白髪染めの色の選び方講座『あなたに合った色を絶対に見つけます!』

白髪染め 色

そろそろ白髪が目立ってきたから白髪染めで染めないと!

でも何色で染めればいいんだろう・・・もし変な色になったら白髪よりも恥ずかしいことに。

こんなお悩みを抱えている方は全国に大勢いらっしゃいます。

そこで白髪染めの色選びに困っている人へ、ベストな色の選び方をお教えましょう。

「明るい色にしたい人」、「暗い色にしたい人」、「自分に合った色が分からない人」どんな人でも今日であなたに合った髪の色が絶対に見つかります!

目次

白髪染めには4種類ある

白髪染め 種類

まず初めに、白髪染めの色の前に白髪染めの種類を知っておきましょう。

白髪染めと言ってもタイプが様々あり、染める方法によって白髪染めは大きく4つのタイプに分けることが出来るんです。

このタイプによって染まる色合いも変わってくるので、色選びの重要な要素にもなります。

ヘアカラータイプ

最初に紹介するのは、一番メジャーなヘアカラータイプの白髪染めです。

このタイプはドラッグストアなどで色々な種類が安価で売られています。

特徴をあげるとすると、初めに髪を脱色(ブリーチ)してから髪の内部に色を浸透させて染める白髪染めです。

事前に2つの液剤を混ぜてから髪に塗り、色が浸透するまでしばらく放置。

その後しっかり洗い流すことで一発で染めることが出来ます。

このお手軽さと染色力が魅力ですが、染色力が高いゆえにかぶれを引き起こす「ジアミン」などの有害成分が使われているというデメリットもあるので注意が必要です。

ヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)

次に紹介するのがヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)の白髪染めです。

厳密にいうとヘアカラートリートメントとヘアマニキュアは違うタイプの白髪染めなのですが、髪を染める仕組みが一緒で、ほとんど違いがないので一緒のタイプとして今回は扱います。

ヘアカラートリートメントは白髪を染めつつ、トリートメント効果も持った白髪染めです。

このタイプの白髪染めは脱色をせずに、髪の表面をコーティングすることで色を付けます。

ですから脱色に必要な「過酸化水素」を使わず、有害成分である「ジアミン」も不使用の商品が多いです。

そのため白髪染めに安全性を求める人に人気で、現在どんどんヘアカラートリートメントの白髪染めが増えてきています。

ヘナ

ヘナとはミソハギ科の植物を原料とした100%植物で作られた白髪染めで、近年ヘナの愛用者が増えています。

100%天然植物が原料なので体に害のある化学成分が含まれている心配がなく、安全に白髪を染めることが出来ます。

ただしヘナの中には染色力を上げるために、化学染料を含んだ商品もあるんです。

ですから安全性を求めてヘナを購入する際は原材料に注意してから注文するようにしましょう。

お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染めとは、酸化染毛剤が使われていないタイプの白髪染めです。

酸化染毛剤はブリーチに用いる過酸化水素やアレルギー反応を起こしやすいジアミンなどが酸化することで髪に色を付ける成分を指します。

このようにお歯黒式白髪染めは安全性が高いのですが、使い方に難があります。

というのも、お歯黒式で染めるには1剤と2剤を一定時間ごとに塗らなければいけないのでかなり面倒です。

ヘアカラーのように事前に混ぜてから使用することが出来ません。

またお歯黒式白髪染めは医薬部外品に指定されているので、使用前にパッチテストを必ず行う必要があります。

白髪染めの色の選び方【白髪染めタイプ編】

白髪染め 色

白髪染めの4つのタイプが分かったので、次は4タイプごとの色の染まり具合を紹介していきましょう。

ヘアカラータイプは色が豊富

ヘアカラーは4タイプの白髪染めの中でも一番カラーバリエーションが多いです。

明るさや赤み度ごとに何種類もの色を選ぶことが出来ます。

また一度で完璧に染めることが出来るので、すぐに色合いを確かめることが出来るのもヘアカラーの利点ですね。

ただしヘアカラータイプの白髪染めは前述してある通り、必ずと言っていいほどジアミンのような有害成分が含まれています。

そもそも脱色自体が髪にいい行為ではありません。せっかくいい色に染まったとしても、見た目がボサボサになってしまっては意味がありません。

ですから私個人としては、あまりヘアカラータイプの白髪染め染めはおすすめしません。

ヘアカラートリートメントは地毛に近い色を選ぶ

ヘアカラートリートメントはヘアカラーほどではないにしても、様々な色を選ぶことが出来ます。

多くて4、5種類のカラーバリエーションから選択可能です。

そしてヘアカラーと違って脱色しないので安全で、かつトリートメント効果で美しい髪に仕上がります。

ただしヘアカラートリートメントで注意して欲しいのが、白髪は染まっても黒髪はあまり染まらないという点です。

というのもヘアカラートリートメントは髪の表面を色付けるだけなので、黒髪の色に負けてしまって色の変化があまり出ません。

ですからヘアカラートリートメントで白髪を染める際は、なるべく地毛に近い色を選ぶようにしましょう。

ヘナで染めるとオレンジ系になる

ヘナは天然植物を原料に作られているので、あらかじめどんな色に染まるかは予測出来ません。

ただ一つ言えるのはオレンジ系の色に染まるということです。

特に白髪部分は明るいオレンジ系に染まる傾向にあるため、白髪が多めで暗めの髪色を好む人にはヘナはおすすめ出来ません。

逆に明るめの色が好きな人でしたらヘナはおすすめです。

お歯黒式白髪染めは高齢者におすすめ

お歯黒式白髪染めはヘナとは対照的に暗めの色にしか染まりません。

ほぼ黒色になると言っていいでしょう。

そのため赤味のある色にしたい人には向いていない白髪染めです。

その代わり落ち着いた髪色を好む傾向にあるご年配の方にはお歯黒式をおすすめ出来ます。

しかもお歯黒式はアレルギー原因となる成分が入っていないので、頭皮が弱ってくる高齢の方にはピッタリです。

白髪染めの色の選び方【白髪・黒髪の割合、髪質編】

白髪染め 色 割合

白髪染めの色を選ぶ際は白髪・黒髪の割合や髪質が重要になってきます。

白髪・黒髪の割合で色を決める

白髪と黒髪では白髪染めを使った際の染まり具合が変わってきます。

そのため同じ白髪染めを使ったとしても白髪の割合で見た目の印象が全然違ってくるんです。

では具体的に白髪の割合でどのような色を選べばいいのか紹介しましょう。

白髪が多い人

白髪は黒髪に比べて染まった感じが明るい色になります。

そのため白髪が多い人だと黒髪が多い人に比べて明るい色に染まるんです。

ですから白髪が多い人は自分の理想の色より1トーン暗い色を選ぶと良いでしょう。

黒髪が多い人

黒髪の多い人は白髪が多い人に比べて、あまり明るい色には染まりません。

そのため理想の色より1トーン明るい色を選ぶとちょうどいい色に染まりますよ。

ただし、あまり明るすぎる色を選ぶと白髪部分が光って浮き出てくるので注意が必要です。

髪の太さで色を決める

白髪染めの色は髪質、つまり髪の太さでも染まり具合が変わってきます。

どのように変わるかというと髪が細い人ほど色が付きやすく、逆に太い人ほど色が付きにくくなるんです。

ですから髪の細い人は理想より1トーン暗め髪の太い人は理想より1トーン明るめの色を選ぶといいですよ。

白髪染めの色の選び方【パーソナル編】

白髪染め 色

白髪染めの種類や髪の状態での白髪染めの色の選び方を紹介してきました。

では最後に、あなた個人に合った色を探していきましょう。

初めて白髪染めを使う人

今まで白髪染めを使ったことがなく、どんな色がいいか見当もつかない人におすすめの色の選び方を紹介します。

白髪染め初心者の色選びのコツはズバリ、少し明るめの色を選ぶことです。

理由は明るい色なら失敗してもリカバリーが効くからです。

白髪染めとは基本的に色を暗くする行為になります。つまり「白髪=明るい色」を暗くすることで茶系などの好みの色に染めているんです。

ですから、もし色選びで失敗して明るすぎる色になってもその後に暗い色で染め直しが出来ます。

逆に暗すぎて失敗なんてことになったら、色が落ちるまで染め直しが不可能です。

また失敗なしで一発で染めたいなら、中間色をおすすめします。中間色はどの白髪染めであっても一番人気の色であることが多く、失敗の少ない色です。

年齢別に色の明るさを決める

自分に合った色が分からないという人は年齢に合わせた明るさの色にするのもいいですよ。

髪の色というのは人の印象に大きく作用します。

例えば髪が明るいほど若く見え、逆に髪が暗いほど落ち着いた大人に見えます。

ですが髪の印象にも限度があり、見るからにお年を召しているのにピッカピカの茶髪だったら違和感がありますよね。

このことから自分の年齢に合わせた髪の明るさにするのがベストで、違和感がなく自然な見た目になります。

男性におすすめ、黒色の選び方

白髪染めで選べる色は全てが明るい茶系ではありません。

もちろん男性に似合う黒髪に染めることだって出来ます。

ただし、白髪染めで黒色(ブラック)を選ぶときに注意して欲しい点があります。

それは赤みが多少入った黒を選ぶことです。

私たち日本人の白髪って実は若干黄色がかっています。ですからそこに赤味のない黒を入れると色素のバランスから言って緑っぽくなるんです。

こうならないためにも、黒色を選ぶ場合は赤味の入った自然な黒髪になるような白髪染めを選ぶといいですよ。

顔や瞳の色に合わせる

髪の色は顔や瞳の色に合わせることも重要です。

顔と髪を違和感なく綺麗に見せるには同じ系統の色にするのがいいでしょう。

例えば顔が白い人であれば明るい髪色が似合います。これがもし色白なのに黒髪にすると顔だけ浮き出て、ちょっと不気味に見えてしまうんです。

逆に顔が暗めの印象の人は髪も暗めにすることで、落ち着きのあるキリっとした見た目になります。

また瞳の色に合わせるのも色選びのコツで、瞳が黒い人はダークブラウンなど若干暗めの色が似合います。

そして瞳が茶色がかっている人はライトブラウンなどの明るい色にすることで、爽やかな見た目になるんです。

白髪染めの選び方

白髪染め 色 選び方

自分に合った白髪染めの色が見るけることが出来たら、後は白髪染めを買うだけです。

そこで色の選び方のついでに白髪染め選びのポイントも紹介しましょう。

髪や頭皮を傷めない白髪染め

白髪染めはこれからも使い続けるものです。

そのため仮に小量であっても有害物質を含んでいる白髪染めを使っていると、それがどんどん頭皮に蓄積していき、いずれ体に思わぬ障害をもたらす可能性があります。

こうならないためにも白髪染めは有害物質が使われていない安全なものにしましょう。

特にジアミンや過酸化水素を含むヘアカラータイプの白髪染めは避けることをおすすめします。

カラーバリエーションが多い白髪染め

自分に合う色がわかっても実際に思った通りに染まるとは限りません。

そのため後で色比べが出来るようにカラーバリエーションが多い白髪染めを選ぶといいですよ。

もし初めに染めた色が思ったより明るかった場合は、それより1トーン暗めの色にすると自分にベストの色を見つけることが出来ます。

美髪効果が高い白髪染め

白髪染めは基本的に髪に不自然な刺激を与えて色を付けています。そのため白髪染めの度に髪が痛んでいくのです。

そこでおすすめなのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントは白髪染めと同時にダメージケアをしてくれます。

特に最近のカラートリートメントは美髪効果が高く、髪に艶や潤いを与えてくれる商品が多いので、長年使い続けるならこういった美髪効果が期待できる白髪染めが良いでしょう。

おすすめ白髪染めランキング『色見本も掲載!』

白髪染め 色

最後に私がおすすめする白髪染めをご紹介します。

各商品のカラーバリエーションごとの色見本もあるので、参考にしてみてください。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は今一番売れている白髪染めで、私の一番のおすすめでもあります。

安全性や美髪効果も文句なしです。

商品の特徴はトリートメントに利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されている点で、昆布のネバネバの保水力で髪に潤いを与えてくれます。

そして肝心のカラーバリエーションですが、利尻は全部で4色から選択可能です。

  • ライトブラウン・・・赤味のある明るいブラウン
  • ナチュラルブラウン・・・自然な明るさのブラウン
  • ダークブラウン・・・落ち着いた色合いのブラウン
  • ブラック・・・自然な黒髪のブラック

明るめの色が「ライトブラウン」と「ナチュラルブラウン」、暗めの色が「ダークブラウン」と「ブラック」になります。

またライトブラウンは赤系、ナチュラルブラウンは黄系と差があるので好みによって色分けするといいでしょう。

第2位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは、化粧品大手の資生堂が販売しているオシャレなデザインの白髪染めです。

プリオールの特徴は有害成分であるジアミン不使用で、かつHC染料や塩基性染料の化学染料も使っていない点になります。

ですから安全性がとても高い白髪染めです。

またコンディショナーに含まれる天然海藻エキス成分や、マイクロクリスタリンワックス成分によって髪に潤いとボリュームを与えてくれます。

選べるカラーバリエーションは3色です。

「ブラック」を除けば、「ブラウン」と「ダークブラウン」だけなので選びやすいですね。

明るすぎず暗すぎず無難な色を選ぶならダークブラウンがおすすめになります。

第3位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★☆

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

ルプルプは今人気の白髪染めで、特徴が利尻と似ていています。

トリートメントにはガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合し、艶のあるサラサラの髪にしてくれます。

安全性も高く、刺激の強い染料成分は一切使わずに植物性原料のみを使用して切るため頭皮や髪に優しい白髪染めです。

カラーバリエーションは以下の4色から選ぶことが出来ます。

  • ブラウン・・・赤味の強い明るいブラウン
  • ダークブラウン・・・赤味が少しある落ち着いた色
  • モカブラウン・・・明るすぎず暗すぎずベーシックな色
  • ソフトブラック・・・黒過ぎない自然な黒

ルプルプの色選びの際に気を付けたいのが、モカブラウンがダークブラウンより暗い点です。

モカブラウンはルプルプの4色の中で一番新しく登場したカラーで、色合いで言ったらダークブラウンより暗く赤味の少ないのが特徴になります。

名前だけ見るとダークブラウンのほうが暗い印象を受けるのでそこだけ注意しましょう。

ちなみに一番人気がモカブラウンです。

第4位 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

★★★★☆

主な成分

塩基性染料

HC染料

アロエ、カンゾウなど

カラーバリエーション

ライトブラウン

ローズブラウン

マロンブラウン

ダークブラック

ナチュラルブラック

内容量

300g

価格

初回限定24%オフ 1,800円(140g)

通常3,334円

送料600円(2本以上購入で無料)

 

レフィーネは白髪を染めながら頭皮ケアも出来る白髪染めです。

火山岩から取れた泥を配合しており、その泥が頭皮・髪の汚れを吸収して落とします。

これにより油脂などで汚れた頭皮をスッキリ綺麗にしてくれるんです。

またレフィーネはカラーバリエーションがとてもたくさんあります。

選べる色は全部で5色あり、さらにはその5色を混ぜて自分色を作って使うことが出来るんです。

このことからリフィーネのカラーバリエーションは無限大と言ってもいいでしょう。

リフィーネの基本色は以下の通りです。

  • ライトブラウン
  • ローズブラウン
  • マロンブラウン
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラック

レフィーネは他の白髪染めに比べかなり明るい色に仕上がります。

特に「ライトブラウン」は仕上がりが金髪に近いです。

次に明るい茶系の「ローズブラウン」と「マロンブラウン」になります。この2色は赤み度の違いなので好みで色を決めるといいでしょう。

そしてもっと落ち着いた色がいいなら「ダークブラウン」、自然な黒髪に仕上げたいなら「ナチュラルブラック」を選ぶことが出来ます。

第5位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

★★★★☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)、ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

ライトブラウン

ダークブラウン

ブラック

 

内容量

150g

価格

初回限定20%オフ2,555円

通常3,200円

送料無料

 

キラリ(泡)はカラートリートメントをムース状にした白髪染めです。

成分はトリートメントタイプと変わらず、有害成分を使っていない安全な白髪染めになります。

泡状のメリットとしては髪に塗りやすくなるという点で、髪の毛一本一本に泡が密着していくので色ムラが出来ません。

キラリのカラーバリエーションは全部で3色あり、より赤みが強い茶系の「ライトブラウン」、黒と茶の中間色の「ダークブラウン」、自然な黒色の「ブラック」となっています。

第6位  POLAグローイングショット ヘアカラートリートメント

★★★★☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、セラミド、アミノ酸、トチャカエキス

カラーバリエーション

ブラウン

ブラック

 

 

内容量

200g

価格

通常2,900円

送料無料

 

化粧品メーカーのポーラが発売する白髪染めになります。

ポーラの特徴は染める手間がかからない点です。

というのも、ポーラは髪にトリートメントを塗った後の待ち時間がたったの5分で済みます。

これはポーラ独自で開発した技術、ピグメント処方によるもので通常より染料が髪の内部に素早く浸透してくれるんです。

またトリートメント成分にはキューティクル保護のセラミドや、頭皮を潤すコラーゲンが配合されていて頭皮や髪に優しい白髪染めになっています。

ただ残念なのはカラーバリエーションが2色しかない点です。

「ブラウン」と「ブラック」からしか選べないので黒髪に染めるのでなければブラウン1択になってしまいます。

そして明るさも暗めのブラウンなので明るい色にしたい人にはポーラは向いていません。

第7位 カバーグレイ プレミアム

★★★☆☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシエキス、ベニバナエキス、シコンエキス、ヘンナ)、利尻昆布、植物コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタエキス

カラーバリエーション

ダークブラウン

ナチュルブラウン

ソフトブラック

 

内容量

200g

価格

通常3,790円

送料無料

 

4種類の天然染料で優しく白髪を染めてくれるのが、カバーグレイプレミアムです。

カバープレイプレミアムには利尻昆布やプラセンタなどの保湿効果を持った成分が含まれていて、髪のダメージケアをしてくれます。

またカバーグレイプレミアムは弱酸性の白髪染めなので、髪へのダメージが少ないのも特徴です。

カラーバリエーションは全部で3色ありますが、カバーグレイは赤みが強い色なのが特徴なので黄色系の明るい色がお好きな人には向いていません。

逆に赤系の色をお探しの人にはピッタリの白髪染めです。

まとめ

白髪染めで何色に染めるか悩んでいた人も、自分に合った色を見つけることが出来たでしょうか。

髪の色は人の印象を大きく買える重要なポイントです。

ですから顔や瞳に合わせて今のイメージ通りに仕上げるのもよし、殻を破って思い切って明るい色にするのも自由。

ただし白髪と黒髪では同じように染まらないということだけは理解しておきましょう。

もしそのことを考えずに染めてしまうと、白髪が浮き出て余計に目立ってしまう可能性があるんです。

そうならないためにも、白髪の割合を見極めるのが白髪染めの色選びの一番のポイントになりますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です