白髪染めが逆効果になる可能性が!白髪染めで逆に白髪が増える原因

白髪染め 逆効果

「白髪染めを使うと逆効果だよ。」なんてことを聞いたことはないでしょうか?

そうなんです。実は白髪染めをすると、白髪が増えます!

ただし、これは間違った白髪染めをしている場合です。ちゃんと正しい白髪染めをしてあげれば逆効果にならずに、綺麗に白髪を染められます。

そこで間違った白髪染めで白髪が増えてしまった、なんてことにならないためにも白髪染めで逆効果になる原因と正しい白髪染めをする方法を今からお伝えしましょう。

白髪染めが逆効果になる原因

白髪染め 逆効果 原因

白髪染めが逆効果になってしまう原因は以下の2つが考えられます。

髪や頭皮を傷める白髪染め

白髪染めには化学成分がたくさん使われているので、基本的に使えば使うほど髪や頭皮を傷めてしまいます。

特にヘアカラーのように脱色を行って、髪を染める白髪染めは髪や頭皮に対するダメージが甚大で、白髪を増やす原因となるんです。

ヘアカラーによって頭皮にダメージを負うと、毛母細胞が損傷し、黒髪を作り出すメラノサイトの働きを悪くします。

このように白髪を隠すための白髪染めで白髪を増やすという逆効果が生まれるのです。

明るすぎる色で染めている

また白髪染めには白髪を隠すのでなく目立ってしまうという逆効果もあります。

これは染めているカラーが原因で、具体的には地毛に合わない明るすぎるカラーのせいです。

どういうことかと言うと、地毛に合わない明るすぎる色で染めることで白髪部分が光ってしまい、染める前より逆に白髪が目立ってしまうんです。

本来、白髪染めは白髪を染めるように作られているので、地毛と白髪で染まり具合の差が出て、明るい色で染めるほど白髪部分が光ってクッキリと浮き出て見えてしまいます。

これでは白髪を染められても、隠すどころか目立っているので逆効果ですよね。

逆効果にならない正しい白髪染め選びが大事

白髪染め 逆効果 選び方

前述したような逆効果にならないためにも、正しい白髪染めで染める必要があります。そこでこれから正しい白髪染めの選び方をご紹介しましょう。

刺激の少ない白髪染めを選ぶ

しっかりと白髪を染めて、白髪を増やすという逆効果にならないためには髪や頭皮に優しい刺激の少ない白髪染めが絶対条件になります。

白髪染めは一回染めるだけではそんなにダメージの差は出ませんが、これから何度も染めるとなると蓄積するダメージ量は雲泥の差です。

そしてどの過ぎるダメージを負った髪は元には戻らず、傷んだ頭皮は白髪を増やすという逆効果が生まれます。

こうならないためにも白髪染めを選ぶ際は絶対に低刺激で髪や頭皮に優しい白髪染めを選びましょう。

地毛に合わせたカラーを選ぶ

ダメージの少ない白髪染めを選んだら次はカラー選びです。年齢の若い人ほど明るい色を選びがちなのですが、白髪のためにもオシャレのためにも地毛に合った色選びが大事になります。

明るすぎるカラーで染めても白髪が浮き出て逆にみすぼらしい姿に見えるだけなので、地毛に合った明るさの色で染めたほうがあなたの雰囲気に合ったオシャレな印象を受けるんです。

もし赤みの強い明るいカラー白髪染めで染めたいのなら、白髪染めの前に美容院で地毛を明るく染めておきましょう。

そうすることで白髪が光ってもそれほど目立つことはありませんよ。

ヘアカラートリートメントを選ぶ

「髪や頭皮を傷めない」、「地毛に合わせたカラーリング」、この2つを実現させてくれるのがヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントはヘアカラーの白髪染めと違って脱色を行わず、髪の表面をコーティングすることで白髪を染めます。

またトリートメントとして毎日使えるように低刺激の成分のみで作られているんです。さらに今のヘアカラートリートメントの白髪染めはカラーリングが豊富で、おしゃれな髪色にも染められるので若い人にも人気があります。

逆効果にならないおすすめの白髪染め

白髪染め 逆効果 おすすめ

では最後に「白髪染めで白髪が増えた、目立った!」なんて逆効果にならない白髪染めを紹介していきます。

どれも低刺激で地毛に合わせたカラーで染められるので、気になる白髪染めがありましたら一度お試ししてみるといいですよ。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

一番おすすめの白髪染めと言ったらやっぱりこれですね。利尻ヘアカラートリートメントは今一番売り上げのある白髪染めで、安全・染まりやすい・美髪効果の3拍子が揃った大人気の白髪染めです。

商品の特徴はトリートメントに利尻昆布エキス「フコイダン」を配合している点になります。

フコイダンとは昆布のネバネバに含まれる成分であり、高い保水効果を持っているので髪に潤いを与えて艶のある綺麗な髪に仕上げてくれるんです。

他にも様々な植物性原料でダメージケアや美髪効果を生んでくれるので、今までヘアカラーで髪にダメージを負ってきた人にもおすすめの白髪染めになります。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

次におすすめするルプルプも髪や頭皮に優しく、しっかりと白髪を染めてくれるヘアカラートリートメントの白髪染めです。

ルプルプの特徴は体に優しい多くの植物性原料を使っている点になります。

例えば染料に含まれるベニバナ、クチナシ、アイ葉で頭皮を傷めずに髪を優しく染め上げ、ヘアカラートリートメントには利尻でも説明した昆布から取れるフコイダンを配合しています。

さらに合成香料を使わずに「オレンジ油」「ラベンダー油」「ローズマリー油」といった植物性油を使っているので、白髪染めのツンとくる嫌なニオイでなく、爽やかな香りがするんです。

またカラーバリエーションも4色と豊富なので、あなたの髪に合わせたカラー選びが出来ますよ。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

最後におすすめするのがプリオールです。プリオールは誰もが知っている化粧品メーカー資生堂が販売している白髪染めで、ヘアカラートリートメントの中でも1,382円と非常に安く購入出来ます。

そしてプリオールが凄いのは安さだけではありません。注目すべきは成分で、様々な独自の効果を持った成分が配合されています。

まずはマイクロクリスタリンワックスという成分です。マイクロクリスタリンワックスは髪のコシ・ハリをキープする働きがあり、トップが潰れたペタン髪をふわっとした髪にしてくれます。

そして一番の注目成分がホップエキスです。ホップエキスはビール会社「キリン」と資生堂が共同して開発した成分で、なんと白髪をなくす効果が期待できます。

まだ確実に効果が実証されているわけではありませんが、他の白髪染めにはないプリオールだけの成分なんです。

まとめ

白髪染めを使い始めたらなんだか白髪が目立ち始めた、増えた気がするという方は間違った白髪染めをしていませんか?

実際に今回、お伝えしたような間違った白髪染めをしている人は結構いるようで、だからこそ白髪染めは逆効果だ!なんて噂も流れているんです。

でも白髪染めそのものが逆効果なのでなく、正しい白髪染めで染めれば白髪のない綺麗な染め上がりになります。

そのためにも髪や頭皮を傷めないヘアカラートリートメントで、地毛に合わせた色で染めてあげましょう。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です