ルプルプはノンジアミンの安全な白髪染め! 早く気付いた者勝ちの事実とは

ルプルプ LPLP ノンジアミン 染料 0

多くのカラー剤に含まれる「ジアミン系染料」は、日本人の髪色を変え、定着させるのには非常に優秀な染料です。

市販のカラー剤はもちろん、美容院で使用される薬剤にはほとんど配合されています。

ただジアミンは、優秀で機能性の高い分、危険性が伴うことをご存知でしょうか。今回は、ジアミン系染料の危険性と、ルプルプの安全性に迫りたいと思います。

ジアミン系染料の毒性に目を向ける

ルプルプ LPLP ノンジアミン 染料 1

まず「ジアミン」とは、正式名称PPDA、またはパラフェニレンジアミンと呼ばれる化学染料のことを言います。ジアミンは、少ない色素で色濃く髪を染められるため、使い勝手の良いものです。

いくつかの色を混ぜ合わせることで、様々なカラーバリエーションが楽しめるため、白髪染めにも昔からよく利用されてきました。

ジアミンはアレルギー原因物質

このように、有効に作用してくれるジアミンですが、アレルギーを引き起こす物質でもあります。アレルギー原因物質に指定されており「劇薬」として認定を受けています。

一度アレルギーが起こると、深刻な症状に発展してしまうことから、使用を禁止されている国もあるほどです。

アレルギー症状は全身に及ぶことも

カラーリングによるアレルギーというと、薬剤が接する頭皮がかゆくなる程度とお思いの人もいるかもしれません。

しかし、実際にジアミンアレルギーを発症すると、頭皮だけでなく、体中に影響が出てしまうんです。

ジアミンは、頭皮から吸収された血管に入り込んで、体内の免疫が過剰反応してしまうのです。

本来体を外的から守ったり、内部の異常を検知して戦ったりすべき免疫が、過剰反応することにより全身に異常反応が出て、命を脅かすこともあるのです。

ジアミン系染料を使う時は必ずパッチテストをする

副作用が、機能の何倍も大きく見えるジアミン系染料。ジアミン系染料を使用される場合には、必ずパッチテストをして、皮膚状況、毒性の蓄積状況を確認してください。

パッチテストは二の腕に10円玉程度の大きさで塗った後に乾かし、48時間放置するだけでOK

この間にかゆみや肌荒れといったトラブルがなければお使いいただくことができます。

ボタン

ルプルプはノンジアミンの白髪染め

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,834円

【通常価格】3,000円

【送料】無料

 

ルプルプはノンジアミンの白髪染めで安心してお使いいただくことできますよ。使われている成分を見ていきましょう。

ノンジアミンで染料優しい染料

ルプルプのカラートリートメントは、頭皮と髪に負担がない3つの染料が使われています。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

塩基性染料とHC染料は化学合成染料ですが、毒性もありませんし、頭皮経由で浸透してくることもありません。そして植物染料も、天然で安心の成分となります。

保湿成分フコイダンで荒れない頭皮づくり

ルプルプWフコイダン

安全な白髪染めをする上で、意外にも重要なのは保湿成分です。

肌荒れの根本にあるのは「乾燥」だと、女性の方はご存知かもしれませんね。乾燥したお肌は、バリア機能が損なわれており、ちょっとした刺激で過剰に反応していきます。

もちろん、ルプルプは低刺激な白髪染めではありますが、すべての人に問題が起きないというわけではありません。使う人の体調によっても変わってくるでしょう。

そこで、ルプルプにはガゴメ昆布由来の保水成分フコイダンを配合することで頭皮を潤して、かぶれる可能性を低くしています。

9つの無添加処方

ルプルプは、ジアミン系染料だけでなく、以下の9つの成分が無添加です。

  • ジアミン系染料 無添加
  • 硫酸銀 無添加
  • 過酸化水素 無添加
  • 鉱物油 無添加
  • 脱色剤 無添加
  • パラベン 無添加
  • 合成香料 無添加
  • 動物性原料 無添加
  • シリコン 無添加

これらの成分は、化粧品の品質維持のためだったり、使用感を上げるためだったりに使われますが、少なからず人体への毒性を持っています。

刺激になる成分は排除されている、安心のルプルプ無添加処方でした。

 

ルプルプの最新情報まとめ

ルプルプ LPLP ノンジアミン 染料 2

ノンジアミンカラーで、安全性では文句なしのルプルプヘアカラートリートメントでした。ルプルプの最新情報をまとめましたので、白髪染め選びの参考になさってくださいね。

カラーバリエーションは4つ 

ブラウン

赤みのある、やや明るめのブラウン

ダークブラウン

赤みのある、落ち着いたブラウン

モカブラウン

自然なブラウン

ソフトブラック

真っ黒になり過ぎない、茶色がかったブラック

 

ルプルプのカラーバリエーションは、現状4つ展開されています。白髪用トリートメントの中では取り揃えが多い方で、植物染料を採用しているところが大きいと思います。

ルプルプは、表面コーティングにより白髪を隠しますので、暗い髪色を明るくすることはできません。

そこで、白髪の割合が少ない段階では地毛の色に近いものを、白髪が増えて大部分を占めるようになったらなりたい髪色を選びましょう。

最安値は公式販売サイト

ルプルプ 公式 価格

ルプルプの定価は3,000円(税抜き)ですが、お得に購入したいのであれば、公式販売サイトから購入されることをおすすめします。

Amazonや楽天から買い慣れている方からすると、新しく個人情報を入力されるのは面倒かもしれません。

ただ、上記大手ショッピングサイトでは定価販売であるのに対して、公式販売サイトですと39%オフの1,834円で購入することができます。

初回限りですが、返金保証もついていますので、自分の肌と髪の相性を確かめる良い機会になるかと思います。

 

泡で染められる!ルプルプ ヘアカラーフォームも登場

ルプルプ 泡

更にルプルプは、泡タイプのカラートリートメントも発売されました。トリートメントを伸ばすのが苦手な方や、染めムラが起きやすい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、もちろん泡のルプルプもノンジアミン処方ですので、安全性は担保されているものです。使用感で、トリートメントか泡かで決めてみてくださいね。

 

まとめ

ジアミン系染料の危険性と、ルプルプの安全性が際立つエピソードをお伝えしてきました。

ジアミン系染料は、一度使って見て体に異変がなく、大丈夫だったとしても、毒性は体に蓄積していっているものです。

  • 必ずカラー前はパッチテストを行うこと
  • かゆさや赤みなど、体に異変が生じた場合は使用を中止すること

このくらいの覚悟を持って接しなければならない染料です。できる限り、白髪の出始めからルプルプを使って、体に負担のないカラーリングをしていくのがおすすめです。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です