バレない白髪染めの染め方と商品を紹介しちゃいます!あなたの白髪バレてますよ

白髪染め ばれない

私たちはいつも白髪を隠すために白髪染めをするのですが、白髪染めによっては染めたのが職場の同僚などにバレバレの時ってありますよね。

例えば不自然な黒髪になったり、白髪部分がキラキラ光って浮き出たりしていると確実に白髪染めをしたのがバレちゃいます。

これじゃあ白髪を隠すために染めているのか、白髪をバラすために染めているのかわかりません。

そこでしっかり白髪を染められて、なおかつ染めたのがバレない白髪染めをこれから紹介しましょう。

白髪染めがバレない染め方

白髪染め バレない 染め方

白髪を染めたのが職場の同僚やママ友などにバレたくない!と言う方は、まずバレない染め方から学んでいきましょう。

いつもの白髪染めを以下の3つを意識しながら染めるだけで、白髪染めバレを防ぐことが出来ます。

徐々に白髪を染める

白髪染めにはヘアカラーのように一発で染めてしまうタイプと、何度か連続して使って徐々に染めていくタイプがあるんです。

そして一発で染めるタイプの白髪染めは白髪を染めたことも一発でバレます。なぜなら「あれ?あの人、昨日と髪の色違う。」となるからです。

至極、単純な理由ですよね。他にも白髪染めをおしゃれ染めで染めた場合もバレます。これは根本的な問題でおしゃれ染めでは白髪はほぼ染まりません。

ですから白髪染めがバレたくなかったら徐々に白髪を染めて髪色の変化の幅を抑えてあげることが大切です。

明るすぎない色で染める

次に白髪が浮いてしまうことで、白髪染めがバレてしまうことを防ぐ染め方を紹介します。

よく美容院で「白髪が浮く」という表現を耳にするかと思うのですが、これは白髪が白髪染めによってキラキラ光ってしまい、周りの地毛から浮いて見えている状態です。

当然、白髪染めしたんだな、と周りにはバレていることでしょう。

こうならないために大切なのが、明るすぎる色で白髪染めしないことです。もともと白髪はメラニン色素が失われた代わりに空気を多く含んでいるので、光が反射して光りやすい性質があります。

そこで白髪の光を抑えるように地毛に合わせた少し暗めの色で染めてあげれば、白髪が浮くのを防いでくれるんです。

気になる白髪だけ部分染め

白髪の割合が多くない人におすすめの白髪染めがバレない方法があります。

それは部分染めです。部分染めとは染料を髪全体に塗るのに対して、生え際などの気になる白髪箇所にだけ塗る染め方です。

なぜこの染め方だと白髪染めがバレなのかというと、いくつかの理由はありますが第一に地毛との髪色の変化がわかりにくいというのがあります。

先ほどもお伝えしましたが、髪色がガラッと変わってしまうと一発で染めたことがバレるので、なるべく髪色の変化を出さないことが重要です。

理由2つ目は白髪の染め残しが出来にくい点になります。部分染めに比べて全体染めを自分で行うと、どうしても染め残しが生まれるので白髪が数本残ってしまうんです。

ですから日ごろから自分の白髪の位置を確認し、気になる白髪を部分染め出来るようにしましょう。

染めたのがバレない白髪染めの種類

白髪染め バレない 種類

これまでバレない白髪染めの染め方を紹介しましたが、それを踏まえて今度はバレない白髪染めの種類を紹介しましょう。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染め

白髪染めをしたのがバレない白髪染めとして一番おすすめなのがヘアカラートリートメントになります。

ヘアカラートリートメントは今人気のある白髪染めの種類で、脱色をしないで髪を染める上に低刺激の成分のみで作られているので髪や頭皮にとてもやさしいんです。

そしてヘアカラートリートメントは普段のリンスやトリートメント代わりとして使うことで徐々に髪を染めていきます。

また、保存が効く容器に入っていて好きな分量を使えるので部分染めとしても使えるんです。

カラーシャンプータイプの白髪染め

カラーシャンプーはヘアカラートリートメントと同じようなタイプの白髪染めで、シャンプーの中に染料を配合することで毎日髪を洗いながら徐々に白髪を染めていきます。

そのためカラーシャンプーは毎日生えてくる新しい白髪にも対応出来て、バレずに白髪を染めるのには適しているのですが一つ注意して欲しいのは染色力です。

はっきり言うとカラーシャンプーは染まりにくいんですよね。カラーシャンプーだけで白髪が染まったと実感するにはかなり使い続けなければなりません。

ですからカラーシャンプーを使うなら美容院やヘアカラートリートメントとの併用をおすすめします。

白髪かくしタイプの白髪染め

白髪の割合がそんなにない方でしたら白髪かくしがおすすめです。白髪かくしとは、その場でサッと髪に塗るだけで気になる白髪を隠せる白髪染めになります。

他の白髪染めと違って塗った後に洗い流す必要がなく、出かける前に鏡を見ながら簡単に出来るんです。

ただし白髪隠しのデメリットとして覚えて欲しいのが、一日しか持たないという点になります。

白髪かくしの別名は一時着色料と言い、汗やシャンプーなどで簡単に色が落ちてしまうんです。

ですから数本の白髪が気になる人が出かける前にサッと使うものと考えましょう。

商品詳細→利尻白髪隠し

白髪染めがバレないおすすめの商品紹介

白髪染め バレない おすすめ

最後に染めたのがバレない白髪染めの種類でおすすめの商品を紹介していきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

利尻は今人気のヘアカラートリートメントの白髪染めの中でも一番売れている商品です。

安全性が高く、「ノンジアミン」「酸化剤不使用」「パラベン不使用」と髪や頭皮を傷める成分は一切入っていません。

またトリートメントには利尻昆布エキス「フコイダン」という保水効果を持った成分を配合していて、髪や頭皮に潤いを与えて美しい艶髪に仕上げます。

このように利尻は安全に使えて、染めるたびに嬉しい美髪効果まで得られるのでバレないで徐々に白髪染めするのにぴったりなんです。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)、ガゴメ昆布エキス「フコイダン」、植物性油など

カラーバリエーション

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

内容量

200g

キャンペーン価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円(1本分)

送料無料

 

ルプルプも今とっても人気のあるヘアカラートリートメントの白髪染めです。無添加、ノンジアミン、動物性原料不使用で、髪や頭皮に優しい植物性原料を多く使っているのが特徴になります。トリートメントには髪をサラサラにしてくれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されているのも注目です。

ちなみに私も利尻を使う前にルプルプで染めていたのですが、染まりやすさがとても良くて気に入っていました。

そして赤みの割合で4種類のカラーバリエーションが用意されているので、地毛の色に合わせた髪色に白髪が染められるので白髪染めが会社の同僚にバレたことはないです。

利尻と同じくとてもおすすめの白髪染めになります。

利尻カラーシャンプー

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタ、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマーなど

カラーバリエーション

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

種類

カラーシャンプー

内容量

200g

価格

初回限定2,500円

通常3,500円

送料540円(2本セットで無料)

 

最後にヘアカラートリートメントや美容院と併用する白髪染めとして利尻カラーシャンプーをおすすめします。

先ほど紹介した利尻ヘアカラートリートメントとほぼ成分は同じなので、髪や頭皮に優しい白髪染めです。

またノンシリコンで作られているので他の白髪染めの染まりを邪魔することなく、むしろ染まりを手伝ってくれます。

ですから美容院やヘアカラートリートメントで染めるのならノンシリコンの利尻カラーシャンプーがおすすめです。

まとめ

今まで白髪染めをするために周りにバレて恥ずかしい思いをしていた人は、これからは徐々に白髪を染めるヘアカラートリートメントを試してみませんか?

ヘアカラートリートメントは一発では染まりませんが、2、3回連続で染めるだけでしっかり白髪を染めることが出来て髪を綺麗にする美髪効果まであるんです。

また、白髪の割合によってはカラーシャンプーや白髪かくしと言った白髪染めアイテムも同時に使ってみることもおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です