白髪染めクイックで速攻染める!手間なく短時間で染めたい人におすすめ

白髪染め クイック

自宅での白髪染めって面倒くさくないですか?

わざわざ美容院に行かなくてもいいのは大変助かるのですが、一回染めるとなると待ち時間を含め数十分はかかるし、定期的に何度も染めなくてはなりません。

しかし、白髪染めの中には手間も時間もそんなにかからずに速攻で染められる商品というものがあるんです。

そこで簡単に白髪を染めたい人必見!白髪染めクイックのおすすめ商品をいくつか紹介していきます。

速攻染まる白髪染めの種類

白髪染め クイック 種類

白髪染めと一口に言っても色々な種類があり、脱色を行うヘアカラータイプの白髪染めや髪に優しいヘアカラートリートメントタイプの白髪染めなど様々です。

その中でも素早く染めたいという人におすすめの白髪染めを紹介していきます。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは脱色を行わずに髪や頭皮に優しく白髪を染められる、一番人気のある白髪染めの種類です。

一般的にヘアカラートリートメントは染料を髪に塗った後、浸透するまで20分くらい放置しなくてはなりません。

しかし中には染料が髪に浸透しやすい成分を配合し、待ち時間が5分や10分と非常に短くて済む白髪染め商品もあるんです。

またヘアカラートリートメントは日ごろのリンスやトリートメント代わりとして使えるので、白髪染めにかける手間がないというのも利点になります。

一時染色料の白髪染め

一時染色料とはヘアマスカラやヘアカラースプレーなど、一時的に白髪を染めてくれる白髪染めのことを言います。

一時染色料の白髪染めはシャンプーなどですぐに色が落ちてしまうのですが、その場で速攻染められるという最大のメリットがあるんです。

例えばヘアマスカラであれば、買い物に出かける前にササッと白髪部分に塗って数分おくと染料が乾いて色が付くのであっという間に染めることができます。

もちろんお湯で洗い流すといったことも必要ないので、即効性の面では最強の白髪染めクイックです。

カラーシャンプーの白髪染め

カラーシャンプーはヘアカラートリートメントと同じようなタイプで、日ごろのシャンプー代わりに使っているだけで白髪を染めることが出来ます。

ヘアカラートリートメントのように待ち時間が一切ないので、染める手間のなさでいえば最強の白髪染めです。

ただしカラーシャンプーの染色力は他の白髪染めよりかなり弱いため、1回や2回使っただけでは白髪を染めることは出来ません。

ですからすぐに白髪を染めたい人には向いていない白髪染めと言えます。

白髪染めクイックの選び方

白髪染め クイック 選び方

白髪染めクイックと一言でいっても、徐々に染めるものや速攻で染まるけどすぐ色落ちする白髪染めなど様々です。

そこであなたに合ったおすすめの白髪染めの選び方を紹介しましょう。

毎回染めるのが面倒くさい人

自宅での白髪染めは色落ちのたびに定期的に何度も染めなくてはならないので、それが面倒だと感じる人も多くいらっしゃることでしょう。

そんな人におすすめの白髪染めがヘアカラートリートメントやカラーシャンプーです。

これらの白髪染めは、毎日使って徐々に白髪を染めていくタイプになります。

そのため毎日使うなんて面倒くさいと思うかもしれませんが、逆に面倒くさい人にこそおすすめの白髪染めなんです。

白髪染めの種類紹介の時にもお伝えしましたが、いつも使っているトリートメントやシャンプーとして使えるので、ヘアカラーのように白髪染めのためだけに使う時間というのがありません。

その場ですぐに染めたい人

買い物などに出かける前、今すぐ簡単に白髪を染めたいという人には一時染色料のヘアマスカラやスティックタイプの白髪染めがおすすめです。

ヘアマスカラやカラースティックは気になる白髪部分にササっと使うことが出来て、サイズも小さいためカバンに入れておけばいつでもどこでも染めることができます。

メインの白髪染めというよりは仕事の合間に見つけた白髪を隠したり、急なお出かけ前に使ったりとサブの白髪染めとして使っている人が多いです。

一部の白髪だけ染めたい人

白髪は一部分にだけ生えることも多く、そんな人は髪全体を染めるより部分的に染めたほうが手軽に素早く染められます。

そこでおすすめなのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントはチューブ容器から好きな分だけ手に取って使えて、残りはとっておくことができます。

ですから常に髪全体に染めなくても、好きな部分だけ染めることが出来るんです。

またヘアカラートリートメントはクリーム状でちょっと硬めのテクスチャとなっているので、液だれする心配もありません。

白髪染めクイックのおすすめ商品

白髪染め クイック

最後に私がおすすめする手軽に速攻で染められる白髪染めクイックの商品を紹介します。

DHC Q10クイックカラートリートメント

クイックポイント

待ち時間5分

主な成分

塩基性染料、HC染料、コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸、オリーブバージンオイル、キトサンエキスなど

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

種類

ヘアカラートリートメント

内容量

235g

価格

通常2,670円

送料500円

 

 

DHC Q10クイックカラートリートメントはDHCが開発した、手軽に染められてなおかつ染まりやすい白髪染めです。

トリートメントを髪に塗った後の待ち時間が5分と非常に短いのが特徴になります。

また染料が髪につきやすい「イオン性カラー」や色が内部まで浸透しやすくなる「極小分子カラー」を配合しているので、2~3回使っただけでしっかり染まるんです。

さらにQ10のトリートメントには色持ちを防ぐ効果を持った「カラーフィックスコート」がされているので、何度も染めなくても済みます。

ポーラ カラークイックブラシ

クイックポイント

その場で染まる

主な成分

エタノール、水、ベンジルアルコール、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、乳酸、BG、オタネニンジン根エキス、加水分解コンキオリン、ツバキ種子エキス、+/-: 黒401、紫401、橙205、赤227

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ブラック

種類

スティックタイプ(一時染色料)

内容量

10g(約30~40回分)

価格

2,400円

 

ポーラカラークイックブラシは、グローイングショット カラートリートメントをベースに作られたスティックタイプの一時染色料の白髪染めです。

先端がブラシ状になっていてワンプッシュすることで中の染料が出てきます。

気になる白髪部分の根元から先端にかけてブラッシングすることで色ムラなく綺麗に染めることが出来るんです。

またポーラには「ツバキオイル」「真珠エキス」「オタネニンジン根エキス」の3種の美容成分が配合されており、傷んだ髪に潤いと艶を与え皮膚からの水分蒸発を防ぐ効果もあります。

利尻カラーシャンプー

クイックポイント

待ち時間なし

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタ、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマーなど

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

種類

カラーシャンプー

内容量

200g

価格

初回限定2,500円

通常3,500円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻カラーシャンプーは大人気の利尻白髪染めシリーズのシャンプー版です。

ヘアカラートリートメント同様、髪や頭皮を傷める原因となるジアミン・パラベン・鉱物油は無使用でノンシリコンのシャンプーとなっています。

ですから毎日使っても安心で、普段通りシャンプーをしているだけでいいので白髪染めの面倒くささは全くありません。

さらに利尻ヘアカラーシャンプーには傷んだ髪のキューティクルを補修したり頭皮環境を整えてくれたりする、27種の植物成分が配合されているんです。

まとめ

白髪染めは安全性が高いもの、染まりやすいもの、手間がかからないものなど商品によってその特徴は様々です。

その中でも今回紹介したのは手間なく簡単に染まることに特化した白髪染めになります。

基本的に白髪染めは時間をかけたほうがしっかり染まるのですが、待ち時間が5分で済む商品や色落ちはするもののその場で速攻染まる商品など、技術の進歩によって便利な白髪染め商品がどんどん増えてきています。

普段の白髪染めが少し面倒に思えてきたという人は、こういった白髪染めを一度お試しになってはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です