ヘナを使った白髪染め、肌荒れ・かぶれは本当に起きない?

ここ最近市販品の白髪染めは、泡タイプやジェルタイプ、トリートメントタイプと、種類がとっても豊富になりました。

ところが一度かぶれ経験をなさった方だと、どれもこれもたくさん化学成分が入っている気がして、ついつい買うのを躊躇してしまいますよね。

 どこかに天然素材の白髪染めがあったら・・・。そんなときに噂で聞いた植物染料、ヘナ。かぶれ経験者の方にとって、まさに天からの贈り物といったところではないでしょうか。

「でも実際は、ヘナって本当にかぶれたり、肌荒れしたりしないの?」

あまり聞いたことのない染料なだけに、使うのも少し勇気が要りますよね。

今回はあまり聞き覚えのない謎の染料、ヘナについて詳しく迫っていきましょう!

 ヘナってなんなの?

突然ですがみなさんは、昔の人ってどのように白髪を染めていたかご存知ですか?

平家物語には、昔の日本人は墨を使って白髪を染めていたと記されています。そんな昔から、誰しもが白髪に悩まされていたんですね。

ところが、ヘナはもっと古い歴史から白髪染めとして使われていたことを知っていましたか。

 古代から使われてきたヘナ

ヘナはインドを中心に、西アジアや北アフリカなどの熱帯地域で育つ、ミソハギ科の植物です。

古くから自然の染料として使われ、髪の毛以外にも眉染やマニキュアの代わりにヘナが使われていました。

クレオパトラもヘナをマニキュアの代わりに使っていたそうです。

どうして染まるの?

ヘナの葉にはタンパク質とくっつく性質を持った、ローソン(またはヘンノタンニン酸)と呼ばれるオレンジ色の色素が入っています。私たちの髪や爪、皮膚はタンパク質が主成分。従って、ヘナで体全身に色をつけることができるんです。

 手間と時間がかかる染料

ヘナは、葉っぱを一度乾燥させて粉々に砕き、それを水に溶かしたものを染料として使います。

手順を知ると面倒くさそうですよね。でも、面倒なのはそれから。

ヘナを水に溶かしてペースト状にした後、髪や肌につけるのですが、どのぐらい時間を置くと思いますか?

一般的な白髪染めは大体20~30分ぐらいですよね。しかし、ヘナはなんと最低でも1時間置かなければ、色がつかないんです!最も色が入るのは48時間後だそう。

天然の成分なので仕方ありませんが、それにしても長すぎですね。

 天然成分ならではの髪や頭皮へのやさしさ

髪を染めるまでに時間がかかってしまうヘナですが、古くから全身に使われてきただけあって、髪や頭皮への負担はほとんどありません。

むしろ、髪にコシやハリが出てきた、デトックス効果で体の調子が良くなったという口コミを見かけるほどです。

市販の白髪染めでかぶれてしまった方は、一度試してみる価値があるかもしれませんね。

 注意!ヘナの白髪染めを選ぶ前に

「ヘナでかぶれた・頭皮が荒れた」という意見もチラホラ口コミで見かけます。

ではなぜ、体に害のないヘナでかぶれが起こってしまうのか。原因を詳しく見ていきましょう。

 原因① 元々植物アレルギー

花粉症の方は特定の植物アレルギーですよね。例えば、春の花粉症であればスギやかもカモガヤ、秋の花粉症であればキク科であるブタクサやヨモギなど。

それと同じで、ヘナそのものがアレルギーである場合は、残念ながらヘナで白髪を染めることはできません。

インディゴ(木藍)にも要注意

前述の通り、ヘナには白髪をオレンジ色に染める色素が含まれています。このオレンジ色に染まった白髪を更に暗い色にするため、ヘナの白髪染めには【インディゴ】という植物が、一緒に使用されることがあります。

インディゴはヘナよりアレルギーを起こしやすい植物。従って、ヘナは大丈夫だったのに、インディゴでかぶれてしまった!という方も少なくありません。

原因② 微量に含まれている化学成分

ヘナを使った白髪染めは、100%ヘナを使った【ナチュラルヘナ】と、少量の化学成分が含まれている【ケミカルヘナ】というものがあります。

例えば、このケミカルヘナにはアレルギーを引き起こす“ジアミン系薬剤”が含まれている場合もあります。そう、これは以前、私たちが使っていた白髪染めに入っていたもの。この化学成分との再会によって、またかぶれるなんて御免ですよね。

なので、ヘナで白髪染めを考えているのであれば、ケミカルヘナには注意してくださいね。

 ※アレルギーさん必見!他にも注意したい成分は、以下の記事を参照してください。

 ヘナを使う前に必ずやってほしいこと

以前はネット通販でしか見かけることのなかったヘナ。最近は100円ショップでも見かけるほど、白髪染め界では徐々にポピュラーになってきました。

とは言っても、他の白髪染めに比べると認知度はまだまだ低く、本当に髪や頭皮にやさしいのか疑問なところですよね。ヘナが自分にとって安全かどうか確認するためにも、必ず【パッチテスト】を行うようにしましょう。

 パッチテストとは?

白髪染めを行う前に、アレルギー反応やかぶれが起こらないかを事前にチェックすることです。髪の毛ではなく、腕の内側などの見えにくい部分に染料を塗ってテストします。

ヘナの場合は皮膚に色が残ってしまいますが、肌の生まれ変わりにより、2~3日で自然と色が消えるので安心してくださいね。

パッチテストのやり方

【用意するもの】小さいスプーン、小皿、お湯(人肌より少し暖かい程度でOK)

  1. 少量のヘナパウダーをお湯で溶き、腕の内側に塗る
  2. 自然放置し、30分後にかぶれがないかチェックする
  3. 30分後に異常がなければ、さらに48時間放置し、再度チェックする

ここまで行って何もなければ、ヘナを使っても問題ありません。

遠慮なく白髪を染めちゃいましょう♪

まとめ

以前、白髪染めでかぶれを経験してしまったみなさん、もう二度とあんな思いはしたくないですよね。しかしどれだけ探していても、『確実にかぶれの起きない白髪染め』なんてものは存在しません。

古くから海外の人に親しまれてきた、天然成分のヘナ。それを使った白髪でさえもかぶれてしまう場合があるので、商品を選ぶときはキチンと内容成分を確認して購入するようにしましょう。また、ヘナを使う前は必ずパッチテストを行い、安全を確認してから使用してくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です