白髪染めと縮毛矯正をするには正しい順番がある!2つの髪の悩みを解決

白髪染め 縮毛矯正

綺麗でまっすぐな髪って天然パーマやくせ毛の人にとって憧れです。そこで縮毛矯正を普段からしている人は結構いらっしゃいます。

でも、これに白髪という悩みが加わることで少し問題が発生してしまうのです。どういうことかというと白髪を隠すための白髪染めと縮毛矯正は正しい順番で行わないとどちらも失敗してしまう可能性があります。

こうならないためにも、白髪染めと縮毛矯正の正しい併用の仕方をこれからご紹介しましょう。

白髪染めと縮毛矯正を同時に行うとどうなるの?

白髪染め 縮毛矯正

白髪染めと縮毛矯正はそもそもあまり相性が良くなく、この二つを間を空けずに同時に行ってしまうと、白髪染めの染料と縮毛矯正で使われる液剤や熱が思わぬ反応を起こしてしまうんです。

具体的には以下のような問題が発生する可能性があります。

白髪染めで染めた髪が縮毛矯正で変色する

白髪染めでせっかく染めたのにすぐその後、縮毛矯正をかけると髪が緑色に変色する可能性があります。

これは白髪染めの染料と縮毛矯正の液剤が化学反応を起こしてしまうのが原因です。

ですから白髪染めの後に縮毛矯正をするのでしたら、完全に白髪染めの染料が髪に定着するまでの約2週間は間を空けましょう。

縮毛矯正した髪が白髪染めで元に戻る

縮毛矯正で綺麗なまっすぐな髪にした後、その勢いで白髪も染めてしまおう!と思いがちですがこれもダメです。

縮毛矯正のすぐ後に白髪染めをすると折角まっすぐになった髪が元に戻ってしまう可能性があります。

こうならないためにも縮毛矯正をかけた後は、最低1週間は間を空けてから白髪染めを行いましょう。

白髪染めと縮毛矯正の正しい順番

白髪染め

 

2週間

縮毛矯正

白髪染め 縮毛矯正

1週間

白髪染め

 

 

白髪染めと縮毛矯正は同時には行えないというのがわかりましたが、どちらを先に行うのがベストなのか?

絶対に縮毛矯正してから白髪染め

白髪染めと縮毛矯正のどちらを先に行ったとしても、間を空けないと前述したような問題が発生する可能性はありますが、リスクを考えたら絶対に縮毛矯正→白髪染めをおすすめします。

もし白髪染めを先に行って、その後の縮毛矯正で髪が変色してしまったら、これははっきり言って取り返しがつきません。変色した髪が伸び切って切るのを待つしかないんです。

それに比べ、縮毛矯正の後の白髪染めで失敗したとしても髪が元に戻るだけなのでリスクは少なく済みます。

また1週間、間を空けるだけで縮毛矯正が元に戻るリスクをほぼなくすことが出来るんです。

縮毛矯正の前に白髪染めをしてしまったら?

白髪染めも縮毛矯正もどちらも定期的に行っている方ですと、縮毛矯正の前に白髪染めをしてしまった!なんてことも起きますよね。

そんな時は万全をとって2週間空けてから縮毛矯正をしましょう。本当は髪の染料が完全になくなるまで3週間は欲しいところですが、それだと白髪が目立ってきて女性にはつらいでしょうから最低2週間待ってください。

その後、縮毛矯正をするときに美容師さんに2週間前に白髪染めをしたことを念のために伝えておけば、髪が変色しないようにそれなりの対処をしてくれるはずです。

縮毛矯正しながら白髪染めするならヘアカラートリートメント

白髪染めと縮毛矯正の正しい順番が分かったところで、もう一つアドバイスするなら白髪染めにはヘアカラートリートメントをおすすめします。

というのも縮毛矯正は綺麗なまっすぐな髪になるのはいいのですが、髪へのダメージがかなり大きいんです。

ですから、縮毛矯正の後の白髪染めにはダメージケアの効果を持ったヘアカラートリートメントの白髪染めが最適になります。

縮毛矯正で悩みのくせ毛、天然パーマを綺麗なストレートヘアーにして、傷んだ髪をヘアカラートリートメントで補修&白髪染めすることで完璧な美しい髪が手に入るんです。

縮毛矯正しながら使える白髪染めヘアカラートリートメント紹介

白髪染め 縮毛矯正 おすすめ

最後に縮毛矯正をしている人におすすめのダメージケアを兼ねたヘアカラートリートメントの白髪染めを紹介します。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

私のおすすめ第1位の白髪染めが利尻ヘアカラートリートメントになります。利尻はヘアカラートリートメントの白髪染めの中でも今一番売れている大人気商品です。

利尻の注目すべき点はトリートメント成分に利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されていることで、このフコイダンとは昆布のネバネバを構成する成分であり、高い保水効果を持っています。

これにより縮毛矯正で傷んだ髪も潤いを取り戻し、元の綺麗な艶のある髪になるんです。

また利尻は髪や頭皮に刺激のある以下のような成分は一切使われていないので、肌の弱い人でも安心してお使いになれます。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • ジアミン系色素不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • 4級アミン不使用

このように縮毛矯正で傷めた髪を修復するなら利尻をオススメします。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次におすすめするヘアカラートリートメントがルプルプです。ルプルプも利尻に負けないくらい大人気の白髪染め商品で、安全性・ダメージケア・染まりやすさなど高い性能を持っています。

トリートメント成分には利尻と同じく昆布エキスであるフコイダンを配合していて、縮毛矯正で傷んだ髪をケアしてくれるんです。

また染料は天然由来の植物染料のみを使用しているので髪や頭皮を傷める心配はありません。

他にも合成香料を使わずに、植物性の香料を使用で爽やかな香りがするなどの特徴があります。

白髪染めの独特なにおいが苦手という人にもルプルプは人気がありますよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

最後に紹介するのは資生堂が販売している白髪染め「プリオール カラーコンディショナー」です。

コンディショナーとは書いていますが、こちらもダメージケアをしながら髪を染めてくれるヘアカラートリートメントの白髪染めとなります。

プリオールの成分には水溶性コラーゲン、天然海藻エキス、ミネラル&コラーゲンなどの保水性の高い成分がたくさん配合されていて、縮毛矯正で傷んだ髪にもピッタリです。

またプリオールは他のヘアカラートリートメントに使われているHC染料や塩基性染料も不使用でより安全な白髪染めとなっています。

今までどの白髪染めを使っても肌に合わなかったという敏感肌の人は、一度プリオールをお試しになってはいかがでしょうか。

まとめ

白髪染めも縮毛矯正も男女問わず、多くの人が利用されています。

しかし、正しい順番を意識して行っている人は少なく、下手をしたら今回お伝えしたような髪の変色などのトラブルに繋がりかねません。

これでは綺麗な髪にしようとしているのに逆効果になってしまいますよね。こうならないためにも白髪染めと縮毛矯正は縮毛矯正を先に行い、間は最低でも1週間空けるようにしてください。

これで白髪のない綺麗なストレートヘアーが手に入ることでしょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です