20代男性におすすめの白髪染め!黒髪で男らしさを手に入れよう

20代だから髪の毛に関して問題がないと思っている男性の皆さん!

「少し前までは抜いて誤魔化していた白髪、ここ最近は対処しきれないほど増えてきた。」

なんて人はいませんか?

最近では男性・女性関係なく、20代から白髪が出てくる人が急増してます。そのため、白髪を染めている20代男性も多くいるんですよ。

そこで今回は、20代の男性にオススメしたい白髪染めを紹介していきたいと思います!

男性用の白髪染めってどんなものがあるの?

白髪染めとひとくくりに言っても、泡で染めるものからスプレーするものまで、様々なタイプの白髪染めがあります。

白髪染めを使ったことない男性にとって、まずはどんなタイプの白髪染めが自分に適しているのか知りたいところですよね。

ではさっそく、白髪染めのタイプを見ていきましょう!

タイプ別 メンズ白髪染め

女性用の白髪染めに対して、男性用の白髪染めはちょっぴり少なめ。どんな種類の白髪染めがあるのでしょう。

ドラッグストアやスーパーで購入可能な白髪染めを、いくつかあげてみました。

オススメ度は3段階で表示しています。★の数が多い程おすすめですよ。

タイプ

オススメ度

市販品(例)

ワンプッシュ・ワンタッチ

  • メンズビゲン ワンプッシュ(ホーユー)
  • シンプロ メンズワンタッチヘアカラー(クラシエ)

泡・ムース

  • リーゼプリティア メンズ泡カラー(花王)
  • サロンドプロ 泡のヘアカラーEXメンズスピーディー(ダリヤ)

ヘアマニキュア

★★

  • メンズブローネ ヘアマニキュア(花王)
  • サロンドプロ カラーコートメンズスピーディー(ダリヤ)

カラーリンス・カラートリートメント

★★★

  • 利尻 ヘアカラートリートメント(サスティ)
  • メンズビゲン カラーリンス(ホーユー)
  • ルシード ボリュームアップカラートリートメント(マンダム)

カラーリンス・カラートリートメントが堂々の1位に輝きました。理由は後ほど説明しますね。

それでは、この白髪染めたちはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

ワンプッシュ・ワンタッチタイプ

名前の通り、ボトルから1回染料を出すタイプの白髪染めですね。使い方はさほど難しくありません。

髪も一発でバシッと男らしい色に染まりますが、髪や頭皮にダメージの大きい成分が多いのがネック。

「髪が薄くなってきたかも・・・」という男性はハゲを加速させる原因となるので、使用は控えたほうが良いでしょう。

泡・ムースタイプ

こちらも使い方は簡単。ボトルから出てきた泡を髪に揉みこむだけです。カラーが豊富で、明るい髪色希望の男性にもおすすめの白髪染めです。

しかし、ワンプッシュ・ワンタッチタイプ同様、髪や頭皮には優しくありません。

ヘアマニキュアタイプ

髪の外側のみをコーティングする白髪染めです。そのため、頭皮への負担は少なめ。

ですが、自分で染めると色ムラが出やすく、不器用な人にはおすすめできません。準備や後片付けもやや面倒。

カラーリンス・カラートリートメントタイプ

染まる力は最下位ですが、とにかく髪と頭皮にやさしい白髪染めがこれ。しかも、入浴中に素手で使えるので、汚れを気にする必要もなし!

さらに、髪を補修する成分が含まれているので、白髪以外にも髪の悩みが解決するかもしれませんよ。

いいとこづくしなのでこちらのタイプがおすすめしたい白髪染め1位となりました。

男性用白髪染めは20代が使っても大丈夫?

白髪染めに年代は関係ありません。従って20代が使ってもOK。

ただし白髪染めによっては髪と頭皮への刺激が強い商品もあるので

この先、『薄毛・ハゲ・抜け毛』など将来の頭髪が心配な人は、なるべく頭皮に負担をかけない白髪染めを選ぶことをおすすめします。

男性用と女性用の白髪染めってどんな違いがあるの?

先程も申し上げましたが、男性用の白髪染めって女性用と比べると少ないですよね。

どうして女性用の白髪染めは、あんなに種類豊富なのでしょうか。そもそも、男性用と女性用の白髪染めって何が違うのか疑問に思いませんか?

驚き!実は男性用も女性用もさほど変わりない

実は男性用の白髪染めと女性用の白髪染め、成分内容はほとんど変わりません。

  • 染まるまでのスピード
  • 香料

この2つの違いがあるぐらいでしょうか。男性は「時間をかけたくない!」「短時間で染めたい!」という方が多いため、女性用の白髪染めよりも染まりやすい白髪染めになっているようです。

また、男性の白髪染めは無香料のタイプが多め。女性に比べ匂いにこだわらない人が多いからでしょう。

女性用の白髪染めを男性が使っても問題ない?

前述の通り、成分に変わりはあまりないため、男性が女性用の白髪染めを使っても問題はありません。

むしろ女性用の白髪染めの方が、髪や頭皮を労わる成分が多めです。

髪や頭皮に負担をかけたくないのであれば、女性用の白髪染めを使ってみるのもアリですね。

白髪に年代は関係ある?

本来であれば、30代半ばごろから加齢によって自然と生えてくる白髪。しかし、20代で生えてしまった若白髪は、加齢以外が原因と考えられます。

白髪染めを使うことは構いませんが、まずは原因を突き止めて予防・改善する必要がありますね。

20代の肌はとってもオイリー

30代や40代の人を指して「脂ののった~」とはよく聞きますが、実際に脂がのっているのは20代。

20代のうちは皮脂の分泌が多く、特に男性は20代女性の2倍の皮脂を分泌しているのだとか。

そんな脂たっぷりのお肌ですから、当然頭皮のケアをしなければ、どんどん皮脂が増えて毛穴を詰まらせてしまいます。

白髪がこれ以上増えないためにも、頭皮のケアはしっかりとしていかなければなりません。

20代は食生活が不規則

社会人になると、人付き合いの幅がグンと広がりますよね。

特に男性のみなさんは、外食や飲み会の機会が増えたのでは。

食生活の乱れは、白髪が増える原因のひとつ。付き合いも大事ですが、自分の体はもっと大事にしてあげて下さいね。

白髪を生やさないように心がけたい飲み方はこちらの記事をどうぞ

20代は色んなストレスと戦う時期

ストレス。これもまた、働く男性に多い白髪の原因ですね。上司や取引先との対人関係、大事な仕事を任されてのプレッシャー。

ある程度経験を積んだ30代以上の人たちに比べ、20代はストレスを感じやすい傾向があります。

自分に合ったストレス解消法を見つけるのも、白髪予防につながりますよ♪

ストレスと白髪の関係についてはこちらの記事をどうぞ

まとめ

若白髪に悩む20代男性。女性に比べ、数少ない男性用の白髪染めから自分に合ったものを見つけるのはなかなか難しいと思います。

でも、この先も髪トラブルを避けたいのであれば、女性用の白髪染めにも是非チャレンジしてみましょう!

おすすめは、髪や頭皮にやさしい【カラーリンス・ヘアカラートリートメント】です。

最後に。本当に大事なのは、白髪染めを使わなくても良い髪色に戻すということ!白髪がもうこれ以上生えてこないように、今一度、生活習慣を見直してみて下さいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です