自宅で白髪染め おすすめ最強ランキングと注意点

自宅で白髪染め おすすめ ランキング 0

年齢アップで、誰にでも現れる白髪。

美容院で白髪染めをしてもらうのがベストかと思いきや、コツをつかめば自宅でも問題なくきれいな髪が手に入ります。

今回は、自宅できれいに染めるための、白髪染め商品のランキングと、テクニック、製品を選ぶ上での注意点をお伝えしていきます。

自宅で使う白髪染めの選び方

自宅で白髪染め おすすめ ランキング 1

スーパーやドラッグストアでは、ヘアカラー商品コーナーは広く確保されていて、白髪染め商品も沢山そろっています。

ずらりと並んだ中から、一発で質が良く、自分と相性のよいものを手にできたら良いのですが、そううまくはいきません。

中身の確認をしてからでないと、イメージ通りの仕上がりにならなかったり、回復に相当時間の要するほどに頭皮を傷める可能性があります。

そのような悲惨な状況を生まないためにも、以下の4つの条件を高いレベルでクリアしている白髪染めを選びましょう。

低刺激でトリートメント効果が高いものを選ぶ

まず、第一前提として、市販の白髪染めは、基本的に刺激が強いものであるということを覚えておかなくてはいけません。

初心者が扱う前提で作られていますから、素人のテクニックでも美しく染まるよう、薬剤の強度が強められている傾向があります。

ですから、自宅でのセルフカラーは、低刺激の白髪染めを使いましょう。

頭皮を傷つける恐れのある二剤式白髪染め、アレルギー発症のおそれがあるジアミン系染料が配合されているものは避けなくてはいけません。

そして、髪のキューティクルを補修して、ツヤ髪を演出する、毛髪保護(トリートメント)成分が配合されているものがおすすめです。

なお、低刺激でありトリートメント効果を有する白髪染めは、塩基性染料・HC染料で優しく染めるトリートメントタイプの白髪染めが唯一該当するという結果になりました。

今回のランキングでは、最強のヘアカラートリートメントをご紹介していきます。

使い勝手が良いのは無香料

白髪染めは、塗布してから何分か放置して、髪と染料を密着させて白髪を染めていきます。

毛髪と鼻の位置関係は近く、香りの強い白髪染めだと、頭痛になる可能性もあります。

香料が配合されていても、優しい香りに設定されていることも多いですが、白髪染めトリートメントは通販限定販売であることが多く、香りは確認できません。

口コミを参考にするのも良いですが、始めから無香料の白髪染めを選ぶのがおすすめです。

カラーは明るめを選択する

日本人の髪色は、黒と思われがちです。しかし、完璧に真っ黒な人は少ないということを、ご存知でしたでしょうか。

実際の髪色は、黒に茶色が混ざったブラウンであることが多いんです。

ですから、黒のトリートメントで染めてしまうと、少々周りの色と違和感が生じる可能性があります。

黒髪であればダークブラウンを、茶髪であればライトブラウンを、というように、周囲の髪色よりもワンランク上の明るさ設定にしておくと、白髪が地毛に馴染みます。

カラーの種類が豊富だと、自分に合ったカラーも選べますし、カラーの修正もしやすくなります。

使用コストの確認をする

トリートメントタイプの白髪染めは、何度か使用することで色を髪に入れていきます。そして、色落ちもしますから、こまめなメンテナンスが必要となります。

使用頻度が高くなる白髪染めですから、使用コストが仕上がりに見合っているか、確認しておきましょう。

ボタン

自宅で簡単!最強白髪染めランキング

自宅で使う白髪染めを、

  • 低刺激・トリートメント効果
  • 香り
  • 色の種類
  • 使用コスト

この4つの基準で判定し、おすすめ順でランキングご紹介していきます。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

髪の保護成分

利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料

無添加

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,000円

通常3,000円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

540円

2本セットなら無料

 

白髪用カラートリートメントで、日本で一番売れているのが利尻ヘアカラートリートメントです。定番なので、ご存知の方は多いと思います。

アレルギー原因物質であるジアミンを始めとした、

  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油

などの刺激成分が無配合の、通称「無添加白髪染め」です。

通常カラートリートメントは、何回か使用して白髪に着色していくものですが、利尻は少々違います。

利尻ヘアカラートリートメントは、一度の使用で深く着色することができ、色もちも続くのが特徴です。

どうして色落ちスピードが遅いのかというと、利尻ヘアカラートリートメントには、28種類の植物成分が、キューティクルを補修して、色素の流出を止めているからです。

そして、利尻昆布エキスの「フコイダン」の保水力で、髪と頭皮が潤うため、刺激に負けない頭髪環境を育ててくれているんですね。

女性に絞ってお話しますと、パーマやヘアアイロンなどで髪を傷める行為が多いですよね。

そんな傷んだ髪にも、トリートメント効果で補修してくれますから、白髪染めをしながらも痛みをリセットする機能があるということです。

女性だけでなく男性にもおすすめできるトリートメントですよ。

初回1,000円オフキャンペーンを実施中ですから、チャレンジしてみてくださいね。

 

第2位 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

髪の保護成分

ガゴメ昆布エキス

香料

ラベンダー、オレンジ、ローズマリー

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

無料

 

ルプルプヘアカラートリートメントは、白髪ケアと、頭皮ケアが同時にできるトリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントの目玉成分「フコイダン」がルプルプにも豊富で、頭皮と髪一本一本を潤します。皮膚は、十分な潤いがあって、ようやく正常なバリア機能が作動します。

つまり、ルプルプを使うことで健やかな頭皮を維持でき、髪の健康にも役立つんです。

口コミを見ると、2~3回の使用で満足がいく染まりになっている人が多数でした。LPLPも、公式販売サイトからの購入がお得です。

 

第3位 ラサーナ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、グアイアズレン、うこね

髪の保護成分

真珠由来成分、羊毛由来成分、海藻エキス

香料

シトラス&フローラル

カラーバリエーション

ダークブラウン

ラサーナ 色 ダークブラウン

内容量

180g

価格

初回WEB限定2,296円

通常2,800円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

756円

送料

初回無料

通常432円

 

海泥を使用したヘアケアアイテムをそろえる「ラサーナ」の白髪用カラートリートメントです。

髪の表面を補修する成分が豊富で、整えながら染めるという順序ができています。香料は含まれていますが、優しめシトラス&フローラルなので、使用の邪魔になるほどの刺激にはならないと思います。

初回は割引価格で試せますので、始めやすいのが嬉しいですよね。

 

第4位 POLAグローイングショット カラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

香料

シトラス

カラーバリエーション

ブラック

ブラウン

内容量

200g

価格

通常2,900円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

725円

送料

送料無料

 

ポーラといえば、スキンケア化粧品やエステが思い浮かびますが、白髪染めも発売されています。

10分~30分の放置時間がメジャーな白髪用カラートリートメントにおいて、ポーラは5分という短時間でOKです。

これは、ポーラ独自開発のピグメント処方によるもので、カラー成分が素早く髪に浸透するために実現しました。

初回キャンペーンなどの開催はありませんが、公式販売サイトからの購入が最安値で、送料も無料ですよ。

 

第5位 髪萌ヘアカラーHATSUMOE

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ)

髪の保護成分

ガゴメ昆布、アロエ、ローズマリー、ツバキオイルなど

香料

内容量

200g

価格

初回定期WEB限定20%オフ1,920円

通常2,400円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

600円

送料

600円

 

髪萌は、頭皮の栄養供給にもなる、無添加の白髪染めで、敏感肌の人でも安心して使用できます。3つの植物性オイルと、12種類の毛髪補修成分を配合しています。

登場して日も経っていないことから、口コミが充実していませんが、成分的にはトラブルなく染めることができます。初回はお手頃価格でゲットできます。

 

第6位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)

髪の保護成分

ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

150g

価格

初回WEB限定20%オフ2,555円

通常3,200円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,066円

送料

送料無料

 

KIRARIは、染料成分はカラートリートメントと同じですが、泡で染めるという新しいタイプの白髪染めです。

容器から泡で出てくるので、髪全体に行き渡らせやすくて扱いやすいので、初めての方でも染めムラが起きづらいというメリットがあります。

泡が密着して、一度のトリートメントでかなり深く色を入れることができます。

1回あたりの使用コストが他のトリートメントと比べると高めですが、初回は割引価格で購入できるので、高くても使い続けたいかどうかの判定ができます。

 

第7位 玉髪ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、アナトー、クチナシ)

髪の保護成分

ツバキ、バラ、ハチミツなど

香料

無香料

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

内容量

160g

価格

通常3,364円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,051円

送料

送料無料

 

玉髪は、ツバキ、バラ、はちみつエキスなどの美髪成分を豊富に配合した、印象アップに特化した白髪染めです。

1回当たりのコストが1,000円オーバーという割高感の否めない製品ではありますが、髪への優しさ満足度が96%と高い結果となりました。

刺激も少ないので、かぶれる可能性はごくまれです。全額返金保証制度があり、試すにあたって損が見当たりません。

 

第8位 くろめ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

くろめエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ローマカミツレなど

香料

無添加

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,759円

通常3,009円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

752円

送料

送料無料

 

くろめは、pH値4.8の頭皮と髪への優しさが大きい白髪染めです。優しいために、染まりはかなりスローペースで、深く濃く色を残せるタイプの白髪染めではありません。

アトピー性皮膚炎や敏感肌向けに開発された白髪染めですから、肌の耐性が弱めの方からは選ばれています。

くろめには、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaという成分が配合されており、髪のキューティクルを補修してくれるので、指通りは良くなります。

 

第9位 レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

アロエ、カンゾウなど

香料

ラベンダー油、ライム油、レモングラス葉油など

カラーバリエーション

ダークブラウン

ライトブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

通常3,334円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

555円

送料

600円

2本以上購入で送料無料

 

レフィーネは、薄毛対策にもならう白髪染めです。ヘッドスパ機能を併せ持ち、白髪染めをしながら、頭皮マッサージをすることができるので、頭皮ケアの習慣も身に付きます。

合成香料無添加で、天然アロマ成分がリラックスなお風呂タイムを演出してくれます。使用後の頭皮が絶好調になるという口コミが多くありました。

 

第10位 フラガール リッチ カラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

黒真珠由来成分、マカデミアナッツ油など

香料

ラベンダー油、パルマローザ油など

カラーバリエーション

ブラック

ディープブラウン

ディープアッシュ

ダークブラウン

ブラウン

内容量

170g

価格

通常3,200円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

941円

送料

送料無料

 

フラガールは、容器の出口が尖っていて、狙った場所にトリートメントを置けるので、部分染めに向いた白髪染めになっています。専用コームも付属しているので、染めムラ防止になります。

トリートメント成分の少なさの割には価格が高いのは、こういったチューブの形状や付属品によるところが大きいように思います。

生え際の白髪を重点的に処置したい、という方に向く白髪染めトリートメントでした。

自宅で行える白髪染め(セルフカラー)に関しては、以下の記事にも詳しく掲載しています。こちらも併せてお読みいただけると幸いです。

白髪染め用トリートメントで美しく染める方法

自宅で白髪染め おすすめ ランキング 2

自宅での白髪染めに最適なトリートメントタイプのカラー剤ですが、美しさでワンアップするにはコツがありますので、解説します。 

髪の汚れを落としておく 

トリートメントをする際には、まず髪をチェックし、清潔な状態にしてください。髪が、ホコリや油などで汚れていると、トリートメントと髪の接着面積が狭くなります。 

乾いた髪に塗る前はしっかりとブラッシングで汚れを落とし、髪の流れを整えておきましょう。 

シャンプー後であれば、ワックスやムースなどのスタイリング剤が落とせて、清潔な状態で白髪染めを始められます。 

ただし、水分が接着面を少なくしてしまう要因になりますから、しっかりタオルドライするか、軽くドライヤーで乾かしてからトリートメントを始めてください。 

トリートメントはたっぷりと贅沢に塗る 

白髪染めトリートメントする際は、使用量を節約せずにたっぷりと髪にのせましょう。使う量が少なすぎると、染めムラの原因になって、美しく染まりません。 

髪の長さや量によって、たっぷりと使ってください。特に顔まわりのフェイスラインと呼ばれる部分は、白髪の目立ちやすい場所です。こんもりと白髪を覆うように、厚めに塗りましょう。 

放置中は温めて密着させる 

カラートリートメントは、温かい温度の時、色素が髪に入り込みやすくなって染まりが良くなる性質を持ちます。 

カラートリートメントの働きを最大限に引き出すために、髪に白髪を塗った後、ラップを巻いて密着させるのがおすすめです。ヘアキャップでも可です。 

頭皮から放出される熱をラップが受け止めて、髪が蒸された状態になります。室温も低すぎると染まりにくくなってしまいますから、温かい場所で行いましょう。 

ボタン

自宅で白髪染めヘアカラーをするときの注意点

自宅で白髪染め おすすめ ランキング 3

自宅でのおすすめはヘアカラートリートメントでしたので、ランキングではトリートメントをご紹介しましたが、他にも白髪染めの手法はあります。 

代表的なものが、1剤と2剤を混ぜて化学反応させる「白髪染めヘアカラー」です。

明るい色にも、暗い色にも染めることができます。頭皮と髪の毛にとっては刺激のある染め方ですが、一度染まった髪からは色落ちしにくいというメリットがあります。 

有名どころの商品はこちらです。 

ビゲン香りのヘアカラー

ウエラトーン2+1 白髪染めクリームタイプ

全16色

全24色

480円

1,780円

白髪染め特有の刺激臭を抑え、気持ちよく染めることができます。

ピュアオイル高配合で、カラーリング後のパサつきを抑えます。

 

白髪染めヘアカラーの準備 

  • ヘアブラシ
  • ヘアクリップ
  • シャンプー・コンディショナー 

自宅で白髪染めヘアカラーをする際は、いくつか物品用意が必要です。ブラシでとかしながら染め剤を塗っていき、クリップで区切って髪を仕切ります。 

  • ビニール手袋
  • 輪ゴム
  • 新聞紙
  • タオル
  • 汚れてもよい服、化粧ケープ
  • クリーム 

ヘアカラー剤が付着した場所は、色がついて、落とすのが大変になってしまいます。 

ですから、皮膚や周りにカラー剤がつかないように、または着色しても構わないもので周囲をかこってください。 

生え際に水を弾くタイプの油性クリームを塗っておけば、最も恐ろしい顔への着色が防げますよ。 

白髪染めヘアカラーのやり方 

白髪染めヘアカラーは、まず取扱説明書にしたがって混合液を作ります。 

混合液(クリーム)ができたら、すぐにヘアブラシにつけて、髪に塗り始めます。一度始めたら、途中で中断せずに最後まで塗ります。 

髪が長い場合は、髪をいくつかにまとめてヘアクリップで留めておきましょう。全体を5ヶ所くらいに分けます。 

①まずは生え際・白髪が目立つ部分から 

最初にとりかかるのは、生え際などの白髪が目立つところから始めます。気になる部位ですから、カラー剤と白髪の密着時間を、他の髪よりも長くしましょう。 

②鏡を見ながら分け目に塗る 

次は、もう一つの白髪スポットである分け目に塗りましょう。頭を少々下げて、分け目を鏡で見ながら塗っていきます。 

この時、利き手の反対側から塗ると、腕にカラー剤がついて汚れるのを防げます。 

③サイドと前髪は内側と外側を 

サイドと前髪には、ヘアブラシで髪を区切りながら塗っていきます。内側と外側、どちらからもアプローチしていくことをお忘れなく。 

④耳後ろとえり足にも着色を 

髪をかきあげたり、アップにしたりした時に染まっていないということがなきよう、耳後ろやえり足にも塗りこみましょう。 

⑤区切りながら後頭部に塗りこむ 

後頭部にも、髪をヘアブラシでかき分けながら塗っていきます。

自分では見えなくて塗りづらい部位ですから、塗り残しのないように、たっぷりカラー剤を使いましょう。 

⑥毛先は手を添えて伸ばす 

毛先に塗りこむときは、手を支えにして、馴染ませながらカラー剤を伸ばします。手を添えることにより、液だれ防止にもなります。 

⑦全体にカラー剤を行き渡らせる 

一連の作業を終えたら、タテ・ヨコ・ナナメと、様々な方向に髪をとかします。染めムラがないように、全体にカラー剤を行き渡らせます。馴染んだところで、説明書通りの時間放置します。 

髪が太かったりうねりがあったりする染まりにくい髪質でしたら、5分ほど長めに時間を置きます。5分以上の放置は、薬剤の刺激の観点から危険ですのでやめましょう。 

⑧洗い流して完了 

時間がきたら、ヘアカラー剤の色がしみ出なくなるまでぬるま湯で十分にすすぎます。シャンプーを2回、コンディショナーをして髪を保護し、完了となります。 

刺激を考えると自宅で白髪染めヘアカラーはNG 

ここまで、取り扱い説明を行ってきましたが、白髪染めヘアカラーは刺激が強く、頭皮と髪を傷める恐れがあります。 

美容院であれば、その人に合わせた配合や、プロの技術があるため、深刻なダメージは受けずに済みます。

しかし、自宅での白髪染めヘアカラーは、誰の髪にでも短時間で染まるようにレベルの強い薬剤が使用されています。 

白髪染めヘアカラーに使われるジアミン系染料で、アレルギーが発症することもあり、アレルギー症状が、全身に及んで深刻化してしまうことがあります。 

毛染めによるアレルギーを防ぐ方法として「パッチテスト(皮膚アレルギー試験)」がありますから、危険を避けるためにも面倒くさがらず必ず実施してください。 

ボタン7

まとめ 

正しい白髪染めを選び、正しいテクニックで実施すれば、誰でも自宅での白髪染めを成功させることができます。

髪の印象は、その人の印象を決めます。いつの日も、ツヤのある若々しい髪をキープしていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です