白髪染めを長持ちさせるための簡単な方法を紹介!白髪染めの費用を節約出来ます

白髪染め 長持ち

白髪染めって、毎回使っていると結構なお金を消費しますよね。

そして誰もが「少しでも白髪染めを長持ちさせて、お金の出費を抑えたい」と考えるはずです。

しかしいざ長持ちさせようとしても方法がわからず、ただ使う量をケチっていたら全然染まらなかったというお悩みも耳にします。

そこで今回は白髪染めを長持ちさせる正しい方法を紹介していきます。

浮いたお金で美味しいものやショッピングに出かけてみてはいかがでしょうか。

白髪染めで染める頻度ってどれくらい?

まずはいつも通り白髪染め使った場合どれくらいの日数持つのか、そして染める頻度を見ていきましょう。

ヘアカラーの白髪染めの頻度

ドラッグストアなどでよく数百円という安さで売られているヘアカラーの白髪染めは、一回だけの使い切り商品です。

ヘアカラーは永久染毛剤なので色持ちがよく大体1、2カ月持ちます。

ただし新しく白髪は生えてきますので、1カ月ごとに染めている方がほとんどです。

ヘアカラートリートメントの白髪染めの頻度

続いて今人気のあるヘアカラートリートメントを見ていきましょう。

ヘアカラートリートメントは使い捨てでなく、好きな量を好きな分だけ使うことが可能です。

大体どのヘアカラートリートメントも色持ちが10日くらいなので、頻度としては1週間を目安に染める方が多いですね。

また容量は商品によって異なりますが、基本的に一カ月で約1本消費の量となっています。

頻度でいえばヘアカラーと変わらないように思いますが、新しく生えてきた白髪にも使えるのでヘアカラートリートメントの方が使い勝手がとてもいいです。

また安全性の面でも圧倒的にヘアカラートリートメントの方が上になります。

美容院で染めた時の頻度

最後におまけとして美容院で染めた場合の頻度を考えてみましょう。

美容院ではプロの方が染めるので一番日持ちは良く、2カ月~3か月持ちます。

いつまでも綺麗な髪色を保つには2カ月に1度染めるのがベストでしょう。

このように美容院で染めると色持ちはいいですし、安全に染めてくれるのですが、やはりネックとなるのがお金です。

髪の長さによって差はありますが大体5,000円~10,000円掛かってしまうので、お財布のことを考えると市販の白髪染めを長持ちさせたほうが断然、経済的ですね。

白髪染めを長持ちさせる4つのポイント

白髪染め 長持ち ポイント

白髪染めでの使用頻度はわかりましたが、ではどのようにすれば長持ちさせることが出来るのか紹介していきます。

保存が効くヘアカラートリートメントで染める

長持ちさせる上で最低条件なのが、ヘアカラートリートメントの白髪染めで染めることです。

保存が効かない使い捨てのヘアカラーの白髪染めだと長持ちも何もないですよね。

それに対してヘアカラートリートメントの白髪染めは、保存が効く容器に入っていて好きな時に好きな量を使えるので、自分の髪の長さや白髪の量に合わせて節約して使うことが出来ます。

ケチらないでたっぷり使うこと

次に大切なのがケチらないで使うことです。

「いきなり何を矛盾していることを言っているんだ」と思われるかもしれませんが、これが結構重要です。

というのも人間ってどうしてもケチな心が働いて節約のために必要最低限な量を使おうとします。

でも実際はそれが災いして一回で十分に染まらずに、何度も使う羽目になって結果的に必要以上の量を使っている場合が多いんです。

ですから気持ち多めに使ったほうが染め残しなく一発で染めることが出来て、長持ちにも繋がります。

濡れた髪に使うこと

3つめは塗れた髪に使うことです。

白髪染めは乾いた髪に使う場合と、濡れた髪に使う場合があります。

どちらも染まりやすさや塗りやすさなどのメリット・デメリットはあるのですが、長持ちを考えるのなら濡れた髪に使ったほうが経済的です。

というのも濡れた髪のほうが染料の伸びがいいので、少ない量で満遍なく髪に塗ることが出来るんです。

ただし濡れた髪に使う場合は、水分で染料が薄まるというデメリットがあるのでしっかりとタオルドライで髪の水気を切ってから染めるようにしましょう。

少し暗めの色で染めること

そして4つめ、実は白髪染めの長持ちは色によっても変わってきます。

厳密には色持ちが変わるわけではありませんが、暗めの色のほうが色落ちしたときに地毛と染めた髪の色の差が目立たないので白髪染めの頻度を落とすことが出来るんです。

どうしても明るい色に染めたいなら別ですが、白髪染めを長持ちさせたいのなら赤みを抑えたいつもより少し暗めの色で染めてみるといいでしょう。

長持ちさせるのにおすすめの白髪染め

白髪染め 長持ち おすすめ

最後に、長持ちさせて使うことが出来る白髪染めを紹介していきます。

どれも私が実際に使い、安全で染まりやすいものだけをピックアップしました。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は今一押しの白髪染めで、保存が効くボトル容器に入っているので長持ちさせながら利用することが可能です。

また肌が弱い人でも安心して使えるほど安全な成分で作られていて、染まりも良く、トリートメントには美髪成分も配合されています。

特に注目すべきポイントはトリートメントにガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されている点です。

フコイダンとは昆布の表面のヌルヌルを構成する成分で、高い保水効果を持っています。

この保水効果によって水分が失われ、パサパサになった髪に潤いを与えて綺麗な艶髪にしてくれるんです。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次におすすめするのがルプルプです。

ルプルプは利尻に負けないくらい人気のあるヘアカラートリートメントの白髪染めで、無香料・無鉱物油・タール系色素&ジアミン系酸化染毛剤不使用と安全性も問題ありません。

またルプルプは品質劣化を防ぐように作られた特別なチューブ容器に入っているので、品質を長持ちさせることが出来ます。

白髪染めとしても性能がよく、天然植物性の原料を多く使用していて染まりも良く、色持ちが10日程と長めです。

トリートメントには利尻と同じく昆布由来の保水効果の高いフコイダンが配合されているので、傷んだ髪のダメージケアや艶出しも期待できます。

第3位 アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

★★★☆☆

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(アカミノキ木エキス、グアイアズレンスルホン酸NA、カンゾウ根エキス)、浸透型コラーゲン、天然コーティング成分、ヒアルロン酸、アルガンオイルなど

カラーバリエーション

ナチュラルブラック

ダークブラウン

マロンブラウン

ローズブラウン

内容量

200g

価格

定期購入2,203円

通常2,592円

 

スカルプDと聞くとシャンプーをイメージするかもしれませんが、白髪染め商品「ボーテ」もあります。

ボーテの特徴は何といっても色持ちの良さです。

トリートメントには「浸透型コラーゲン」という髪の内部まで染料が浸透しやすくなる成分を配合しています。

またコーティング成分に「ゼイン」という色落ちを防ぐ成分が配合されており、これらの成分がボーテの染まりや色持ちを良くし、結果的に商品を長持ちさせてくれます。

ちなみにボーテの口コミを見てみると色持ちが4週間続いたという声もあり、ヘアカラートリートメントの中ではかなり長持ちが期待できる商品と言えるでしょう。

まとめ

白髪染めを長持ちさせようとして使う頻度や量を減らしがちですが、大事なのは一度でしっかり染めて新しく生えてくる白髪だけ徐々に染めることです。

そしてそれを可能とするのが、ヘアカラートリートメントの白髪染めになります。

ヘアカラートリートメントは自身の髪の長さや白髪の量に合わせてちょうどいい量だけ使え、残りも保存が効くので長持ちさせるには持って来いの商品です。

さらにヘアカラーのように髪や頭皮を傷めることなく、様々な美髪効果も期待でき、まさに女性の必需品と言えるでしょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です