成分

ガゴメ昆布、アロエ、ローズマリー、ツバキオイルなど

香料

内容量

200g

価格

初回定期WEB限定20%オフ1,920円

通常2,400円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

600円

送料

600円

 

3つのオイルと、12種類の植物成分を配合しています。

頭皮に栄養を与えて、健康な髪の生えてくる土壌を整えてくれます。無添加なので、肌荒れしやすい敏感肌さんや、乾燥肌さんにも対応している白髪染めです。香りは優しく、初回は割引で買えます。

 

第6位 KIRARI(煌髪)泡のカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)

髪の保護成分

ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

150g

価格

初回WEB限定20%オフ2,555円

通常3,200円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,066円

送料

送料無料

 

キラリは、成分上はカラートリートメントながら、泡(ムース)で出てきてそのまま染められるという、新しいタイプのセルフカラー剤です。ムースは扱いやすく、すぐに髪全体に行き渡らせることができ、トリートメントでは塗りづらかった後頭部にも、難なく伸ばすことができます。

泡が絡むので、染めムラを防げます。コストは他の白髪染め用トリートメントと比較すると、割高ですが、新タイプですので仕方ありません。公式から購入すると、割安になります。

 

第7位 玉髪ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、アナトー、クチナシ)

髪の保護成分

ツバキ、バラ、ハチミツなど

香料

無香料

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

内容量

160g

価格

通常3,364円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,051円

送料

送料無料

 

玉髪は、天然染料と髪への優しさ成分で、自然な風合いに白髪染めが完了するトリートメントです。白髪染めトリートメントとしては、まだ歴史が浅く、あまり口コミが集まっていないものの、モニター調査では、96%が満足したというデータがでています。

1回のカラーで1,000円以上のコストがかかるのは、他と比較すると高いように思えますが、30日以内であれば、全額返金制度がありますので、試しやすさは大きいですね。

 

第8位 くろめ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

くろめエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ローマカミツレなど

香料

無添加

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,759円

通常3,009円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

752円

送料

送料無料

 

ヘアカラートリートメントの中で、最も優しいと言えるのが「くろめ」です。成分の優しさと無刺激具合がずば抜けています。髪と頭皮の保護、補修してくれる成分も豊富です。

ただし優しさが突出している分、染まりは非常にゆるやかで、回数を重ねて使用しても、完全に白髪に深く色濃くなることがないようです。アトピー性皮膚炎の患者さんや、敏感肌向けに開発された製品ですので、最後の砦といった意味合いが強いかもしれません。

 

第9位 レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

アロエ、カンゾウなど

香料

ラベンダー油、ライム油、レモングラス葉油など

カラーバリエーション

ダークブラウン

ライトブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

通常3,334円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

555円

送料

600円

2本以上購入で送料無料

 

白髪染めと、薄毛対策を兼ねているのが、レフィーネです。ヘッドスパ機能により、頭皮細胞を活性化し、健康な髪を作り出す準備万端、という状態にしてくれます。

合成着色料が無添加で、頭皮の調子も良くなったという口コミが多く見られました。

 

第10位 フラガール リッチ カラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

黒真珠由来成分、マカデミアナッツ油など

香料

ラベンダー油、パルマローザ油など

カラーバリエーション

ブラック

ディープブラウン

ディープアッシュ

ダークブラウン

ブラウン

内容量

170g

価格

通常3,200円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

941円

送料

送料無料

 

ヘアカラートリートメントで定番のフラガールから、新しいバージョンが発売されています。リッチとして、より使用がスムーズになりました。

チューブの先端がとがっており、トリートメントが狙った場所に出しやすいという特徴があります。一番染まってほしい箇所に、ピンポイントでのせておけば、染料と髪の密着時間が長くでき、確実に染まります。

専用コームも付属しています。

 

【おしゃれ染め】自分に合ったセルフカラー剤の選び方

おしゃれ染めは、髪色を明るくしたり、違ったニュアンスに仕上げるためのものです。おしゃれ染めも、いくつかタイプがありますので、以下のポイントに着目して選んでいくと外しません。

クリームタイプはしっかり染めたい人向き

1回でしっかり染め切ってしまいたい人は、クリームのなかに、染料が溶け込んだを選びましょう。髪の傷みをおさえて、深く色を入れることができます。

髪の毛をブロッキングして、丁寧に塗る必要があるので、少々手間はかかり、テクニックも必要になります。丁寧に塗った分、美しくカラーリングできます。

もともと「おしゃれ染め」は、ジアミン系染料と過酸化水素水(ブリーチ剤)を組み合わせて、とにかく髪が傷め付けられる方法です。あまり安価すぎるものは使わず、せめて1,000円以上の商品を使ってください。カラーリング後に使用できるトリートメントが付属品であると、心強いですね。

泡タイプなら不器用さんでも簡単に

テクニックに自信がなく、クリームタイプを扱うのに心配だという方は、泡タイプで染めるセルフカラーがおすすめです。

泡タイプのカラー剤は、シャンプーと同じように泡で髪を包み込めば、カラーが完了します。クリームタイプのように髪をブロッキングして塗っていく手間がいりません。

ただし、泡を生成するために、界面活性剤を使用しており、染料と一緒に、髪の傷み成分の吸収も促されてしまうという怖さもあります。ここがクリームタイプをおすすめする理由ですが、手軽にカラーリングをしてしまいたい人はよく使います。

刺激臭と使用コストのチェック

あとは、白髪用セルフカラーと同様に、刺激臭のチェック、コストのバランスを確認しましょう。

ただし、おしゃれ染めは香りが強く、無香の製品はないに等しいので、我慢するしかないことも多くなりそうです。

【おしゃれ染め】セルフカラーランキング

それでは、おしゃれ染めセルフカラー商品をランク付けしましたので、ご確認ください。

第1位 POLAイデアスタイル トリートメントグロスカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

ミクロプロテイン、ポリメタクリロイルリシン

カラーバリエーション

キャラメルブラウン、ブライトブラウン、ロゼブラウン

内容量

1剤・2剤 各60g

カラーフィットトリートメント 15g

価格

2,200円

 

ヘアカラートリートメントでもPOLA社製がありましたが、おしゃれ染めでは第一位となりました。

ごく小さいたんぱく質の、ミクロプロテインが髪の深層部まで浸透して、カラーリングのダメ―ジを抑えてくれます。

その他の有効成分「ポリメタクリロイルリシン」は、髪のキューティクルの穴を埋めます。キューティクルが補修されると、手触りが良くなり、印象もアップします。

今回ご紹介する中では高価ですが、美容院で染めてもらったかのような髪を自宅で再現できますよ。

 

第2位 ホーユー シエロ ヘアカラーEXクリーム

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

グレープシードオイル、ユーカリオイル、月見草オイル、機能性アミノ酸

カラーバリエーション

画像

内容量

1剤40g+2剤40g

価格

1,200円

 

容器から、同時に1剤と2剤がでてきて、ブラシにのせ、そのまま髪をとかすことができます。他の容器を準備して混ぜ合わせる手間がありません。

使う分だけ容器から出し、残った分は次回使うことができ、ここは経済的ですよね。

 

第3位 サイオス オレオクリーム ヘアカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

8種類のアミノ酸、オイル・イン・クリーム

カラーバリエーション

内容量

1剤:50g、2剤:50g

価格

900円

 

ピュアオイルを配合し、ヘアカラーから受けるダメージを和らげることができます。オイルが頭皮の乾燥を防いで、色ムラなくしっとりとした髪質にしてくれます。

 

第4位 ロレアルパリ フェリア 3Dカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

コラーゲン

カラーバリエーション

内容量

1剤:40g、2剤:60mL、トリートメント:40g

価格

1,100円

 

光の当たり具合で、髪色が変わって見えるような、立体感がある自然な仕上がりにしてくれます。カラーリング後に使えるトリートメントが付属しています。髪質修正に役立ちます。

 

第5位 カネボウ SALA グロスカラー

タイプ

クリームタイプ

カラーバリエーション

カフェマキア-ト、モカチョコ、エスプレッソアッシュ、カフェショコラ-タ、カシスマカロン

内容量

1剤65g・2液65ml

価格

800円

 

口コミで多かったのは、発色は穏やかだということです。ほんのりと色がつく程度ですから、少しだけ印象を変えたい、という方にはおすすめです。補修成分に物足りなさを感じましたので、このカラー剤と相性の良いオイル系トリートメントでアフターケアをしましょう。

 

第6位 マンダム ルシードエル ミルクジャムヘアカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

椿オイル、パールエキス、コラーゲン、シルクエッセンス

カラーバリエーション

ヘーゼルナッツ、生チョコガナッシュ、きゃらめる、カフェシフォン、クラシックミルク

内容量

1剤40g、2剤80ml、アフターカラー美容液<ヘアトリートメント>5g

価格

700円

 

伸びの良い、クリームタイプのおしゃれ染めです。トロリとして扱いやすいので、髪に馴染みやすく、ムラなく髪色を変えてくれます。髪全体に塗るのがスムーズにいくので、すぐに放置時間をむかえられるのが嬉しいですよね。

 

第7位 クラシエ ル・キアラ ヘアカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

コラーゲン

価格

475円

 

製造元はクラシエで、マツモトキヨシ(ドラッグストア)のプライベートブランドとして販売されいるおしゃれ染め用セルフカラー剤です。

ツンッとした香りはせず、発色が良いと評判です。価格は、プライベートブランドということかなり安いですね。

 

第8位 資生堂 ベネフィークヘアカラー

タイプ

クリームタイプ

カラーバリエーション

内容量

クリームヘアカラー(医薬部外品)45g クリームオキサイド(医薬部外品)45g プレカラートリートメント<ヘアトリートメント> 10mL×2 アフターカラートリートメント<ヘアトリートメント>40g

価格

2,115円

 

トリートメント付属なので、ヘアカラー後の手触りはむしろ良くなるそうです。実際は傷みがひどいですが、まずは手触りだけでも良ければ印象も良く、気分的にも救われますよね。

 

第9位 ダリヤ パルティ ジュレヘアカラー

タイプ

ジュレタイプ

髪の保護成分

椿オイル、コラーゲン、アーモンドオイル、マカダミアナッツオイル

カラーバリエーション

内容量

1剤(65mL)  2剤(65mL) つばきオイル(うるおい成分)配合のヘア美容液(5mL)

価格

664円

 

ジュレタイプの珍しいセルフカラー剤です。ゼリーのように、プルプルとした形状をしています。伸びの良いジュレで、髪に密着し、ムラ染まりを防げます。発色の良さが特徴です。

 

第10位 花王リーゼ  プリティア泡カラー

タイプ

泡タイプ

髪の保護成分

シルクエッセンス、ローヤルゼリーエキス

カラーバリエーション

内容量

1液34ml 2液66ml アフターカラーヘアパック8g

価格

550円

 

泡タイプのセルフカラー剤です。もっちりとした、細かい泡が根元に絡んで、ムラが出てしまうのを防げます。カラーリング後に使えるヘアパックもついてきますので、泡タイプが作ってしまうダメージを抑えられます。もちろん、継続的なケアも必要となります。

 

第11位 ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー

タイプ

泡タイプ

髪の保護成分

ヒアルロン酸、椿オイル、はちみつ、植物果実成分

カラーバリエーション

内容量

1剤40ml、2剤80ml、アフターカラー美容液5ml

価格

650円

 

薬剤をシェイカーで混ぜ合わせることで、泡をうみだすセルフカラー剤です。泡タイプの割には傷みが抑えられて、発色が良いということで人気があります。シェイカーの振り不足は緩い泡の原因になりますから、硬い泡できれいに染めるためにも、記載の回数は守りましょう。

 

第12位 アンナドンナエブリヘアカラー

タイプ

クリームタイプ

髪の保護成分

シルク、ダイズタンパク

カラーバリエーション

内容量

第1剤40g・第2剤80ml

価格

1,600円

 

ダメージコートとあざやか発色で、大幅なイメージチェンジが叶います。もちろん継続してのトリートメントは必要ですが、ダメージの大きさを考慮し、三回分ものヘアパックが付属しています。

 

セルフカラーのコツを知ってきれいに変身!

セルフでカラーリングをすると、色ムラができてしまうなど、失敗することもあります。ここからは、セルフカラーを使って美しく染めるコツをお伝えしていきます。

セルフカラー剤はケチらずたっぷり使おう

次回にとっておけるカラー剤が登場し、とても経済的なカラーリング。次回に持ち越ししようということで、少しずつだけ出して使う人が多いようです。

しかし、カラー剤は、たっぷり惜しみなく使って、まんべんなく髪に塗っておくことで、ようやく美しく染めることができます。きれいに染めるためには、指定された量より少なくならないよう、贅沢に使用することがポイントとなります。

塗れた髪にはつけない

湿った髪に毛染め剤をつけると、水分でカラー剤の成分が薄まります。乾いた髪に塗って、時間を置きましょう。

トリートメントタイプのカラー剤も、入浴前の乾いた髪に塗布すると、より深く色を入れ込むことができますし、シャンプー後に使用可能ですが、タオルドライなどをして水分を拭きとってからセルフカラーを始めましょう。

密着狙いでラップを使おう

ラップを使うと、染料と髪の毛が密着して染まりが良くなります。カラー剤を塗った後、ラップをかぶせます。

カラー剤の水分蒸発を防ぎ、頭皮の熱も閉じ込められて、髪内部へ浸透しやすくなります。

セルフカラー後はトリートメントをしよう

カラーリングをした後の髪の毛は、基本的に痛み切った状態です。

しっかりと保湿を行って、ケアを続けることが重要です。トリートメントが付属品として入っているカラー剤もありますので、まずはそちらを利用して、継続してケアをすることも重要です。

なお、白髪染め用トリートメントであれば、白髪染めとトリートメント機能が二つで一つになっているものですから、その後他のトリートメント剤を用意する必要はありません。

おすすめの白髪染めトリートメントは以下の記事でもご紹介していますから、参考にしていただければ幸いです。

ブリーチ剤のあれこれ

ブリーチとは、髪の内部の色素を抜く脱色剤を指します。対してヘアカラーは、色素を入れるものです。

髪の土台がクリアになるので、ヘアカラーだけでは表現できなかった色を、ブリーチ後の髪になら出しやすくなるのです。

ブリーチ剤のメリット

ブリーチ剤を使って髪色を薄くすことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

明るい髪色にできる

もともと髪色が黒いと、何回かブリーチをして、色を抜き切ることもあります。そうやって手に入るのは、明るい髪色に尽きるでしょう。ブリーチを1回しただけで、ヘアカラー以上の明るさが手に入ります。

カラー剤の色がよく映える

ブリーチをした後は、ヘアカラーの色が発色しやすくなります。ブリーチ後に髪に入れた色素が、その人の髪色になります。ブリーチの回数を多くするほどに、カラー剤の色そのものが地毛にうつります。髪色の幅も広がります。

ブリーチ剤のデメリット

もちろん、ブリーチ剤は良いことばかりではありません。

髪の傷みがすすむ

ブリーチをすると、髪の傷みがひどくなります。ブリーチをすると、髪の表面のキューティクルを開かせるので、髪内部の栄養が流れ出てしまうと考えられます。

ブリーチを繰り返した髪の毛は、パサパサと乾燥して、ひどいとゴムのように伸び縮みすることもあるんです。

頭皮ダメージがすすむ

髪の毛だけでなく、頭皮にも深刻なダメージが及ぶのがブリーチです。美容院では、なるべく頭皮から遠ざけてブリーチを塗ってくれているんですが、セルフとなるとそうもいきませんよね。

ヘアカラーが抜けやすい

ブリーチは、髪の毛のメラニン色素を分解して色を破壊させますから、髪の内部はスカスカになります。ですから、ヘアカラー直後は理想の色になっていたとしても、シャンプーで色落ちしてしまう可能性もあります。

パーマがかかりにくい

ブリーチ剤で、髪の内部はスカスカになるので、クセづけするのも難しく、パーマや縮毛矯正がかかりにくくなることがあります。

市販のブリーチ剤をご紹介

白髪染めやおしゃれ染めとは、ケタ違いにダメージを被るブリーチという行為ですから、極力プロの技術と道具でしてもらうのがベストです。しかし、市販でもブリーチ剤はありますので、ご紹介だけはしておきます。 

ホワイトブリーチ

GATSBY EXハイブリーチ

パウダー15g、ウォーター90ml

パウダー18g、ウォーター70ml、クリーム35g

1,400円

800円

 

ホワイトブリーチ 

美容院で使用しているパウダーと同じものが使われているブリーチ剤です。短時間で色が抜ける上、傷みは感じないという口コミがほとんでした。 

GATSBY (ギャツビー) EXハイブリーチ 

ハイブリーチ剤が、髪内部まで浸透するので、かなり明るめの脱色ができます。トリートメント成分も配合しているので、ケアも行き届いています。

まとめ

セルフカラ―剤を、白髪染めとおしゃれ染めで区切って、ランキングでご紹介してきました。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、補う方法を他に求めることができますから、一つの欠点だけで深く見ようとしないのは、もったいないような気もしてきますね。

自分の目的、生活スタイルに合ったものを見つけて、安全にカラーリングを楽しんでいきましょうね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です