白髪染めで可愛いピンク色に染めてみませんか?おすすめの白髪染めを紹介!

40歳を迎えて数年経ち、誰が見ても「白髪があるよ”」と感じるほど、急激に白髪の量も場所も増えてきたから、諦めて白髪染めを決意。

どうせならおしゃれに染めたいな…そう思って、若々しい色合いで印象をガラッと変えられる、ピンク系のブラウンにしようと思ったけど、染めてもすぐに根元が白くなるし、染まり残りもちらほら。

はっきり言ってキレイに染まらないから超不満!

しかも、染めるたびにパサパサした髪質になって、色落ちすると以前よりも老けたように感じてしまう。

これ以上髪を傷めたくもないし、髪色に悩まされたくもない!

そう思っていませんか?

今回は、そんな方に向けてピンク系の色合いに染めてくれる、白髪染めについていろいろとお話しちゃいます。

ずっと若々しく、キレイな髪色と髪質を保つためにも、参考にしていってくださいね。

白髪染めはピンク系の色に染まらない?

ピンク色の髪型といえば、発光ピンクにすればド派手な印象を与えてくれて、薄めのピンクをブラウン系に入れることで、若者に人気のおしゃれな髪色にしてくれますが、実は意外と失敗しやすい色合いでもあるんですよね。

そこでまずは、白髪染めでピンク系の色合いに挑戦した方の口コミから、どのような染め方をして失敗したのか、ピンク系の色の限界を見ていきましょう。

似たような失敗をしないためにも、一緒に確認していきましょう。

ピンク系の色に挑戦して失敗した人の口コミを見てみよう

気にするほどでもないですが、白髪がちらっと見えるようになったので、美容院でピンクブラウン系に初挑戦!

でも、ブリーチしなかったってのもあるんですが、思っていたより暗く染まったんですよね…

元々黒髪が多かったのもあると思いますが、すぐに白髪が目立つようになったから、白髪染めだとここが限界なんだと思います(37歳・女性)

白髪がちらほら混じり始め、見た感じみすぼらしくなって来たので、ピンクのカラートリートメントで白髪隠しし始めたところ…

白髪にだけしっかりピンクが入り、黒髪の部分は日光に当ててやっとふんわりピンクっぽく見える程度。

白髪の量がかなり少ないと、ピンク系の色にするのはかなり難しいと思って、使うのを辞めてしまいました。(40歳・女性)

この春流行しそうなコーラルピンクに染めて、白髪隠ししようと思って美容院に行ったんだけど、ブリーチした後でピンク系の色を入れなければいけず…

当然髪にダメージがあって、パサパサ・ギシギシした感じに。

しかも色落ちも早く1、2週間で毛先も根元も白みがかるので大失敗。

この年になってからのおしゃれ染めは、結構リスクが伴うものだと思いました。(53歳・女性)

このほかにも、「ブリーチしないと染まりが悪い」「思い通りに髪に色が入らない」、「思ったより明るくなった」といった声も見られました。

そう考えると、白髪染めよりもおしゃれ染めの方が、思った通りに染めることができる…と思われることが多いんですが、白髪染めでピンク系の色を楽しめないってワケでもないんですよね。

白髪染めで出来るピンク系の色の限界はココ!

ピンク系の色は使う薬剤の性質上、どうしても白髪に色が入りやすく、黒髪には色が入りにくくなっています。

つまり、白髪染めでピンク系の色を楽しむためには、どうしても『白髪の量』が重要なポイント。

  • 白髪より黒髪が多い人⇒暗めのピンク色になりやすい
  • 黒髪より白髪が多い人⇒明るいピンク色になりやすい

簡単にまとめるとこのようになります。

ただ、赤みが強いブラウン系に近づければ、光加減でピンク系の色を楽しむことが出来ると思いますし、明らかなピンクではない赤みが強い色合いにすれば、若作りしていると言われず、年相応で自然な髪色にしていくことが出来ます。

そう考えると、髪が傷むブリーチをせずに、光加減でピンク系の色を実現するなら、赤系の白髪染めを使うのも失敗しない一つの手、そう言えるのではないでしょうか。

ピンク系のブラウンに近い色合いを出す白髪染め3選

そこでここからは、ピンク系のブラウンに近い色合いにしてくれる、赤系の色を用意している白髪染めを3つ紹介していきます。

併せてピンク系のブラウンに近い色合いにしてくれるカラーも紹介するので、是非参考にしていてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 初回限定:2,160円
通常価格:3,240円
送料:540円
(2本セットで無料)
カラーバリエーション
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

【商品の特徴】

利尻ヘアカラートリートメントは、高い認知度がある、トリートメントタイプの白髪染め。

明るめのカラーは赤っぽい色に仕上げてくれるため、ピンク系のブラウンに近い色合いを出すことが出来ます。

また、安全性・トリートメント効果・染まり具合のどれをとっても高品質なのもポイント。

植物由来の染料でしっかり染めつつ、トリートメント効果の高いフコダインを配合していることで、髪にツヤを出して指通りの良い仕上がりにしてくれます。

【口コミ】

41歳★★★★★ 5
選んだ色:ライトブラウン

頭皮が弱くかぶれやすいのに、若いころから白髪が大量に生え始め、今ではかなり目立つように。

元々色素が薄くて髪が明るいので、頭皮に薬があまりつかないように工夫して染めていたんですが、毎月染めるたびに頭皮がボロボロ、髪はギシギシ。

そんなときに利尻を見かけて使い始めたんですが、本当に良かった!

たっぷり塗って放置しても頭皮に染みることもないし、明るめの色になるのでかなり良い感じ♪

日光に当たるとピンクっぽい赤に見えるので、大変気に入っています。

56歳★★★★★ 5
選んだ色:ナチュラルブラウン

若いころからヘアカラーをしていたためか、白髪だけではなく薄毛でも悩んでいた時に、夫がプレゼントしてくれたのが利尻ヘアカラートリートメントでした。

早速使ってみると、ヒリヒリ感やツッパリ感もなく、少ない刺激で使うことが出来ます。

ちょっと不安だったので私の場合は30分くらい放置したんですが、意外に赤系の色に明るく染まってキレイに仕上がり大満足。

色の定着も良いし、髪も柔らかくつやが出た感じになるので、かなり助かっています。

43歳★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

元々暗めのピンクブラウンにして白髪隠しをしていたんですが、白髪染めするたびに髪がパサつくのでいったん辞めて、白髪染めトリートメントでケアしようと決意。

その時に利用したのが利尻ヘアカラートリートメントでした。

染まった感じはピンクっていうより赤みが強いといった感じで、自然な感じに仕上がってくれますが、落ちやすさが難点ですね。

ただ、ツンとくる香りもないし、使った後に髪がサラサラするのでリピ買いしています。

46歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ナチュラルブラウン

20年以上ヘアカラーしていて、白髪染め専用に切り替えてから8年。

いろんな白髪染めを試していた時にたどり着いたのが、利尻ヘアカラートリートメントでした。

元々全体的に白髪があったので、染まり具合は人よりも赤っぽい明るい色に染まっているとは思うのですが、しっかり染めるために放置時間がめちゃめちゃかかるのがかなり面倒。

使い方のコツをつかめれば長く使えそうですが、キレイに染まるまで何度も必要になりそうなので、リピ買いするかどうかは悩んでいます。

42歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:ライトブラウン

部分的に白髪がある程度で、束になって生えている部分が気になったので、利尻ヘアカラートリートメントを購入してみることに。

元々明るめの髪色にしていたので、ライトブラウンを使ったのですが、陽に当たるとかなり赤くなり、色落ちすると黄色っぽい色になります。

白髪が少ない人は目立ちにくくなっていいかもしれませんが、私みたいに束で白髪がある人はダメかなって思います。

ただ、髪にツヤは出ましたね。

54歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ナチュラルブラウン

白髪が全体的に増えて簡単に白髪染めでき、かつ頭皮や髪に負担をかけない商品を…と言うことで使い始めたのが、利尻ヘアカラートリートメント。

早速3時間くらい放置してみたんですが、所々金髪に染まる程度で、あとは白髪が残って目立ちます。

しかも、使い続けると赤く染まったというよりも、緑かかった感じに…昆布だからですかね?

太陽の下だと特に目立つので、失敗した!と思って、2週間くらい使ってすぐに辞めてしまいました。

【使った人が感じたピンク系ブラウンに近い色になるカラー】

口コミを見てみると、ピンク系のブラウンに近づける赤系の色に染まるのは、「ライトブラウン」や「ナチュラルブラウン」といった明るめの色。

特に、元々ピンクブラウン系の色にしていた方が、自然な感じに仕上がりに満足しているようです。

また、人によって赤みが強くなりやすく、元々の髪色がシックな色合いにしている方にとっては、光加減で白髪が分かりやすくなってしまうことも…。

そう考えると、利尻ヘアカラートリートメントは元々赤系の色にしている人や、ピンク系の色合いに染めている人は自然な色合いにしてくれますが、一方でブルーや紫といった寒色系の色に染めている人にはあまりオススメできない、そう言えるのではないでしょうか。

LPLP

内容量 200g
価格 初回限定:2,160円
通常価格:3,240円
送料:540円
(5,000円以上購入で無料)
カラーバリエーション
  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

【商品の特徴】

LPLPは利尻ヘアカラートリートメントと同様に、キレイな髪色に仕上げつつ、トリートメント効果や染まり具合にも満足している方が多い、トリートメントタイプの白髪染めです。

刺激の強い成分を一切使わず、頭皮や髪に優しく染めてくれるので、かぶれやすい人でも安心して使えます。

また、利尻と同様に安全性・トリートメント効果・染まり具合の3拍子がそろっており、植物由来の染料と美髪成分もふんだんに使われているので、自然にキレイな髪色へと染めていくことが出来ますよ。

【口コミ】

53歳★★★★★ 5
選んだ色:ブラウン

部分的に白髪が群生しはじめ、最早染めないと年齢以上に見える状態になったけど、カラー剤だと髪は傷むしかぶれてしまう…そんなときに、ものは試しで使ってみようと思って買ったのが、LPLPでした。

正直期待感はそこまでなかったものの、1回使ったら白髪が赤みがかった薄茶色に!かなり色の定着は良いです!

オシャレ染め出来ずに楽しめなかった、ピンクブラウンっぽく染まってくれるので、個人的には大満足♪

髪も頭皮も傷まないので助かっています。

57歳★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

ここ2年ほどで白髪がどんどん増え、しかも髪の毛の伸びるスピードがとても速いので、美容院でのカラーリングの感覚に困っていた時に、LPLPのことを知って使ってみることに。

1回でしっかり染まってくれますし、赤みがかった上品に染まって良い感じ。

根元の白髪部分は赤っぽいやや薄い黒といった感じで、色落ちしている印象はないですし、一度色が定着すればある程度色持ちするので、手間がかかりません。

夏の汗の時期はどうなるのか少し不安ですが、この製品はなかなかのお助けグッズですね。

45歳★★★★☆ 4
選んだ色:ブラウン

30歳を過ぎた頃から急激に白髪が増えてしまい、今では三分の一が白髪。まだまだ若く見られたいので、美容院でピンクブラウンに染めるようになったけど、2週間もすればすぐに白髪がこんにちは…。

ほとほと困り果てていた時にLPLPのことを知って、試してみたんですが、個人的にはアタリです。

根元や色落ちした部分を、やや赤みの強いブラウンに染めることが出来るので自然な仕上がりになりますし、ノンシリコンで髪のツヤやコシも良くて大満足。

ただ色落ちは結構早いですね、使って2、3日するとよく見ると白髪かな?って位になります。

44歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ダークブラウン

白髪が大分内側に生えてしまい、だましだまししていたのが隠し切れず、白髪染めをすることを決意。

今までもカラーリングをしたことなく不安だったので、まずは髪を傷めずに染めるものを…と思ってLPLPを買いました。

ただ、暗めの色を選んだけど、赤系の色が結構強い色に染まってしまい、白髪染めだとはっきりわかる感じに仕上がります。

使うたびにだんだんと暗くなって行きましたが、きちんと色を定着させるのには時間もお金もかかると感じ、今は市販の毛染めで染めています。

42歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:ブラウン

30代後半から白髪が生え始め、そろそろ白髪染めを…と思い、お財布的に厳しかったのでセルフでピンク系のブラウンに染めようとしたんですが、なかなか思った色に染まらず困っていた時に見かけたのがLPLP。

髪に良くピンクブラウンっぽくできるかな?と思って試しに使ってみたんですが、赤っぽい色濃い目の茶髪になってやや不満。

色持ちして髪質が良くなった感じはするけど、ピンク系のブラウンにするには、やっぱりその色のモノを選ばないといけないなと思って、使うのを辞めてしまいました。

37歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ブラウン

数本の白髪が出てきたことが気になったので、色々と試してきた中で最後に使い始めたのがLPLP。

最後の思いで使い始めたんですが、全く色が入らず…。

もちろん乾いた髪に使用して30分放置したり、重ね塗りしたりしましたが、うっすらと赤みがかった色に染まるだけで、光が当たるとすぐに白髪だってことが分かります。

正直私には合わないと思ったので、リピ買いはないですね。

【使った人が感じたピンク系ブラウンに近い色になるカラー】

口コミを見てみると、ピンク系のブラウンに近い赤系の色に染まるのは「ブラウン」だけ。

「ダークブラウン」も、やや赤みがある暗めの色に染めることが出来そうですが、人によって赤みが強くなる場合もあるので注意が必要です。

そう考えると、LPLPでピンク系のブラウンを楽しむのであれば、ブラウンはまず失敗しない色ですが、髪色や白髪の量に合わせて、ダークブラウンを選ぶことで、自然な髪色に仕上げることが出来ると言えるのではないでしょうか。

また、LPLPは染まった感じが暗くなりやすいことも、口コミで見て取れますので、染める時間を短くするなどの工夫をすることで、より明るい色合いを楽しめますよ。

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 定期購入:3,380円+税
通常価格:3,980円+税
送料:750円
(2本セット・定期コースで無料)
カラーバリエーション
  • ブラウン
  • ダークブラウン

【商品の特徴】

マイナチュレのヘアカラートリートメントは、白髪染め・エイジングケア・スカルプケア・ヘアケアの4役をこなしてくれる、トリートメントタイプの白髪染めです。

染料だけではなく、補修効果や褪色防止成分も配合しているので、ダメージを回復しながら色落ちしにくいキレイな髪色にしてくれます。

また用意されている色もブラウン・ダークブラウンの2種類なのもポイント。ピンクブラウンに近い色合いを楽しむことが出来ますよ。

【口コミ】

52歳★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

2週間に1度の美容院でのリタッチが欠かせないほど白髪が増えて、お財布的にも困ってきた時に見かけたのが、マイナチュレのカラートリートメントでした。

元々ベージュ系のピンクブラウンで暗めにしていたんですが、使ってみると1回目で想像以上に染まってくれましたし、2回目、3回目と使い続けると、白髪がどこにあるかわからない状態に。

自然な仕上がりになって白髪が目立たなくなり、しかも2週間以上持ってくれるので助かっています。

傷んだ髪も艶やかになって、天使の輪も復活しましたし、使い始めて良かったと思います。

42歳★★★★★ 5
選んだ色:ブラウン

白髪が気になり始めたけど髪を傷めたくないと思っていたので、普段はブリーチしないおしゃれ染めでピンクブラウンにしていたんです。

しかし白髪が染まりにくいのか、染めた日から光加減でちらっと浮いて見えてしまい、仕上がりに不満を感じていた時に、マイナチュレのことを知って使い始めました!

使ってみるとコレが結構良くて、白髪を赤めのブラウンに染めてくれるので、元の髪色を邪魔しない自然な仕上がりになります。

それにトリートメント効果が高いのか、髪質もふんわりして良い感じになったし、これからもおしゃれ染めを楽しめそう!買ってよかったと思います。

38歳★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

元々おしゃれ染めでブリーチなしのピンクブラウンでアッシュっぽくしていたんですが、染めすぎたのか特にもみあげ部分に白髪がちらほらと生えるようになり、困っていた時にマイナチュレのことを試してみることにしました。

使った感じは柔らかめのテクスチャで良く伸びますし、やや赤みの強い茶色に染まってくれるので、3回くらいでほぼ目立たなくなったんですが、私の場合髪の量が多く長めなので、コスパ的には良くないです。

でも、気になる部分にちょこちょこ使うにはうってつけなので、部分染めはコレ!と思って買い続けています。

48歳★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラウン

40歳を過ぎてから毎年白髪の量も場所も増えてきて困っていた時に、思い切ってナチュラルピンクブラウンに染めたんですが、色落ちが激しくすぐに白髪がちらほら目立つ…

正直困っていた時にマイナチュレを見つけて使い始めたんですが、赤みが強い色に染まるのか光加減で色にバラつきが出てしまい、ココ白髪でしょ!と思える状態に。

染まり具合も1回で染まりきるほど良く、キレイに仕上げることもできるんですが、やっぱり似た色で代用…ということは難しく、1本使いきった時点でやめてしまいました。

もう少し、全体的に茶色っぽくなった時に、改めて使ってみようと思います。

39歳★★☆☆☆ 2
選んだ色:ブラウン

白髪がちらほらあるくらいなので、特に気にせずおしゃれ染めでマットピンクブラウンにしていたところ、白髪が増えて目立つように。

マットピンクブラックは緑が入っていると美容師から聞いていたので、コレでケアすればいい…と思ってマイナチュレのブラウンを使い始めたんですが、はっきり言ってダメでした。

緑っぽく染まることは全くなく、赤系のブラウンがほかにも定着して、ピンクっていうより茶髪に近すぎる色合いになりました。

白髪は目立たなくなったので、コレはコレで良いかも…って思うんですが、理想の髪色とは程遠いので、結局使うのを辞めてしまいました。

40歳★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ダークブラウン

元々ピンクブラウンアッシュにして白髪対策をしていたんですが、白髪の量が増えて隠そうにも隠せない状態になってしまい、新たな白髪対策として使い始めたのが、マイナチュレ。

でも…正直期待外れです、これ。

1回目の染めでキレイに染まることはないですし、使うたびに白髪だけじゃなくピンクブラウンアッシュにしていた元々の髪色にも影響が出てしまい、全体的に色が暗い色合いになりました。

また、ダークブラウンって言っても結構赤く、明るめに染まるので、違和感はかなり出ます。

白髪は目立たなくなったとは言え、ますが他の色とのバランスが悪くなったので、結局使うのを辞めてしまいました。

【使った人が感じたピンク系のブラウンに近い色になるカラー】

マイナチュレの口コミを見てみると、用意されている『ブラウン』『ダークブラウン』のどちらも、赤系の色に染めてくれることが分かりますね。

しかし、詳しく見てみると元々ピンク系のブラウンに染めている人の方が、目立たず自然な仕上がりになるみたい。

また、口コミの中にはやや赤みが強めの色になってしまい、光加減で髪色にばらつきが出ることもあるようですが、コレは放置時間を調節したり、重ね塗りしたりと細かい工夫をすることで、ケアすることもできそうですね。

そう考えると、マイナチュレは一度おしゃれ染めでピンクブラウン系の色にしたうえで、部分的に生えた白髪のケアとして使うことが、目立たずキレイな髪色を保つことが出来る、そう言えるのではないでしょうか。

赤み強めのブラウンで、ピンクっぽく見せる秘訣

髪や頭皮を傷ませずに「赤みがかったブラウン系」にすることで、ピンクブラウンっぽい色合いにしてくれる、白髪染めについてお話してきましたが、少しでもピンクブラウンに近づけて、おしゃれな髪色を楽しみたいと思いませんか?

そこでここからは、もっとおしゃれな髪を楽しむために知っておきたいポイントを、いくつか紹介していこうと思います。

いつまでも白髪に悩まされず、上品な印象を与えて行くためにも、是非参考にしていってくださいね。

最初はワントーン明るめで染めるようにしよう

髪色にピンクを入れるときは、明るくなりすぎないようにと暗めの色を選びがちですが、それは間違い。

黒髪が明るい色に染まらないのと同様に、暗めの色に仕上げてしまうと、なかなか明るくすることが出来ないんです。

しかし、逆に明るい色にしておくと、後々「ちょっと明るすぎるかな?」と思ったタイミングで、暗くするカラートリートメントを重ね塗りすれば問題なし。

そう考えると、ピンクを入れるときは、若干明るめの色を選ぶと失敗しづらいんですよ。

もっと言うと、黒髪はピンク色にかかわらず、どの色に染めようとしても染まったように見えないことが多いです。

そのため、白髪の多い少ないにかかわらず、まずは黒髪をナチュラルピンクブラウン等の明るい色に染めてから、白髪染めで部分的に白髪になったところだけを染める、そういった使い方をすることをおすすめします。

色を保つためのコツ

また、白髪染めは基本的にシャンプーをする度に、色落ちや色あせが出ます。

せっかくキレイに染めたのに、コレだと台無しですよね。

そこで、いつまでもキレイにするためにも、『部分染め』をマスターすることが、色を長く保つためのキーポイント。

例えば、色落ちで髪が黄色くなった・金髪っぽくなった場合は、ブルー系のヘアカラートリートメントを使う。そうすることで黄色を抑えることが出来ます。

また、赤系の色が強くなった場合は、緑系の色で抑えることが出来ますし、ピンク系の色は、グレーやブラウン系の色合いを使うことで、キレイに染めることが出来るんです。

このように、どの系統の色が、どの系統の色を抑えてくれるのか判断しておくことが、いつまでもキレイなピンク色を保てる秘訣なんですよ。

【白髪が多い人限定】ピンク系の色がある白髪染めって何?

さて、ここまでは黒髪や茶髪の人が「ピンク系の色合い」を楽しむために、見ておきたい白髪染めやコツを紹介してきました。

でも…実は『白髪が多い人』なら、白髪染めでピンク系の色をしっかりと入れることが出来るんですよね。

「全体の半分以上白髪になったけど、おしゃれな髪色にしてみたい」

「グレイヘアに移行して、ちょっとした髪色の変化を楽しみたい」

そんな人に向けて、最後にピンク系の色がある、白髪染めをいくつか紹介していこうと思います。

※白髪の量が少ない方は、思っていた以上に染まりが悪く、仕上がりに不満を抱えることもあるので注意が必要です。

アンナドンナ エブリ カラートリートメント

アンナドンナ エブリ カラートリートメント ピンク
カラーバリエーション ピンク、レッド、ブルー、ブラウン、グリーン、グレー、オレンジ、パープル、ベージュ、ブラック
内容量 160g
価格 1,512円

アンナドンナ エブリ カラートリートメントは様々なカラーバリエーションを楽しむことが出来る、トリートメントタイプの白髪染め。

染料に刺激の強い成分が使われていないので、頭皮や髪に優しく使うことが出来ます。

また、エブリ最大の特徴は「色を混ぜて使うこと」が出来るところ。

自分の好みに合わせてピンクパープルやワインレッドにすることができるので、自分の好みに合わせて様々なピンク系の色を楽しむことが出来ます。

資生堂 ベネフィーク カラーリペアトリートメント

資生堂 ベネフィーク カラーリペアトリートメント ピンク
カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン、オーラピンク
内容量 240g
価格 1,404円

資生堂から販売されているベネフィーク カラーリペアトリートメントは、高いトリートメント効果を期待しつつ、同時に徐々に白髪を染めていくことが出来る白髪染めです。

用意されている「オーラピンク」はほんのりとピンク色に染めてくれるので、髪に彩をあたえつつ、派手すぎない印象に仕上げてくれます。

そう考えると、ピンク色にしたいけど、派手過ぎるのはイヤ!と思っている人におすすめですね。

クリップジョイント カラーバター

クリップジョイント カラーバター ピンク
カラーバリエーション ベイビーピンク、フレッシュピンク、チェリーピンク、リアルレッド、デーモンレッドなど全25色
内容量 200g
価格 2,667円

クリップジョイント カラーバターは白髪染めではないですが、ヘアカラートリートメントのように脱色せずに、髪の表面だけをコーティングして色を付けることが出来ます。

成分の90%がトリートメント成分となっているので、ダメージケアしつつ、髪に色を定着させるのでサッと塗ってキレイな髪色に仕上げます。

その上、ピンク系のバリエーションも豊富で、「ベイビーピンク」「フレッシュピンク」「チェリーピンク」の3色が用意されているのもポイント。

コチラもエブリと同様に、色を混ぜることもできるので、文字通り自分色に髪を染めて楽しむことが出来ますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後にハッキリと言わせてもらいますが、白髪染めで「ピンク系の色」を入れることは、正直かなり難しいです。

しかし、赤系の色が強い白髪染めを使うことで、それっぽい印象に近づけてくれる『なんちゃってピンクブラウン』に近づけることは、とても簡単。

あらかじめ染めてみるか、まずは一回どんな感じになるか試してみるか、自分の白髪の量を見て判断することが大事ですが、一度気に入った色にしておくと、白髪染めでも維持が簡単ってワケです。

いつまでも若々しく、そして違和感なくキレイな髪色を楽しんでいくためにも、是非今回紹介した白髪染めを試してみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です