30代、白髪が生えたらこれがおすすめ!使っていきたい白髪染めとは?

 30代に足を踏み入れたとたん、「初めましてっ!」と言わんばかりに生えてきた白髪たち。

今までヘアスタイルを気にしたこともないみなさんにとっては、原因も対処法もわからない大きな障害ではないでしょうか。

しかし、周りの目も気になる白髪。このまま放置しておくわけにもいきませんよね。

そこで今回は、この先も長い付き合いになるであろう白髪の原因と対処法、おすすめしたい白髪染めを紹介していきたいと思います!

白髪の原因をキチンと理解しよう

20代の頃は生える気配もなかった白髪。どうして30代になったとたん目立つようになったのでしょうか。

白髪の原因とは?

私たちの髪はもともと白い状態で誕生し、後からメラニン細胞(メラノサイト)によってメラニン色素(黒髪の元)をつけてもらいます。

このメラニン細胞が何らかの原因で動かなかったり消えたりしてしまうと、色素なしの真っ白な毛がそのまま体の外に出てきてしまうのです。

白髪の原因は以下のものがあげられます。

  • 遺伝
  • 外部からの攻撃(紫外線やカラーリングなど)
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 寝不足
  • たばこ

などなど。これらがなぜ白髪の原因になってしまうのかというと、黒髪をつくる“絶対条件”の邪魔となってしまうからです。

黒髪がつくられる絶対条件は『毛髪に関わる細胞へ必要な栄養をスムーズに届けること』。

これさえできれば大体の人は白髪が生えなくなるでしょう。単純ですが、これができないために、白髪が生えてくるのです。

白髪が生え始めるのはどうして30代からの人が多いの?

私たちの体内にある細胞は年を重ねていくうちに、少しずつ衰えていきます。

昔に比べて疲れやすくなったり、風邪が治りにくくなったりするのもそのためです。だから当然、毛髪に関わる細胞も徐々に動きが悪くなってしまうんですよね。

重ねて30代は、加齢とともに減少していく【成長ホルモン】、反対にどんどん蓄積されていく【過酸化水素】の影響が出始めるため、それに伴い白髪も生え始めてくる方が多いようです。

成長ホルモンって?

成長ホルモンは体内の代謝を促進し、細胞に元気を与えるホルモン。

10代半ばに分泌量がピークに達します。成長ホルモンは年をとるにつれて、徐々に分泌量が減っていくのですが、その中でも一気に減少する時期が20代から30代半ばにかけてなのです。

日本人の白髪が生える平均年齢は35歳と言われていますが、まさしく成長ホルモンの影響が大きいと言えますね。

過酸化水素って?

過酸化水素とは活性酸素の一種です。

活性酸素は私たちの体内に侵入してきた細菌などを除去してくれる正義の味方なのですが、増えすぎると体を老化させてしまう厄介な存在。

その中でも体内に残りやすいのが過酸化水素なんです。体内に残って段々と蓄積された過酸化水素は、体を老化させるべく髪の色素を破壊していきます。

結果、白髪が生えてしまうってわけですね。

黒髪の絶対条件をクリアしよう

前述の通り、黒髪をつくるためには「毛髪に関わる細胞へ必要な栄養をスムーズに届けること」が必要になってきます。

この絶対条件をクリアするためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは細胞に必要な栄養を摂っていこう

細胞は、私たちが食べ物から摂取した栄養素を受け取って、毎日せっせと働いています。

栄養素が不足すると、細胞はうまく働くことができません。ではどのような栄養素を積極的に摂っていけばいいのでしょうか。

白髪予防にはメラニン色素をつくる栄養素はもちろん、先程お話した成長ホルモンの減少、過酸化水素の蓄積を食い止める栄養素も摂取していかなければなりません。

【白髪予防に効く栄養素】

 

栄養素

含まれる食べ物

メラニン色素の生成に必要な栄養素

チロシン

アボカド、バナナ、リンゴなど

成長ホルモンの減少を予防する栄養素

アルギニン

大豆、エビ、カツオ節、小麦など

過酸化水素及び活性酸素を分解する栄養素

ビタミンA・C・E

A…人参、かぼちゃなど

C…レモン、キウイなど

E…アーモンド、いくらなど

上記以外にも、育毛に関わる細胞や、メラニン色素をつくる細胞自体を活性化させる栄養素が必要です。

さらに詳しい栄養素に関しましてはこちらの記事をご覧ください。

スムーズに栄養を届けられる環境をつくろう

いくら栄養を補っても、それらが頭皮までうまく届かなければ全くの無意味。

髪の毛にしっかりと栄養を届けるようにするためには、障害のない道筋を作ってあげなければいけません。

栄養が運ばれる道とは、ズバリ血液。血の流れを良くしてあげることで、髪に栄養をスムーズに届けることができますよ。

血の流れを良くするためには?

血行不良はストレスや寝不足、たばこなどが大きく関わっています。まずは生活習慣を見直してみること、これが一番大事なことですね。

マッサージやストレッチで、血のめぐりを良くするのも効果的です。

気が付いたときにでも頭皮マッサージや体操を行ってみてください。

白髪染めは頭皮と髪にやさしいものを

白髪の予防を行っていきながらも、今生えている白髪を何とかしなければいけませんね。

そのためには白髪染めが必要不可欠になってきます。ところが白髪染めも、頭皮と髪にやさしいものを選ばなければますます白髪が生えるきっかけをつくってしまいます。

最後に、私がおすすめする“頭皮と髪にやさしい”白髪染めを紹介したいと思います。

手先に自信がある方は【ヘアマニキュア】

ヘアマニキュアは髪の外側のみに色をつけるため、傷みがそこまで目立ちません。

ただヘアマニキュアは、頭皮に付着してしまうとなかなか色落ちしないので、頭皮についてしまわないよう注意する必要があります。

手先に自信がない方は【ヘアカラートリートメント】

手先にあまり自信のない方は、簡単に使えるヘアカラートリートメントがおすすめです。

頭皮にヘアカラートリートメントがついてしまっても比較的簡単に落とすことができます。

しかし、ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアよりも色落ちが早いため、染める頻度が多くなってしまうのが多少のネック。

それでも髪に負担の大きい成分は入っていないので、頻繁に使うことができておすすめですよ♪

まとめ

今までヘアスタイルをあまり気にしてこなかったみなさんにとって、白髪というのは衝撃的な出来事ではないでしょうか。

しかし、この先もながーい付き合いになる白髪。向き合っていくためにはまず原因を理解し、しっかりと予防していくことが大事ですね。

また、白髪は今後のヘアスタイルを意識させる大きなきっかけでもあります。これ以上白髪が増えないためにも、今から頭皮と髪にやさしい白髪染めを使っていきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です