白髪染めで抜け毛が増えた!?白髪染めと抜け毛の関係性について調査しました

白髪染め 抜け毛

「なんか最近、抜け毛が多いなぁ。原因として思い当たるのが・・・(ハッ)白髪染め!」

なんて疑問を持ったことはありませんか?

でも結局のところ白髪染めが原因なのかわからないですし、例えそうだったとしても使わないわけにもいかないので抜け毛に悩みながらも白髪染めを使っていることでしょう。

そこでこんなモヤモヤした気持ちを晴らすべく、白髪染めと抜け毛の関係について調査しました。

白髪染めが原因で抜け毛が増える?

白髪染め 抜け毛

まず初めに白髪染めで抜け毛が増えるのかどうかをはっきりさせておきましょう。

白髪染めに抜け毛を増やす成分はありません

結論から言うと白髪に抜け毛を増やす原因となる成分は含まれていません。つまり直接的には白髪染めが抜け毛を増やすことはないんです。

ただし抜け毛の原因はストレス、ホルモンの乱れ、頭皮の乱れなど間接的要因ばかりで、白髪染めがそれらの間接的原因を引き起こす可能性はあります。

種類によっては白髪染めが抜け毛の原因に

白髪染めが関係する抜け毛の間接的原因は頭皮環境の乱れです。つまり簡単に言ってしまえば白髪染めに刺激の強い染料成分が使われていると、その刺激で頭皮環境が乱れて抜け毛が増える可能性があるんです。

とはいってもすべての白髪染めが抜け毛を増やすほど刺激が強いわけではないので、白髪染めの種類ごとに抜け毛の可能性があるか見ていきましょう。

ヘアカラー【抜け毛に注意】

ヘアカラーは街中のドラッグストアやスーパーなどで安価で売られているため利用している人も多いでしょう。

特徴としては事前に1剤と2剤を混ぜてから髪に塗って、脱色と染色を同時に行って白髪を染めます。

脱色を行うため1回で簡単に染まるメリットはあるのですが、頭皮や髪へのダメージは深刻です。ですから抜け毛のことを考えるなら一番避けたほうがいい白髪染めになります。

ヘアマニキュア【抜け毛に注意】

ヘアマニキュアは髪の表面をマニキュアのようにコーティングして髪を染める白髪染めで、脱色は行わないため髪への刺激はほぼありません。

ただし、抜け毛を気にするなら私はあまりおすすめしません。確かに成分的にはヘアマニキュアは安全なのですが、抜け毛が目立つ人は髪が細く、毛穴が小さくなっていることが多いです。

そんな人の頭皮にヘアマニキュアがついてしまうと、染料と一緒に髪の毛まで抜けてしまう可能性があります。

ヘナ【安心】

ヘナは原材料に化学成分を使わずに天然植物100%で作られた白髪染めです。ですから頭皮や髪へのダメージがなく、抜け毛の心配はいりません。

ただしヘナの中には染色力を上げるために化学成分を混ぜている商品があるため、ヘナを購入する際は100%天然植物の商品を選びましょう。

またヘナによく使われている植物原料インディゴでアレルギーを起こす人もいるので、ヘナで頭皮に異変を感じたらすぐに使用するのをやめることをおすすめします。

ヘアカラートリートメント【おすすめ】

白髪染めの中で最も安全に抜け毛の心配なく染められるのがヘアカラートリートメントになります。

ヘアカラートリートメントは毎日使用してもいいように、刺激の弱い成分のみで作られていています。

さらにメーカーごとにトリートメント成分に力を入れていて、髪のダメージケアはもちろんのこと、頭皮環境を整える効果など様々な効果を持っているんです。

ですから抜け毛にお悩みの方も安心して使える上に、抜け毛の原因となる傷んだ髪や荒れた頭皮環境まで改善してくれます。

抜け毛が出ない白髪染めの選び方

白髪染め 薄毛 選び方

白髪染めによっては抜け毛が増えるか増えないか変わるというのがわかったので、次に抜け毛が増えない白髪染め商品の選び方を紹介します。

頭皮や髪に優しい白髪染めを選ぶ

まず、第一条件が髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことです。これは抜け毛に限らず頭皮や髪のトラブルを抱えている人、全員に言えます。

白髪染めは基本的に髪や頭皮に少なから刺激を与えるものなので、出来る限り低刺激な白髪染めを選んで髪や頭皮を労わってあげましょう。

特にヘアカラーのような脱色を行う白髪染めはダメージが大きいので、抜け毛が気になるなら絶対に避けてください。

保湿効果のある白髪染めを選ぶ

髪や頭皮に優しい低刺激の白髪染めを選ぶついでに、保湿効果があるかどうかも気にしてみるといいでしょう。

というのは抜け毛の原因に頭皮の乾燥があるからです。頭皮が乾燥するとフケや皮脂が増え、それらが毛穴に詰まって抜け毛が増えてしまいます。

ですからこうならないためにも、保湿効果を持った成分が配合された白髪染めを選ぶことで頭皮を乾燥から防ぎ、抜け毛を減らすことが出来るんです。

ヘッドスパ効果がある白髪染め

抜け毛の要因は様々ありますが一番大きいのは頭皮環境の乱れです。髪の毛に一番密着している部分ですから当然の結果と言えます。

それで実は頭皮環境を整えることが出来る白髪染めがあるんです。それがヘアカラートリートメントの白髪染めになります。ヘアカラートリートメントは商品によって多種多様な美容成分が配合されていて、中には頭皮環境を整えるヘッドスパ効果を持った白髪染めもあるんです。

ですから、最近フケや脂が多いなど頭皮環境が乱れている人に特におすすめになります。

抜け毛が出ないおすすめの白髪染め3選

白髪染め 薄毛 女性

抜け毛が出ない白髪染めの選び方が分かったところで、私がおすすめする髪や頭皮に優しい白髪染めを紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は今、一番売れている白髪締めトリートメントで非常に高い安全基準をクリアしながら染まりやすい白髪染めを実現しています。

利尻では安全性を示す証拠として、以下の刺激の強い成分は無使用であると示しているんです。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • 4級アミン不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油

さらに利尻のトリートメント成分には利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されていて、フコイダンには高い保水効果を持っているので艶のある髪に仕上げるだけでなく、乾いた頭皮にも潤いを与えるので抜け毛改善にも繋がります。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

ルプルプは利尻と同じく安全性が高く、髪や頭皮に優しい白髪染めとなっています。

成分には天然由来の植物染料を使用し、タール系色素&ジアミン系染料のような刺激の強い成分は一切使われていません。

そしてトリートメントには利尻と同じく昆布からとれる高い保水効果を持った「フコイダン」を配合して艶のあるサラサラの髪にし、潤いのある頭皮で抜け毛を防ぎます

また香料は植物原料のみを使っているので、白髪染め特有のツンとした嫌なニオイでなくラベンダーのような爽やかな香りなのもルプルプの特徴です。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは資生堂が販売している白髪染めです。

プリオールはジアミンなどの酸化染毛剤を使っていないのはもちろんのこと、さらにHC染料や塩基性染料まで無使用となっています。

HC染料や塩基性染料は刺激の少ない染料成分とはされてはいますが、国によっては規制しているところもあるので出来れば使用は避けたい成分なのです。

しかし普通の染料はトリートメントに含まれるカチオン界面活性剤と相性が悪いため、ヘアカラートリートメントの白髪染めはHC染料や塩基性染料を使うのが一般的です。

だからこそHC染料や塩基性染料を使わずに髪を染められるプリオールはとても安全性が高いと言えます。

白髪染めで抜け毛を出さない方法

白髪染め 抜け毛

今回紹介したような低刺激の白髪染めであれば抜け毛が急激に増えるということはありませんが、頭皮環境がひどい人だと少しの刺激でも抜け毛が出る可能性はあります。

そこでより抜け毛が出ないための白髪染めの方法をお伝えしましょう。

パッチテストは必ず行う

まず初めてその商品を使う場合、パッチテストは必ず行ってください。いかに安全な白髪染めであってもアレルギー反応というのは千差万別なため、他の人は大丈夫でも自分だけ合わないということがあります。大豆アレルギーや卵アレルギーをイメージして貰えればわかりやすいかもしれませんね。

ですから、もしパッチテストで肌に違和感を感じたら医師に相談の元、使えるかどうかを判断してください。

放置時間は髪に負担がない長さにする

白髪染めの染まりを良くする方法として放置時間を長くとることがあります。しかしこの行為はそれだけ頭皮や髪に刺激を与えている時間を伸ばしているのと同じなので、抜け毛が目立つ人はあまり放置時間を延ばさないほうがいいでしょう。

基本的には仕様書通りの時間を放置して、それでも抜け毛が出るようでしたら少しだけ放置時間を短くしてみるといいですよ。

しっかり洗い流す

これが結構、油断しがちな抜け毛ポイントで、白髪染めを行った最後は頭皮に染料が残らないようにしっかりと洗い流してください。

染色料が高い白髪染めですと、洗い流すのに少し時間がかかってしまうため、「このくらいでいいか。」と妥協してしまう人がいます。

しかし、もしこととき頭皮に染料が残っていると頭皮環境を乱してフケや皮脂を増やす原因となるんです。

すると必然的に抜け毛につながるので、白髪染めの最後はしっかり洗い流すようにしましょう。

まとめ

抜け毛に悩みながらも、白髪染めを使っていた人は自分の使っている白髪染めを見つめなおしてみてください。

もしかしたら刺激の強い抜け毛を増やしてしまうような白髪染めを使っているかもしれません。

もしそんな白髪染めを使っている場合は、低刺激の白髪染めに変えるだけで悩んでいた抜け毛が嘘のように解決しますよ。

抜け毛は男性・女性問わず、深刻なお悩みですので白髪染めでそのお悩みが解決することを願っております。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です