白髪染めとパーマをどっちもするなら絶対に知って欲しいこと

白髪染め パーマ

年齢とともに若かった髪は衰え、様々な髪の悩みが増えてくるものです。

その中の一つが白髪。そしてもう一つが髪のハリ・コシがなくなりトップが潰れてくることです。

白髪染めとパーマ両方すればこの二つの悩みを解決することはできるのですが、実はそんな簡単な話ではないんです。

白髪染めとパーマってすごく相性が悪く、どちらも正しいやり方をしないと新たな髪のトラブルに繋がりかねません。

そこで今回は、白髪染めとパーマをする際に絶対に知っておいてほしいことをお話ししていきます。

白髪染めとパーマは併用してもいいの?

白髪染め パーマ 併用

そもそも白髪染めとパーマって併用しても大丈夫なの?

まずは白髪染めとパーマの併用によって起きる問題を見ていきましょう。

髪へのダメージは深刻

白髪染めとパーマは、言ってしまえばどちらも髪にいいことではありません。

白髪染めでいえば、髪にアルカリ剤などの化学薬品を付け化学反応を起こして色を付けています。

さらにヘアカラーのような脱色を行う白髪染めは、髪を保護するためのキューティクルを過酸化水素で無理やりこじ開けて色を浸透させているんです。

またパーマも髪を柔らかくするためにアルカリ剤が使われており、そのあと開いた髪を閉じるために過酸化水素も使われています。

このようにどちらも髪に刺激のある成分が使われていて、アルカリ剤や過酸化水素でダメージを負った髪は二度と元には戻りません。

髪が緑に変色する

白髪染めをした髪にパーマをかけると、緑色に髪が変色することがあります。

これは髪に残っている白髪染めの染料とパーマ液が化学反応を起こしたことによる結果です。

白髪染めとパーマの相性の悪さを知らずに美容院へ行き、このような事態に陥る方は結構いるんです。

そして一度変色してしまった髪は、そのあと染め直すことも出来ません。

パーマをかける際は、美容師さんにいつ白髪染めをしたか伝えるようにしましょう。

パーマが元に戻る

パーマをかけた後に白髪染めをすると、せっかくかけたパーマが元の状態に戻ってしまうことがあります。

髪の変色ほど被害は大きくありませんが、せっかく高いお金をかけてパーマをしたのにこれでは台無しですよね。

白髪染めとパーマの正しい順番

白髪染め

 

2週間

縮毛矯正

白髪染め 縮毛矯正

1週間

白髪染め

 

白髪染めとパーマの併用によって起きる問題を紹介してきましたが、白髪染めとパーマを正しい順番で一定の間を空けてから利用すれば問題は起きません。

そこで白髪染めとパーマの正しい順番や空けるべき間隔についてお話ししていきましょう。

絶対にパーマをしてから白髪染め

白髪染めとパーマをどちらも行いたいのであれば、パーマをしてから白髪染めが絶対です。

どちらを先に行ったとしても、その間隔が短いと前述したような問題が起きてしまう可能性はありますが、パーマを先にしたほうがリスクは大幅に軽減されます。

例えば白髪染めを先に行ってからパーマをかけ、髪が変色してしまったら完全に手遅れです。

変色した髪は切らない限りどうしようもありません。

一方、パーマの後に白髪染めをして髪が元に戻ってしまっても、ダメージ的にはそこまで大きいものではないです。

白髪染めとパーマの間隔

本来はパーマをしてから白髪染めするのがいいですが、もし白髪染めを先に行ってしまった場合は最低でも2週間空けてからパーマをかけるようにしましょう。

そして、美容院に行った際は必ず美容師さんに白髪染めを2週間前に行ったことを伝えるようにしてください。

そうすることでパーマ液の強さや配合を適切なものに変えてくれるでしょう。

また、パーマをかけた後に白髪染めをする場合は、最低1週間は間を空けるようにしましょう。

1週間空けることで髪に付いた白髪染めの液剤を完全に落とすことが出来、髪に付いた染料もしっかり定着します。

パーマと併用するならヘアカラートリートメント

白髪染めとパーマを併用する際の順番と間隔がわかったところで、もう一つ大事なことがあります。

それは、使う白髪染めに髪や頭皮を傷めないヘアカラートリートメントを選択することです。

いくら順番や感覚を空けてから白髪染めをしたとしても、髪を傷めるヘアカラーのような白髪染めを使うと、前述してある通り髪へのダメージは取り返しのつかないものとなります。

そこでおすすめなのが、脱色を行わずに白髪を染めてくれるヘアカラートリートメントなんです。

パーマと併用するならこの白髪染めヘアカラートリートメント

白髪染め パーマ

最後に、白髪染めとパーマのどちらも行いたいという方のためにおすすめの白髪染め商品をご紹介します。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類

カラーバリエーション

ライトブラウン

ナチュルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量

200g

価格

初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

 

とにかく髪を傷めず、しっかり白髪を染めてくれるヘアカラートリートメントと言ったらやはりこれ!利尻ヘアカラートリートメントです。

利尻は安全でよく染まると好評で、白髪染めの中で一番売れている商品なんです。

トリートメント成分にもこだわりがあり、利尻昆布エキス「フコイダン」という髪に潤いと艶を与える保水効果の高い美髪成分が配合されています。

他にもトリプルPPT成分、ヒアルロン酸と言った保水効果を高める成分が沢山入っているので、パーマで傷めた髪を補修する効果も期待できますよ。

第2位 ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★

主な成分

塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉

ガゴメ昆布エキス

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

内容量

200g

価格

初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

 

利尻の次におすすめなのがルプルプです。

ルプルプも非常に安全性の高いカラートリートメントの白髪染めで、無添加、ノンジアミン、動物性原料不使用で作られています。

さらに髪や頭皮に優しい植物性原料を多く使っており、染料にはベニバナ、クチナシ、アイ葉といった染まりを良くする3種の天然染料を使用。

トリートメントには高い保水効果を持つガゴメ昆布エキス「フコイダン」を配合し、パーマなどで傷めた髪を補修しつつ艶のあるサラサラヘアーに仕上げます。

おまけに香料にも「ラベンダー油」「オレンジ油」「ローズマリー油」といった植物由来成分を使うことで、爽やかな香りでリラックス効果が期待出来るんです。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆

プリオール カラーコンディショナー

主な成分

水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4

カラーバリエーション

ブラウン

ダークブラウン

プリオール カラーコンディショナー ブラウン プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン

ブラック

 

プリオール カラーコンディショナー ブラック

内容量

230g

価格

通常1,382円

送料無料

 

最後に紹介するのは大手化粧品メーカーの資生堂が販売しているプリオールです。

プリオールは魅力的な特徴を多く持った白髪染めで、まず第一に価格がヘアカラートリートメントでありながら1,382円と安いのがとても嬉しいですよね。

また成分を見てみると「マイクロクリスタリンワックス」という成分が配合されているのがわかります。

この成分は髪のハリやコシをキープする働きがあり、パーマをかけた髪に使ってあげるといつまでもふわっとした髪を維持してくれるんです。

ただし染色力はあまりないので、継続して使い続けることで初めて効果を実感できる白髪染めとなります。

まとめ

相性が悪いとはいえ、白髪染めをしながらパーマをかけているという方は大勢いらっしゃいますよね。

どちらも高齢の方に多い髪の悩みを解決してくれるものなので当然です。

しかし、だからこそ正しい順番、間隔が重要となってきます。

もしこれから白髪染めとパーマの併用をお考えの方は、今回お伝えした順番と間隔を思い出しながら失敗のない綺麗な髪を手に入れてくださいね。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です