白髪染めは、年齢を重ねると誰もが抱える面倒な習慣なのではないでしょうか。そんな習慣の中で、失敗したご経験はありますか?このサイトでは、白髪染めで起こりうる失敗から、どうすれば成功させられるのか、検証していきます。

【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

製品

おすすめ!白髪トリートメントランキング

投稿日:2017年12月27日 更新日:

おすすめ 白髪トリートメント ランキング 0

30代を過ぎたあたりから、多くの人に生え始める白髪。こまめにカラーリングをしても、1ヶ月に1cmは髪が伸びてきますから、すぐに白髪が気になり始めると思います。 

また染めれば良いと思っても、白髪染めヘアカラーは髪と頭皮にダメージがかかるものです。負担をかけないためには、2ヶ月~3ヶ月程度は期間をあけなくてはいけません。 

そこで活躍してくれるのが、白髪トリートメントです。 

頭皮と髪を保護しながらも、白髪を目立たなくしてくれます。今回は、セルフカラーの定番「白髪トリートメント」で、おすすすめのアイテムをランキングでご紹介します。 

自分に相性の良いものを見つけて、より美しく見せてくださいね。 

白髪トリートメントの選び方 

おすすめ 白髪トリートメント ランキング 1

それでは、しっかりと白髪をカバーし、印象アップを叶えてくれる白髪トリートメントの選び方をお伝えしていきます。 

この条件に沿って選んでおけば、カラーにおけるトラブルや理想と全然違った仕上がりになった、などという結果を避けることができますので、ご注目ください。 

染料の種類に注目 

白髪トリートメントには、たいてい

  • 塩基性染料
  • HC染料
  • 植物染料

の3つが使用されます。 

「塩基性染料」は、イオン結合を利用して髪表面に色素を着色させます。「HC染料」は、小さい分子の染料で、表面にごく近い内側の髪の毛に付着します。 

この2つは合成化学染料ですが、低刺激の成分です。天然の染料である植物染料は、カラーバリエーションを増やす際に使われ、こちらも肌に刺激なく、優しく染めることができます。 

白髪トリートメントの染料は、この3つで構成されるのがベストな状態です。自然な色味で、体への負担もなく白髪を隠せるからです。 

時に、白髪トリートメントと名乗りながらも、刺激が強い染料が混ぜられていることがありますのでご注意ください。刺激の強さで悪名が高いのは、アレルギー原因物質でもあるジアミン系染料です。 

ヘアマニキュアに使われる刺激が強い染料「タール系色素」が入っている白髪トリートメントもあります。 

肌トラブルを起こしたことがなければ、優秀な染料ですからご使用いただけますが、一度肌荒れしたことがあったり、元々肌の強さに自信がなかったりするのであれば、使用はおすすめできません。 

ただ、染まりの強さを求める人からは支持されていますので、本ランキングでも配合されているものはご紹介しています。 

髪と頭皮のトリートメント成分に注目 

白髪トリートメントの利点は、髪と頭皮を健康的な状態に近づける力があるということですよね。 

  • 髪のキューティクルにできた傷を補修してツヤを与えてくれるミネラル、アミノ酸
  • 保湿して両者にうるおいを与えてくれるアルギン酸や海藻成分

など、トリートメント成分は製品ごとに個性があります。髪と頭皮、どちらも整えてくれるに越したことはありませんよね。 

ですから、成分の充実度の高いものを選びましょう。 

自分の髪色よりも明るめの白髪トリートメントを選ぶ 

日本人の地毛は黒髪です。

しかし、実際に真っ黒という人は少なく、分類的にはダークブラウンに近い色をしているこがとがほとんどです。 

ですから、ブラックの白髪トリートメントで染めてしまうと、不自然な仕上がりになってしまうことがあるんです。 

通常であれば、

  • 黒髪に染めたい→ダークブラウン
  • 茶髪に染めたい→ライトブラウン

のように、少し明るめの白髪トリートメントを使うと、ナチュラルに仕上がります。 

仕上がりの暗くなりやすい白髪染めだからこそ、実践していただきたいです。なお、リピート購入する時、同じカラーを選ぶ必要はありません。 

少し暗いな、と思ったら明るめを買うなどの微調整は、理想のイメージに近づけるためにも積極的にするべきです。 

その点では、カラーバリエーションが多い白髪トリートメントをはじめから選ぶ、というのが得策になるでしょう。 

白髪トリートメント おすすめランキング 

それでは、上記の基準

  • 染料の種類
  • 髪と頭皮のトリートメント成分
  • カラーバリエーション

に則ってカラートリートメントを採点しましたので、ランキングでご紹介していきます。選ぶ際の参考になさってください。 

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

髪の保護成分

利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料

無添加

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定2,000円

通常3,000円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

540円

2本セットなら無料

 

白髪トリートメントの草分け的な存在である、利尻ヘアカラートリートメント。日本一の売り上げを誇りますから、ご存知の方も多いですよね。累計販売数は1,700万本を突破しています。 

アレルギー原因物質のジアミン、パラベン・シリコン・鉱物油などの刺激成分が無添加の、優しい白髪染めです。 

白髪トリートメントは、何度か使うことで白髪を染めていく手法です。 

ただし、利尻ヘアカラートリートメントは、他の白髪トリートメントとは違って、1回の白髪染めで色濃く染まってくれるという特徴を持ちます。使用されている染料は、イオンカラー・ナノカラー・植物染料で優しいものでできています。 

1度の白髪染めで染まるだけでなく、色持ちの良さにも定評のある利尻ヘアカラートリートメントですが、28種類の植物由来成分が髪のダメージを補修して、色素の流出を止めてくれていることにより起こると考えられます。 

女性は、パーマやヘアアイロンの習慣から、髪を傷めやすい生活を送っています。そんな傷みの蓄積した髪の毛にも、利尻の補修成分が効いてリセットをしてくれる、ということになります。 

中でも製品名になっている「利尻昆布エキス」には、保水力の高いフコダインという成分が豊富に含まれています。髪だけでなく、頭皮へも潤いを与えてくれるため、健康な髪を育む土壌づくりにつながります。 

明るめ~暗めまで、カラーバリエーションも豊富です。 

ライトブラウン

明るい赤みを帯びた茶色。太陽光の下で赤みが増す。

ナチュラルブラウン

明るく赤みを帯びない茶色。こげ茶を少し明るくした感じ。

ダークブラウン

真っ黒は嫌という方向き。黒を少し明るくした感じになります。

ブラック

黒くて無難な仕上がり。

 

初めて利尻ヘアカラートリートメントを使う方限定で、1,000円割引キャンペーンを実施中です。

 

第2位 資生堂 プリオール カラーコンディショナー

染料

タール色素

髪の保護成分

コラーゲン

褐藻エキス

緑藻エキス など

香料

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

内容量

230g

価格

1,280円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

278円

送料

無料

 

タール系色素を使用しているものの、髪と頭皮のトリートメント成分がたっぷりの白髪トリートメント。タール系色素から受ける刺激を和らげることができると思い、資生堂プリオールが第2位となりました。

使用後の髪は、毛先まで滑らかで、ふんわり質感に仕上げることができます。トリートメント後のすすぎでは、色の落ちがすぐ止まる、という口コミが多く見られました。お風呂で、ストレスなくスムーズな白髪トリートメントが完了します。

資生堂プリオールは3色展開しています。

ブラウン

赤みのない明るめの茶色。

ダークブラウン

焦げ茶という印象の落ち着いた茶色。

ブラック

黒くなり過ぎないブラック。

 

待ち時間も5分と短いので、機能性が高い白髪染めとなっています。色の入りは、始めに乾いた髪に使用するのがおすすめです。

 

第3位 ルプルプ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

髪の保護成分

ガゴメ昆布エキス

香料

ラベンダー、オレンジ、ローズマリー

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回WEB限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

750円

送料

無料

 

昆布由来のフコダインを豊富に配合した白髪トリートメントが、ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメントです。

フコダインの保水力がうまく機能して、髪と頭皮をしっかりと潤しながら白髪を染めます。

ルプルプ独自の技術によって、フコダインを、高分子・低分子化されています。大きいものは頭皮と髪の毛に留まって、小さいものは毛穴に浸透していきます。ルプルプWフコダインと言って、白髪染めをしながらも頭皮ケアができてしまうので、メリットが盛りだくさんなんです。

カラーバリエーションは4色と豊富ですが、暗めの茶色の種類が多めです。

ダークブラウン

少しだけ赤みが出る落ち着いた茶色。

ブラウン

少し赤みを感じる明るい茶色。

モカブラウン

赤みが抑えられた、落ち着いた印象の茶色。

ソフトブラック

暗くなり過ぎない黒で自然。

 

染まりの良さと肌への負担を示す指標であるpHは6.5~6.8レベルで、頭皮への優しさと染まりの良さを両立した白髪トリートメントとなっています。

香料として、天然アロマ成分が使用されていて、ツンッとした強い香りではないものの、好き嫌いが分かれるものです。白髪トリートメントの使用後に、他の香りが強いスタイリング剤などを使用する場合は、香りに変化を与える可能性もあります。

好みによっては、使用日を検討する必要もあるかもしれませんね。

初回は割安キャンペーンを実施していますので、香りの相性も確かめてみてください。

 

第4位 POLAグローイングショット

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

香料

シトラス

カラーバリエーション

ブラック

ブラウン

内容量

200g

価格

通常2,900円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

725円

送料

送料無料

 

放置時間が5分と短く、スピーディーに白髪トリートメントをできます。早さの理由は、ポーラ独自開発のピグメント処方によります。染料の浸透が早くなって、内部に色素を定着させることができます。

染料自体はイオンカラーとナノカラーで優しいものですから、刺激の強さを心配する必要はありません。

香りはシトラスで軽やか。5分という短い放置時間なので、体調を崩すということはないと思われます。

キューティクルを補修するセラミドや、頭皮環境を整えてくれるコラーゲンが、安全な白髪染めをサポートしてくれます。

カラーバリエーションは、2色と少ないですが、無難な2色を揃えていると思います。

ポーラは、化粧品やエステなどを主力としていて、高級なイメージが強いですが、ヘアケア製品はお手頃でした。送料無料は公式販売サイトだけです。

 

第5位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)

髪の保護成分

ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

内容量

150g

価格

初回WEB限定20%オフ2,555円

通常3,200円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,066円

送料

送料無料

 

KIRARI(キラリ)は、成分上はカラートリートメントですが、ムース状で扱えます。

トリートメントを髪に伸ばすのが得意ではない人でも、ムース状なので染めやすさが突出しています。まんべんなく泡状の白髪トリートメントを髪全体に行き渡らせることができます。

泡は髪に密着しますので、染ムラも起きづらいというメリットがあります。

優しい染料と19種類の美容成分を配合していて、髪と頭皮への配慮は行き届いています。カラーバリエーションは3つです。

ダークブラウン

落ち着いた暗めの茶色。万人受けするカラー。

ライトブラウン

赤みが入った明るい茶色。白髪の量が多い人向け。

ブラック

しっかり暗く染まる。

 

1回の白髪トリートメントにかかるコストは割高ですが、公式からの購入は20%の割引が適応されます。一度使ってみて、価格が高いだけのメリットを見つけられたら、続けてみましょう。

ムース状のトリートメントでは、どの程度の量を使えばよいのか把握に時間がかかりますので、このような割引で試せるのは嬉しいですよね。

 

第6位 ラサーナ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、グアイアズレン、うこね

髪の保護成分

真珠由来成分、羊毛由来成分、海藻エキス

香料

シトラス&フローラル

カラーバリエーション

ダークブラウン

ラサーナ 色 ダークブラウン

内容量

180g

価格

初回WEB限定2,296円

通常2,800円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

756円

送料

初回無料

通常432円

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、真珠由来の成分や、海藻エキスを豊富に含んだ白髪トリートメントです。

髪を保護して、キューティクルの剥がれを埋める成分も配合していることから、これまでカラーリングなどで傷んだ髪の修復としても使えます。髪のパサつきを抑えたい人からは特に選ばれています。

ラサーナは、しっかりダークブラウンに染めるというより、明るく白髪を染めて、他の毛に自然に馴染ませるという意味合いの強い白髪染めです。

この明るい発色から、美容院や自宅でのカラーとカラーの繋ぎに使う人が多いですね。優しめシトラスの香りで、そこまで強烈な香りはしません。

 

第7位 髪萌ヘアカラーHATSUMOE

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(クチナシ)

髪の保護成分

ガゴメ昆布、アロエ、ローズマリー、ツバキオイルなど

香料

内容量

200g

価格

初回定期WEB限定20%オフ1,920円

通常2,400円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

600円

送料

600円

 

髪萌ヘアカラーは、頭皮の栄養成分が豊富で、健康な頭皮環境に近づけてくれる白髪トリートメントです。

成分上、刺激成分は使われていません。敏感肌・乾燥肌などの刺激トラブルが起きやすい人にも、優しく役割を果たしてくれる白髪染めとなっています。

植物性のオイル3種類、12種類の植物成分配合で、トラブルなき白髪染めが期待できます。キューティクルが整って、素手でも扱えます。

 

第8位 玉髪 ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、アナトー、クチナシ)

髪の保護成分

ツバキ、バラ、ハチミツなど

香料

無香料

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

内容量

160g

価格

通常3,364円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

1,051円

送料

送料無料

 

天然染料を使用し、自然な優しい髪色に染めることができます。地肌が弱い人でも、心配のない成分配合です。

ツバキオイル、ガゴメ昆布、ハチミツなどの天然由来の美髪成分も配合しており、手触りのよい髪質に変えていくことが可能です。

使用者の満足度は、96.1%という非常に高い結果が出ており、後発メーカーながら、これからに期待できる白髪トリートメントでしょう。

きつい香りはせず、男性の使用も問題なくできると思います。

 

第9位 アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

染料

塩基性染料

HC染料

天然染料(アカミノキ木エキス、グアイアズレンスルホン酸NA、カンゾウ根エキス)

髪の保護成分

浸透型コラーゲン、天然コーティング成分、ヒアルロン酸、アルガンオイルなど

香料

カラーバリエーション

ナチュラルブラック

ダークブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

内容量

200g

価格

定期購入2,203円

通常2,592円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

648円

 

スカルプケアシャンプーでお馴染みの「アンファー」が販売している白髪トリートメントです。美容オイル「アルガンオイル」を配合していて、アルガンオイルを使って施術する「モロッカンカラー」を自宅で気軽にできます。髪の内側まで美容成分が浸透して、傷んだ髪もツヤツヤに修復してくれます。

浸透型コラーゲンを使用して、髪内部まで染料と一緒に浸透してくれ、コーティング成分の「ゼイン」は色落ちを防いで持続してくれるため、今までの白髪染めトリートメントにはない染まりの良さが実現しています。

カラーバリエーションは4つで、明るめのマロンブラウンは、他の白髪トリートメントでは珍しい色となっています。

色持ちが良く、4週間キープできたという声があります。

 

第10位 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

染料

塩基性染料

HC染料

髪の保護成分

アロエ、カンゾウなど

香料

ラベンダー油、ライム油、レモングラス葉油など

カラーバリエーション

ダークブラウン

ライトブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

通常3,334円

ミディアムヘア1回(50g)のコスト

555円

送料

600円

2本以上購入で送料無料

 

レフィーネは、加齢で気になる悩み「白髪」の他、薄毛対策機能も持ったトリートメントとなっています。白髪を染めつつ、頭皮ケアもできます。

汚れの吸着をするドイツ産の泥「ファンゴ」や、トウガラシ・オタネニンジンなどの養毛成分7種など、ヘッドスパに使用される成分が配合されています。髪全体に馴染ませたあと、そのままヘッドマッサージに移行できます。

健康な髪を手に入れたいのであれば、健康な頭皮が必要です。レフィーネを採用すると、頭皮ケア習慣も身に付きます。

天然アロマ配合で、リラックスしながら白髪ケアができてしまうも、大きなメリットですよね。合成香料は無添加です。頭皮の調子も良くなりますよ。

 

白髪トリートメントのメリット

おすすめ 白髪トリートメント ランキング 2

進化を続ける白髪トリートメントは、今では白髪染めカラーリングと同じくらい愛用人口が増えています。

ここからは、白髪染めにおいてトリートメントを使うメリットをお伝えしていきます。

誰でも簡単に扱える

白髪トリートメントは、基本的には誰にでも、簡単に扱えるというメリットがあります。

白髪染めカラーリングで染める場合には、施術48時間前のパッチテスト、汚れても良いタオル・ケープの用意など、カラーリングにあたって準備が大変です。

しかし白髪トリートメントであれば、シャンプー後のトリートメントをするいつもの習慣を、白髪トリートメントに差し込むだけでできます。手間いらずの白髪染めができます。

また、白髪染めカラーリングする際は、塗布にコツが必要ですが、白髪染めトリートメントであれば、全体にまんべんなく塗りこむ、といいうことを意識するだけで完了です。誰にでも簡単に始められる白髪染めだと言えます。

塗ってからの置き時間も、白髪染めカラーリングと比較すると短時間で済みます。お手軽度が非常に高いのが、白髪トリートメントとなります。

キューティクルを保護して髪を傷めない

白髪染めカラーリングでは、染料を髪内部まで浸透させるために、キューティクルを強引に開き、染料の通り道を作ります。髪の潤いや栄養分が流出しないように閉じているキューティクルが強引にはがされるわけですから、髪が傷んで当然ですよね。

かわって、白髪トリートメントであれば、キューティクルを開かずにコーティングして色素を浸透させているものです。仕組み上、髪の傷みは心配ありません。

傷まないだけではなくて、トリートメントとしてキューティクルを補修し、保護成分を浸透させる機能もありますから、白髪トリートメント使用後は健康的でツヤのある髪になります。

頭皮に安全

白髪染めヘアカラーの場合、発色に化学変化を伴いますから、刺激強めな薬剤を使用します。頭皮にも刺激になって、使うたびに過剰に反応し、かぶれることもありますし、柔軟性がなくなって自然に頭皮が硬くなってしまいます。

硬い頭皮は、薄毛や細毛の原因になります。

白髪トリートメントであれば、頭皮に優しく、保護する成分が豊富ですから、いつでも安心して使うことができます。

白髪トリートメントは、色落ちもありますし、黒髪を明るくすることはできません。しかし、これからの頭皮と髪の健康を考える人から選ばれている白髪染めだと分かりますね。

白髪トリートメントで髪色を長持ちさせる方法

おすすめ 白髪トリートメント ランキング 3

白髪トリートメントは色落ちしやすいものだと分かっていても、長持ちしてくれるに越したことはありませんよね。

なるべく長く、カラーを美しく維持する方法をまとめましたので、実践してみてください。

アミノ酸シャンプーを使う

白髪トリートメントを使用している間は、アミノ酸シャンプーを使うことで、染料が落ちにくくなります。アミノ酸シャンプーは、優しいシャンプー分類で、キューティクルをそのままにふんわりと洗い上げることができます。

入浴後はタオルドライ後、ドライヤーで乾かします。仕上げに冷風をかけると、キューティクルが引き締まって、色落ちしにくくなります。

髪の毛を傷ませない

髪のダメージがかさむと、色落ちが早くなります。白髪トリートメントは、白髪をコーティングしただけの状態ですから、雨に当たったり、パーマをかけたりして刺激が与えられると簡単に色落ちしてしまいます。

白髪トリートメントで染めた髪を少しでも長持ちさせるため、ダメージを与えないように保護してください。洗い流さないトリートメントを使うなどして、こまめに白髪をケアしましょう。

紫外線対策をする

紫外線を浴びることも、キューティクルのダメージになります。紫外線は髪の傷みを進行させて、内部の水分と色素を流出させます。

顔に日焼け止めを塗ることはあっても、髪と頭皮の紫外線対策をしている人はあまりいませんよね。外出時は、日傘や帽子を使って、紫外線が体に当たらないように工夫しましょう。

紫外線は屋内にいても入り込みますから、遮光カーテンやUVヘアスプレーなどを利用して防いでください。

まとめ

白髪トリートメントと、使用上のコツをお伝えしてきました。

年齢が上がると増えてくる白髪、目に着くと気持ちは落ち込んでしまいますよね。

そんな時、髪と頭皮を傷ませずに白髪が目立たなくなる白髪トリートメントを使うことは、髪色と気分を変えてくれるアイテムです。

自分と相性が良くて、使い勝手のよい白髪トリートメントを見つけて、日々の生活を楽しんでいきましょう。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-製品

Copyright© 【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.