プリオール カラーコンディショナーの失敗しない色選び!一番人気の色は?

プリオール カラーコンディショナー 色

プリオール カラーコンディショナーは資生堂が販売している白髪染めです。オシャレなデザインのチューブ容器で、女性に人気があります。

また安全で高品質のカラートリートメントタイプの白髪染めでありながら2,000円を切る安さも魅力的です。

今回はそんな人気の白髪染めのカラーリングを紹介します。白髪染めは色の名前が一緒でもメーカーによって全然染め上がりの印象が違うので、プリオールの色はどんな感じに染め上がるのか見てみましょう。

プリオール カラーコンディショナーの成分や効果

プリオールカラーコンディショナー 

成分

水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアルトリ水,セタノール,ベンジルアルコール,ベヘニルアルコール,DPG,ステアロイルメチルタウリンNa,グルタミン酸,ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖,海塩,タウリン,水溶性コラーゲン,ホップエキス,褐藻エキス,紅藻エキス,サンショウエキス,緑藻エキス,ミネラルオイル,ジメチコン,グリセリン,ステアリン酸グリセリル,マイクロクリスタリンワックス,コポリマー,クエン酸,ステアリルPGジメチルアミン,ステアリルアルコール,PG,エタノール,BG,シスチン,BHT,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料,赤227,橙205,紫401,黒401,黄4

カラーバリエーション

ブラック

ダークブラウン

ブラウン

価格

【通常価格】1,382円

【送料】送料無料

 

色の前にまずプリオール カラーコンディショナーがどんな白髪染めなのか紹介します。

頭皮や髪に優しい染料成分

プリオール カラーコンディショナー 成分

プリオール カラーコンディショナーは脱色を行わず髪の表面に色を付けるヘアカラートリートメントタイプの白髪染めです。

また白髪染めでかぶれが起きる主な原因であるジアミンなどの酸化染料は一切使わずに、代わりに刺激の少ない酸性染料が使われています。

そのため毎日リンスやコンディショナーとして利用しても髪や頭皮にダメージを与えることがない優しい白髪染めなんです。

コンディショナー効果でダメージケア&ボリュームアップ

プリオール カラーコンディショナー 染め上がり

プリオールのコンディショナー成分には様々な美髪効果を促す成分が含まれています。

まずヘアカラーなどで傷んだ髪をダメージケアしてくれる天然海藻エキスやミネラル&コラーゲン成分です。

これらの成分には高い保水性効果があるので、傷んだ髪をもとの水々しい髪に戻してくれます。

またマイクロクリスタリンワックスという髪のハリ・コシをキープする成分も配合されていて、これによりぺたんと潰れた髪もボリュームのあるふわっとした髪に変身するんです。

染める手間いらずの白髪染め

プリオールの特徴は安全、美髪効果だけではありません。それはお手軽に染められることです。

通常白髪染めは髪に液剤やトリートメントを塗った後は20~30分ほどの放置時間を必要とします。

しかしプリオールはその待ち時間がなんと5分で済むので、非常にお手軽に染めることが出来るんです。

また毎日使っても安全なので、プリオールをリンスとして使うことで染めている感覚なく少しずつ生えてくる白髪も染めることが出来ます。

プリオール カラーコンディショナーの全3色を紹介

プリオール カラーコンディショナー 色

それではいよいよプリオール カラーコンディショナーのカラーを紹介しましょう。

一番人気はダークブラウン

ブラック

プリオール カラーコンディショナー 色 ブラック

自然な黒色

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー 色 ダークブラウン

深みのある茶色

ブラウン

プリオール カラーコンディショナー 色 ブラウン

自然な茶色

 

プリオールには全部で3色のカラーが用意されていて、自然な黒色の「ブラック」、深みのある茶系の「ダークブラウン」、自然な茶系の「ブラウン」から選べます。

選ぶポイントはあなたの髪の明るさに合わせた色がいいでしょう。プリオールは脱色をしない白髪染めのため、元の髪を明るくすることは出来ません。そのため今の髪より暗い色で染めることになります。

そのことを考えると一番無難なのが中間色である「ダークブラウン」で、実際に3色の中で一番人気があるんです。

これからプリオールを初めて使うという方は、まずはダークブラウンで染めてみることをおすすめします。

プリオールの色で綺麗に染めるコツ

プリオール カラーコンディショナー 色 ダークブラウン

プリオールはヘアカラーのように一度に髪を染めるタイプの白髪染めでなく、徐々に色合いを付けていくタイプの白髪染めです。

ですから初めは「全然染まらないじゃん!」とがっかりする方も多いのですが、あるコツを知っておけばある程度は早く染め上がることが出来ます。

それが以下の3つの方法です。

  1. シャンプー後のしっかりタオルドライした髪に塗る
  2. 髪全体が染まるまでは放置時間を20分ほどに延ばす
  3. 放置中はシャンプーキャップを被り、頭を温める

まず①ですが、プリオールは乾いた髪でなく濡れた髪への使用が推奨されているのですが、あまりにビショビショの状態に塗ると染料が薄まって染まりが弱くなります。

ですからしっかりとタオルドライして水気を切りましょう。

次に②です。プリオールの放置時間は基本5分ですが、早めに染めたいのでしたら放置時間をある程度伸ばすことをおすすめします。

放置時間が長いほど色が深く染まるので、だいたい20分ほどがよいでしょう。

最後に③です。頭を温めることでコンディショナー(染料)と髪の結合が良くなり、より染まりが良くなるのでプリオールを髪に塗った後はヘアキャップを被り、待ち時間の間、浴槽に浸かっていればより効果的です。

プリオール カラーコンディショナーの口コミ(色の染まり具合)

プリオールカラーコンディショナー 口コミ

実際にプリオール カラーコンディショナーで染めた方の口コミから、それぞれの色がどんな色に染まるのか参考にしてみましょう。

ブラックの口コミ

40代男性

妻に勧められてプリオールを使ってみました。前に使っていた白髪染めは段々面倒になって途中で止めてしまったのですが、プリオールは染める手間がないので継続できそうです。
色はブラックを使っているのですが、染め上がりが自然で会社の同僚にも白髪染めを使っていることがバレていません。

50代男性

白髪染めで黒を選ぶと墨汁みたいに不自然な黒色になるので嫌だったのですが、プリオールの黒は元の黒髪と溶け込んで自然な染め上がりです。
これからも使ってみようと思います。

ダークブラウンの口コミ

40代女性

ダークブラウンを選びました。初めは全然染まらずちょっと失敗したと思いきや、段々と染まっていき今では白髪がまったく目立ちません。
ただ他の白髪染めのダークブラウンに比べると若干明るい気がします。私の白髪が多いせいかもしれません。

40代女性

最低でも3日に一度は使わないと色が落ちていきます。ダークブラウンを使っているのですが、色落ちすると白髪部分が光ってきて地毛から浮き出て見えるので毎日利用することをおすすめします。
元々コスパがいいので、毎日使ってもそんなに出費はかさみませんよ。

50代女性

ダークブラウンにしました。赤茶けた色で私の好みには合いませんでした。
ただコンディショナー効果が気に入りました。毎日使っていると指通りが良くなったので、今度はブラウンにしてみようと思います。

ブラウンの口コミ

30代女性

白髪染めの割に明るく染めることが出来て結構気に入りました。プリオールは見た目もオシャレなパッケージで、友人にも勧めたいと思います。

40代女性

ブラウンは私にはちょっと明るすぎました。部分白髪なのですが、染めると白髪部分が光って余計に目立ってしまいます。
次はダークブラウンで試してみます。

まとめ

プリオール カラーコンディショナーは3色しかないので色を選ぶのは難しくないでしょう。今の髪以上に明るくはならないということだけ覚えて貰えれば自然と自分に合った髪色は見えてくると思います。

ただちょっとだけ補足すると、口コミを見る限りだとプリオールは他の白髪染めに比べて若干明るく染め上がるようです。

ですから色選びにもし迷ったら、まずダークブラウンで試してみるといいですよ。ダークブラウンは暗すぎず明るすぎない色合いなので、どのような人にも合うカラーとなっています。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です