白髪染めの種類はこんなにあった!それぞれの特徴と失敗しない選び方を紹介

白髪染め 種類

白髪染めは一つのお店にあるだけでも色々な種類が売られていて、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。

そして、その中から何となく自分によさそうな商品を選んで購入し、結局失敗してしまったなんて経験もあるのではないでしょうか。

そこで白髪染め選びで失敗しないためにもあらかじめ白髪染めの種類を知っておき、それぞれの特徴や自分に合った種類の選び方をわかりやすく紹介します。

白髪染めの種類

白髪染め 種類

白髪染めは大きく5種類の種類に分類することが出来ます。その5種類の特徴が以下の通りです。

白髪染めヘアカラー

ヘアカラー

メリット

デメリット

  • 一回で染まる
  • カラーバリエーションが多い
  • 黒髪も染められる
  • 色持ちがいい
  • 髪や頭皮を傷める
  • かぶれ・炎症などの可能性あり
  • 液だれする
  • 残りをとっておけない
  • パッチテストが必要
  • ツンとした嫌な臭いがする

 

ヘアカラーの白髪染めはドラッグストアで安価で売られているため私たちに一番馴染みのある白髪染めの種類です。

特徴としては2つの液剤(1剤と2剤)を事前に混ぜてから、髪に塗る白髪染めになります。髪が染める仕組みは1剤と2剤を混ぜた時に起こる化学反応で髪を脱色して、さらに髪の内部に色を浸透させているんです。

このように脱色を行うというのがヘアカラーの白髪染めの良いところでも、悪いところでもあるため上記にあるようなメリット・デメリットが生まれます。

私としては脱色は髪のキューティクルを無理やり開く行為なので、髪へのダメージを考えたらおすすめしません。

またヘアカラーは染色力を上げるためにかぶれなどのアレルギーを起こしやすい成分「ジアミン」を使っているので、安全性の面でも良いとは言えません。

白髪染めヘアマニキュア

ヘアマニキュア

メリット

デメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • 1回で染まる
  • 髪に艶が出る
  • 手軽に使える
  • 安全性が高い
  • 頭皮や肌に染料が付くと取れない
  • 黒髪は明るくならない

 

ヘアマニキュアの白髪染めは脱色をする必要がなく、髪の毛の表面をマニキュアのようにコーティングすることで髪を染めます。

そのため髪や頭皮に安全で、髪の毛がコーティングされることで艶があるように見えるんです。

ただし、ヘアマニキュアの白髪染めは気を付けて塗らないと皮膚に染料が付いてしまい、なかなか色が落ちないデメリットがあるので注意が必要です。

また黒髪部分に塗っても元の黒色が目立ってしまうため、あまり明るくなりません。ですからあくまで白髪部分に使うという認識になります。

白髪染めヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメント

メリット

デメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • 美髪効果がある
  • 毎日手軽に使える
  • 液だれしにくい
  • いい香りがする
  • 染まるまで最低2~3回かかる
  • カラーバリエーションが少なめ
  • 黒髪は明るくならない

 

ヘアカラートリートメントは今の白髪染めの主流となっている種類で、ヘアマニキュアと同じように脱色せずに、髪の表面に色を付けます。

そしてヘアマニキュアとの違いはトリートメント成分が配合されているので、日ごろのリンスやトリートメントの代わりに使える点になります。

そのため毎日使っても安全なように、髪や頭皮にダメージがあるような成分は使われていません。

またヘアカラートリートメントは各メーカーがトリートメント成分に力を入れて作っているので、髪のダメージを補修したり、艶を出したりと美髪効果を得ることが出来るんです。

このようにヘアカラートリートメントは女性に嬉しいこと尽くしなので、私の一番のおすすめでもあります。

白髪染めヘナ

ヘナ

メリット

デメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • リラックス効果がある
  • 安い
  • 染めるのが面倒
  • オレンジ系の色にしか染まらない
  • 染めた後、独特の臭いがする

 

ヘナは原材料にミソハギ科の天然植物を使用し、それを粉末状にした白髪染めです。基本的に化学成分は使われていないため髪や頭皮に安全で、肌が弱い人に愛用されています。

ただしヘナの商品の中には染色力を高めるために、化学成分を混ぜていることもあるので購入の際は原材料に気を付けましょう。

またヘナで白髪を染めるためには自分で粉末状の商品にお湯を足して、ちょうどいい分量に調合する必要があるので他の白髪染めに比べてかなり手間と時間がかかります。

ですから手軽に染めたいという人にはあまりおすすめ出来ません。

白髪染めカラーシャンプー

カラーシャンプー

メリット

デメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • 手軽に染められる
  • 放置時間がない
  • 染まりにくい
  • 毎日使うとコスパが悪い

 

最後に紹介するのが白髪染めシャンプーになります。ヘアカラートリートメントと同じようなタイプで白髪染めとシャンプーを同時に行ってくれるので、安全で使い勝手が非常にいいです。

ただし白髪染めシャンプーの最大のデメリットが染まりにくいという点です。ですから白髪染めシャンプーはメインとして使うというより、美容院とのつなぎに使ったり、新しく生えてくる白髪を隠すのに使ったりするといいでしょう。

また同じメーカーで白髪染めカラートリーメントとカラーシャンプーの両方を販売していることが多いので、どちらも併用して使うと白髪の染まりが抜群に良くなりますよ。

その他の白髪染めの種類

白髪染め 種類

先ほど紹介した白髪染めの種類のほかにも、様々なタイプの白髪染めがあるので特に注目してほしいタイプを紹介しましょう。

泡タイプの白髪染め

白髪染めは主に液剤かクリーム状になっていますが、中にはムース(泡)状になっている白髪染めもあります。

先ほど紹介した白髪染めの種類でいえばヘアカラーやヘアカラートリートメントに多い形状です。

泡タイプの白髪染めのメリットは髪の毛1本1本に泡が密着するので色ムラが出来にくい点になります。

また気になる白髪部分にワンプッシュで手軽に使用できるので、部分染めとして使う人も多いです。

おすすめの泡タイプの白髪染め

キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

一時染色料の白髪染め

白髪染めの中には「一時染色料」、または「白髪隠し」というその場ですぐに白髪をササっと染められる種類があります。

ただし、シャンプーや汗などで簡単に色が落ちるので色持ちは一日だけです。

具体的な一時染色料の白髪染めのタイプは主に以下の3つになります。

スティックタイプの白髪染め

スティックタイプの白髪染めとは先端がブラシ状になっていて、ボールペンのように頭の先をプッシュすることで染料が出てきます。

使い方は染めたい部分にスティックを指してワンプッシュし、ブラシ状の先端で根元から毛先にかけて色々な方向から色ムラが出ないようにブラッシングするだけです。

おすすめのスティックタイプの白髪染め

利尻 白髪かくし

ヘアスプレーの白髪染め

ヘアスプレーの白髪染めは、その名の通りスプレーで吹きかけて髪を染める白髪染めです。スプレーなので広範囲を染めることが出来る利点があります。

ただし、気を付けて使わないと服にも色が付いたり、色ムラが出来たりするので手軽に使えるように見えて少し面倒な白髪染めです。

ヘアファンデーションの白髪染め

ヘアファンデーションの白髪染めは見た目が普通のファンデーションと変わらずに、気になる白髪部分にポンポンと粉を付けて伸ばすことで色を付けます。

ヘアスプレーほどではありませんが広範囲に塗ることが出来、奇麗に伸ばせば色むらも出来にくいので慣れてしまえば手軽に染められます。

あなたに合った白髪染めの種類の選び方

 

安全性

染まりやすさ

色持ち

使いやすさ

おすすめ度

ヘアカラー

ヘアマニキュア

ヘアカラートリートメント

ヘナ

カラーシャンプー

 

白髪染めの様様な種類を紹介してきましたが、数が多すぎてどれがいいのか混乱してしまった方もいるでしょう。

そこで自分に合った白髪染めの種類を簡単に見つけるためポイントを紹介します。

髪や頭皮へのダメージが気になる人

今までヘアカラーのような刺激が強い白髪染めで髪を傷めてきた人や、いつまでも綺麗な髪で痛い女性にとっては安全で刺激の弱い白髪染め選びが大切になります。

その点でいうと「ヘアカラートリートメント」「ヘナ」「カラーシャンプー」がおすすめです。

この3種類の白髪染めからさらに染まりやすさや、使いやすさなど好みに合わせたタイプを選ぶといいですよ。

白髪の割合が少ない人

白髪染めの種類を選ぶとき、白髪の割合も重要になります。というのも例えば白髪が少なくて部分染めで十分な人が、ヘアカラーのような使い捨ての白髪染めを買っても余りを捨てることになるのでもったいないです。

ですから白髪の割合が少ない人は、いつでも好きな分だけ使えるような白髪染めの種類がベストな選択になります。

おすすめでいえば「ヘアマニキュア」や「ヘアカラートリートメント」になります。どちらの白髪染めも気になる部分にピンポイントで使え、残りを保存することも出来るので白髪の割合が少ない人にピッタリの白髪染めの種類です。

手軽に染めたい人

仕事や家事で忙しい人はなるべく白髪染めに時間をかけたくないですよね。そんな人におすすめなのが手軽に染められる「ヘアカラートリートメント」や「カラーシャンプー」の白髪染めになります。

この二つの白髪染めは1回で染めるのでなく、毎日使うことで徐々に色を付けていく白髪染めで待ち時間も比較的、短くて済みます。

そして何よりお風呂場で普段通りにトリートメントやシャンプーとして使うだけなので、使っていて面倒と感じることがないのが大きいです。

おすすめの白髪染め紹介

白髪染め 種類

最後に私がおすすめする安全で染まりやすい人気の白髪染めを紹介しましょう。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

白髪染めは日本で一番売れている白髪染めで、安全で染まりやすく、嬉しい美髪効果を持ったヘアカラートリートメントの白髪染めです。

利尻の特徴はトリートメントに、利尻昆布エキス「フコイダン」という保水効果を持った成分を配合している点で、髪に潤いを与えて艶のある指通りのいい髪にしてくれます。

ですから安全性を求める方や、髪が傷んでいる方におすすめです。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円(1本分)

送料無料

ルプルプはここ数年で急激に伸びている大人気の白髪染めです。

商品特徴は利尻と同じく保水効果の高い「フコイダン」をトリートメントに配合している点で、髪や頭皮から水分を逃がさずに艶のある綺麗な髪にしてくれます。

またルプルプは香料に自然由来の植物を使用しているので、白髪染め特有のツンとした嫌なニオイでなく、ラベンダーのような爽やかな香りがします。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオール カラーコンディショナーは資生堂が販売しているヘアカラートリートメントの白髪染め人気商品です。

プリオールの商品特徴は髪のコシ・ハリをキープする「マイクロクリスタリンワックス」という成分がコンディショナーに配合されている点になります。

これによりトップが潰れている髪の人でも、フワッとした髪にボリュームアップすることが出来るんです

またプリオールは待ち時間が5分と非常に短いため、お手軽に染めたいという人に人気がある白髪染めです。

まとめ

白髪染めと一口に言っても、今回紹介したように様々な種類があり特徴もそれぞれ異なります。

しかしその特徴を捉えることで自分に合った白髪染めと言うのが見えてくるんです。

例えば髪を傷めたくない人は脱色するヘアカラーの白髪染めをやめて、ヘアマニキュアなどの低刺激の白髪染めを選ぶといいでしょう。

また白髪を染めるだけでなく、いつまでも綺麗な髪でいたい女性にはヘアカラートリートメントの白髪染めがおすすめです。

このように白髪染めの種類を知ることで、もう白髪染めで失敗したなんてことがなくなるでしょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です