(最新版)よく染まる!カラートリートメント情報局

結論から言いますと、

ヘアカラートリートメントは今まで行っていたヘアカラーのように白髪を1回でしっかり深く染めることはできません。

以下のアンケート結果は、美容院での白髪染め・自宅での白髪染め(ヘアカラー使用)を行っていた方を対象に、ヘアカラートリートメントの満足度を伺ったものです。

ご覧の通り、全体の6割強は、ヘアカラートリートメントの染まり具合にそこまで納得できていません。

また、色持ち具合に関しても、ほとんどの方が1週間に1回以上の染め直しが必要と回答しています。

ただ、ここでみなさんにハッキリ伝えておきたいのが、ヘアカラー(白髪染め)とヘアカラートリートメントは全く別物だということ!

その点を踏まえた上で今回は、ヘアカラートリートメントの中でもしっかり染まると評判の高い商品を厳選してお届けいたします。

仕上がりバッチリ♪よく染まるカラートリートメントランキング

商品名 染まり具合 色持ち

利尻ヘアカラートリートメント

※ダークブラウン使用

1週間

から

2週間

LpLpカラートリートメント

※モカブラウン使用

7日間

から

10日間

マイナチュレカラートリートメント

※ダークブラウン使用

7日間

から

10日間

グローイングショット カラートリートメント

※ブラック使用

7日間

から

10日間

キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

※ダークブラウン使用

5日間

から

7日間

先程お伝えした通り、ヘアカラートリートメントは1回でヘアカラーのようにしっかり色づくわけではありません。

しかしこれからご紹介する商品は、一般的なカラートリートメントに比べ、ヘアカラーで白髪染めしたかのような仕上がりに近づけてくれるものばかりです。

現在使っているヘアカラートリートメントに満足されていない方は、是非参考になさってみてくださいね。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

内容量

200g

価格

WEB限定価格2,000円

通常購入価格3,000円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

500円~750円

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

カラートリートメントの中でも圧倒的に染まりが良いと評判なのが、利尻ヘアカラートリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントはここが違う!

利尻ヘアカラートリートメントは、4つのイオン色素とナノ分子カラー、さらにカラーバリエーションを広げる植物染料が使われています。

髪の外側はもちろん、ナノサイズの染料が髪の毛の隙間に入り込んでくれるから、化学反応でキューティクルを無理やりこじあけることなく、髪の内側にも色素を入れることができます。

そのため、仕上がりはまるで白髪染めヘアカラーで染めたような見た目に。これがたった15分でできるのは利尻ヘアカラートリートメントだけです。

また、利尻ヘアカラートリートメントは、染まった髪の毛を保護する28種類の植物由来成分を配合しています。

髪の傷みや乾燥をケアして、髪の内側から色素が流出してしまうのも徹底的にガードしてくれるので、色持ちの長さも気になる!という方には持ってこいの商品です。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミは?

ヘアカラータイプの白髪染めに比べれば、やはり仕上がり・色持ちは劣りますが、それでも多くの方が利尻ヘアカラートリートメントの実力を絶賛しているようですね。

特に髪や頭皮へのダメージが気になる方は、是非こちらをお試しされてみてはいかがでしょうか。

第2位 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

内容量

200g

価格

WEB限定価格1,980円

通常購入価格3,000円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

495円~750円

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは利尻ヘアカラートリートメントと同じく、4つのカラーバリエーションを展開していますが、どちらかといえば上品で落ち着いた髪色に仕上げたい方におすすめのヘアカラートリートメントです。

ルプルプヘアカラートリートメントはここが違う!

ルプルプヘアカラートリートメントは一般的なヘアカラートリートメントと違い、酸性とアルカリ性の中間地点に位置するpH7の白髪染め。

そのため、酸性カラー代表である白髪染めやヘアカラーのように髪を傷めることもなく、だからといって他のヘアカラートリートメントのように染まりにくいと感じることもなく、程よいツヤと仕上がりを両立することができちゃいます。

ルプルプ LPLP 口コミ 評判 色落ち シャンプー

一方、色の持続力に関しては7日間~10日間がいいところ。

この点は利尻ヘアカラートリートメントと比べるとやや劣ります。

ただ、コスト面は利尻ヘアカラートリートメントよりも若干お安くなっているため、価格重視の方はこちらから試してみるのもアリかと思います。

ルプルプヘアカラートリートメントの口コミは?

暗い髪色にしっかり仕上げてくれるルプルプは、男性陣の支持を特に受けている模様。

硬い髪質で染まり具合が気になる方も、2回~3回の使用で白髪がキレイに染まりますよ!

第3位 マイナチュレ ヘアカラートリートメント

内容量

200g

価格

初回購入価格3,000円

通常購入価格4,730円

ミディアムヘア(35g)のコスト

約526円

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

2018年3月に発売され、その年のベストコスメアワード上半期第1位に輝いたマイナチュレ ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントやルプルプヘアカラートリートメントよりも知名度はまだ低いですが、実際に使用した人の96.1%が「白髪がよく染まる!」と実感した脅威の新作ヘアカラートリートメントです。

マイナチュレ ヘアカラートリートメントのここが凄い!

15年間美容師として働いてきた開発責任者の高橋綾さんは、とにかく“染まり”にこだわってマイナチュレの開発に取り組みました。

そして行き着いた先が、どんな白髪でも染まりやすい染料成分の配合調整。

髪のダメージ状態や髪質に関係なく、しかも少量で白髪を深く染めることができます。

カラートリートメント利用者に聞いた!ぶっちゃけコレは染まりませんでした…

前項でのランキングとは反対に、市場に出回るヘアカラートリートメントの中には

「あまり染まらなかった」

「全くといっていいほど染まらなかった」

と評価される商品もあります。

商品の謳い文句や値段の安さにうっかり手を伸ばして失敗しないためにも、ここで一旦、ヘアカラートリートメント利用者の失敗談も聞いておきましょう。

20代・女性

友達がおしゃれ染めで前にカラートリートメントを使っているのを見たから、自分の白髪も染めれるのかな?と思って、若い人の間で人気のクイスクイスのカラートリートメントを使ってみました。

まあ確かにほんのり色づきはするけど…。まだらに何本かは染め残し?がありました(/_;)

白髪染め用じゃなかったからかもしれませんけどねっ!今度はちゃんと白髪染め用と試してみたいと思います!!!

最も多く見られたのが、白髪染め用カラートリートメントではなく、おしゃれ染め用のカラートリートメントで失敗したというケースです。

カラートリートメントは利尻ヘアカラートリートメントやルプルプヘアカラートリートメントのように白髪をメインで染めるものと、ピンクや赤、青といった個性的な髪色に仕上げるおしゃれ染め用のものがあります。

口コミやSNSで人気の

  • クイスクイス デビルズトリック
  • エブリ カラートリートメント

などは、おしゃれ用カラートリートメントに該当しますから、白髪染め目的の方にはあまりおすすめできません。

50代・男性

メンズビゲンのカラーリンスを使っていましたが、放置時間を長くしても、2回連続で染めてみても、なかなか思うように白髪が染まりませんでした。

私の髪質にも問題があったのでしょうが、放置時間を5分と謳っている割に染まりません。

1本使いきらないうちに他の商品を試してみましたが、そっちの方がよっぽど深く染まりました。

次に多く見られたケースが、CM広告で知名度の高い商品を使ってみたところ、全くといっていいほど染まらなかったというもの。

  • メンズビゲン
  • プリオール
  • 50の恵
  • スカルプD

といったカラートリートメントなどが該当しています。

もちろん、これらの商品は絶対に染まらない!というわけではありません。

使い続けていれば徐々に色づいていきますが、髪質や髪のダメージによって仕上がりの個人差が大きいのだと考えられます。

広告に費用をかけている知名度の高い商品は、正直成分にあまりこだわっていません。

染まりの良さを重視するのなら、広告に費用をあまりかけていない通販限定のカラートリートメントの方がおすすめです。

60代・女性

以前ヘナで白髪染めをしていたこともあって、テンスターのヘナ入りのカラートリートメントを購入しました。

ヘナだと時間と手間がかかるから、短時間で簡単に…と思い使ってみましたが、洗い流してみると根元が全く染まっておらず、キラキラ輝いておりました…。

おまけに手が黒く汚れてしまい最悪です。普段ヘナを使っているときは洗えばすぐ落ちるのに、今回は石鹸で洗ってもなかなか色が落ちません。

一体どんな成分が入っているのか…。怖くてもう使えません。

そして少数派ではありましたが、ヘナ入りのカラートリートメントで白髪があまり染まらなかった…という意見も見られました。

ヘナはもともと1時間以上かけて白髪を染める染料ですから、たった5分~15分で白髪を染めることはまず不可能です。

植物染料にこだわりたいのであれば、シコンやクチナシなどの植物染料とイオン色素など、ダメージの少ない染料同士を上手に組み合わせているカラートリートメントの方がおすすめです。

失敗しないカラートリートメント選びの条件

それでは次に、よく染まるカラートリートメントの条件をお伝えしていきます。

成分を読み解くのは難しいものですが、初めての方でも分かるように解説しています。

pH値が適正であること

pH値とは、アルカリ性と酸性のレベルを示す数値です。

0~14までの範囲で、小さい数字であれば酸性レベルが強く、大きい数字ではアルカリ性が強いと分かります。

中性は、酸性とアルカリ性のちょうど真ん中で、pH7となっています。

先程ご紹介したルプルプの画像を見ると分かりやすいのではないでしょうか。

ちなみに今回ご紹介したカラートリートメントは

  • 利尻ヘアカラートリートメント…6.5~7
  • ルプルプヘアカラートリートメント…7
  • マイナチュレ カラートリートメント…不明
  • グローイングショット カラートリートメント…不明
  • キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント…3~6

となっております。

1剤と2剤を混ぜて作る白髪染めカラーリングのpHは10~12。

染まり具合は満足できますが、髪の傷みが進み、こまめに使うとなるとおすすめはできません。

仕上がりと髪のダメージ、両方が気になる方は、pH6~pH8程度のカラートリートメントを選びましょう。

髪への保護成分が豊富であること

皆さんがお望みなのは「よく染まる」ことだけではないはずです。よく染まった後は、色持ちの長さを期待する人が多いかと思います。そこで必要なのが、髪の保護成分です。

カラートリートメントを使うことは、髪のキューティクルにジワジワながらも働きかけることです。

髪の保護成分があれば、キューティクルが引き締まって、潤いベールで包み込まれます。

すると色素の流出が止められるので、色持ちは良くなるんです。

もちろん髪質が良くなるので、見た目でもツヤが生まれ、印象もアップします。

カラートリートメントで白髪がよく染まる方法

何度もお伝えしておりますが、ヘアカラートリートメントの仕上がりは髪質によって人それぞれです。

しかし、ちょっとしたポイントをおさえることで、染まり具合をアップさせることもできますから、「なかなか思うように染まらない…」という方は、以下の方法を実践してみてください。

【使用前の注意】シリコーン入りのシャンプーは使わない

シリコーンは、市販のシャンプーの多くに配合されている成分です。

シリコーンは、手触り改良のためのコーティング剤で、髪を覆います。

髪はツルツルにはなりますが、染料がくっ付いたり、浸透したりしにくくなってしまいます。

カラートリートメントの使用を決めたのであれば、シリコーン入りのシャンプーは取りやめてください。

たっぷり髪に塗ろう

カラートリートメントの説明書通りの量を髪に塗っても、満足に染まらないこともあります。

あくまでも、説明書に書かれているのは標準的な目安です。最初に使う際は多めに髪に塗りましょう

生え際やつむじなどの顔まわりは、白髪の目立つ部位です。

塗るというよりも、白髪が見えなくなるまでたっぷりとのせます。

乾いた髪に塗る

シャンプー後に塗ることをすすめられるカラートリートメントですが、染まりを深くしたい場合(特に初回)は、乾いた髪に塗ることをおすすめします。

髪が濡れている状態では、髪と染料の間に水分の膜ができて、染料が定着しにくくなる可能性があります。

ブラッシングしてだいたいの汚れを落とし、髪の流れを整えて塗ってしまいましょう。

温めて放置する

染料を温めると、キューティクルに浸透しやすく、定着しやすくなります。

冬などの気温が低い時にはヒーターで温めます。他にも、シャワーキャップやラップで髪を覆う、ドライヤーで温風をかける、蒸しタオルをのせるなど、温める工夫は沢山あります。

放置時間を30分以上にするのも良いですね。

やっぱり白髪染め(ヘアカラー)がいいな…とまだ感じている方へ

良く染まるカラートリートメント 4

染まりが良いといえども、結局のところ、1剤と2剤を混ぜるヘアカラータイプの白髪染めには敵わない…

やっぱりヘアカラートリートメントじゃなくて、ヘアカラーを使って白髪染めをしようかな…

と、まだ考えているみなさん!!!

どちらの白髪染めを使うのも自由ですが、本当にその選択で後悔しませんか?

最後に、カラートリートメントとは別物の「ヘアカラー」について解説していきます。

毛髪の3層構造

画像引用:シセイドウ ビノラボ

髪の毛の構造は、上記のような3層構造になっています。外側から、

  • キューティクル
  • コルテックス
  • メデユラ

の順で構成されます。

一番大事なのは「コルテックス」で、中には髪色を決めるメラニン色素やタンパク質、水分や脂質などがつまっています。

キューティクルは、コルテックスを外的な刺激から守るためにあるうろこ状の硬いタンパク質です。通常、4層~10層にも重なり合っているものです。

ヘアカラーに含まれる1剤と2剤の働き

画像引用:ビゲン 香りのヘアカラ―(hoyu)

使ったことがある方はご存知かと思いますが、ヘアカラーは2つの薬剤が入っており、1剤と2剤を混ぜた後に髪へ薬剤を塗布していきます。

薬剤を髪に塗ると、まず1剤にあるアルカリ剤でキューティクルを無理やり開きます。

ヘアカラーについて 2

次に2剤の過酸化水素水(ブリーチ剤)がコルテックスにあるメラニン色素を壊し、同時に1剤に配合された酸化染料を発色させて、メラニン色素の代わりになる色を入れます。

酸化染料はもともと小さい分子で、キューティクルが開くとすぐ内部に浸透できますが、染色時には分子同士が結合して大きくなり、キューティクルからは出られないサイズになります。

この流れで、ヘアカラーで髪を染めると色落ちしづらいのです。

キューティクルは元には戻らない

優秀な染め方であるヘアカラーですが、アルカリ剤で開いたキューティクルは二度と元に戻りません。

カラー後のケアをせずにそのままにしておくと、コルテックス内の水分、脂質、タンパク質がどんどん流出してしまうので、髪のパサつきや切れ毛・抜け毛を招きます。

酸化染料の危険性

さらに問題は、ヘアカラーに使われる酸化染料です。

パラフェニレンジアミンなど、語尾に「ジアミン」がつくジアミン系染料が多く使われますが、強いアレルギー作用があって非常に危険を秘めた成分なのです。

ジアミン系染料が入ったカラー剤を使い続けると、頭皮にかぶれ・肌荒れが出てきて、全身に皮膚症状が広がることもあります。

頭皮から体内に侵入してくるので、吐き気や呼吸困難などの体調が現れることもあります。

基本的には、美容院での染め方も市販のカラー剤も、上記のメカニズムで染まります。カラーリングがここまでの危険と隣り合わせであったことは、驚きです。

ヘアカラーしながらデメリットを避けるには“掛け持ち”

しかし、ヘアカラーの最大のメリットは「色落ちせずに髪色が持続する」ことですよね。

そこでおすすめの方法としてご紹介するのは、ヘアカラーの頻度を減らして、つなぎにカラートリートメントを使うことです。

この方法だと、全体の白髪はしっかり染めて、すぐに目立ち始める生え際の白髪はカラートリートメントで隠すことができます。

カラートリートメントにはキューティクルの補修成分を配合しているものが多いので、カラーで傷めた髪を保護することに繋がります。

掛け持ちも一つのテクニックになりますよね。

まとめ

白髪染めカラーリングになれている人は、カラートリートメントの染まりの悪さに驚かれるかもしれません。

でも、1回目で絶望して使用を中断するのはまだ早いです。

本当に染まりの良いカラートリートメントならば、2回目・3回目と、徐々にヘアカラーなみの出来栄えに仕上がっていきます。

リスクと隣り合わせのヘアカラーで白髪染めしたり、美容院でお金と時間をかけたりするよりも絶対に使って損はありません。

一般的なカラートリートメントよりも仕上がり抜群な

  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • ルプルプヘアカラートリートメント
  • マイナチュレ カラートリートメント

で、安心・安全に今まで使ってきた白髪染め(ヘアカラー)と同じ仕上がりを体感しましょう♪


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です