プリオール カラーコンディショナーはジアミン無使用?成分を徹底解析!

プリオール カラーコンディショナー ジアミン

みなさん、安い白髪染めと聞いてどんなイメージを持ちますか?

「安い=危ない!」

こんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

確かに事実として、安く売られている白髪染めのほとんどには、かぶれなどのアレルギー反応を起こしやすい有害成分「ジアミン」が使われています。

でも安くてかつジアミンを使っていない安全な白髪染めだってあるはず!と思い、前から私が気になっていた白髪染めの一つ、資生堂「プリオール カラーコンディショナー」の成分を調べてみました。

白髪染めに含まれるジアミン系成分の怖さ

プリオール カラーコンディショナー ジアミン

プリオール カラーコンディショナーにジアミンが含まれているか確認する前に、「ジアミン」がどれだけ怖い成分なのかを知っておきましょう。

ジアミンが引き起こす怖い症状

ジアミンは正式名称「パラフェニレンジアミン」といい、少しの色素で深く髪を染められるため多くの白髪染めで使用されています。

しかし、その反面アレルギー反応を起こしやすい危険な成分でもあり、以下のような症状を引き起こす可能性があるんです。

アレルギー性接触皮膚炎

いわゆる「かぶれ」というやつです。

かぶれは白髪染めで起きるアレルギー症状の中で一番事例が多く、具体的な症状としては肌が赤くなる、腫れる、かゆみが出るなどがあります。

このように症状の幅は広く、軽症から通院が必要な重症まで様々です。

アナフィラキシーショック

この名前は蜂に刺された後の症状として多くの人に知られていますね。

アナフィラキシーショックは最悪死に至るとっても怖い症状ですが、実は白髪染めに含まれるジアミンでも起きる可能性があるのです。

この症状が起きる可能性は低いのですが、覚えておいて損はありません。

がんの発症、肝臓障害

アレルギー反応と違い、白髪染めを使ったからいってすぐに表れる症状ではありません。

しかし危険な白髪染めを長期的に使うことでジアミンが蓄積し、がんや肝臓障害を起こす可能性があるんです。

再生不良性貧血

再生不良性貧血は貧血の一種で、血を作る力が弱まり白血病にもつながる難病指定されている病気です。

ジアミンはこのような難病まで引き起こす可能性を持っています。

ジアミン以外にも怖い白髪染め成分がある

プリオール カラーコンディショナー ジアミン

ジアミンが引き起こす可能性のある症状・病気を紹介してきましたが、白髪染めに含まれる怖い成分はジアミンだけではありません。

その怖い成分とは「HC染料」と「塩基性染料」になります。

この二つは基本的には安全な成分とされているのですが、実はHC染料と塩基性染料の中にはジアミンと同じくらいアレルギーを起こしやすい成分があるんです。

それが主に以下の成分になります。

  • 塩基性茶17
  • 塩基性青99
  • HC青2
  • HC黄2
  • HC黄4
  • HC黄5
  • HC赤3

ジアミンに比べ、HC染料や塩基性染料によるアレルギー報告は日本ではまだ少ないですが、北米ではアレルギー報告が昔から寄せられています。

プリオール カラーコンディショナーにジアミンなどの有害成分はあるの?

プリオールカラーコンディショナー 

ではジアミンの危険性がわかったところで、プリオール カラーコンディショナーにジアミンが含まれているのか確かめましょう。

またその他の成分の安全性もチェックしていきます。

プリオールにジアミンは含まれていません

成分

水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアルトリ水,セタノール,ベンジルアルコール,ベヘニルアルコール,DPG,ステアロイルメチルタウリンNa,グルタミン酸,ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖,海塩,タウリン,水溶性コラーゲン,ホップエキス,褐藻エキス,紅藻エキス,サンショウエキス,緑藻エキス,ミネラルオイル,ジメチコン,グリセリン,ステアリン酸グリセリル,マイクロクリスタリンワックス,コポリマー,クエン酸,ステアリルPGジメチルアミン,ステアリルアルコール,PG,エタノール,BG,シスチン,BHT,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料,赤227,橙205,紫401,黒401,黄4

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

価格

【通常価格】1,382円

【送料】送料無料

結論からいうと、プリオールにジアミンは含まれていませんでした。

またジアミン以外にもアレルギー反応を起こす有害成分は含まれていません。

そして成分だけでなくプリオール コンディショナーの安全性を示す証拠として、資生堂は事前にすべての製品にアレルギーテストを実施しています。

ですから、ジアミンアレルギーを持った人は安心してプリオールをご利用いただけますよ。

ただしアレルギー反応には個人差があるので、絶対にすべての人がアレルギー反応を起こさないとは言い切れません。

もし初めてプリオールをお使いになるのでしたら、必ず一度パッチテストを行って自分の肌に合っているか確かめましょう。

プリオールはHC染料、塩基性染料も無使用

プリオールカラーコンディショナー 特徴

プリオール カラーコンディショナーはジアミンだけでなく、HC染料や塩基性染料も一切使われていません。

実はジアミンもHC染料も塩基性染料も使わないトリートメントタイプの白髪染めというのは、とても珍しいんです。

というのもジアミン、HC染料、塩基性染料を使わずに髪を染める場合、髪の表面に付着して色を付ける酸性染料を使用することになります。

この酸性染料が曲者で、トリートメントやコンディショナーに含まれているカチオン海面活性剤と相性が絶望的に悪く(いや、良すぎて?)、染料が髪に付着する前にカチオン海面活性剤とくっついてしまうんです。

その結果、髪に色がつかないので髪が全く染まりません。

このためどんなに安全に気を配って作られた白髪染めであっても、トリートメントを含んでいるとHC染料と塩基性染料に頼らざるを得ないです。

しかし、どういうわけか資生堂のプリオール カラーコンディショナーはカチオン海面活性剤と酸性染料を両立しながら髪を染められます。

こればかりは私もさすが資生堂の力としか言えず、感服です。

プリオールの成分には美髪効果も

プリオール カラーコンディショナー ジアミン

せっかくプリオール カラーコンディショナーの成分を調べたので、危険成分だけでなく嬉しい効果を持った成分についても語っていきましょう。

プリオールは白髪染めのためだけでなく、毎日のリンスやコンディショナーとしての利用も勧められています。

それはコンディショナーに含まれる様々な美髪効果を持った成分が理由で、プリオールのコンディショナーは傷んだ髪のダメージケアや髪のボリュームアップをしてくれるんです。

具体的な美髪効果を持った成分は以下の通りになります。

  • 天然海藻エキス「褐藻エキス」「紅藻エキス」「緑藻エキス」
  • ミネラル&コラーゲン
  • マイクロクリスタリンワックス
  • ホップエキス

天然海藻エキスやミネラル&コラーゲン成分は保湿効果を持っていて、傷んだ髪に潤いを与えて指通りのいい髪にしてくれます。

またコンディショナーに配合されたマイクロクリスタリンワックスは髪のコシ・ハシをキープする役割があり、ボリュームのあるふわっとした仕上がりにしてくれるんです。

そしてホップエキスというビール好きには聞き覚えがある成分ですが、実はかなり凄い成分で資生堂とキリンが共同で開発した白髪をなくす可能性を持った成分になります。

このようにプリオールには安全なだけでなく、女性に嬉しい美髪効果を持った成分が使われているんです。

プリオール カラーコンディショナーのお買い得情報

最後にノンジアミンであるプリオール カラーコンディショナーのお得情報をご紹介します。

初めてプリオールを購入される方に特におすすめな情報です。

公式通販サイトから注文で手数料タダ

プリオールはAmazonや楽天など大通販サイトでも購入出来ます。値段も定価より100~200円低く売られていることもあるんです。

しかし騙されてはいけません!

Amazonなどで注文すると手数料が300~500円ほど取られてしまうため、結果的に定価より高い出費になってしまいます。

ここでお得な情報をお教えしましょう。

実はプリオールは公式販売サイト「ワタシプラス」というところから購入すると。手数料は一切かからないんです。

ですから出費は定価1,382円のみ。

どこでプリオールを購入するかお悩みの方は、公式サイトからの注文をおすすめしますよ。

限定セット購入なら単品購入よりお得

プリオール カラーコンディショナー 限定セット

プリオール カラーコンディショナーをよりお得に手に入れる方法をご存知ですか?

プリオールには限定セットというものがあり、価格が単品の1,382円のままでシャンプーや特性ブラシまで同封されているんです。

ですからプリオールを買うなら絶対に単品でなく、限定セットを買ったほうがお得になります。

まとめ

普段何気なく使っている白髪染めには、実は「ジアミン」という危険な成分が含まれています。

特にドラッグストアで買えるような安い白髪染めにはほとんどジアミンが使われているんです。

しかし中にはプリオール カラーコンディショナーのように安くても、安全で美髪効果まで備えた優秀な白髪染めも存在します。

これを機会に安さや染まりやすさだけを求めるのをやめ、より安全なプリオールのようなノンジアミンの白髪染めを使ってみませんか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です