生理、妊娠中の白髪染めはダメ?ルプルプは?女性の悩める疑問にお答えします

ルプルプ LPLP 生理

「白髪染めは生理中や妊娠中に使うな!」

って、言われたことや聞いたことはありませんか?これを聞いて今まで生理、妊娠中の白髪染めを我慢していた方もいるでしょう。

特別な時期とは言え、女性にとってオシャレが出来ないのはツライですよね。そこで本当に生理、妊娠中に白髪染めをしたら、いけないのか調べてみました。

またあの人気商品ルプルプについても書かれているのでご期待ください。

本当に生理や妊娠中の白髪染めはダメなの?

ルプルプ LPLP 生理

「生理、妊娠中に白髪染めを使っていいの?」という疑問の答えですが、「出来れば使わない方がいい」というのが私の答えです。

やはり使ってはいけないという噂が出るからには理由があります。それは生理中や妊娠中の方はホルモンバランスが乱れているからというのがことの真相です。

ではホルモンバランスの乱れでどんな問題が引き起こされるのでしょうか。

頭皮がかぶれる

ホルモンバランスの乱れは肌を敏感にさせます。それにより白髪染めカラートリートメントが持つ染料成分が刺激になり、頭皮がかぶれたり、かゆみが出たりします。

ですからいつもは白髪染めをしても問題ないという人でも、生理、妊娠中に染めたら頭皮がかぶれたという人もいるんです。

体調が悪くなるケースも

生理中や妊娠中は肌だけでなく、臭いにも敏感になり、それが原因で気分が悪くなるケースもあります。

特に白髪染めは鼻にツンと来る独特な臭いがする商品が多いですから、生理中はいつも以上に白髪染めの臭いが不快に感じる可能性があるんです。

髪がうまく染まらない

一見、ホルモンバランスの乱れと無関係に思えますが、これが大いに関係あります。というのはホルモンバランスの乱れは髪の栄養状態も悪くするのです。

髪に栄養が行きわたっていないと、髪1本1本の状態にばらつきが生まれて染まり具合もいつものようにいきません。

ですから生理や妊娠中に髪を染めると「あれ、なんだかいつもと色の具合が違うなぁ。」と感じるわけです。

ルプルプ(白髪染めカラートリートメント)の成分を見てみる

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

白髪染めはやはり生理中の方や妊婦さんにあまり好ましくないとわかりました。そこで一つの疑問。

「頭皮や髪に優しいと謳(うた)っているルプルプはどうなのか?」

その答えを知るために成分から確かめてみました。

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,833円

【通常価格】3,000円

【送料】送料別

刺激の少ない染料成分

白髪染めが頭皮に刺激を与える原因は主に染料成分にあります。染料成分に含まれる物質が化学反応を起こすことで頭皮に刺激を与えてヒリヒリしたり、髪を傷めたりする原因になるんです。

そこでルプルプの染料成分を見てみると、主に以下の3つが含まれていました。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

これら3つの成分を調べた結果、3つとも化学反応を起こさずに頭皮や髪への刺激を極力抑えた成分だとわかりました。

これこそルプルプが頭皮や髪に優しいと言われている要因です。またルプルプには動物染料が使われてなく、すべて天然色素である植物染料が使われていて徹底的に低刺激成分の使用を心がけています。

ジアミンが一切、含まれていない

白髪染め染料成分の中でも特に有害とされる成分が「ジアミン」になります。ジアミンはドラッグストアに売っている多くの白髪染めに含まれている成分なのですが、ルプルプには一切使用されていないので安心です。

そもそもジアミンとは何かというと、色を付けやすい高い染料力が特長の成分で、反面アレルギー反応を起こしやすいという怖い特徴があります。

ですから、ホルモンの乱れで肌が敏感になっている生理中の方や妊婦さんは絶対に避けて欲しい成分なんです。

フコイダンで美しい髪に

ルプルプWフコイダン

ルプルプが安全にとても配慮した白髪染めだとわかりましたが、さらにルプルプには女性に嬉しい特徴があります。

それは、髪を艶のあるスベスベな状態に変身させる美髪効果です。これはルプルプのトリートメント成分に含まれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」のおかげになります。

フコイダンとはわかりやすく言うとワカメの表面に表れるヌルヌルのことです。あのヌルヌルはフコイダンの高い保水効果によるもので、これがトリートメント成分となることで髪に水分を与え、潤いある髪に変身させるのです。

生理や妊娠中の方にはルプルプがおすすめ

成分から見てルプルプは他の白髪染めに比べ、とっても安全に作られているとわかりました。

しかも成分の他にも、ルプルプは生理中の方や妊婦さんでも安心して使用できる理由があるんです。

それをこれからご紹介しましょう。

トリートメントタイプだから生理、妊娠中でも大丈夫

ルプルプ 使い方 1

白髪染めは1剤と2剤を混ぜ合わせて髪を染めるタイプがあります。これはつまり化学反応を引き起こして髪に色を付けるやり方なので、頭皮や髪に優しいとは言えません。

一方、ルプルプのようなトリートメントタイプの白髪染めは成分紹介でも述べたように、化学反応を起こさずに髪を染めるので生理中の方でも安心なのです。

またルプルプは天然由来の白髪染めなので、より安全にお使いいただけます。

アレルギー・パッチテストで安全確認済み

ルプルプ LPLP パッチテスト

ルプルプではすべての商品でアレルギー・パッチテストを行っているので、安全にはとても気を配っています。

ただ、それでもすべての人が絶対アレルギー反応を起こさないとは言えません。ですから初めてルプルプをご利用される方は必ずご自分でもパッチテストを行ってからルプルプを使用するようにしましょう。

ルプルプはツンと来る臭いがなく、爽やかな香りがする

生理中や妊娠中は臭いにも敏感で、白髪染めの独特な臭いで体調を崩す可能性があるとお伝えしました。

しかしルプルプではツンとした嫌な臭いがなく、逆にラベンダーや柑橘系の爽やかな香りがします。

これはルプルプに配合されている天然精油の香りで、「ラベンダー」、「オレンジ」、「ローズマリー」の爽やかな香りが嫌な臭いを消してくれるからなんです。

ですから生理中で臭いに敏感になっている方でも、気分を害することなく落ち着いた気持ちで髪を染められます。

生理後、2週間以内ならより安心

生理中の方でもルプルプなら基本的に問題なくご使用いただけますが、より万全を期すなら整理後2週間以内がいいでしょう。

というのも生理によって崩れたホルモンバランスが、再びバランスを取り戻すのはだいたい10日から2週間とされているからです。

ですからこの期間の間に、白髪染めを行うと頭皮や髪にダメージを負うリスクはグッと減らせます。

まとめ

生理、妊娠中の方は何かと辛い時期だと思います。しかしそんなときだからこそ、少しでも気分が和らぐように白髪染めカラートリートメントでオシャレしてみてはいかがでしょうか?

今まで生理、妊娠中だから絶対に白髪染めは出来ないと思っていた人も、ルプルプのような頭皮や髪に優しい商品なら安全に、お好きな色に髪を染められるんです。

晴れやかな気持ちで辛い時期を乗り切りましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です