えっ、本当?若白髪が生える場所の違いで病気が分かる!?

まだ20代なのに頭は白髪だらけ。そんな若白髪になる方が多くなっていますね。

でも、その白髪が生える場所によっては、病気がわかることも・・・。

若白髪の原因を確認しながら、白髪の生える場所と病気の関係の真相にってみたいと思います。

また、若白髪改善のきっかけづくりとなるヒントも載せていますので、ぜひ活用してください。

若白髪の原因は何が関係している?

若白髪の原因と言われるものに、遺伝、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがよく言われています。

遺伝は本当なのか・・・。それ以外の原因はいったいどのようなことが黒髪を白髪に変えてしまうのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

遺伝

若白髪の原因で一番に挙げられるのは遺伝ですね。

祖父母や両親が早くに白髪が出始めた場合、その子供も若白髪になる確率が高いと言われています。

2016年3月に英国ロンドン大学(UCL)の遺伝学研究所のアンドレ・ルイス・リナレス教授は、白髪化を促す遺伝子特定の研究発表を出しています。

研究発表は、遺伝子IRF4が白髪への変化の働き、つまり色素を作り出す細胞の生存と維持に関与していることを突き止めたという内容です。

参照:Nature Communications 7, Article number: 10815 (2016)2016年3月1日発表、同大学ニュース頁に同日掲載https://www.ucl.ac.uk/news/news-articles/0316/010316-first-grey-hair-gene-discovered

これで、「若白髪は遺伝する」が科学的に裏付けされる日も近いかもしれません。

もう一つ、遺伝とは言えませんが、家族は同じ食事や同じような生活リズムで暮らしています。

つまり、白髪になりやすい生活習慣を家族全員が送っている、同じような体質を作り上げていることも考えられます。

食生活の乱れ

髪の毛生成には動物・植物両方のたんぱく質、そしてミネラル類も必要です。

そこで、お菓子類、インスタント食品、レトルト食品、出来合いのお惣菜を好みだけで食べていると、栄養が十分でないか栄養が偏ってしまい、上記のような髪の生成と発育に必要な栄養分を摂ることができません。

また、栄養のバランスはとれていても、ダイエットなどで十分な量が体に補給されないと、髪の毛は生命維持に関わる組織や臓器ではないので、栄養は行き渡らなくなります。

結果として、髪の毛を作る毛母細胞や色素細胞は、栄養を血液から十分に受け取れないために働きが衰え、色素作りに欠かせないアミノ酸のチロシンなども不足して、髪に色を付けられなくなります。

睡眠不足

睡眠不足も若白髪を作り出す原因の1つ。

「寝る子は良く育つ」なんて言葉がありますよね。実は寝ている時って成長ホルモンが活発に働く時間なので、睡眠時間が十分に取れている人ほど、良く育つというわけなんです。

このことは髪の毛にも関係しており、毛乳頭の周りにある毛母細胞は毛乳頭から栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返して髪の毛の組織を作り出すのですが、この髪の毛の組織を作れという命令は成長ホルモンが出しています。

そのため、睡眠不足で成長ホルモンが活発に活動できないと髪の毛の成長に悪影響で、若白髪が出やすくなっているんです。

 

 

病気の可能性!?一ヵ所に集中する白髪

白髪がぽつぽつまばらに出るのではなく、まとまって出てくる場合は病気や体の不調の表れかもしれません。

白髪の生えている箇所・疑いのある病気や体に出る症状など

以下に白髪の出る場所と病気を関連付け、表にしてみました。

白髪の生えている箇所

関連器官

疑いのある病気や不調

頭頂部

胃、胃腸

胃潰瘍、十二指腸潰瘍など

胃もたれ、消化不良

頭頂部 右

腎臓

腎機能低下、腎疾患など

むくみ、排尿回数減

頭頂部 左

肝臓

イライラ、うつ

つむじ

心臓、肺

心臓、肺の病気や不調

後頭部(~側頭部)

生殖器

生理トラブル、更年期、精力減退、貧血、不妊、

前頭部

腸、肛門

便秘、下痢、痔、胃もたれ、吹き出物

おでこ  こめかみ

眼精疲労、偏頭痛など

耳の後ろ

聴覚の異常、耳鳴りなど

耳の周り

虫歯、歯槽膿漏

上記の例とはまた別に、白髪に加えてほかのいろいろな症状が出る場合は別の病気も考えられます。

  • 白髪+胃腸の調子が思わしくない、貧血症状がひどい……悪性貧血
  • 束状で出る白髪+体のどこか一部の皮膚の色が薄くなった……尋常性白斑
  • 急に物が見えにくくなる、難聴、そして白髪・脱毛……フォークト・小柳・原田病
  • 寒がり、発汗低下、首の腫れ、声の違和感、全身倦怠感、白髪……甲状腺機能低下

先程の表を見ると、頭のそれぞれの部位と各臓器は関連していますね。

実際目を酷使した後、こめかみが凝っていると感じる方は多いでしょう。

このように関連している箇所に白髪が集中して出る場合は、体からの不調を知らせるサインといえますね。

また、白髪に加えて別の症状も自覚できるときは病気の可能性も高いので、一度受診してみましょう。

生活習慣の乱れで生える若白髪と何が違うの?

遺伝・食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスといった生活習慣の乱れで出る若白髪は、これらが原因で、髪の毛を作る毛母細胞や色を付ける色素細胞の機能が低下し、色のない髪の毛が生えてきます。

逆に言えば、生活習慣を改善すれば各細胞の機能を向上させることは可能です。

【今からできる】若白髪を改善するために行いたい3つの行動

 

若白髪を改善したいのであれば、次の3ステップを確認し、実行してみてください。そうすることで若白髪の改善に効果が望めますよ。

十分な睡眠時間をとろう

睡眠不足は先ほどもご紹介した通り、髪の毛にとって良くありません。

髪の毛は寝ている時間に作られるので、睡眠時間が短い人は今日から寝る時間を早くするといいでしょう。

頭皮のマッサージで血行を良くする

血行が悪いと髪に届く栄養も不足しがち。そこでおすすめなのが頭皮マッサージです。

指の腹を使い、頭皮を揉んであげましょう。そうすることで頭皮の血行が良くなり、髪に届く栄養も増えます。

紫外線対策で帽子をかぶる

髪の毛は紫外線を浴びることで、色素を作る細胞のDNAが損傷してしまい、若白髪の原因となることがあります。

逆に言えば紫外線を浴びなければ色素を作る細胞にダメージが入らないので若白髪になりにくいということ。

出かける時には帽子をかぶるようにすれば、髪の毛への紫外線を防ぐことができます。

まとめ

若白髪と、病気が原因で出る白髪とは根本的に異なります。ですが、生活習慣の乱れは体の不調も引き起こします。

若白髪が出た、これは自分の体調管理に注意してね、という身体からのサインですので、生活習慣の見直しをしてみましょう。

習慣を変えていくのは大変ですが、1週間ペースでトライしていくと半年後あたりに結果が出てくるはずですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です