プリオール カラーコンディショナーは染まらない?口コミから改善案を紹介

プリオール カラーコンディショナー 染まらない

プリオール カラーコンディショナーの口コミを調べてみると、染まらないというものがちらほら。

じゃあ買うのはやめよう・・・と判断するのは待ってください!

じつは資生堂が販売する「プリオール カラーコンディショナー」は特徴的な白髪染めで、染まらないと感じている方はその特徴を知らずに間違った使い方をしている可能性があります。

当然、間違った使い方だと染まるものも染まりません。

ということで今回は、プリオールの染まり具合に関する口コミや、染まらないという方への改善案などをご紹介していきます。

プリオール カラーコンディショナーの成分や効果

プリオールカラーコンディショナー 

成分

水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアルトリモニウムクロリド、ステアリルジヒドプロピルジモニウムオリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、サンショウエキス、緑藻エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジメチコン、グリセリン、クエン酸、イソプロパノール、PG、エタノール、BG、シスチン、フェノキシエタノール、香料、(+/-)赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

価格

【通常価格】1,382円

【送料】送料無料

まずは、プリオール カラーコンディショナーがどんな成分や効果を持った白髪染めなのかを見ていきましょう。

塩基性染料なしの頭皮や髪に優しい成分

プリオールカラーコンディショナー 特徴

プリオール カラーコンディショナーは、HC染料や塩基性染料は一切使われておりません。

HC染料や塩基性染料というのは、主にトリートメントタイプの白髪染めに使われている比較的安全とされている染料成分です。

「え?安全なら使ってもいいんじゃないの?」と思いますよね。

しかし、塩基性染料が安全というのはあくまでアレルギー反応を起こしやすい「ジアミン」などの有害成分に比べたらという話です。

ですからプリオールのように塩基性染料が一切使われていない白髪染めのほうがより安全だと言えます。

高いコンディショナー効果

プリオール カラーコンディショナーは白髪染め効果だけでなく、コンディショナーとしても優秀なんです。

髪にハリやコシを与える「マイクロクリスタリンワックス」、保湿効果を持った「天然海藻エキス」や「ミネラル&コラーゲン」が使われています。

これらの効果でヘアカラーなどで傷んでいる髪も艶を取り戻し、トップが潰れたペタン髪もボリュームのある髪に変身するんです。

染める手間いらずの白髪染め

プリオール カラーコンディショナーは色落ちの度に使用するのではなく、シャンプーの後のコンディショナーとして毎日使う白髪染めです。

しかも髪に塗った後の待ち時間はたったの5分!

ですから定期的に髪を染めるのが面倒だなぁと感じている人には、プリオールはピッタリの白髪染めなんですよ。

プリオール カラーコンディショナーの染まり具合の口コミ

プリオールカラーコンディショナー 口コミ

プリオール カラーコンディショナーが大体どんな白髪染めか分かったところで、本題である染まりやすさについての口コミを見ていきましょう。

良い口コミ

30代女性

染まる迄に約1週間かかりましたが、それ以降は色落ちすることなく毎日使っています。

また白髪染め独特の嫌なニオイもしないので気に入っています。

40代女性

コンディショナータイプの白髪染めということで染まるか心配でしたが、徐々に染まっていき10日ほどで白髪が目立たなくなりました。

他の白髪染めに比べると時間はかかりますが、白髪が小量であれば気にならないと思います。ちなみに放置時間は15分ほどです。

40代女性

5分放置ではなかなか染まらなかったのですが、10分に延ばしたら徐々に染まっていきました。

今回はダークブラウンで染めたのですが、思ったより暗かったので今度はブラウンでチャレンジしてみます。

50代女性

髪が細いせいもあってか放置時間3分ほどで染まってくれました。ただし、塗った後はラップをきっちり巻いてコンディショナーと髪を密着させています。

使い勝手もいいので今ので、もう3本目です。

悪い口コミ

40代女性

全く染まりません。5分放置で5日使っても染まらず諦めました。今すぐ染めたい人には向かないと思います。

40代女性

太めの髪質だと放置時間5分では絶対に染まりません。10分でも染まらなかったので髪質によっては染まる迄にかなり苦労します。

50代女性

10日ほどで全体的に染まったのですが、生え際など細かいところを見るとまだまだ白髪が目立ちます。

ぱっと見は目立ちませんが、やはり鏡で白髪を見つけるとガッカリしてしまうのが残念です。

ただ匂いやコンディショナー効果は凄いあらわれているので、もう少し使い続けてみようと思います。

50代女性

ブラウンで染めたのですが、まったく髪が明るくなりません。白髪部分だけ明るくなって、逆に白髪が目立ちました。

プリオール カラーコンディショナーが染まらない理由は?

プリオール カラーコンディショナー

口コミを見てみると、染まった方と染まらないという方、そして放置時間など使い方も様々です。

そこで口コミも参考に、プリオール カラーコンディショナーで染まらない理由を考えてみました。

そもそも染色力は強くない

プリオール カラーコンディショナーはヘアマニキュアタイプなので、そもそも染色力が強い白髪染めではないんです。

白髪染めは大きく脱色をしてから髪を染めるヘアカラータイプと、髪の表面をコーティングして色をつけるヘアマニキュアタイプに分かれます。

この2つを染まりやすさで比べるとヘアカラータイプのほうが強く、ヘアマニキュアタイプは弱いです。

そのかわりヘアマニキュアタイプはブリーチ(脱色)しない分、髪に優しいというメリットがあります。

髪質によっては染まるまで日数がかかる

口コミを見ると、髪全体が染まるまで7~10日以上かかったという方が多かったです。

なぜこのようなばらつきがあるのかというと、それは髪質の問題が考えられます。

まずは髪の太さです。

髪の太い人は表面積の関係上、どうしても染まるまでの時間が長くなります。逆に髪の細い人は染まる迄の時間が短くて済むんです。

その他の理由は、髪が痛んでいるかどうかになります。

髪が痛んでいる方ですと、染料が均一に髪の表面に付くことが出来ないので染まりにムラが出来てしまうんです。

つまり全体で見たら染まりにくく感じてしまいます。

地毛より明るくしようとしている

プリオールに限らず、脱色のしないタイプの白髪染めは元の髪の色より明るく染めることは出来ません。

というのも、脱色しないで染めるということは髪の表面をコーティングして別の色に見せようとしているだけなので、元の暗い色が勝ってしまい色が染まっているようには見えないんです。

プリオール カラーコンディショナーで上手に染めるコツ

プリオール カラーコンディショナーでうまく染まらないという方は、そのまま諦める前に一度下記の方法を試してみましょう。

毎日使い続ける

プリオールは他の白髪染めに比べると、完全に染まるまでの期間が長いです。

しかしそれで染まらないと判断してしまうのは待ってください。

プリオールは髪全体にしっかり色が付くまで、だいたい10日かかるとされています。

プリオールの商品裏にも「髪に少しずつ色合いを与えて気になる白髪を目立たせない」と記載されているんです。

このようにプリオールはヘアカラーのように一度の使用で完全に染めることを想定して作られていないので、毎日使い続けることで初めて効果を発揮する白髪染めとなります。

全体が染まるまでは放置時間を長くする

これはすべての白髪染めに言えることですが、待ち時間を長くすればするほど染まりは良くなります。

さらにプリオールは頭皮や髪に安全なトリートメントタイプなので、長時間髪に染料を密着させていても安心です。

ただし洗い流すときはお湯に色素が出なくなるまでしっかり流しましょう。

もし頭皮にコンディショナーが残っていると、痒みの原因になってしまうので気を付けてくださいね。

ラッピングして髪を温める

髪にプリオール カラーコンディショナーを塗った後、シャンプーキャップやご家庭にあるラップなどで髪をラッピングします。

そうすることで髪とコンディショナーがより密着して、色が染まりやすくなるんです。

さらに待ち時間を浴槽でゆっくり過ごすことで頭部が温まり、もっと染まりを深くすることが出来ますよ。

まとめ

プリオール カラーコンディショナーは確かに染色力だけで言ったら、他の白髪染めに比べ染まりにくいです。

しかし染まりにくいというのは、染まるまでに時間が掛かるというだけで決して染まらないというわけではありません。

そして放置時間を長くする、髪をラッピングするなどの工夫で出来るだけ染まるまでの時間を短くすることが出来ます。

このようにうまく使ってあげればプリオールは安く、安全で、染める手間がかからない優秀な白髪染めなんです。

まずは一度プリオールをお試ししてみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です