若白髪のための白髪染め~若いうちから染められる髪に優しい白髪染めを選ぼう~

白髪染め 若白髪

年々、若白髪の人が増えているって知っていますか?

と言うのもストレス社会の影響で白髪が生え始める平均年齢がどんどん低下しており、今では男女ともに35歳前後となっているんです。

もちろんもっと若い10代、20代の若白髪の人もいますし、私も高校の時から白髪が生えていました。

それでも若い年齢での白髪に恥ずかしさを抱いてしまうことに変わりはなく、白髪染めを検討されている人は大勢います。

そこで若白髪の人におすすめの白髪染めを、若白髪経験者の私がご紹介していきましょう。

若白髪には白髪染め?おしゃれ染め?

白髪染め 若白髪 おしゃれ染め

若い人ですと白髪染めは使ったことがなくとも、ヘアカラーのようなおしゃれ染めはしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

そこでこんな疑問が出てくるはずです。

「白髪染めはおしゃれ染めでもいいの?」まずはこの疑問から解決していきましょう。

おしゃれ染めでは白髪は染まらない

結論から言ってしまうと、おしゃれ染めで白髪は染まりません。

というのもおしゃれ染めは厳密に言うと髪を染めるのでなく、「黒髪」を染めるように作られています。

成分で見ると黒髪を脱色するための成分を多めに配合し、髪を染める染毛成分は少ししか配合されていません。

そのため色が入りにくい性質を持つ白髪はおしゃれ染めでは綺麗に染まらないんです。

白髪染めで黒髪は染まらない

おしゃれ染めで白髪は染まらないことがわかりましたが、もう一つ注意して欲しいのは「白髪染めで黒髪は染まらない」点です。

白髪染めはあくまで白髪を隠す、つまり地毛(黒髪)に合わせて白髪が染まるように作られています。

そのため白髪染めに黒髪を染めるほどの力はなく、黒髪に染料が付いても黒色が勝ってしまって色の変化は見込めません。

これは黒の絵の具に何を混ぜても変わらないのと同じ理屈です。

若白髪は白髪染めで染める

結局若白髪の人はどうやって染めればいいのかと言うと、基本的には白髪染めを使うことが大前提となります。

地毛が黒髪の人はそのままブラックカラーの白髪染めで染めればいいですし、もともと美容院などで地毛が染まっている人はその色に合わせたカラーの白髪染めを使うといいですよ。

ちなみに今の白髪染めは様々な明るい色のカラーバリエーションがあるので、おしゃれ染め同様に綺麗な髪色に白髪を染めることが出来ます。

若白髪の人にはヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染め 若白髪 ヘアカラートリートメント

若白髪の人でも白髪染めを使うべきと言うのはわかりましたが、実は白髪染めと言っても様々な種類があります。

その中でも若白髪の人に特におすすめなのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントとはその名の通り、トリートメントをしながら白髪を染められる白髪染めであり、若白髪の人におすすめの理由は以下の通りになります。

髪を傷めない

白髪染めはこれからもずっと使い続けるものなので、なるべく髪や頭皮を傷めない白髪染めが好ましいです。

特に若いうちからダメージのある白髪染めを使っていると、せっかくの若々しい髪が竹箒のようにボサボサになり、頭皮や皮膚もズタズタになってしまいます。

その点、ヘアカラートリートメントはトリートメントとして毎日使っても安全なように低刺激の成分のみで作られているんです。

また脱色を行うことなく、髪の表面をコーティングして色を付けるようになっているのでキューティクルを傷める心配もありません。

綺麗な若々しい髪を維持できる

ヘアカラートリートメントは白髪を染めるだけでなく、トリートメントに配合された様々な美髪成分によって綺麗な若々しい髪を維持できます。

例えば保水効果を持った成分によって、髪から水分を逃がさずに潤いと艶のあるサラサラヘアーにしてくれるんです。

他にもメーカーによって独自の美髪成分が配合されているので、ヘアカラートリートメントの白髪染めを選ぶ際は髪の悩みに合わせた商品を見つけることが出来ます。

少ない白髪にも対応できる

若白髪の人だと白髪の割合はそんなに多くない場合が多いです。

例えば側面だけとか、部分的に白髪が生えている人もいます。

そのような人は使う染料の量も少なくて済むので、ヘアカラーのような使い捨ての白髪染めだと正直もったいないですし、部分染めにも向いていません。

そこで白髪の割合が少ない若白髪におすすめなのがヘアカラートリートメントなんです。

ヘアカラートリートメントは使い捨ての白髪染めではなく、保存のきくチューブ容器に入っているので白髪の割合に合わせて好きな分量だけ使うことが出来ます。

またテクスチャ(質感)が硬めのクリーム状になっているので、液だれしにくく気になる白髪部分にいつまでも染料が密着してくれるんです。

若白髪を染めるならこの白髪染め商品!

白髪染め 若白髪

最後に、若白髪の人におすすめのヘアカラートリートメントの白髪染めを紹介していきます。

どれも人気のある白髪染めで、初回購入に限り大幅割引のキャンペーンもあるので気になる商品を見つけたら一度お試してみることをお勧めします。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻ヘアカラートリートメントは今一番売れている白髪染めで、若い人から年配の方まで幅広い年代の人に人気のある商品です。

人気の秘訣は何といっても高い安全性と染まりやすさ、そしてトリートメント効果にあります。

まず安全性から見てみると、白髪染めでかぶれを起こすことで有名な有害成分「ジアミン」は含まれておらず、他の刺激の強い成分「パラベン」「鉱物油」「酸化剤」なども一切使われていません。

このように髪や頭皮に優しい成分だけで作られているので若白髪の人でも髪を傷めることなくずっと使い続けることが出来ます。

さらに利尻ではトリートメント成分に利尻昆布エキス「フコイダン」という保水効果を持った美髪成分が配合されているんです。

このフコイダンによってヘアカラーなどで傷んだ髪をケアしつつ、艶のある若々しい髪を維持してくれますよ。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

続いて紹介するルプルプも非常に人気のあるヘアカラートリートメントの白髪染めで、無添加、ノンジアミン、動物性原料が不使用と髪や頭皮に優しい成分のみで作られています。

また植物性原料を多く配合していることで女性に嬉しい効果があり、若い女性の支持も大きいです。

例えばトリートメントには保水効果を持ったガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合して、使えば使うほど潤いと艶のあるみずみずしい髪に仕上げてくれます。

また香料には「ラベンダー油」「オレンジ油」「ローズマリー油」の3種の植物性油を使い、爽やかな香りでリラックス効果が期待できますよ。

このようにルプルプは安全性が高く、若い人にも人気があるため若白髪の人にもおすすめの白髪染めです。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

プリオールは大手化粧品メーカー資生堂から販売されている白髪染めです。

見た目がオシャレで資生堂と言うブランドもあるため、若い人でも抵抗なくお使いになれます。

またプリオールはヘアカラートリートメントの中でも価格が1,382円と非常に安く、初めて白髪染めを購入する若白髪の人でも手軽に購入出来ます。

そして注目して欲しいプリオールの特徴は染料を髪に塗った後の放置時間が5分ととても短い点です。

通常のヘアカラートリートメントだと15分~20分ほど必要とすることが多いのに対し、プリオールは短時間で染められるので、仕事が忙しく時間があまりとれない若い人にもおすすめ出来ます。

まとめ

若白髪が気になり始め、これから初めて白髪染めを購入される方は初めの白髪染め選びが重要になります。

ここでもし髪や頭皮を傷めてしまうような刺激の強い白髪染めを選んでしまうと、せっかくの若くて美しい髪までボロボロになってしまうんです。

そうならないためにも、これから白髪染めを検討されている方は髪や頭皮に優しいヘアカラートリートメントの白髪染めをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です