40代男性に警告!その白髪、いつまで放置するつもりですか?

40代男性のみなさん、今現在、ご自身の見た目年齢はいくつぐらいだと感じていますか?

キラキラ白髪を輝かせながら「俺はマイナス10歳かなぁ」なんて言っているあなたは要注意!その発言に、周りの人たちがドン引きしているかもしれませんよ。

ご自身が感じる見た目年齢に近づくために、今から白髪ケアを始めていきませんか?今回は40代男性におすすめの白髪対策法をお話していきたいと思います!

40代男性の白髪事情

みなさんのように、「見た目年齢が若い」と感じている男性は意外と多いんですよね。

株式会社マンダムの調査によると、40代男性の6割が「見た目年齢が若い」と感じているよう。

出典:http://www.mandom.co.jp/release/2016/src/2016052301.pdf

しかし前述の通り、いくら自分で見た目年齢が若いと思っていても、周りから見ると「年相応、むしろ年年齢以上」の見た目なのかもしれませんよ。

さらにこの調査で、初対面の男性を見るときに推定年齢を判断する要素として、「髪の白髪」が上位でhにランクインしていることがわかりました。

出典:http://www.mandom.co.jp/release/2016/src/2016052301.pdf

このことから、白髪がどれだけ見た目年齢に影響を与えているのかおわかり頂けたでしょうか。

あなたもその白髪をどうにかすればもっと見た目年齢が若くなるはず!というわけで、白髪の対策方法をこれから3つお話していきたいと思います。

対策その① まずは染めて隠すべし!

手っ取り早い方法であれば染めて隠してしまう方法が一番でしょう。しかし、白髪染めってお金もかかるし面倒くさいですよね。

でも、見た目年齢を若くするためにはやむを得ません。頑張っていきましょう。

そんなわけで、今回は少しでもコストを押さえ、面倒くさくない白髪染めをご紹介したいと思います。紹介する白髪染めは以下のもの。

  • 白髪用ヘアカラー(泡タイプ)
  • ヘアカラートリートメント

ではどのような白髪染めなのか見ていきましょう。

白髪用ヘアカラー(泡タイプ)

こちらは一発で染めてしまいたい!という方におすすめの白髪染めです。

使い方も簡単で、2つの薬剤を専用のボトルに入れて混ぜ合わせ、出てきた泡を髪に塗るだけ。

混ぜ合わせる前の薬剤はそれぞれ保管できるので、短髪の方だと何回かに分けて使うことができますよ。

色持ちはおよそ2~3カ月ぐらいなので、1回染めたらあとはしばらく何もしなくてOK。値段も600円~1000円程。お手頃価格ですね。

アレルギーが発症する危険性もある

ヘアカラーは手軽でラクチンな白髪染めですが、中に含まれる成分、パラフェニレンジアミン・パラトルレンジアミンなどの“ジアミン”系薬剤でアレルギーを引き起こす可能性もあります。

この成分は髪をしっかりと染めるために必要なものなのですが、一度アレルギーを起こすとジアミン系薬剤が入った白髪染めは使えなくなってしまいますので要注意。

使う前にかぶれを起こさないか、キチンとパッチテスト(アレルギー試験)を行わなければいけません。

ヘアカラートリートメント

白髪用ヘアカラーに対して、自然と髪を染めていきたいという方にはヘアカラートリートメントが向いているでしょう。

ヘアカラートリートメントは、シャンプーの後に髪に塗って流すだけなので、白髪用のヘアカラーよりもさらに簡単かもしれません。

その代わり、1回では染まりませんし、色持ちは3~7日間と短めです。しかし髪や頭皮に負担のかかる成分は少ないため、頻繁に使っても問題ありません。

値段はヘアカラーと同じぐらいのものもありますが、大半は少しお高めの2000円~3000円程です。小分けにして使えるため、短髪の男性だと1本で2ヵ月近くはもつと思います。

おまけ 白髪がまだ少ない方向けの白髪隠し

白髪染めではありませんが、「まだ白髪が少ない・数本生えているだけ」という方は、マスカラを使ってみてはいかがでしょう。

マスカラはまつ毛を長く見せる、ボリュームを出すためのものですが、髪に使っても問題はありません。100円ショップでも売っているので、そちらで試してみるのもいいですね。

ただ、マスカラは洗うと色が落ちるため、キチンと染めたいのであれば、やはり白髪染めを使った方が良いでしょう。

対策その② 白髪をカバーするヘアスタイルを極めるべし!

白髪染めに抵抗がある方は、白髪が目立ちにくい髪型に変えましょう

。正直この方法は白髪染めを行うより面倒ですが、ヘアスタイルを変えることで見た目年齢が若くなるだけではなく、“かっこいい色気のある男性”に変身することができますよ♪

ツーブロックにする

ツーブロックとはトップ(頭頂部)の髪を少し長めに残し、サイドを刈り上げにするヘアスタイルです。こめかみや顔まわりの白髪が目立つ方におすすめ。

トップの髪を残しておくので、多少刈りすぎても心配ありませんが、不安な方は美容院で切ってもらった方が良いと思います。

トップや髪全体のボリュームを出す

頭頂部の白髪が目立つ方は、トップの髪を立ち上げてごまかすヘアスタイルがおすすめです。

スタイリング剤を使うので、毎回しっかりと髪を洗わなければいけませんが、髪にボリュームを出すことによって生え際の白髪をカバーすることが出来ます。

トップだけ立ち上げて違和感がある方は、髪全体をドライヤーなどで立ち上げてセットしましょう。

対策その③ 白髪が増えるのを阻止するべし!

年齢を重ねるにつれて白髪が増えてしまうのは仕方のないことですが、白髪は加齢以外でも生えてきます。

例えばストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど。これらの生活習慣に気を遣えば白髪が増えるのを防げるだけではなく、体質改善にもつながり、見た目年齢はますます若くなること間違いなし。

では、具体的にどのように白髪予防を行っていけば良いのでしょうか。

血の流れをスムーズにする

白髪が生える原因の1つとして、血行不良があげられます。というのも、血液は体全体に必要な栄養を送り届けているからです。

ストレス、睡眠不足、目の酷使など、日常生活の些細な出来事から血行不良はすぐに起こります。血の巡りを良くするためには、まずこれらの生活習慣を見直してみること。

また、入浴やストレッチで体をリラックスさせることが大事です。血行改善は白髪だけではなく、薄毛や抜け毛の予防にもなるので是非意識してみてくださいね。

しっかりと栄養を摂る

栄養が偏ると白髪が生えやすくなる他にも、肥満体型になってしまったり、生活習慣病にかかりやすくなったりしてしまいます。

普段脂っこいものばかり食べている、お酒を大量に飲んでいる人は特に食生活に気をつけましょう。

白髪を予防する栄養素についてはこちらの記事を参考にしてください。

また、お酒の飲み方についてはこちらの記事に詳しく触れています。

まとめ

見た目年齢はあなたが思っているほど若くはありません。厳しいことを言うようですが、その白髪頭をそのまま放置していては、どんどん“自分の状況がわかっていない勘違い男性” に成り下がってしまいます。

そうならないためにも、今からできる白髪の対策をはじめていきませんか?

白髪染め・白髪を隠すヘアスタイル・白髪予防に目を向けてみて、ご自身の感じる見た目年齢に近づける対策をしていきましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です