ルプルプとパーマ/縮毛矯正の相性は?順番を間違えるとあなたの髪が大変なことに!

ルプルプ LPLP 縮毛矯正 パーマ

悩んでいた白髪もルプルプで目立たなくなったし、今度はパーマ(縮毛矯正)でもしてオシャレしようかな。

あれ?でもちょっと待った。ルプルプで染めた髪にパーマ(縮毛矯正)してもいいの?

・・・と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。それはたぶん美容院でパーマ(縮毛矯正)をすると変な液体を塗られるので、それでせっかく綺麗に染まった髪が変になるんじゃないかと思っているからですよね。

ズバリその読み当たってます。ではルプルプとパーマ(縮毛矯正)が一緒になるとどうなるのか紹介しましょう。

ルプルプ(白髪染め)とパーマ(縮毛矯正)の相性

ルプルプ

ルプルプ LPLP

2週間

パーマ/縮毛矯正

ルプルプ LPLP パーマ 縮毛矯正

1週間

ルプルプ

ルプルプ LPLP

まず手っ取り早くルプルプに白髪染めとパーマ(縮毛矯正)のタイミングを聞いてみました。

結果、「パーマや縮毛はルプルプ仕様の1週間前後が好ましい」とのことです。

あ、1週間でいいのか、と鵜呑みにするほど私は甘くないのである。

今度は実際にルプルプで染めた後にパーマや縮毛をかけた人や、逆にパーマ・縮毛の後にルプルプで染めた人に髪がどうなったか、どれくらい間を空けたかを聞きました。

ルプルプで染めた髪はパーマ/縮毛矯正で変色する

ルプルプ LPLP パーマ

間を空けずにルプルプ→パーマ/縮毛矯正をすると、髪がなんと緑色になるそうです。

まぁ、綺麗!なんて話じゃない。

やはりどうやらルプルプの成分とパーマ液が良からぬ化学反応をするようです。

ではどのくらい染めてからパーマ・縮毛までの間を空ければいいかというと、大体2週間ほどがいいでしょう。

公式への問い合わせでは1週間前後と回答されましたが、私は2週間空けることをおすすめします。

パーマ/縮毛矯正した髪はルプルプ(白髪染め)で元に戻る

ルプルプ LPLP パーマ

次にパーマや縮毛矯正した後にルプルプを使用したケースですが、せっかく整えた髪が元のクセに戻ってしまうようです。

せっかく美容院でお金をかけて作った髪が、元に戻ってしまったらショックですよね。

こうならないためにもパーマや縮毛をかけた場合は1週間ほど日を空けてからルプルプで染めたほうがいいでしょう。

ルプルプとパーマ・縮毛矯正のベストな順番

これまでわかったことからルプルプで髪を染めつつも、パーマや強制縮毛もしたいという人のためにベストな順番とタイミングを教えます。

絶対にパーマ・縮毛矯正してからルプルプ(白髪染め)

まずルプルプでの白髪染めとパーマ・縮毛の順番ですが、これは絶対に「パーマ・縮毛→白髪染め」がベストです。

2週間、日を空けてからパーマ・縮毛をかけると大丈夫とお伝えしましたが、あくまで目安なので、もし実際パーマ・縮毛をかけて失敗して変色などしたら修正することが出来ません。

逆にパーマ・縮毛をかけてからのルプルプでの白髪染めなら、1週間あければ失敗したとしても少し髪にクセが戻る程度で済みます。緑色の髪で外を歩くよりずっといいはず。

だから髪を染めつつ、パーマ・縮毛をかけたいなら先にパーマ・縮毛をしてから1週間後にルプルプを使いましょう。

パーマ/縮毛矯正の前にルプルプで染めてしまったら?

既にルプルプで髪を染めてしまっている人は、前述している通り最低でも2週間、日を空けてから美容室でパーマ・縮毛をかけるようにしましょう。

出来れば3週間欲しいですが、それだけ間を空けると染めた髪が色落ちして恥ずかしい見た目になってしまうので2週間でも大丈夫です。

ただしその場合は美容室の人に事前にルプルプで髪を染めていることを伝えましょう。それなりの対処をしてくれるはずです。

その方がパーマ・縮毛が仕上がるまで髪が変色しないかドキドキしながら待たなくて済みます。

白髪染めしながらパーマ/縮毛矯正するならルプルプがベスト

ルプルプWフコイダン

基本的には白髪染めとパーマ・縮毛はこれまで紹介したように相性が良くないのですが、どうしてもパーマ・縮毛をしつつも自宅で白髪染めをしたいという方にはルプルプがベストな商品となります。

というのもルプルプにはトリートメント効果もあるため、パーマや縮毛で傷んだ髪もケアすることが出来るからです。

特にルプルプのトリートメントにはガゴメ昆布エキス「フコイダン」という成分が含まれています。

フコイダンは昆布やワカメのネバネバに含まれる天然成分で、高い保水効果によって髪に潤いを与えて、傷んだ髪をツヤツヤにしてくれるのです。

ルプルプってどんな白髪染め?

ルプルプ LPLP

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,833円

【通常価格】3,000円

【送料】送料別

最後にパーマや縮毛矯正をかけていて、ルプルプを使ってみたいと思った方のためにルプルプの特徴を紹介します。

安全な染料成分が使われている

白髪染めの中には頭皮にかぶれや痒みを引き起こす危険な染料成分が使われている商品があります。

しかしルプルプにはそのような成分は含まれていなく、頭皮や髪に優しい成分で作られています。

ルプルプに含まれる主な3つの成分は以下の通り。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

これら3つの成分は化学反応を起こさないため、頭皮や髪に優しい染料になります。またルプルプにはアレルギー反応を引き起こしやすいジアミンが含まれていないのも安全性を示す特徴です。

天然精油からくる爽やかな香り

ルプルプは一般の白髪染めによくあるツンとした刺激臭がしません。逆に天然精油が配合されていることで爽やかなラベンダーや柑橘系のいい香りがするのです。

この香りが気に入ってルプルプを購入される方も多く、ニオイに敏感でいつも白髪染めの最中に気分が悪くなるという方は一度ルプルプを試してみてはいかがでしょうか。

カラーバリエーションが豊富

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 モカブラウン

ルプルプには4種類のカラーが用意されていて、明るさや赤み度によって様々な人の好みや見た目に合わせてお選びいただけます。

明るい色が好きな方であれば、一番明るく赤みがかった「ブラウン」、黒髪の方であれば自然な日本人に合った黒の「ソフトブラック」、程よい明るさの茶系がお好きな方は「モカブラウン」がおすすめです。

ちなみに私はモカブラウンを使っていて、4種類の中でも人気カラーになります。

まとめ

今まで白髪染めをしているけど怖くてパーマや縮毛がかけられなかった人や、パーマや縮毛をしているせいで白髪染めが出来なかった人はこれで今日から安心してお好きな髪にオシャレ出来ますよ。

またご自分で白髪染めをするならルプルプをおすすめします。パーマや縮毛の髪にはダメージをいたわったトリートメント配合の白髪染めである必要があり、その中でルプルプは最適なのです。

これからは白髪のないオシャレな髪で毎日を楽しく過ごしましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です