絶対に体に良い白髪染めを選びましょう!あなたの白髪染めは安全ですか?

皆さん、食品を買うとき体に悪いものが使われていないか気にして購入されますよね。

じつは白髪染めにも体に良い商品と悪い商品があり、体に悪い商品で染めているとその名の通り体に悪影響が起こってしまうんです。

そうならないためにも白髪染めを購入する際は、食品と同じように体に良いものを見極めて買う必要があります。

そこで今回はその見極め方を紹介していきます。

また、私がおすすめする体に良い白髪染めも紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

体に良い白髪染めって?

そもそも体に良い白髪染めってどんなものなのでしょうか。

それは以下のような条件の白髪染めになります。

有害成分を含まない白髪染め

白髪染めには髪を染めるために様々な化学成分が含まれています。

そしてその化学成分の中には、染色力を上げるために体に悪い成分が使われていることがあるんです。

その代表的な成分が以下の通りです。

  • パラフェニレンジアミン(ジアミン系)
  • 過酸化水素水
  • パラアミノフェノール
  • レゾルシン

これらの成分は特に脱色を行ってから染めるヘアカラーの白髪染めに多く含まれています。

ヘアカラーの白髪染めはドラッグストアやスーパーで数百円という安い価格で売られているので、多くの人が利用している白髪染めでもあります。

しかし安さと引き換えに非常に危険な成分が使われているので、上記のような成分を含む白髪染めの購入は控えましょう。

なお、これらの成分が引き起こす体への悪影響は後ほど紹介していきます。

髪や頭皮を傷めない白髪染め

有害成分とまではいかなくても、少しでも刺激の強い成分は髪や頭皮、肌を傷めてしまいます。

特に肌が弱い敏感肌の人は注意が必要で、刺激の強い白髪染めで染めてしまうと頭皮や肌が炎症を起こして最悪かぶれてしまう危険性があるんです。

ですから例え有害成分が含まれていなくても、白髪染めの成分には気を付ける必要があります。

おすすめはヘアカラートリートメントの白髪染め

体に良い白髪染めは使われている成分が大事というのは何となくわかってきたと思いますが、いちいち成分を確認してそれが安全かどうか調べるのは大変ですよね。

そこでおすすめなのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントは今主流となっている白髪染めのタイプで、脱色をせずに髪の表面を染料でコーティングすることで白髪を染めます。

さらに毎日のトリートメントとして使えるように刺激の強い成分は使わないように作られており、傷んだ髪のダメージケアなど様々な美髪成分も配合されているんです。

このようにヘアカラートリートメントはとても安全な白髪染めなので、成分を気にすることなく体に良い白髪染め選びが出来ます。

体に悪い白髪染めで起きる悪影響

白髪染め 体に良い 有害成分

もし有害成分が含まれた白髪染めを使った場合、体にどのような悪影響があるのか見ていきましょう。

かぶれや炎症

白髪染めで起こる一番多い悪影響がかぶれや炎症です。

白髪染めを使ったら頭がヒリヒリした経験がある・・・という方はかぶれや炎症が起きた可能性があります。

なぜこのようなことが起きるのかというと、白髪染めに含まれる成分とあなたの皮膚がアレルギー反応を起こした結果なんです。

前述した有害成分であればジアミン系成分が一番有名で、染色力を高める代わりにかぶれや炎症などのアレルギー反応を起こしやすい性質を持っています。

ですから白髪染めの成分表に「〇〇ジアミン」という成分が使われていたら避けるようにしましょう。

発ガンのリスク

先ほど紹介したかぶれや炎症はすぐに体に現れる悪影響ですが、白髪染めに含まれる有害成分は頭皮や皮膚から体にどんどん蓄積され、長いスパンで思わぬ悪影響を与えることがあります。

その一つが、ガンの発生です。

白髪染めでガンと言われてもピンと来ないかもしれませんが、前述した有害成分のほとんどは発がんのリスクがある成分となります。

特にパラフェニレンジアミンは、国際がん研究機関(IARC)にも発がん性物質として認定されているほど発ガンのリスクを高める危険な成分なんです。

今すぐ体に影響が出ないからといって、有害成分の含んだ白髪染めを使っても大丈夫というわけではありません。

体に良いおすすめの白髪染めを紹介

白髪染め 体に良い

では最後に、体に良いおすすめの白髪染め商品を紹介していきましょう。

どの商品も有害成分を使わず、髪や頭皮に優しい白髪染めとなっています。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は体に良いとされるヘアカラートリートメントの中でも、一番人気のある白髪染め商品です。

人気の理由は染まりやすさや美髪効果など様々ありますが、注目すべきは安全性の高さになります。

利尻では髪や頭皮、肌に刺激の与えないことを第一に作られていて、以下のような少しでも刺激のある成分は一切使われていません。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • 4級アミン不使用
  • ジアミン系色素不使用
  • タール系色素不使用
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 酸化剤不使用

このように利尻は体に良い成分のみで作られているので、敏感肌の人でも安心して使用できるんです。

また安全性の他にもトリートメント成分にも特徴があり、高い保水効果を持った利尻昆布エキス「フコイダン」を配合しています。

このフコイダンは昆布のネバネバを構成する成分で、髪に密着することで失われた水分を取り戻し艶のあるサラサラな髪にしてくれるんです。

このように高い安全性と美髪効果が利尻の人気の秘訣と言えます。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次におすすめするのがルプルプです。

ルプルプは利尻と同じく高い安全性をもった体に良い白髪染めです。

具体的に成分を見てみると、

  • 無香料・無鉱物油
  • タール系色素&ジアミン系酸化染毛剤不使用

とあり、体に悪い有害成分は使われていないことがわかります。

またトリートメントにはガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されており、利尻同様に傷んだ髪をケアして、艶のある綺麗な髪にしてくれるんです。

さらにルプルプでは合成香料を使わない代わりに「ラベンダー油」「オレンジ油」「ローズマリー油」の3つの天然植物を使っているので、白髪染め特有のツンとくる嫌なニオイがしません。

ですから植物性の爽やかな香りでリラックスしながら白髪染めを行うことが出来るんですよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオールは大手化粧品メーカーである資生堂が販売している白髪染めです。

プリオールの注目すべき点は染料成分にHC染料や塩基性染料を使っていない点になります。

HC染料や塩基性染料はヘアカラートリートメントに主に使用されている比較的安全性の高い染料成分なのですが、国によっては規制されている少しだけ刺激のある成分でもあるんです。

ではなぜこのような成分がヘアカラートリートメントに主に使われているのでしょうか。

それは普通の染料だとトリートメントに含まれるカチオン界面活性剤と相性が悪く、全然染まらなくなってしまうからなんです。

しかしプリオールでは前述した通りトリートメントを含みながら、HC染料や塩基性染料を使わずに髪を染められるのでより体に良い白髪染めと言えます。

今までなかなか自分に合った白髪染めが見つからなかった敏感肌の方におすすめの白髪染めです。

まとめ

今まで何となく白髪染めを選んでいた人は、これを機に体に良い白髪染めを使ってみませんか?

これまで何も悪影響が出ていないという人でも、ヘアカラーのような体に悪い白髪染めを長期的に使っている人は知らぬ間に体に有害成分が蓄積されている可能性があるんです。

ガンという最悪の事態になる前に、今からでも体に良いヘアカラートリートメントにチェンジすることをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です