プリオール カラーコンディショナーはかぶれない白髪染め?敏感肌で実験!

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

肌が弱く白髪染めですぐにかぶれが起きてしまう私が「かぶれない白髪染め」を探しました。

そして気になった白髪染めが「資生堂プリオール カラーコンディショナー」です。

資生堂というブランドに惹かれて買ってしまったのですが、かぶれについてはどうなのか。

実際使う前に実験をしたのでその結果をご報告します。

果たしてかぶれが起きるのか起きないのか、そして肝心の染まり具合についても一緒にご紹介していきましょう。

かぶれが起きない白髪染めとは?

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

プリオールの実験結果をお伝えする前に、私と同じく白髪染めでお悩みの方のため、かぶれない白髪染め選びのポイントをご紹介します。

ただし注意して欲しい点として、誰が使っても100%かぶれない白髪染めは存在しません。

というのも、かぶれとはつまりアレルギー反応なので同じ白髪染めを使ってもかぶれが起きる人もいれば、起きない人もいるんです。

卵アレルギーなどの食品アレルギーをイメージするとわかりやすいですね。

ですからこのことを踏まえて、これからお話していきます。

ヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)

まず、かぶれが起きにくい白髪染めの代表例といえばヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)タイプの白髪染めになります。

現在白髪染め売上の上位を占めているのも、ほとんどこのタイプの白髪染めです(例:利尻、ルプルプ、ポーラなど)。

そしてプリオール カラーコンディショナーもこれに該当します。

また、厳密に言えばヘアカラートリートメントとヘアマニキュアは違う分類なのですが、どちらも脱色を行わずに髪の表面に色を付けて染めるタイプの白髪染めなので、ほぼ同類として扱われています。

どちらも使われている染料成分が主にHC染料や塩基性染料、酸性染料といった髪にダメージを与えず刺激の少ないものなので、かぶれのリスクも非常に少ないんです。

ヘナ

ヘナとは100%植物原料の白髪染めで、植物の色素のみで髪を染めます。

ただし製品によっては染色力を上げるためにジアミンなどの化学染料を使っている場合があるので、かぶれないためにヘナを選ぶなら100%植物原料のものを選びましょう。

また、100%植物原料であっても一つ注意して欲しいことがあります。

それはヘナに含まれる「インディゴ」という植物。

たまにこの植物がアレルギー源となる方もいるので、ヘナでかぶれが起きたという方は今後インディゴは避けるようにしましょう。

お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染めとは、ジアミンや過酸化水素(脱色作用)などの酸化染毛剤が使われていない白髪染めになります。

白髪染めによるかぶれの原因のほとんどはジアミンによるものなので、非酸化染毛剤のお歯黒式白髪染めを使うだけでかぶれが起きなくなる可能性は高いです。

ただしこのような白髪染めは医薬部外品となっており、事前のパッチテストは必須となります。

そして使用の面でも1剤と2剤を時間おきに塗らなけれならず、ちょっと面倒くさいので個人的にはあまりおすすめしません。

プリオール カラーコンディショナーにかぶれの原因成分がないかチェック

プリオールカラーコンディショナー 

成分

水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアルトリ水,セタノール,ベンジルアルコール,ベヘニルアルコール,DPG,ステアロイルメチルタウリンNa,グルタミン酸,ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖,海塩,タウリン,水溶性コラーゲン,ホップエキス,褐藻エキス,紅藻エキス,サンショウエキス,緑藻エキス,ミネラルオイル,ジメチコン,グリセリン,ステアリン酸グリセリル,マイクロクリスタリンワックス,コポリマー,クエン酸,ステアリルPGジメチルアミン,ステアリルアルコール,PG,エタノール,BG,シスチン,BHT,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料,赤227,橙205,紫401,黒401,黄4

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

価格

【通常価格】1,382円

【送料】送料無料

かぶれが起きない白髪染め選びのポイントがわかったところで、次にプリオール カラーコンディショナーの成分にかぶれの危険性がないか確認しました。

いきなり実験というのは流石に怖いですからね。

ジアミンの有無をチェック

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

一番初めにチェックするのは、何と言ってもジアミンの有無です。

ジアミンはかぶれの原因となるだけでなく、発がん性があったり内臓障害を起こす可能性があったりと本当に危険な有害成分。

そしてそのような有害成分が多くのヘアカラーに含まれているのですから、困ったものです。

肝心のプリオールはどうかというと「ジアミンは含まれていません」。

ひとまず安心ですね。

まぁ毎日使っても安全なタイプの白髪染めのようなので当然と言えるでしょう。

HC染料、塩基性染料フリー

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

続いて細かくプリオール カラーコンディショナーの染料成分を見ていったところ、HC染料、塩基性染料も一切使われていないことが分かりました。

HC染料、塩基性染料は、プリオールのようなカラートリートメントの白髪染めに多く使われている染料です。

比較的安全な染料とされているのですが、中にはジアミン並みにアレルギー反応を起こしやすい成分もあります。

それが以下の成分です。

  • 塩基性茶17
  • 塩基性青99
  • HC青2
  • HC黄2
  • HC黄4
  • HC黄5
  • HC赤3

これらの成分はジアミンほど多くのアレルギー報告はありませんが、少なからずこれらの成分が原因でかぶれが起きる方もいます。

そう考えると、ジアミンだけでなくHC染料、塩基性染料フリーのプリオールは本当に安全な白髪染めだと言えますね。

コンディショナー成分もチェック

プリオール カラーコンディショナー 染め上がり

染料成分にかぶれを起こす可能性の高い成分はなかったので、ついでにコンディショナー成分についても確認してみました。

プリオールのコンディショナー成分には「天然海藻エキス」や「ミネラル&コラーゲン成分」、そして「マイクロクリスタリンワックス」が含まれています。

天然海藻エキスやミネラル&コラーゲン成分は、高い保水効果を持っているので傷んだ髪をダメージケアしてくれるんです。

そしてマイクロクリスタリンワックスは髪のコシ・ハリをキープする役割があり、ペタンと潰れた髪をボリュームのあるふわっとした髪に変えてくれます。

どちらも女性に嬉しい美髪効果ですね。

プリオール カラーコンディショナーでかぶれないか実験

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

いきなり頭皮に塗るのは怖いので、まずは腕にパッチテストを行いました。

プリオールを塗った感じ

プリオール カラーコンディショナー かぶれ

私は本当に肌が弱いので合わない白髪染めだとすぐにヒリヒリするのですが、プリオール カラーコンディショナーは全然そんな感じはしなかったです。

数十分経過しても違和感はありません。

ちなみに匂いは爽やかで、白髪染め特有のツンと来る感じもしません。

プリオールはかぶれませんでした

24時間経過してもかぶれは起きませんでした。多少の痒みはありましたが、恐らく絆創膏によるものだと思います。

腕にうっすら残った色後は石鹸で軽く落ちるだけですぐに落ちました。

それって染色力的にどうなんだろうと思いましたが、安全第一なのでまぁいいでしょう。

とにかく何事もなくパッチテストを終えられたホッとしました。

これで思う存分白髪を染めることが出来ます!

プリオールの染まり具合

プリオール カラーコンディショナー 染まり具合

ついでにプリオール カラーコンディショナーの染まり具合の結果もご紹介しましょう。

結論からいうと、プリオールは染まり具合が弱いです。

というのもプリオールは毎日のリンスやコンディショナー代わりの利用を推奨していて、徐々に色を入れていくことを想定して作られています。

ですから1~2日で染まるほどの染色力がないようで、髪全体が染まって白髪が目立たなくなるまで私はだいたい10日ほどかかりました。

でもかぶれも痒みも全然感じなかったので、私としてはかなり満足のいく白髪染めです。

まとめ

白髪が目立つというのは女性にとっては大変な問題。

そしてその白髪を染めるための白髪染めでかぶれが起きるのは、もっと一大事となります。

肌が弱い人にとっては、かぶれを起こさずに白髪を染めるというのは本当に一苦労ですよね。

私と同じように白髪染め選びにお悩みの方がいましたら、ぜひ一度プリオール カラーコンディショナーをお試しになってはいかがでしょうか。

安全に髪を染めてこそ、本当に美しい髪は手に入るのです。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です