ノンジアミンの白髪染めでも髪色を楽しみたい方必見!ジアミンフリーのおすすめ商品

画像引用:Le Parisien公式チャンネルより

突然ですがみなさんは、画像の女性を見たことがありますか?

これは以前、海外のニュースメディアが、ヘアカラーに含まれているジアミンという物質に関して取り上げたものです。

画像からも分かる通り、彼女はジアミン配合のヘアカラーを繰り返し使い続けた結果アレルギーを発症してしまい、数日後には顔が倍の大きさに肥大化してしまいました。

こういった症状は、国内で販売されているジアミン配合の白髪染めでも発症する可能性があります

ジアミン 白髪染め

↑一度は見たことがあるであろうあの商品、この商品にもジアミンが含まれているんです…。

そこで今回は、ジアミンアレルギーになりたくない(もしくはジアミン配合商品を使えない)方のために、ノンジアミンでもしっかり髪色のおしゃれを楽しめる白髪染めを厳選してご紹介!

現在白髪染め選びで迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

ノンジアミンの白髪染めはどんなものがある?

ジアミンの種類
  • パラフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン2.5-ジアミン
  • パラトルエンジアミン
  • オルトフェニレンジアミンなど

ご覧の通り、ジアミンという物質にはいくつか種類があり、いずれも語尾にジアミンというキーワードがついているのが特徴です。

このジアミンという物質は、髪の内部で酸化して色を定着させる酸化染料と呼ばれるもの。

従って、酸化染毛剤に該当するヘアカラー・白髪染めヘアカラー・アルカリカラー・おしゃれ染め・ヘアダイは、必ずと言っていいほどジアミン系染料が含まれています

ドラッグストアやディスカウントショップなどで販売されている白髪染めはほとんどがヘアカラータイプ。

つまり、市販の白髪染めはジアミン配合の商品が多いってわけじゃ。

一方で、ジアミンを使っていないノンジアミンの白髪染めにはどんなものがあるのでしょうか。

ヘアマニキュア

画像引用:花王 ブローネ美髪ヘアマニキュア

 

ヘアマニキュアはその名の通り、髪表面をコーティングして色をつけるカラー剤です。

ヘアカラータイプのように脱色したり、髪内部に無理やり色素を閉じ込めたりするわけではないため、髪への負担はほとんどありません。

しかし、肌に刺激のあるエタノールや発がん性の高いタール系色素が含まれているため、使用する際は地肌に染料がつけず、髪のみに塗布していくのがポイントです。

植物染料

画像引用:テンスター ナイアードヘナ

植物染料は植物に含まれている色素を利用して髪に色をつけるカラー剤です。

代表的な植物染料はヘナ、インディゴなどが挙げられます。髪や頭皮への負担はほとんどありませんが、植物アレルギーの方は注意が必要です。

また、天然由来の染料であるため、イメージと実際の仕上がりが違うことも。

なお、ヘナ染料の中にはジアミン系染料が含まれたブラック・ヘナ(ケミカル・ヘナ)と呼ばれる染料もあるので、市販品を購入する際は配合成分に十分目を通しておきましょう。

オハグロ式白髪染め

画像引用:マロン マインドカラー

お歯黒式の白髪染め多価フェノール(ポリフェノール)と鉄塩(鉄イオン)を反応させて白髪を染める非酸化染毛剤です。

こちらもジアミンが含まれていないため、アレルギーを引き起こす可能性はほぼありません。

しかし、多価フェノールの一種であるサリチル酸ナトリウムは高い殺菌効果を持つため、乾燥肌や敏感肌の方にはあまりおすすめできません。また、オハグロ式白髪染めは白髪を黒く染めることしかできないため、髪色を楽しみたい方にも不向きです。

ヘアカラートリートメント

画像引用:利尻ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは近年新しく登場した白髪染めで、イオン結合によって髪を染める塩基性染料、キューティクルを開かずに髪内部に入り込むHC染料が主成分となっています。

ジアミンほどの危険性はありませんが、稀にアレルギーを引き起こす可能性もあります。(ただし、国内で報告された発症事例はほとんどありません)

ヘアマニキュア・植物染料・オハグロ式白髪染めと比べてみると、ヘアカラートリートメントは髪や頭皮を労わる成分が多く、カラーバリエーションが豊富であるため、ノンジアミンの白髪染めの中では最もおすすめです。

白髪を隠して髪色を楽しむならコレ!ノンジアミン白髪染めBEST3

白髪染め ノンジアミン おすすめ

ジアミンが配合された白髪染めは髪内部のメラニン色素を破壊するため、明るい髪色から暗い髪色まで、自由自在に髪色を変化させることができます。

一方、ノンジアミンの白髪染めは髪を脱色しないので、髪の明るさには限度があります。

とはいっても、どうせ白髪を染めるなら、やっぱり髪色のおしゃれもできる限り楽しみたいですよね。

そこで次に、ノンジアミンの白髪染めの中でも特に髪色のおしゃれを楽しめる商品を厳選してご紹介したいと思います。

利尻ヘアカラートリートメント

ノンジアミンの白髪染めの中でもひときわ売れているのがコレ!利尻ヘアカラートリートメントです。

この商品は塩基性染料・HC染料に加えて、シコン・クチナシ・ウコン・アナトーといった4つの植物色素を配合しているのでカラーバリエーションがとっても豊富なんです♪

利尻ヘアカラートリートメントのカラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュラルブラウン

明るくあたたかな雰囲気を出したい方にはこちらがおすすめ。

赤みが強いブラウンですが、幼すぎない上品な仕上がりになります。

白髪の割合が多い人ほど赤みが増した明るいカラーに染まります。

暗めの髪色にしたくない方はこちらがおすすめ。

黄色みが強いブラウンに仕上がり、若々しい印象を与えます。

ただし、こちらも脱色はしないので、黒髪が多い方はほんのり色づく程度です。

ダークブラウン

ブラック

30代~50代にかけて一番人気を集めているカラーです。

ダークブラウンと言いながらも、暗すぎない丁度良い明るさのブラウンなので、野暮ったい印象を与えません。

上品でシックな髪色を目指すならコレ。

ミステリアスで知的な印象を与えたいならこの色がマスト!

今20代~30代に人気のブルー×ブラックに近い仕上がりになります。

職場の規定などで髪が染められない方でもこれなら地毛よりおしゃれに♪

また、こちらの商品は混ぜ合わせて使ったり、色を調整しながら染め直したりすることも可能です。

髪や肌に刺激の強い成分も含まれていない無添加処方だから、繰り返し使っても安心・安全!

さらに28種類のトリートメント成分配合で、髪色だけではなく、ツヤコシのある美しい髪

にも変身できちゃうんです。

ジアミンアレルギーじゃなくても一度は使ってみてほしい実力派の白髪染めです。

LpLpヘアカラートリートメント

次におすすめするのがルプルプです。

ルプルプも利尻と同じく非常に安全性の高いヘアカラートリートメントの白髪染めで、無香料・無鉱物油・タール系色素、ノンジアミンで作られています。

ルプルプは落ち着いた髪色が多く、最近のトレンドにぴったりなカラーバリエーションが揃っています。

中でもソフトブラックは流行りのブルージュ系カラー、モカブラウンはアラフィフ世代に人気の上品ブラウンに仕上がるのでかなりおすすめ!

置き時間によっては自然な髪色に近い仕上がりにもできるので、男性の白髪染めにも適しています。

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレは元・美容師、カラーリストの高橋綾さんが開発責任者をつとめる新発売のヘアカラートリートメントです。

白髪の割合が多い方はグレージュ系のカラーに、黒髪の割合が多い方はナチュラルブラウン系のカラーに変身することができます。

こちらもジアミンフリーであるものの、染まり具合がかなり良く、1回でしっかりと白髪染めをしたい方におすすめです。

知っておきたいジアミンの恐ろしさ

白髪染め 体に良い 有害成分

ジアミンは髪へ色素を定着させる力が強く色の持ちも長いため、染料としては申し分ない実力なのですが、冒頭でもお伝えした通り、体へ多大な悪影響を与える有害成分ということは忘れてはいけません。

少し痒みが出たぐらいだから大丈夫…と、続けて使用してしまうのは絶対にダメ!

ジアミンの被害で最も恐ろしいのはアナフィラキシー症状です。

ひどい場合はおう吐や呼吸困難などの症状も引き起こしてしまうため、痒みやかぶれ、炎症などの症状が少しでも見られたらすぐに使用を中止しましょう。

また、ジアミン入りの白髪染めを使い続けることで、頭皮から体の内部にジアミンが蓄積されて発ガンのリスクも高めます。

事実、ジアミンは国際がん研究機関(IARC)に発がん性物質と認定されているほどの成分。

アレルギーを発症したことがないにしても、頻繁に使い続けるのは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

近年ニュースで取り上げられ、関心が高まったジアミン系染料。

アレルギーを引き起こしたことがない方でも、今後のことを考えれば、やはりリスクの少ないノンジアミンの白髪染めを使っていくべきです。

現在販売されているノンジアミンの白髪染めは、カラーバリエーションが豊富で髪や頭皮への保護効果も高いヘアカラートリートメントがおすすめです。

特に今回ご紹介した商品は人気が高くおすすめの白髪染めなので、試したことがない方は是非使ってみてはいかがでしょうか。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です