40代から人気の市販品白髪染め、選ぶポイントは色持ち?ダメージ?

40代を過ぎ、徐々に白髪が目立ち始めてきた今日この頃。白髪を隠すカラー剤も、今まで使っていたものから白髪染めにチェンジする方が多いのではないでしょうか。

突然ですが、みなさんは白髪染めを購入する際、どんなポイントを優先して選んでいますか?

色持ち、ダメージ力、髪色の明るさ・・・。選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、今回はみなさんと同じ40代から人気の白髪染めを紹介していきたいと思います。

これから白髪染めを選ぶ際、参考にしてみてはいかがでしょうか。

覚えておこう!白髪染めの種類

人気の白髪染めを紹介する前に、白髪染めはどんな種類のものがあるのか見ていきましょう。大きく分けると“白髪を染められる”カラー剤は以下のものが該当します。

  • ヘアカラー(白髪用)
  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント(もしくはシャンプー)
  • 植物染料(ヘナやインディゴ)
  • ヘアマスカラ・ヘアスプレーなど

では、具体的にどんなものなのでしょうか。簡単にお話していきますね。

ヘアカラー(白髪用)

私たちが今まで使っていたヘアカラーの白髪用バージョンです。なので使い方、染めるメカニズムもほとんど違いありません。異なる点を挙げるとすれば、白髪は黒髪より色が入りにくいため、薬剤が強くなっているという点ですね。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の外側のみに色をつけるカラー剤。そのため色落ちはヘアカラーより早いですが、薬剤の強弱はそこまで関係ありません。そして、肌につくと落ちにくいといった特徴があります。

ヘアカラートリートメント(ヘアカラーシャンプー)

こちらは私たちが普段使うシャンプー、トリートメントに染料が入ったものです。そのため、普段から頻繁に使ってもあまり問題のない成分でできた白髪染めと言えますね。

しかし、一発でがっつり染まるわけではないので、急ぎで染めたい方には不向きです。

植物染料(ヘナやインディゴ)

植物染料はオーガニック思考の方から絶大な支持を受けている白髪染めですね。名前の通り、植物がもつ天然の成分で髪を染める白髪染めです。化学成分を使用していないため、髪に負担はかかりませんが、染まるまでに時間と手間がかかります。

ヘアマスカラ・ヘアスプレーなど

これらの白髪染めは一括りにすると【一時染毛料】と呼ばれ、洗い流すとすぐに色が落ちてしまいます。しかし、手軽にすぐ白髪をカバーできるため、緊急事態で白髪を隠したいときにはかなり役立つ白髪染めと言えるでしょう。

何を優先して白髪を選ぶか

白髪染めの種類をザッと紹介しました。では、先程紹介した白髪染めが、どんな人から人気があるのか見てみましょう。

カラー剤

どんな人から人気?

ヘアカラー

  • 地毛より明るい髪色にしたい
  • 色を長く持たせたい
  • 1回で染めたい

ヘアマニキュア

  • 頭皮にあまり負担をかけたくない
  • 色持ちはなるべく持たせたい
  • 1回で染めたい

ヘアカラートリートメント

  • 髪にも頭皮にもあまり負担をかけたくない
  • 簡単に染めたい
  • 髪にハリやコシ、艶がほしい

植物染料

  • 化学成分を使いたくない
  • 髪にハリやコシ、艶がほしい

ヘアマスカラ・スプレー等

  • 簡単に染めたい

どんな点を優先したいか決まりましたか?では次に、それぞれの白髪染めで人気の商品を紹介していきたいと思います。

今回はドラッグストアやスーパーで購入可能な市販品の【ヘアカラー】【ヘアマニキュア】【ヘアカラートリートメント】で、人気の商品を取り上げていきますね♪

40代に人気のヘアカラー

ヘアカラーの最大のメリットは、カラーバリエーションが豊富・色持ちが良いといった点。ではその中でも、特に40代から支持を集めているヘアカラーはどんな商品なのでしょうか。

商品名

良い口コミ

ウエラトーン・ツープラスワン・クリームタイプ(ウエラ)

  • 液ダレがしにくく、ツンとしたにおいもないので子供たちから好評でした!
  • クリームタイプなので色がしっかり入る
  • 色の種類がたくさんあって良い

ロレアルパリ・エクセランスヘアカラー・クリームタイプ(ロレアルパリ)

  • 色持ちが本当に良い!髪もサラサラ!
  • 明るめに仕上がるし色ムラもありません
  • 艶が出たように感じました

ロレアルパリ・エクセランスヘアカラー・液状タイプ(ロレアルパリ)

  • 髪が傷まない!美容院に行くのも面倒だし長年使っています
  • 染める前後につけるトリートメントが入っていて髪にもやさしい感じです♪

さらにそれぞれの良い点を見ていきましょう。

ウエラトーン・ツープラスワン・クリームタイプ(ウエラ)

ウエラトーン・ツープラスワンには髪に艶をだすために、ヒマワリオイル・ホホバオイル・アボカドオイルが使われています。

また、染め残し問題を解消するために、他のヘアカラーよりもクリームがたっぷり入っています。カラーバリエーションも25種類とかなり豊富です。

ロレアルパリ・エクセランスヘアカラー・クリームタイプ(ロレアルパリ)

ロレアルパリは独自の処方で、色持ちが良くなるロングラスティング色素を使っています。そのため、色をキープしたい40代の方々からとっても人気の商品です。カラーバリエーションも18種類と多め。

ロレアルパリ・エクセランスヘアカラー・液状タイプ(ロレアルパリ)

やはり人気のロレアルパリ。液状タイプも大人気です。こちらも同じくロングラスティング色素を使っています。ロレアルパリの魅力については以前書いたこちらの記事を参考にしてください。

40代に人気のヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーでかぶれてしまった人や、頭皮に負担をかけたくない人から人気です。その中でも人気のヘアマニキュアは以下の商品。

商品名

良い口コミ

ブローネ・ヘアマニキュア

  • 白髪染めでかぶれる、ヘナでもかぶれる私を救った唯一の白髪染め。かぶれないので重宝しています
  • そこまで髪も傷まない
  • クシがついているから染めやすいです

ブローネ・根本カラー

  • 地肌につくと落ちにくいと書いてあったのでドキドキでしたが、液を出しすぎなければ頭皮につきません。仕上がりもバッチリ
  • ヘアマスカラのようにバリバリにならない

サロンドプロ・ヘアマニキュア・スピーディー

  • リニューアルしたら色がしっかりつくようになった
  • トリートメント効果が高いから髪にハリやコシが出てきた気がする

ここでもそれぞれの良い点を見ていきましょう。

ブローネ・ヘアマニキュア

ブローネのヘアマニキュアは傷んだ髪を補修するために、天然海藻エキスやロイヤルゼリーエキスが配合されています。また、専用のコームがついていてワンプッシュ式なので染めやすく、髪全体にも根元にも使うことが出来ます。

ブローネ・根元カラー

ヘアマニキュアに関してはブローネの商品が強いですね。こちらは生え際や根元の白髪をカバーできる白髪染めということで、ヘアカラーをあまりしたくない人・ヘアカラーをした後の色を長持ちさせたい人におすすめです。美容院で染めてもらうまでのつなぎとして使っている方も多数いました。

サロンドプロ・ヘアマニキュア・スピーディー

こちらは名前にスピーディーとつくだけあって、放置時間たったの5分で白髪が染まります。放置時間が短い分、髪へのダメージも軽そうですね。

さらに、髪に艶や潤いを与えるために、サロンドプロの白髪染めには椿オイルやパールエキスなどの5つの自然由来トリートメント成分を配合しています。

40代に人気のヘアカラートリートメント

ヘアカラー、ヘアマニキュアよりもさらに簡単に染めることができるヘアカラートリートメント。天然成分が配合されているものも多く、髪や頭皮に負担をかけたくない人たちから人気の高い白髪染めです。

商品名

良い口コミ

利尻ヘアカラートリートメント

  • ヘアマニキュアと一緒に使っていました。香りもなし、無駄なものが入っていないのですごく良いです
  • カラーリングとの兼用がおすすめ。髪にもやさしく、自然と染まります

LABOMO(ラボモ)スカルプアロマヘアカラートリートメント

  • 硬くて太い髪質ですが、よく染まりました
  • 気軽に使えるし髪も傷めないので助かっています

スカルプDボーテヘアカラートリートメント

  • かなり好きな色に染まりました
  • ほかの商品に浮気していましたがやはり帰ってくるところはこれ。とても良く染まります

基本的にヘアカラートリートメントは全て“髪や頭皮にやさしい”ものですが、どういった点がやさしいのでしょうか。では、それぞれの良い点を見ていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

北海道の利尻昆布から抽出したコンブエキスを使っているヘアカラートリートメントです。

そのため保湿効果に大変優れています。しかも利尻の製品は基本的に無添加。香料や鉱物油、パラベンなどは一切使用していません。

LABOMO(ラボモ)スカルプアロマヘアカラートリートメント

LABOMOのヘアカラートリートメント3分という短い時間で白髪を染められるのが最大の魅力。他にも、オリーブ果実油やチャ葉エキスなど、7つの美容保湿成分が含まれていて、髪や頭皮のことを考えた優しい商品と言えますね。

スカルプDボーテヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは染まりが悪いと言われていますが、スカルプDボーテヘアカラートリートメントは、とにかく染まりが良いのがポイントです。

色素もグアイアズレン、アカミノキ、天草が使われていて、こちらの商品も、髪や頭皮にダメージを与えないようにつくられていることがわかります。

まとめ

ひと昔前は、白髪用のヘアカラーかヘアマニキュアぐらいしかポピュラーな白髪染めはありませんでしたが、ここ最近は様々な白髪染めが出てきましたね。何を使うか迷ってしまいがちですが、まず自分が何を一番気にしているのか、どういったポイントを優先したいのかを考えて選んでみてはいかがでしょうか。40代、みなさんと同じ世代の人たちから人気の高い白髪染めを参考にして、自分に合った白髪染めを見つけていきましょう!


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です