白髪染めの色の選び方講座『あなたに合った色を絶対に見つけます!』

白髪染め 色

「白髪のせいで実年齢よりも老けて見られるのはイヤ!」

そんな気持ちがモロに見えてしまっている白髪世代を見かけることってありませんか?

若々しくいたいと思う気持ちは決してなくしてはいけませんが、だからといってやりすぎてしまうと『あの人イタイ…』と周囲から冷ややかな視線を浴びることに…。

そんなわけで今回は、失敗しない白髪染めの色の選び方をレクチャーしたいと思います!

どんな髪色が無難なのかわからない!そんな方は世代別の人気カラーを

若い頃は何の躊躇もなくできていた髪色、年齢を重ねると「この年でまだこんな髪色に染めても大丈夫なのかしら?」と不安を感じる方も多いのではないのでしょうか。

今現在、どんな髪色にすれば無難なのかわからない…そんな方はまず、各世代に人気の髪色を選んでみることをおすすめします。

なお、事前に集計したアンケート結果によると、ここ数年は若白髪世代から白髪世代まで暗めのカラーを好む方が多いようです。

では、人気の髪色に近づける白髪染めを厳選してご紹介致します。

髪色

おすすめ商品

仕上がり

グレージュ系

シエロ スモーキーアッシュ

抜け感がある明るめのアッシュ系カラーです。洗練された大人っぽい印象を与えます。

ブローネシャイニングヘアカラークリーム 2AS アッシュベージュ

白髪となじみやすい明るめのグレージュ系カラー。光があたると緑っぽく見えることもあります。

レフィーネ ヘッドスパ カラートリートメント ダークブラウン

明るすぎず暗すぎない、くすみのあるブラウン。幅広い世代に対応できる間違いのない髪色です。

アンナドンナ エブリ カラートリートメント グレー×ベージュ

透明感のあるグレージュに。白髪の割合が5割~7割程度の方におすすめです。

ブルージュ系

サイオス カラージェニック ミルキーヘアカラー A01 ヌーディアッシュ

青みがやや強い暗めの髪色に仕上がります。白髪が多い場合は青紫っぽくなるため注意。

利尻ヘアカラートリートメント ブラック

抜け感のあるブルージュ系の髪色に。白髪の割合が多いほどやわらかな印象を与えます。

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント ソフトブラック

ベタっとした感じにならず、男性・女性ともに自然な髪色に仕上がります。

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー ナチュラルブラック

知的でシックな髪色に!髪色を明るくできない方でもおしゃれを楽しめる髪色です。

アッシュ系

ブローネ香りと艶カラー4aアッシュブラウン

暗めのアッシュで地毛に近い仕上がりになります。周囲に白髪染めしていると思われたくない方におすすめです。

ブローネ 美髪ヘアマニキュア アッシュブラウン

弱めのアッシュ系にしたい方におすすめのカラー。明るい場所にいるとほんのり栗色に見える髪色になります。

POLA グローイングショット ブラック

白髪の割合が7割以上の方におすすめ。赤みなしの明るめアッシュ系カラーに変身できます。

ダークブラウン系

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

落ち着いていながらもオシャレを楽しめる髪色に♪かわいい印象よりも綺麗な印象を与えたい方におすすめのカラーです。

キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント ダークブラウン

ダークブラウンの中でもやや明るめの仕上がりになります。年齢を重ねても若々しさを強調できるダークブラウンです。

玉髪ヘアカラートリートメント ダークブラウン

ツヤのあるシックなダークブラウンです。白髪の割合が多くても綺麗に染まります。

ピンクブラウン系

クレオディーテ エマルジョン アールグレイブラウン

チェリーレッドのような深く濃い赤みがあるブラウン。女性らしく、落ち着いた印象を与えます。

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

赤みを帯びている、やや明るめのブラウンですが、幼くならず、大人っぽい上品な髪色に仕上がります。

上品ブラウン系

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント モカブラウン

アラフィフ世代におすすめしたい髪色No.1!品が高くどこへ出かけても恥ずかしくない髪色に仕上がります。

マイナチュレ オールインワンカラートリートメント ダークブラウン

やわらかい印象を与える上品ブラウン。暗めのカラーですが、透明感があるのでヤボったい感じになりません。

※仕上がりは元の髪色や髪の状態によって個人差があります。

明るめの髪色ならヘアカラータイプの白髪染め、暗めのヘアカラーならヘアマニキュアやヘアカラートリートメントを使うと理想の髪色に仕上げることができます。

ただし、ヘアカラータイプの白髪染めは髪と頭皮への負担が大きいので、頻繁に使うのはおすすめできません。

また、ヘアマニキュアは一度染めるとしばらく染め直しがきかなくなるため、しっかり色を確認してから使うことをおすすめします。

白髪染めの色を選ぶ上で注意するポイント

白髪染め 色

さて、前項でもお伝えした通り、白髪染めの仕上がりは元の髪色や髪の状態によって個人差があります。

そのため、いざ理想に近い髪色に染まる商品を購入しても、実際に使ってみたら何か違った…ということも。

そこで次に、白髪染めの色を選ぶ上で注意したいポイントをいくつか解説しておきたいと思います。

同じ色でも髪の割合で見た目が変わる

同じ白髪染めを使っても、白髪と黒髪の割合によって仕上がりの明るさが変わります。

これは、髪の内部にあるメラニン色素が関係しているためです。

白髪はカラー剤の色がそのまま反映されますが、黒髪の場合は白髪よりも仕上がりの色が暗くなります。

そのため、白髪染めの色を選ぶ際は、白髪と黒髪の割合にも目を向けてみることが重要です。

白髪の割合が多い方は理想の色よりワントーン暗めの白髪染めを、反対に黒髪の割合が多い方は理想の色よりワントーン明るめの白髪染めを選びましょう。

ただし、あまり明るすぎる色を選ぶと白髪部分が光って浮き出てくるので、黒髪の割合が多い方は注意が必要です。

髪の太さも髪色に影響する!?

白髪染めの色は髪質、つまり髪の太さでも染まり具合が変わってきます。

どのように変わるかというと髪が細い人ほど色が付きやすく、逆に太い人ほど色が付きにくくなるんです。

髪の細い人は理想より1トーン暗め、髪の太い人は理想より1トーン明るめの色を選ぶといいですよ。

自分のパーソナルカラーを事前に調べておくと◎

また、絶対に違和感のない白髪染めを選びたいのなら、事前にご自身のパーソナルカラーを調べておくのもひとつの手です。

パーソナルカラーとは、その人の肌や瞳の色など、生まれもった色に似合う色のことです。

春・夏・秋・冬と大きく4つに分類され、タイプによって適した色が異なります。

各タイプに似合う髪色は?

春タイプ

夏タイプ

  • グレージュ
  • ベージュオレンジ
  • ピンクブラウン
  • オリーブアッシュなど
  • ブルージュ
  • スモーキーアッシュ
  • ソフトブラック
  • バイオレッドなど

秋タイプ

冬タイプ

  • グレージュ
  • モカブラウン
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウンなど
  • ブラックブルー
  • ダークブラウン
  • ダークグレージュ
  • バイオレッドなど

パーソナルカラーは美容院や化粧品メーカーの公式サイト等で診断することができます。

もしご自身に似合う色がわからないときは是非活用してみてくださいね♪

パーソナルカラーに関しては以下の記事にも記載しています。

盛り沢山!ヘアカラートリートメントの色 白髪染めでかぶれても髪色を楽しもう

2017.02.03

白髪染めデビューの人はまず明るめの色から始めてみよう

ヘアカラー

今まで白髪染めを使ったことがなく、どんな色がいいか見当もつかない人は、まず明るめの髪色に染まる白髪染めを使ってみましょう。

どうしてかと言いますと、明るい色なら失敗してもリカバリーが効くからです。

白髪染めは基本的に色を暗くする行為になります。つまり「白髪=明るい色」を暗くすることで茶系などの好みの色に染めているんです。

もし色選びで失敗して明るすぎる色になっても、その後に暗い色で染め直しが出来ます。

逆に暗すぎて失敗なんてことになったら、色が落ちるまで染め直しが不可能です。

まとめ

白髪と無縁だったあの頃は髪色で悩むこともなかったのに、白髪が気になり始める世代ともなると、年齢に適した髪色がだんだんとわからなくなってきますよね。

白髪染めの色選びに迷ったら、まずは各世代に人気のカラーをチェックしてみること!

それと自分のパーソナルカラーや髪の状態を知っておくと、絶対に外すことはありません。

なお、パーソナルカラーや髪の状態がわからない方は、明るめの髪色に染まる白髪染めから試してみてくださいね。

※ヘアカラータイプの白髪染めは当日の染め直しができないため(髪と頭皮に大きな負担がかかります)、すぐに染め直しするのであればヘアカラートリートメントタイプがおすすめです♪


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です