白髪染めは絶対にノンジアミンの商品を選ぼう!ジアミンの恐ろしい副作用とは

白髪染め ノンジアミン

「ジアミンが使われている白髪染めは体に悪いんだって。」という声を耳にしたことはありませんか?

これは本当のことです。白髪染めには髪を染めるために多くの化学成分が使われていて、その中には体に悪影響を与える有害成分が存在します。

そしてその中でも最悪の有害成分がジアミンです。しかし、残念なことに市販で販売されている多くの白髪染めにはジアミンが使われています。

そこでジアミンを一切使っていない安全なノンジアミンの白髪染めを探しました。そこ結果をこれからご紹介しましょう。

ジアミンってどんな成分なの?

白髪染め 体に良い 有害成分

まず、そもそもジアミンがどんな危険な有害成分なのかを知っておく必要があります。

白髪染めでのジアミンの役割

ジアミンの白髪染めでの役割は染料の染色力を上げることです。

特にドラッグストアなどで安価で売られているヘアカラーの白髪染めに多く使われていています。

なぜヘアカラーにジアミンが使われているのかというと、ヘアカラーの白髪染めは脱色成分を多く含んでいて実は染色成分は少ないんです。

だから少ない染色成分でも染まるように、染色力を上げてくれるジアミンに頼らざるを得ないという背景があります。

ジアミンが引き起こす悪影響

ジアミンは染色力を上げてくれるのはいいのですが、体への多大な悪影響を与えてしまう有害成分という裏の顔を持ちます。

一番ジアミンの被害が大きいのはジアミンアレルギーで引き起こされるかぶれ・炎症といった健康被害です。

ジアミンにはアレルギー反応を起こしやすいという性質があり、人によってジアミンが頭皮や皮膚に触れただけでアレルギー反応を起こしてしまいます。

しかも一度ジアミンアレルギーを起こすと、二度とジアミンが入った白髪染めは使えなくなるので注意が必要です。

またかぶれ・炎症の他にもジアミン入りの白髪染めを使い続けることで、頭皮から体の内部にジアミンが蓄積されて発ガンのリスクも高めます。

事実、ジアミンは国際がん研究機関(IARC)に発がん性物質と認定されているほどの成分なので、アレルギー反応が起きないからと言ってジアミン入りの白髪染めを使うのはやめましょう。

ノンジアミンの白髪染めの種類

白髪染め ノンジアミン 種類

ジアミンの危険性が分かったところで、今度はジアミンを含まないノンジアミンの白髪染めについて紹介していきましょう。

先ほどお伝えしたようにジアミンはヘアカラーの白髪染めに多く使われていますが、ノンジアミンの白髪染めの種類もあります。

ヘアマニキュアの白髪染め

ヘアマニキュアの白髪染めとは脱色をしないで、髪の表面をコーティングすることで白髪を染めます。

そしてヘアマニキュアには髪を傷めるような刺激の強い成分は使わないように作られているので、ジアミンのような有害成分は入っていないんです。

ですから安全性が高い白髪染めとしてヘアマニキュアを求める方も多くいらっしゃいます。

ヘアカラートリートメントの白髪染め

ヘアカラートリートメントは今、主流となっている白髪染めの種類です。昔はヘアカラーの白髪染めが人気だったのですが、これまでお伝えしたようにジアミンなど危険な成分を使っていることが問題視され始めました。

そのため今は安全性の高いヘアカラートリートメントの白髪染めが人気となっています。

またヘアカラートリートメントは通常のトリートメントとしても毎日使えるようにより髪や頭皮に優しい低刺激の成分のみで作られています。

さらに女性に嬉しい様々な美髪成分をトリートメントに配合しているので、ノンジアミンの白髪染めを求めるならヘアカラートリートメントがいちばんおすすめです。

ヘナの白髪染め

ヘナの白髪染めとはミソハギ科の天然植物を原料とした白髪染めです。基本的に化学成分は一切使わないように作られているので、安全性でいったら全白髪染めの種類の中でトップでしょう。

ただし結構癖のある白髪染めで、使う際は自分でお湯を足して調合しなければならないという手間がかかり、染まる色もオレンジ系の1色のみです。

またヘナで染めると独特の臭いがするので、苦手の人も多くいます。ですから、ヘナで染める際はそれなりの覚悟をしておきましょう。

お歯黒式白髪染め

お歯黒式の白髪染めとは簡単に言えば酸化染毛剤を使わない白髪染めのことです。酸化染毛剤とは脱色(ブリーチ)の際に使う過酸化水素やジアミンなど酸化をすることで髪を染める成分を指します。

酸化染毛剤は刺激が強い成分で髪や頭皮、体に悪いものばかりなので酸化染毛剤を使わないお歯黒式白髪染めはノンジアミンで安全な白髪染めなんです。

ただし、お歯黒式白髪染めは黒色にしか染められないというデメリットがあります。男性など黒色に染めたい人なら問題ありませんが、明るい色に染めたいと思っている方には残念ながら向いていない白髪染めなんです。

ノンジアミンの白髪染めを選ぶならコレ

白髪染め ノンジアミン おすすめ

最後に私がおすすめするノンジアミンの白髪染めを紹介しましょう。どれもノンジアミンなのはもちろんのこと、刺激の強い成分は一切使わずに髪や頭皮に優しい白髪染めなので是非おすすめです。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は今主流となっているヘアカラートリートメントの中でも一番売れている白髪染めです。

髪や頭皮に刺激のない成分で作られていて、以下のような刺激の強い成分は一切含まれていません。

  • パラベン不使用
  • ノンシリコーン
  • ノンジアミン
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • タール系色素不使用
  • 酸化剤不使用
  • 4級アミン不使用

このように刺激の強い成分は使われていないので肌の弱いい人でも安心して利尻を利用できます。

またトリートメントには利尻昆布エキス「フコイダン」やトリプルPPT成分、ヒアルロン酸という保水効果を持った傷んだ髪に潤いを与えて、ダメージケアをしてくれる美髪成分も配合されているんです。

このように安全かつ、髪のケアまでしてくれるのが利尻 ヘアカラートリートメントの魅力となります。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次におすすめするのがルプルプです。ルプルプも利尻と同じく非常に安全性の高いヘアカラートリートメントの白髪染めで、無香料・無鉱物油・タール系色素、ノンジアミンで作られています。

また多くの天然植物を原料に使っていて、トリートメントにはダメージケア&艶のある綺麗な髪にしてくれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合。

そして香料には「オレンジ油」、「ラベンダー油」、「ローズマリー油」を使い、爽やかな香りでリラックス効果が期待されます。

このように安全かつ様々な美髪効果が期待できるのがルプルプです。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオールは資生堂が販売するヘアカラートリートメントの白髪染めです。

大手化粧品メーカー「資生堂」が販売しているだけあって信頼性が高く、ノンジアミンで安全性の高い作りとなっています。

それでいてプリオールは通常価格が1,382円とヘアカラートリートメントにしてはかなり安いのが魅力で、多くの主婦層に人気がある商品です。

商品の特徴はコンディショナーに含まれる「マイクロクリスタリンワックス」という成分で、髪のハリ・コシをキープする役割があるため、染め上がりをふわっとしたボリュームのある見た目にしてくれます。

まとめ

今は自宅で染める白髪染めであっても安全な商品が求められるようになり、結果ノンジアミンのヘアカラートリートメントが非常に人気があります。

しかもヘアカラートリートメントは安全であることは最低条件で、メーカーごとに様々な女性に嬉しい美髪成分を配合しているんです。

ですから今までジアミンを含んだ危険な白髪染めを使っていた人も、これからは安全で髪や頭皮に優しいヘアカラートリートメントをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です