30代の白髪、そろそろヘアカラーで隠すのは卒業しませんか?

ここ最近白髪が増えてきてお困りのみなさん、またいつものようにヘアカラーを買いに行こうとしていませんか?その行動、ちょっと待った!

実は今使っているヘアカラーで、白髪は完璧に隠せないということをご存知でしょうか。

また、ヘアカラーを使い続けると、髪や頭皮にどんな影響を与えるか理解していますか。

今回はこれから白髪染めをするにはどんなカラー剤を使えばいいのか、詳しく解説していきたいと思います!

ヘアカラーと白髪染めは何が違うの?

30代のみなさんの中には、白髪染めってなんだか悪い響きに聞こえる方もいらっしゃると思います。しかし白髪染めは、みなさんが今まで使ってきたヘアカラーの仲間なんですよ。何が違うのかというとズバリ“色のつくり”。

黒髪用と白髪用のヘアカラーは、それぞれの髪に適した色の配合をしています。

それでは今まで使ってきた【黒髪用ヘアカラー】と、この先使う予定の【白髪用ヘアカラー】、どちらが優れているのか比べてみましょう!

白髪の染まり具合対決

染まり具合の対決は圧倒的に白髪用ヘアカラーの勝ちですね。だって白髪用に作られているんですから。そりゃそうですよね。

前述の通り、黒髪用ヘアカラーは黒髪や黒髪を染めた髪に合わせて色が配合されています。

そのため、白髪に使っても不自然な色になってしまったり、あるいは黒髪のみが染まってしまったりするのです。

髪へのやさしさ対決

こちらはヘアカラーが勝ちですね。なぜかというと、白髪は黒髪よりも色が入りにくいため。

ですから白髪用ヘアカラーは、カラーを髪の内側に浸透させる力が少し強めにつくられています。

その分、黒髪用ヘアカラーより傷みやすいってわけです。

色のバリエーション対決

こちらもヘアカラーの勝利です。ひと昔前まで白髪用ヘアカラーは、髪を真っ黒に染めるものしかありませんでした。

しかしここ最近は薬剤の開発もあって、色のバリエーションもかなり増えたんですよね。とは言えど、やはり白髪用ヘアカラーは色の明るさに限界があるよう。

従って、黒髪用ヘアカラーのカラーバリエーションにはまだまだ追いつけていないみたいです。

結局どっちがいいの?

これまでの対決結果をまとめてみました。

 

黒髪用ヘアカラー

白髪用ヘアカラー

白髪の染まり具合

LOSE

WIN

髪へのやさしさ

WIN

LOSE

色のバリエーション

WIN

LOSE

このまとめを見てみると、なんだか今まで使ってきたヘアカラーの方が良いのでは?と思いますよね。

確かにこの結果を見ると、あまり白髪用のヘアカラーに魅力を感じないのも納得です。

ヘアカラーの恐ろしさ、あなたは理解している?

このまま黒髪用ヘアカラーを使い続けるつもりのみなさん、どうかあと少しだけお話を聞いてください。

今まで使い続けてきたヘアカラー、みなさんは気にしたことないと思いますが、実はとんでもなく恐ろしい成分が含まれているんですよ。

かぶれの原因代表 ジアミン系薬剤

黒髪用・白髪用、どちらのヘアカラーにも入っているアレルギー成分、“ジアミン系”薬剤の存在を聞いたことはあるでしょうか。

この成分は痒みやいたみ、赤みなどの、いわゆるかぶれ症状を引き起こすことがあります。一度かぶれを起こしてしまうと最後、この先黒髪用だろうと白髪用だろうと、二度とヘアカラーは使えなくなってしまいます。

 

色素クラッシャー 過酸化水素水

ヘアカラーは髪の内部にある【メラニン色素】を破壊して、色を浸透させます。この色素を破壊する役割を担っているのが過酸化水素水です。

過酸化水素水は強い殺菌力と脱色力を持っているため、洗剤や漂白剤などの身近なものにも使われています。そんな成分を髪や頭皮につけているって考えるとゾッとしませんか?

さらなる名脇役 アルカリ剤

アルカリ剤はph調節剤とも呼ばれ、明るい髪色にするカラー剤によく含まれています。

髪の毛の外側を覆うキューティクルをこじ開ける仕事と、過酸化水素水の力を強める仕事。2つの仕事をこなすヘアカラーの名脇役です。

ところが、このアルカリ剤も危険成分の一種。髪に残るとパサパサの傷んだ神になってしまいます。さらに、頭皮にもダメージを与えてしまう恐ろしい成分です。

 

いかがでしたか。これでもまだ、ヘアカラーを使っていきたいと思いますか?

ヘアカラー以外の白髪染めはないの?

ヘアカラーに含まれる成分を簡単にお話しました。

「だったら他に何か白髪を染めるものはないの?」

安心してください。ちゃんとありますよ。ヘアカラーより安全な白髪染めで、私がオススメしたいのがこの2つ。

  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント

では、どんなカラー剤なのか、見ていきましょう。

最初に出てきた救世主 ヘアマニキュア

ヘアカラーの次に、白髪を染められると名乗りあげてきたカラー剤がヘアマニキュアです。

みなさんの中には、ヘアマニキュアを使ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヘアマニキュアはヘアカラーと違い髪の外側のみに色をつけるため、白髪を染める目的だけではなく、かぶれやすい人がおしゃれ染めをする目的としても使われています。

21世紀に登場してきたニューカマー ヘアカラートリートメント

2002年4月の化粧品規制緩和により、新たに登場してきた白髪染めがヘアカラートリートメントです。これまでのカラー剤に比べ、非常に髪や頭皮にやさしい白髪染めとして注目されています。

色持ちはヘアカラーやヘアマニキュアより短いですが、この先ずっと白髪染めをしていきたいのであれば、ヘアカラートリートメントを使っていくのが一番良いでしょう。

まとめ

10代~20代にかけてヘアカラーを楽しんでいた30代のみなさん、白髪が気になってきた今こそ、ヘアカラーを卒業する時期ではないでしょうか。

これからは髪全体だけではなく、“白髪を染める”ことも意識していかなければいけません。

この先もカラー剤にお世話になるのであれば、是非髪と頭皮に負担のかからない白髪染めを選んでいきましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です