初心者におすすめの白髪染めはこれ!自宅で簡単にできる白髪染め

「この頃白髪がちらほら顔を出し始めた」
「ちょっと目立つようになった気がする」
「やっぱり白髪染めをしようかな」

と思っている方は多いことでしょう。

そんなときに迷ってしまうのが“どの白髪染めを使ったら良いか”ではないでしょうか?

そこで悩める白髪染めビギナーさんの為に白髪染めの種類や、どんなふうに頭髪が染まるのか、またヘアカラーをいろいろ比較し、自宅で簡単にできる白髪染めをご紹介していきます!

白髪染めの種類とおすすめ

白髪染め初心者さん、白髪染めはたくさんありますよね。ですが分けられる種類は3つ、その基本を勉強しておきましょう。

白髪染めは使われている成分の効果・効能で分けられる

下の表をまず見てみましょう。

医薬部外用品

永久染毛剤

白髪染め、ヘアカラー、おしゃれ染め

オハグロ式

化粧品

半永久染毛料

カラーマニキュア

ヘアカラートリートメント、カラーシャンプー

一時染毛料

ヘアマスカラ、カラースプレー、カラースティック

 

表の左側、染毛剤(医薬部外品)、染毛料(化粧品)の二つのカテゴリーがありますね。

これはその効果や効能のレベルで分かれます。つまりどういうことかというと、医薬部外品の染毛剤は一回でしっかり染まる、化粧品の染毛料は時間がかかるということです。

例えば、染毛剤の白髪染めは、化粧品のヘアカラートリートメントよりしっかり染まるけれど、副作用(かゆみ、湿疹、腫れなど)が出る可能性もヘアカラートリートメントよりさらに高いわけです。

また、白髪染めの色もちは2ヶ月以上ですが、ヘアマニキュアやカラートリートメントは数日から数週。一次染毛料のカラースプレーやヘアマスカラは次の洗髪までなので、効果の持続が違います。

毛髪に色を付ける仕事は化学物質

それでは次に、どんな風に染めるのかを見ていきましょう。

髪の内部へ染毛料を入れる

酸化染毛剤(ジアミン系)

白髪染め

非酸化染毛剤(ジアミンフリー)

オハグロ式

毛の表面に近い部分だけ染毛

タール系色素

カラーマニキュア

酸性染料

ヘアカラートリートメント、カラーシャンプー

毛の表面に染料を付着

着色剤

ヘアマスカラ、カラースプレー、カラースティック

染毛方法は上の表のように3通りありますね。それぞれに色の付け方を見ていきましょう。

髪の内部へ染毛料を入れる

髪の毛の内部にしっかり染毛料を入れようとすれば、発色剤、修正材、着色剤などのジアミンに代表される化学物質がたくさん必要になります。

こういった化学物質は漂白剤や洗剤にも含まれるので、アレルギーやかぶれの原因になりやすく髪質を悪くしやすいです。ジアミンフリーのオハグロ式は全く別の染毛剤を使うのでかぶれなどの心配はありません。

毛の表面に近い部分だけ染毛

毛の表面に色をつけるカラーマニキュアは、タール系の色素使用で、これもアレルギー物質のひとつです。

一方ヘアカラートリートメントなどは、マニキュアタイプとまた違う染料を使っています。

髪をトリートメントしながら色を毛髪内部の表面に近いに部分に付けるので、毛髪や頭皮へのダメージが少なく、かぶれも起きにくい毛染めです。

毛の表面に染料を付着

ヘアマスカラに代表される一時染毛料は、一時的に髪の毛の表面に着色剤で色をつけます。

一番アレルギーやかぶれを起こしにくい染毛剤ですが、シャンプーで落ちてしまいます。

ヘアカラーいろいろ比較対決

ひと目で各白髪染めの特徴をつかめるよう表にしてみました。

 

染毛剤

染毛料

比較対決項目

白髪染め

オハグロ式

ヘアマニキュア

ヘアカラートリートメント

ヘアマスカラ

かぶれにくさ

×

色もち日数

2~3ヶ月

1~2ヶ月

2~3週間

10日ほど

次の洗髪まで

色の種類

2~7色

2色

2~5色

2~4色

2~5色

染まる髪の毛

頭髪全体

白髪部分

白髪部分

白髪部分

白髪部分

生え際目立ち具合

×

×

×

簡単度

×

染まるまでの時間

10~30分

1.5時間

15分

10分~

塗ってすぐ

皮膚についた染毛料落しやすさ

×

×

×

染める場所の汚れ度

要注意

要注意

要注意

臭い

×

×

対象の商品によっては表の通りではありませんので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

詳しくチェックしたいそれぞれの特徴

大まかに白髪染めの特徴をチェックしたしたところで、項目ごとに詳しく比較していきたいと思います。

かぶれにくさ

白髪染めはジアミン系薬剤のせいで、皮膚にダメージが大きいです。

マニキュアタイプもアレルギー物質のタール色素が入っているので、地肌につかないよう注意が必要となっています。

肌の弱い方・アレルギー体質の方、髪を傷めたくない方はオハグロ式やヘアカラートリートメント、ヘアマスカラを選ぶのがよいでしょう。

色もち日数

色もちは、白髪染めが一番。永久染毛と言われるだけに、染めた部分はほとんど退色しません。オハグロ式も同じような感じです。

逆にマニキュアタイプは2~3週間ほどで剥げてきますし、トリートメントタイプも色が定着した後1週間程度で、シャンプーする度に色は落ちていきます。

色の種類

白髪染めは一般に7種類~10種類の色味があるので、色重視なら白髪染めですね。

対して、ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントは2~4色ほどとカラーバリエーションは少なくなっています。

染まる髪の毛

 白髪染めは白髪だけでなく黒髪部分も染めることが可能なので、髪の毛全体を均一に染めることができます。

一方カラートリートメントやヘアマニキュアは、白髪だけが染まり、黒髪部分は見た目にほぼ表れません。

ヘアカラースプレーは髪全体ですが、白髪隠しが目的なので白髪だけを染める感覚です。

生え際の目立ち方

トリートメントタイプは、生え際の白髪が一番目立ちません。マニキュアタイプや、他の白髪染めは染めた後1週間目くらいから目につくようになります。

生え際の白髪の目立ちを避けたいなら、ヘアカラートリートメントがいいでしょう。

簡単度

なるべく簡単がいい、という方にはヘアカラートリートメント・ヘアカラーシャンプーがお手軽でおすすめです。

逆に手間がかかるのはオハグロ式。2剤を時間差で塗る必要があるため少々面倒臭くなっています。

染まるまでの時間

これは、ヘアカラートリートメントが髪に塗る時間も5分弱、放置して10分なので一番楽。白髪染めは、塗る時間が15~20分、放置10~30分(商品で異なる)ですね。

マニキュアタイプも塗る時間15~20分で放置は15分くらいです。オハグロ式は塗って放置の時間をあわせると約2時間とかなりな手間です。

皮膚についた染毛料を落とす

皮膚や爪ついてもすぐ落とせるのはヘアカラートリートメント。

ヘアマニキュア、白髪染めは皮膚に付着すると2~3日はとれませんし、爪に関しては毎日洗っても数日黒いまま残ります。

染める場所や汚れ度

ヘアカラートリートメントはお風呂に入るときに利用することができます。タイルなどについても問題ありません、洗えばすぐに落ちます。

注意が必要なのはヘアマニキュアと白髪染めで、床、タイルの目地などにつくと落とすのに一苦労です。

臭い

白髪染めは商品によってツンとする臭いがあります。締め切った室内では薬品の蒸発で咳が出たりする方も。

オハグロ式は硫黄のような臭いがあり、染毛して数日間は魚のような生臭さが残ります。

ヘアマニキュアはあまり臭いがありません。ヘアカラートリートメントは嫌な臭いや刺激臭もなく、良い香りがします。

【結論】白髪染め初心者におすすめなのはヘアカラートリートメント

各白髪染めの特徴をご紹介しましたが、結論から言って白髪染め初心者さんには『ヘアカラートリートメント』が使いやすくおすすめです。

ヘアカラートリートメントの色持ちは10日ほどしかありませんが、お風呂のたびに染めることができるので実質色落ちは気になりません。

また、かぶれ等の肌トラブルも起きにくく生え際の白髪も目立ちにくいことから、使い勝手は白髪染めの中でも1番良いといっていいでしょう。

そのため、白髪染め選びに困ったらヘアカラートリートメントを選べば間違いなしです!

まとめ

 

白髪染めの種類は使われる薬剤の強さで分かれ、色もちがよければそれだけ頭皮、頭髪へのダメージも大きくなることがわかりましたね。

白髪染めはこの先長く付き合うことになりますから、初心者さんが自宅で簡単にできる白髪染めの方法は、お手軽でありながら自分の身体を傷めないものを選ぶようにしましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です