プリオール カラーコンディショナーは乾いた髪にも使える?

プリオールカラーコンディショナー 乾いた髪

プリオール カラーコンディショナーで白髪を染める際に、一つ気になる疑問があります。それはシャンプー前の乾いた髪に塗ればいいのか、それともシャンプー後に塗ればいいのかです。

なぜこのような疑問が挙がるのかというと、白髪染めの中には染まりやすくするために乾いた髪に塗ることを推奨している商品が多いからです。

例えばヘアカラートリートメントのルプルプでは、完全に髪が染まるまで乾いた髪に3回ほど使用することを推奨しています。

「じゃあ、コンディショナーのプリオールも乾いた髪に塗ったほうがいい?」

この深まる疑問を解決していきましょう。

プリオール カラーコンディショナーは乾いた髪に使えるのか?

トリートメントタイプの白髪染めであっても、乾いた髪に使えるのだからコンディショナータイプのプリオールも大丈夫だろう思いながらも調べてみました。

その結果をご覧ください。

プリオールは乾いた髪に使うのはNG!

プリオールカラーコンディショナー 乾いた髪

結果は何と、プリオール カラーコンディショナーは乾いた髪への使用はNGとのこと。

本来であれば基本的に白髪染めは濡れた髪に使うと染料が薄まってしまうので、本来は乾いた髪に使う方が良く染まります。

しかしコンディショナータイプのプリオールの場合、いくら乾いた髪に塗って染色力を高めても、その後のシャンプーの洗浄力でせっかくコーティングされた染料が洗い流されてしまうんです。

また公式サイトでも記載されているのですが、髪の汚れやスタイリング剤が邪魔をして乾いた髪にプリオールを使うと色ムラが出来るとされています。

このことからプリオールを使うのならシャンプー後の濡れた髪(タオルドライ必須)に塗って、徐々に染めていった方が手間もかからないのでお勧めです。

濡れた髪に使用で染まりやすくする方法

乾いた髪に使えなくても、プリオール カラーコンディショナーの染まりをよくする方法があります。それが以下の2つの方法です。

  1. プリオールを塗った後は、頭部を温める
  2. 待ち時間を長くする

先ず①ですが、プリオールを髪に塗った後、頭部を温めることで髪とコンディショナーの結合力が高くなり、より染料が髪に入り染まりが良くなるんです。

具体的な方法としてはまずプリオールを塗ったら、シャンプーキャップをかぶるかラップで頭をぐるぐる巻きにします。その後浴槽にゆっくり浸かり頭を温めましょう。

これだけでいつもより、染まりが良くなりますよ。

続いて②について紹介します。これは至って単純なことで通常5分の放置時間を長くするだけです。大体20分~30分あれば十分でしょう。

これはどの白髪染めにも言えることで、髪に塗った後の放置時間を長くすればするほど染まりは深くなります。ただあまり長すぎると髪や頭皮へのダメージが大きくなるのですが、プリオールの場合は頭皮や髪に安全なコンディショナータイプの白髪染めなのでダメージの心配はいりません。

プリオールでなかなか染まらないという方は、待ち時間を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

プリオール カラーコンディショナーの口コミ「乾いた髪に使ってみた」

プリオールカラーコンディショナー 口コミ

私の意見だけでは信憑性が薄いと思うので、実際に乾いた髪にプリオール カラーコンディショナーを使用された方の口コミ・レビューをご紹介します。

プリオールを乾いた髪に使った人の口コミ・レビュー

40代男性

シャンプー前のほうが染まるという口コミを見たので、乾いた髪に塗ってみましたがシャンプーをしたら全然染まりませんでした。

3日続けても変化なかったので、シャンプー前の使用はおすすめしません。

40代女性

髪束で乾いた髪と濡れた髪で実験したところ、乾いた髪のほうが深く色が付いていました。ただし塗った後、お湯で流しただけなのでシャンプーをしたら結果が変わるかもしれません。

50代女性

他の白髪染めでも、乾いた髪に使っていたのでプリオールも乾いた髪に塗ったのですが全然染まりません。

後でシャンプー後がいいことを知りました。

50代女性

初め乾いた髪に2回使い、その後濡れた髪に使いました。まだ完全にはまだ染まっていませんが、白髪が目立たなくなるくらいには染まっています。

これからも使い続けて様子見です。

プリオール カラーコンディショナーの口コミ総括

やはりシャンプー前の乾いた髪に使うより、シャンプー後に使ったほうが良さそうです。中には乾いた髪のほうが染まったという方もいらっしゃいましたが、髪質による個人差だと思います。

ですから基本的には、シャンプー後にプリオール カラーコンディショナーを使う場合でもきっちり髪の水気を切ってから塗る様にしましょう。

プリオール カラーコンディショナーの成分・特長を見てみる

プリオールカラーコンディショナー 特徴

成分

水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアルトリモニウムクロリド、ステアリルジヒドプロピルジモニウムオリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、サンショウエキス、緑藻エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジメチコン、グリセリン、クエン酸、イソプロパノール、PG、エタノール、BG、シスチン、フェノキシエタノール、香料、(+/-)赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

セット内容

カラーコンディショナー N 230g

カラーケアシャンプー 特性サイズ 40ml

特性ブラシ

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

価格

【通常価格】1,382円

【送料】送料別

 

最後にこれからプリオール カラーコンディショナーを初めて購入される方のために、プリオールの成分や特徴を簡単にご紹介しましょう。

頭皮や髪に優しい成分

プリオール カラーコンディショナーは使う人のことを思い、安全で頭皮や髪に優しい成分が使われています。

その証拠として塩基性染料フリー(不使用)で、アレルギーテスト済みで販売されているんです。

ちなみに塩基性染料はそれほど危険成分でなく安全を謳っているほとんどの白髪染めにも使われています。

しかし、あくまで有害成分に比べれば安心というレベルなので、完全に塩基性染料フリーのプリオールはより安全性の高い白髪染めと言えるんです。

さらにプリオールはアレルギーテスト済みの製品のみ出荷されているので、肌の弱い人も安心です。ただし、アレルギー反応は個人差があるので各自でのパッチテストも必ず行ってください。

天然海藻エキス配合で潤いのある美しい髪に

プリオールのコンディショナーには天然海藻エキスやミネラル&コラーゲンが配合されているのでダメージを負った髪にも潤いを与えて、艶のある美しい髪にしてくれるんです。

ですから髪が痛んでお悩みの方も白髪を染めながら、毎日美しかったあの髪を取り戻してくことが出来ます。

ヘアカラーなどで髪にダメージを負っている人には、プリオールはおすすめの白髪染めです。

高品質でありながらコスパ抜群

プリオールは効果が優れているのはもちろん、何より安いのが売りです。今や効果が高品質で効果が高い白髪染めは次々に開発されていますが、プリオールほど高品質で安い白髪染めはなかなかありません。

だって送料無料の1,382円(税抜き)で買えちゃうんです。他の高品質の白髪染めだと約3,000円するのがほとんど。

このことから、いかにプリオールが安いかがわかりますね。

まとめ

プリオール カラーコンディショナーは通常の白髪染めと違い乾いた髪に使うと染まりが悪くなってしまいます。

ですからシャンプーの後にしっかりタオルドライで髪の水気をとってから、プリオールを使うようにしましょう。

また出来るだけ早く白髪を染めたいという方はプリオールを塗った後の髪をしっかりラッピングし、頭部を温めて待ち時間をいつもより伸ばしてみてください。

このように正しい方法でプリオールを使ってあげれば、白髪のない美しい髪が手に入りますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です