手軽に染められるおすすめの白髪染め7選【待ち時間は10分以内!】

白髪染め 手軽

白髪染めの時間は楽しい!という人はあまりいませんよね。

面倒くさいと感じる人がほとんどかと思います。

でもやらないわけにもいきませんし、だんだん白髪染めが億劫になってくるものです。

そこで今回は手軽に白髪を染められる白髪染め商品を紹介していきましょう。

これで今まで憂鬱だった白髪染めから解放されますよ。

毎日忙しくて白髪を染めている時間がないという社会人の方でも、時間をとられることなく簡単に染められるんです。

手軽に染められる白髪染めの種類

白髪染め 手軽 種類

白髪染めと一口に言っても、様々な種類があることをご存知ですか?

例えば、ドラッグストアによく売っている1剤と2剤を事前に混ぜてから使用する一番メジャーな白髪染めはヘアカラータイプの白髪染めといいます。

このタイプの白髪染めって混ぜるのも面倒ですし、必ずパッチテストと手袋が必要で面倒くさいんですよね。

これから紹介する白髪染めの種類は、ヘアカラーのような面倒な手間がありませんので安心してください。

一番人気はヘアカラートリートメントの白髪染め

白髪染め 手軽 ヘアカラートリートメント

手間がかからない白髪染めとして一番人気なのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントは安全性が高く、トリートメント成分による美髪効果もあって今やヘアカラーに変わる白髪染めの主流のタイプとなっています。

またヘアカラートリートメントは染めるのに手間がかからない以下の2つの利点があるんです。

  • 素手で利用できる
  • 待ち時間が短い

まず1つ目ですが、白髪染めを髪に塗る時って必ず手袋をしますよね。

これは染料成分に含まれる化学成分から皮膚を守る役割と手に色がつかないようにする役割がありますが、これが白髪染めを面倒にする原因の一つです。

白髪染めで使う手袋ってビニール製の安いやつですぐ脱げそうになりますし、手袋をしながら作業すること自体イライラしてしまいます。

しかしヘアカラートリートメントタイプであれば、安全な成分で作られているので素手で使っても安心!商品によっては、洗えば手に付いた染料がすぐ落ちるようになっているものもあるんです。

2つめは待ち時間について。

待ち時間が短い利点を説明すると、ヘアカラートリートメントはヘアカラーの白髪染めと違って脱色をしないので、その分待ち時間が短くて済みます。

白髪染めの待ち時間は染めるのが億劫になる大きな原因ですので、それを短縮してくれるというのは嬉しい限りです。

男性におすすめ白髪染めシャンプー

手軽に染められる白髪染めとしてヘアカラートリートメントのついでに知っておいて欲しいのが、白髪染めシャンプーです。

ヘアカラートリートメントがトリートメントしながら白髪を染めるのに対して、白髪染めシャンプーはその名の通りシャンプーをしながら白髪を染めます。

こちらはヘアカラートリートメントよりも染色力は落ちるものの、待ち時間が一切かからず本当にいつも通りシャンプーをしているだけで白髪を染めてくれるんです。

ですから手間がかからないという点では一番の白髪染めで、毎日忙しい会社勤めの男性の方に特におすすめしたい白髪染めになります。

部分染めにおすすめ泡タイプの白髪染め

最後に紹介するのが、最近流行っている泡タイプの白髪染めになります。

泡タイプの白髪染めは染料がムース状になっている白髪染めで、クリーム状の白髪染めと違って気になる白髪部分にワンプッシュで使用できるのでとても手軽です。

そして特におすすめしたいのが、ヘアカラートリートメントをムース状にした泡タイプの白髪染めになります。

この白髪染めは成分がヘアカラートリートメントのままなので、髪や頭皮を傷めることなく染めることができるんです。

ですから泡タイプの白髪染めを選ぶなら、ブリーチを行わないヘアカラートリートメントの泡タイプにするといいですよ。

手軽に染まる白髪染め紹介『待ち時間は10分以内!』

白髪染め 手軽 ランキング

では、手軽に染められる白髪染めをいくつか紹介しましょう。

お手軽に使える最低条件として、待ち時間が10分以内の商品に限定しております。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

お手軽ポイント

  • 待ち時間10分
  • 固いテクスチャ(質感)で液だれしない
  • 素手で使える

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は数ある白髪染めの中で一番売れている商品です。

安全性・染まりやすさ・トリートメント効果、どれをとっても非常に高評価を得ています。

商品の特徴はトリートメント成分に利尻昆布エキス「フコイダン」を利用していること。

このフコイダンは昆布やワカメにあるネバネバをつくる成分で、高い保水効果をもっています。これによって髪に潤いを与えて、艶のあるサラサラヘアーにしてくれるんです。

また利尻のトリートメントのテクスチャ(質感)はちょっと固めになっています。そのため髪に塗った時に液だれしにくいので、周りに染料が飛び散る心配もありません。

さらに無添加で安全な染料成分のみを使用しているので素手でお手軽に使用出来ます。

ただし利尻は染色力が強いため、手に付いた染料がちょっと落ちにくいので汚れが気になるかは手袋をした方が良いでしょう。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

お手軽ポイント

  • 待ち時間10分
  • 固いテクスチャ(質感)で液だれしない
  • 素手で使える

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス)

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円(1本分)

送料無料

 

ルプルプは利尻に負けないくらい人気のある白髪染めで、楽天の白髪染めランキングでは女性部門、コスメ部門など7部門で1位を獲得しています。

ルプルプのトリートメントの特徴は、利尻と同じくガゴメ昆布エキスから取れる「フコイダン」をトリートメントに配合している点です。

これにより傷んだ髪も潤いを取り戻し、艶のある指通りのいい髪にしてくれます。

トリートメントのテクスチャは固めで液だれしにくいです。そしてルプルプも利尻と同じように素手で使用することが出来ます。

ただし手に付いた染料はなかなか取れないので、ルプルプを素手で利用する際は少し手を濡らしてからりようすると後で色が落ちやすくなりますよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

お手軽ポイント

  • 待ち時間5分
  • 素手で使える
  • 毎日のリンス代わりとして利用

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは、資生堂が販売しているオシャレな見た目のチューブ容器に入った白髪染めです。

プリオールは白髪染めトリートメントの中では1,382円と、とても安いのが魅力です。

利尻やルプルプだと通常価格3,000円ですからどれだけ安いかわかりますよね。

そして価格が安くても品質が劣っているということはなく、髪や頭皮に安全な作りとなっています。

コンディショナー成分には「マイクロクリスタリンワックス」という髪のハリやコシをキープしてくれる成分が配合されており、この成分によってペタンと潰れた髪もフワッとしたボリュームのある髪に仕上がります。

そしてなんといってもプリオールの一番の武器は待ち時間5分という短さです。

プリオールは他のヘアカラートリートメントと違い、一回染めて色落ちする数日後にまた染めるという使い方でなく、毎日利用することで徐々に白髪を染めます。

ですから色落ちのタイミングを見計らってまた染めるという面倒な手間がなく、普段通りのリンスやトリートメントの代わりに使いながら勝手に白髪が染まっていく感じなのです。

第4位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

★★★★☆

お手軽ポイント

  • 待ち時間10分
  • 泡タイプで部分染めしやすい
  • 一回で染まる

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ、カンゾウ、アカミノキ)、ヘアケアキューブ、パンテノール、ガゴメ昆布エキス、アミノ酸など

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

150g

価格

初回限定20%オフ2,555円

通常3,200円

送料無料

 

キラリ(泡)はヘアカラートリートメントのキラリ(煌髪)をムース状にした白髪染めです。

成分はトリートメントタイプと同じなので髪を傷める心配はありません。

染料がムース状になったことで、泡が髪の毛1本1本に密着するようになり色ムラが出にくくなるんです。そして片手でワンプッシュするだけで簡単に使えるため、部分染めをしたいという方に人気があります。

しかもキラリ(泡)は染色力が高く、気になる白髪部分を1発で染められるので何度も連続して染める手間がかかりません。

このように手間がかからずに簡単に染められるのが、泡タイプの白髪染めのいいところです。

第5位 アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

★★★★☆

お手軽ポイント

  • 待ち時間5~10分
  • 色持ちがいい

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(アカミノキ木エキス、グアイアズレンスルホン酸NA、カンゾウ根エキス)、浸透型コラーゲン、天然コーティング成分、ヒアルロン酸、アルガンオイルなど

カラーバリエーション

  • ナチュラルブラック
  • ダークブラック
  • マロンブラウン
  • ローズブラウン

内容量

200g

価格

定期購入2,203円

通常2,592円

 

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントは、CMでお馴染みのスカルプDシリーズの中の白髪染めヘアカラートリートメントになります。

商品の特徴は色持ちが非常にいい点です。

ボーテのトリートメントには浸透型コラーゲンが配合されていて、染料が髪の内部まで浸透しやすくなっています。

またコーティング成分には「ゼイン」という色落ちを防ぐ成分が配合されており、これらの成分がボーテの色持ちを良くし、口コミを見てみると4週間持ったという声もありました。

通常のトリートメントの白髪染めであれば大体長くて色持ちが10日ほどなので、これは驚愕の数字と言えます。

一度染めればしばらく染めなくていいので、白髪染めの手間がかからなくていいですね。

第6位 利尻カラーシャンプー

★★★★★

お手軽ポイント

  • 待ち時間なし
  • 素手で使える

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタ、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマーなど

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,500円

通常3,500円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻カラーシャンプーは利尻ヘアカラートリートメントのシャンプー版です。

ヘアカラートリートメント同様に、髪や頭皮を傷める原因となるジアミン・パラベン・鉱物油は無使用でノンシリコンのシャンプーとなります。

また利尻ヘアカラーシャンプーには髪のキューティクルを補修して頭皮環境を良くする効果を持った27種類の植物成分が配合されているんです。

もちろん利尻昆布エキス「フコイダン」も配合されているので髪に潤いと艶を与える効果も持っています。

ただし、利尻ヘアカラートリートメントに比べると染色力はグッと落ちてしまい、白髪の染まり具合を実感するには1週間から10日ほどかかります。

ですから染まりを良くしたいのであれば、利尻のトリートメントで染めつつ色落ちを防ぐために毎日シャンプーを使うのがおすすめです。

第7位 DHC Q10クイックカラートリートメント

★★★★★

お手軽ポイント

  • 待ち時間5分

主な成分

塩基性染料、HC染料、コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸、オリーブバージンオイル、キトサンエキスなど

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

235g

価格

通常2,670円

送料500円

 

 

DHC Q10クイックカラートリートメントは、DHCが手軽に白髪を染めたいという要望に応えるために作られた白髪染めです。

そのため待ち時間が5分と非常に短いのが特長になります。

さらにQ10は染色力を上げるために傷んだ髪に付着しやすい「イオン性カラー」や髪の内部まで浸透してくれる「極小分子カラー」を配合しており、3回使用しただけで完璧に白髪を染めてくれるんです。なお、初めの1回目は10分放置が推奨されています。

またQ10のトリートメントには色持ちを防ぐ効果を持った「カラーフィックスコート」が配合されています。

手軽に染められる白髪染めの選び方

白髪染め 手軽 選び方

手軽に染められる白髪染めをいくつか紹介しましたが、どれにすればいいのか迷てしまったという人のために白髪染め選びのポイントをお伝えします。

染まりやすさで選ぶ

白髪染めですから当然染まりやすいに越したことはありませんが、特に手軽に染められる白髪染めを選ぶ際は染まりやすさが重要ポイントになります。

というのも手軽に染められる白髪染めは待ち時間が短いなどの特徴から、染色力の低い商品が多いんです。

時間をかけてでも徐々に染まるならいいですが、いつまで経っても染まらないほどの染色力だといくら手間がかからなくて意味がありません。

ですから染色力が十分にあるという最低条件のもと、染まりやすい白髪染めを選びましょう。

待ち時間が短い

手間がかからない白髪染めかどうかの判断する上で一番わかりやすい目安が、待ち時間です。

白髪染めを使ったことがある人なら、染料を髪に塗った後の待ち時間がいかに退屈で面倒な時間かわかりますよね。

その点、今回紹介した白髪染めはどれも待ち時間10分以内のものを厳選して紹介しておりますので、退屈な待ち時間を過ごすことなく手軽に染められます。

とくに待ち時間5分で済むものは、その間浴槽にゆったり使っていればあっという間に時間が過ぎるので、リラックスした気分で白髪を染めることが出来るんです。

濡れた髪に使える白髪染めを選ぶ

白髪染めはに乾いた髪に塗るタイプと濡れた髪(シャンプー後)に塗るタイプに分かれます。

これはメーカーによって染まり具合が乾いた髪と濡れた髪で変わるため、推奨している使い方が異なるんです。

そこで私が手軽に染められるという点でおすすめするのは、濡れた髪への利用になります。

というのも乾いた髪に使うと服や部屋を汚す心配があり、さらに染料の伸びが悪くて塗るのに時間が掛かってしまうんです。

一方、濡れた髪だとお風呂場で染めるので周りを汚す心配がなく、染料の伸びもいいので塗りやすくなります。

まとめ

手軽に使える白髪染めを望む人は本当にたくさんいらっしゃいます。

ヘアカラートリートメントの白髪染めがここ数年で増えているのもこの影響があるのかもしれません。

またヘアカラートリートメントは手軽に使えるだけでなく、安全性が高く美髪効果もあり、染色力も最新の技術によりどんどん上がってきています。

ですから今まで面倒と思いながらヘアカラータイプの白髪染めを使っていた方も、これを機にヘアカラートリートメントを一度使ってみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です