ルプルプなら茶髪にすることも出来る!?白髪染めでオシャレな髪が手に入る

ルプルプ LPLP 茶髪

白髪が目立ってきて、もう今までのオシャレ染めじゃ髪を染められない!

でも、白髪染めじゃ明るい茶髪にすることが出来ない・・・と、お悩みの方いませんか?

実は白髪染めでも、オシャレな茶髪にすることが出来る商品があります。

それが「ルプルプ」です。

ルプルプには赤味が加わった茶系のカラーがあるので、白髪染めでもオシャレな茶髪にすることが出来ます。

そこであなたの髪に合わせたおすすめのルプルプのカラーを今回、紹介しましょう。

ルプルプのカラーバリエーションは4種類

ルプルプ LPLP 色 色選び 色見本 モカブラウン
ルプルプのカラーバリエーションは全部で4種類あります。この4種類のカラーは明るさと赤味度によって色分けされているんです。

明るいほど赤味も比例して感じるようになり、より鮮やかな茶髪となります。

ではカラーごとに詳しい色合いを見ていきましょう。

ソフトブラック

ソフトブラック 

真っ黒になり過ぎない、茶色がかったブラック

ソフトブラックは4種類の中で一番暗く黒系のカラーになります。茶髪にしようとしているのであれば避けたほうがいい色です。

逆に地毛が黒髪で、染めた後も色を付けたくないという人にはおすすめのカラーになります。

白髪染めで黒染めすると不自然な黒になってしまうことがあるのですが、ルプルプのソフトブラックは自然な黒髪に仕上がるので安心です。

ですから茶髪でなく、黒髪に染めたい人にもルプルプはおすすめの白髪染めになります。

モカブラウン

 モカブラウン

自然なブラウン

モカブラウンはソフトブラックの次に暗い色になります。茶髪を考えている人ならブラウンという文字を見て「この色もいいなぁ。」と思ってしまわれるでしょうが、私はおすすめしません。

というのもブラウンと言っても、実はこの色かなり黒よりのカラーだからです。ソフトブラックよりは色が付いている感じはしますが、茶髪かどうかと言われたらほぼ黒髪でしょう。

ですからモカブラウンは、真っ黒よりはちょっと色が付いて、かつ落ち着いたカラーを好まれる方におすすめです。

ダークブラウン

 ダークブラウン

赤みのある、落ち着いたブラウン

茶髪を望まれる方はこの色から検討されるといいでしょう。ダークブラウンは名前だけ見たら、モカブラウンより暗い印象を受けますが、モカブラウンよりずっと明るく茶系のカラーになります。

そもそもカラーの名称ってメーカーさんによって異なるので、消費者が自分でどのような色か判断しなければならないんです。

困ったものですよね。いつも名称を統一して欲しいと思っているのですが、その願いは未だ届かないのでせめてルプルプの色の感じだけでも私が皆さんにお伝えしたいと思います。

ちょっと話がそれましたが、ダークブラウンの詳しい色の特徴は後ほど紹介しましょう。

ブラウン

 ブラウン

赤みのある、やや明るめのブラウン

ブラウンはルプルプのカラーの中で一番明るく、一番赤味のある色になります。ただ明るすぎて人によっては合わない場合があるので、注意が必要です。

ルプルプの茶髪カラーはブラウンとダークブラウンの2種類

ルプルプに用意されている茶髪カラーは主に「ブラウン」と「ダークブラウン」の2色ですが、人によって合う、合わないがあります。

というのもルプルプはあくまでヘアマニキュアタイプの白髪染めなので、ブリーチによって脱色してから色を染めるタイプではありません。

つまり白髪部分と地毛の黒髪部分で色の付く具合が変わるので、あなたの白髪の割合に応じたカラーを選ばなければならないのです。

白髪率70%以上の人はブラウン、ダークブラウン

ルプルプ 使用イメージ ブラウン

髪のほとんどが白髪の人はほぼ均一に染めた色になるので、ブラウンとダークブラウンのどちらでも好みで選択可能です。

ブラウンを選んだ場合、頭部全体が白髪であればかなり明るめに仕上がります。これでもし明るすぎると感じた場合は色をまた重ねることで、どんどん暗く出来るので、調整も可能です。

続いてダークブラウンですが、ほとんどの人は初めブラウンと買い間違えたのかな?と思うくらい赤味のある茶系になります。他社メーカーで言えば普通のブラウンくらいの色合いです。

白髪率50%以下の人はダークブラウン

地毛より白髪のほうが少ない人はダークブラウンがおすすめです。というのも白髪率50%以下の人がルプルプのブラウンで染めると、白髪部分だけ明るい茶髪になり黒髪部分はそのまま暗い見た目のままになります。

このように元が白髪部分と地毛部分で色のばらつきが出るので、白髪率50%以下の人は少しだけ暗めの茶髪ダークブラウンがベストです。

それでもまだ地毛と染めた部分とで色合いの差があるようでしたら重ね塗りで少しずつ地毛に合わせて暗くしていきましょう。

黒髪の人が茶髪に染めるのは難しい

白髪率50%以下の方はダークブラウンがいいと勧めましたが、本当に白髪が生え初めの方にはルプルプで茶髪に染めることはおすすめ出来ません。

前述で白髪部分と地毛の黒髪部分で染め上がりに差が出ると述べた通り、あまりに白髪部分が少ないとルプルプで茶系に染めた際に白髪部分だけ光って見えるのです。

こうなると余計に白髪が目立つようになるので、茶髪に染めるよりだったらソフトブラックのような黒系で染めるほうがいいでしょう。

ちなみに黒髪を白髪染めで明るくすることは不可能で、いくらルプルプで染色しても元の黒髪の色が勝ってしまい、見た目は黒のままなのです。

ルプルプの成分から見える特徴

ルプルプヘアカラートリートメント 白髪染め

染料

塩基性染料

HC染料

植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

トリートメント成分

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

価格

【キャンペーン価格】1,834円

【通常価格】3,000円

【送料】送料別

最後にルプルプがどんな商品なのか成分からその効果を見ていきます。白髪染めで茶髪に染めようとお考えの人にルプルプは本当におすすめです。

安全な染料成分が使われている

ルプルプは安全性にこだわっていて、染料成分に危険な成分は含まれていません。ルプルプに含まれる主な染料成分は以下の通りです。

  • 塩基性染料:イオン結合で髪表面に色素が付着する
  • HC染料:ナノ分子の色素が髪のキューティクルの隙間から内部に浸透する
  • 植物染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉):天然の色素で低刺激

ルプルプの染料は化学反応を起こさない成分で構成されていて、頭皮や髪にダメージを与えずに優しく髪を染めます。

トリートメント効果が高い

ルプルプWフコイダン

ルプルプはトリートメント効果も高いことで有名で、トリートメント成分に含まれるガゴメ昆布「フコイダン」の保水効果によって髪に潤いを与えて、艶のある髪質にしてくれます。

ですから今までオシャレ染めによるブリーチで髪が痛んでいても、ルプルプならダメージケアをしてくれるのです。

ツンとした嫌なニオイがない

白髪染めのツンとした鼻につくニオイが嫌だという人はたくさんいますよね。しかしルプルプではそのようなことはなく、むしろラベンダーのようないい香りがします。

これはルプルプに配合されている天然精油によるもので、柑橘系やラベンダーの香りが含まれているからです。

 

ルプルプは髪や頭皮にやさしくトリートメント効果がありますから、染めた後の髪の状態がすごいキレイになるんですよ。

白髪染めでオシャレに茶髪にしたい方はぜひルプルプをお試しください!今なら通常価格から1000円引きのキャンペーンがありますよ。

まとめ

白髪があるからと言って、もう茶髪のようなオシャレな髪に出来ないと諦めていた人もルプルプなら再びオシャレな髪を取り戻すことが出来ます。

ただそれにはご自分に合ったカラーをうまく選ぶ必要があり、選択を間違えると余計に白髪が目立ってしまうのです。

こうならないためにも、白髪の割合が地毛より少ないのであれば暗めのダークブラウン、ほとんど白髪が多めならばブラウンやダークブラウンというふうに白髪と地毛がうまくマッチするような茶系色を選ぶといいですよ。

これであなたもオシャレな髪を取り戻しましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です