ルプルプはリタッチ利用に優秀なカラートリートメントなの? コツと注意点まとめ

ルプルプ LPLP リタッチ 白髪染め 0

美しく染めても、日時が経つにつれて目立ち始める生え際の白髪。気になってしまいますよね。

髪ののびるスピードは、一か月に1cmほど。染めた満足感はあっという間になくなって、新たに白髪対策を練らなくてはいけません。

そんな中「リタッチ」という、伸びてきた部分だけに薬剤を塗る技法があります。

今回は、リタッチについて詳しく、そしてルプルプはリタッチ向きの白髪染めなのか調査しました。

リタッチをやるべき3つの理由

ルプルプ LPLP リタッチ 白髪染め 1

仮に2ヶ月放置し、生え際の白髪が2cmにもなると、かなり目立ってしまいます。

そこで登場するのがリタッチカラー。

前回使った薬剤で、伸びてきた根元の髪の毛だけを染めて、前回染めた部分と馴染ませるものです。

リタッチのメリットをまとめました。

①髪の毛が傷みにくい

美容院でカラーする場合、二剤式カラーを利用します。まずは髪の表面を覆うキューティクルを開いて、染料の通り道を作ります。

そして染料をしみこませ、発色→定着させるので、かなり髪が傷みます。

リタッチの場合は、生え際の髪にだけこの薬剤を付けるので、既に染まっている髪が被害を受けることがありません。

②少し時短になる

全体を薬剤でコーティングするよりは、時間の短縮になります。ただ、薬剤と髪をなじませる放置時間は同じです。

③価格が安い

使用する染料が減りますので、サービス料は安くなります。

ただし放置時間は変わらないため、価格はフルカラーの8割程度にしか抑えることができません。

ルプルプでリタッチするメリットとコツ

リタッチは、前回の髪色と同じ発色にするには、それなりの技術がいりますので、美容院でされるのが一番です。

しかし、1~2ヶ月に1回行かなくてはいけないのは、なかなかのハイペース。

そこでおすすめは、伸びた部分をルプルプでトリートメントし、セルフリタッチしてしまうことです。

ルプルプでリタッチをするメリット

ルプルプを使ったリタッチのメリットは、何といっても

  • 手軽さ
  • 髪に良い

の2つが大きいでしょう。

美容院に行かなくても、ルプルプは自宅で気軽にカラーリングができてしまいます。そしてトリートメントベースなので、二剤式カラーのように髪を傷めずに染めることができます。

ルプルプを使ったリタッチのコツ

リタッチ目的でルプルプを使う場合のコツをお伝えします。

伸びてきた生え際や根元にまんべんなく白髪染めを塗ったら、コットンやティッシュを貼り付けます。

お肌のケアでいうところの「パック状態」になり、トリートメントが生え際に留まって浸透しやすくなります。

そして、コームを使ってとかすのもおすすめです。

ルプルプでリタッチする時の注意点

ルプルプでリタッチをすれば、美容院でのカラーの頻度を少なくすることができます。

ここでの注意点は、美容院でパーマやカラーを行う際には、施術の1週間前から、ルプルプの使用を中止しなくてはいけません。

使う薬剤によっては、ルプルプと反応して変色する可能性もあります。1週間前からルプルプの使用をやめて染料のダウン期間を作っておくことで、トラブルを防げます。

 

ルプルプの成分をご案内

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,833円

【通常価格】3,000円

【送料】無料

 

リタッチに最適なルプルプの成分をご紹介していきます。 

染料が頭皮と髪に優しいからリタッチ向き

ルプルプは、頭皮と髪に低刺激な3つの染料を使用しています。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

化学反応を伴わず、髪の表面をコーティングして白髪を隠します。

頭皮に近い部分に集中的に行うリタッチですから、ルプルプは最適だと分かりますよね。 

頭皮環境を整えるフコイダン

ルプルプWフコイダン

ルプルプには、ガゴメ昆布由来のフコイダンが配合されています。フコイダンは、強力な保水力をもつ成分で、頭皮を潤し、頭皮環境を整えてくれます。

さらにルプルプでは、「ルプルプWフコイダン」というオリジナル成分に発展させており、毛穴の奥まで浸透する低分子化フコイダンが、育毛をサポートしてくれます。 

カラーバリエーションが豊富 

ブラウン

赤みのある、やや明るめのブラウン

ダークブラウン

赤みのある、落ち着いたブラウン

モカブラウン

自然なブラウン

ソフトブラック

真っ黒になり過ぎない、茶色がかったブラック

 

ルプルプのカラーバリエーションは4色ですので、リタッチしない部分の髪色に寄せた色を選びやすいかと思います。

ただ、ルプルプのカラーは暗めのカラーバリエーションが多いので、明るいリタッチ希望でしたら利尻ヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

まとめ

ルプルプを使ったリタッチ法についてお伝えしてきました。ぜひ美容院の繋ぎに、優しい白髪染めを取り入れてくださいね。

ルプルプは、公式からの購入が最安値です。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です