白髪染めトリートメントの使い方をわかりやすく紹介!お手軽・簡単・手間なし

白髪染めトリートメント 使い方

最近よく耳にする、白髪染めトリートメントの噂。

何やら髪に優しい白髪染めらしいとのことで、使ってみようかなと考えている人は増えています。

事実、白髪染めトリートメントは髪に優しく様々な効果を持った白髪染めで女性にもとても人気があるんです。

そこで今回は白髪染めトリートメントを購入するかどうか迷っているあなたのために、白髪染めトリートメント歴10年の私がその特徴と使い方をわかりやすく紹介していきます。

白髪染めトリートメントの特徴

白髪染めトリートメント 使い方

まず白髪染めトリートメントの使い方を紹介する前に、白髪染めトリートメントがどんな特徴を持った商品なのか知っておきましょう。

この予習が、使い方を知る上でも大切になります。

髪や頭皮に優しい白髪染め

白髪染めトリートメントは今一番人気のある白髪染めになります。

テレビCMで宣伝されている白髪染め商品もトリートメントタイプばかりです。

ではなぜこんなに人気があるのかというと、白髪染めトリートメントは髪を傷めずに染めてくれるからです。

もっと詳しく言うと、ドラッグストアなどで安価で売られているヘアカラーの白髪染めと違って、ヘアカラートリートメントは脱色を行わないで白髪を染めることができます。

そのため髪や頭皮へのダメージが少なく、低刺激の成分のみで作られているので敏感肌の人でも安心して使えるんです。

白髪染めトリートメントのメリット・デメリット

メリット

デメリット

  • 髪や頭皮に優しく染める
  • 美髪成分が多く使われている
  • 好きな分量を使える
  • 部分染め(リタッチ)も可能
  • 嫌なニオイがしない
  • 一回では染まらない
  • ヘアカラーほどカラーバリエーションがない

 

白髪染めトリートメントの一番のメリットは、前述した通り髪や頭皮へのダメージが少ない点です。

さらに、トリートメントに様々な美髪成分が配合されているのも大きなメリットになります。

具体的な成分は商品によって異なりますが、主に保水効果の高い成分をトリートメントに配合することで傷んだ髪に潤いと艶を与えてくれるんです。

一方、デメリットとしては一回で染まらないという点がありますが、これはそんなに問題ではありません。

というのも染め始めに2、3日かかるというだけなので、それ以降は1、2週間に一度染めるだけで済むんです。

白髪染めトリートメントの使い方&うまく染めるコツ

白髪染めトリートメント 使い方 コツ

それでは白髪染めトリートメントの特徴をつかんだところで、今度は使い方についてわかりやすく紹介していきましょう。

白髪染めトリートメントの基本的な使い方

白髪染めトリートメントの使い方は、商品によって細かな違いはありますが基本的には下記の通りとなります。

①髪の長さに合わせた適量を手に取る

まずは髪の長さに合わせ、仕様書通りの分量を手に取ることから白髪染めは始まります。

このとき手袋をしておくといいでしょう。

安全面では素手でも問題はありませんが、ツメの間に染料が入るとなかなか色が落ちないんです。

ですから手袋をして染めるか、濡れた状態の手で染めることをおすすめします。

②濡れた髪(乾いた髪)に塗る

ここが白髪染めトリートメントを使う上で一番大きな分かれ目になります。

基本的に、白髪染めトリートメントはシャンプー後の濡れた髪をタオルドライしてから塗るのですが、染め始めに限り乾いた髪への使用を推奨していることもあります。

なぜかというと、乾いた髪のほうが染まりがいいからです。

ですから、髪全体がしっかり染まる2、3回は乾いた髪に塗り、それ以降は濡れた髪に塗るのがいいでしょう。

ただし、成分上乾いた髪に使えない白髪染めトリートメントもあるので、仕様書通りに塗るのが一番です。

③10~15分ほど待つ

これはもう細かな説明は要りませんよね。

染料が髪に密着するまで少しだけ時間が掛かります。

その間、浴槽に浸かってゆったりと待ちましょう。

④お湯に色素が出なくなるまでしっかり洗い流す

待ち時間が過ぎたら、髪に付いたトリートメントをお湯でしっかり流しましょう。

目安としてはお湯に色素が出なくなるまでがベストです。

もし髪に余分なトリートメントが残っていると、フケやかゆみの原因となってしまいます。

⑤ドライヤーでしっかり乾かす

よくお風呂後に自然乾燥で髪を乾かしている人がいますが、それはNG!

いつまでも濡れた髪のままでいると、せっかく髪に付いた染料が流れ落ちて染まりが悪くなります。

またあ、濡れた髪はキューティクルが開いている状態=髪が傷みやすい状態なので、早めにドライヤーで乾かすようにしましょう。

白髪染めトリートメントでより良く染める使い方

これまで紹介してきた方法は、商品の仕様書を見れば誰でもわかる使い方です。

でもそれだけ紹介したのでは、私がここで紹介する意味がない!

そこでこの項ではもう少し深く、あなたのためだけにより染まりを良くする裏技をこっそり教えちゃいます。

①ケチな心は捨てよう!

人間って本能的にモノをケチるんですよね。

いきなり何のことだと思うかもしれませんが、つまりは「トリートメントの量をケチらずたっぷり使いましょう」ということです。

というのも白髪染めで染め残しや染まりが悪い原因って、実は単純に使っている量が少ないことがほとんどなんです。

ですから白髪染めトリートメントを使う際は、気持ち多めにトリートメントを手に取るようにしましょう。

②コーム(クシ)で髪全体に塗る

白髪染めトリートメントを髪に塗る際は、まず手で髪全体に広げます。

そして次はコームを使って染料を髪に伸ばしていきましょう。

こうすることで、手では濡れなかった髪の毛の細かいところにまで染料が付着し、より染まりが良くなるんです。

③放置時間は長いほど深く染まる

そもそもなぜ白髪染めに放置時間が必要かと言うと、染料が髪の内部まで浸透するのに時間が掛かるからです。

ですから仕様書に書かれた放置時間よりも長めにとることで、より深く染まります。

ただし、あまりに長すぎても意味がないので目安として長くても30分くらいを目途にしましょう。

④待機中は髪をラッピング&温める

放置時間の間にも、染まりを良くするポイントがあります。

それは髪をラップでグルグル巻きにしてラッピングすることです。

こうすることで染料と髪が密着して色ムラが出来にくくなり、染まりが良くなります。

シャンプーキャップを被ることでも代用出来ますが、私としてはより密着するグルグル巻きがおすすめです。

またラッピングした髪を温めることでも染まりがより深くなります。

髪を温めることで染料と髪の結合が強まり、色落ちしにくくなるんですよ。

ちなみに温める方法ですが、浴槽に使っているだけで身体とともに頭も同時に温まってくるので簡単です。

室内で染めた場合には、ドライヤーで1分程温めるだけでもOKです。

以上のことを意識するだけで、誰でも簡単に白髪染めトリートメントの染まりを良くすることが出来るので、ぜひ実践してみてくださいね。

白髪染めトリートメントの使い方の疑問

白髪染めトリートメントの使い方を簡単に説明してきましたが、それでもまだこんな疑問がありました。

いくつか紹介していきます。

Q:リンスやトリートメントは使っていいの?

A:あまりおすすめしません。リンスやトリートメントには艶を出すためにシリコンなどの髪の表面をコーティングする成分が使われているので、白髪染めの染まりが悪くなってしまいます。

Q:染めた後にシャンプーしてもいいの?

A:どちらでも構いません。白髪染めトリートメントはシャンプーのたびに色落ちはするものの一発で落ちることはありません。

シャンプーについては、洗浄力があまり強くないノンシリコンのシャンプーの使用をおすすめします。

そうすることで、白髪染めの色落ちを防ぐことが出来ますよ。

おすすめの白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメント 使い方 おすすめ

白髪染めトリートメントの使い方がわかったところで、お次はおすすめの白髪染めトリートメントを紹介していきます。

どれも私が現在・過去に使ったことのある白髪染めで、安全性や染まりやすさは実証済みです。

利尻ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)、トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー、利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど28種類
カラーバリエーション
ライトブラウン
ナチュルブラウン
ダークブラウン
ブラック
内容量
200g
価格
初回限定2,000円
通常3,000円
送料540円(2本セットで無料)

 

白髪染めトリートメントと言ったらやっぱり利尻です。

安全・染まりやすい・トリートメント効果ありと、全てにおいて高評価を得ています。

ちなみに私が今愛用している白髪染めも利尻です。

利尻は「ジアミン」「酸化剤」「パラベン」といった刺激の強い成分は使わずに作られているので、敏感肌の私でも安心して使えます。

そしてトリートメントには利尻昆布エキス「フコイダン」という保水効果の高い成分が配合されているので、髪に潤いを与えて艶のある綺麗な髪に染まるんです。

なお、今なら公式通販サイトから2本以上まとめて購入するとオリジナルコームが無料で貰えちゃいますよ。

ルプルプ(LPLP) ヘアカラートリートメント

★★★★★
主な成分
塩基性染料
HC染料
天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉
ガゴメ昆布エキス)
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
モカブラウン
ソフトブラック
内容量
200g
価格
初回限定39%オフ1,833円
通常3,000円
2本定期便1,500円
送料無料

 

ルプルプはここ数年で人気が急激に伸びている白髪染めトリートメントです。

利尻と同じく無添加、ノンジアミンの白髪染めで髪や頭皮を傷める刺激の強い成分は一切使われていません。

そしてルプルプには様々な体に優しい天然植物由来の成分が使われています。

例えば染料には染まりを良くするベニバナ、クチナシ、アイ葉の3種の天然染料を使用。

トリートメントには潤いと艶のある髪にしてくれるガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されており、香料には爽やかな香りのする3種の天然植物油を使っています。

このように、ルプルプは多くの植物性原料があなたの白髪を安全かつ快適に染めてくれるんです。

第3位 プリオール カラーコンディショナー

★★★★☆
プリオール カラーコンディショナー
主な成分
水、アルコール、DPG、ステアロイルメチルタウリンNa、セタノール 、DPG、グルタミン酸、オリゴ糖、海塩、タウリン、水溶性コラーゲン、ホップエキス、天然海藻エキス,ミネラル&コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、コポリマー、クエン酸、ステアリルPGジメチルアミン、エタノール、BG、シスチン、トコフェロール、香料、赤227、橙205、紫401、黒401、黄4
カラーバリエーション
ブラウン
ダークブラウン
プリオール カラーコンディショナー ブラウン
プリオール カラーコンディショナー ダークブラウン
ブラック
 
プリオール カラーコンディショナー ブラック
内容量
230g
価格
通常1,382円
送料無料

 

プリオールは化粧品で有名な資生堂が販売している白髪染めトリートメントです。

さすが大手メーカーが作っているだけあって安全性は無添加、ノンジアミンと問題なく、コンディショナーには天然海藻エキスを配合することでダメージケアもしてくれます。

さらにプリオールには独自の美髪効果を持った「マイクロクリスタリンワックス」という成分が使われているんです。

マイクロクリスタリンワックスは髪のツヤ・コシを保ってくれる働きがあり、これによって年齢とともに弾力のなくなった髪をふわっと若かりし頃の髪に復活させてくれるんです。

白髪染めトリートメントの選びの3ポイント

白髪染めトリートメント 使い方 選び方

人気の白髪染めトリートメントはわかったけど、それでもどれがいいか迷ってしまう…という方は、下記の白髪染め選びのポイント3つを参考にしてみてください。

髪に優しい成分を使っているか

白髪染めトリートメントはどれも髪を傷めない低刺激な成分で作られていますが、極度の敏感肌でも使える白髪染めとなると、さらに髪に優しい商品を選ぶ必要が出てきます。

その見極めとなるのが無添加表記の白髪染めかどうか、そして天然の植物性原料を多く使っている白髪染めかどうかになります。

そしてそのどちらもクリアしているおすすめの白髪染めトリートメントが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

利尻は無添加で植物染料も多く使われているので、敏感肌の人でも安心して使うことができるんですよ。

トリートメント効果を見てみる

白髪染めトリートメントを選ぶ際は、そのトリートメント効果にも注目するといいですよ。

商品によってトリートメントに含まれる美髪成分は様々で、得られる効果も変わってきます。

そしてその中でも女性にとって嬉しいのは、艶のあるサラサラヘアーに仕上がることではないでしょうか。

もしそのような美しい髪になりたいなら、やはり私の一押し「利尻ヘアカラートリートメント」でしょう。

利尻に含まれるフコイダンは、使えば使うほど本当に髪をツヤツヤにしてくれるので、是非試してみてほしいです。

染まりやすいかどうか見てみる

白髪染めトリートメントは脱色をせずに徐々に髪を染めるという性質上、染まりにくい白髪染めと勘違いしている人がいますが、そんなことはありません。

利尻やルプルプのように良く染まる天然染料を使い、染料に工夫をすることによって生え際の細かい場所までしっかり染めることが出来る白髪染めもあるんです。

まとめ

白髪染めトリートメントはとても簡単な使い方で白髪を染めることが出来ます。

ヘアカラータイプの白髪染めのように、事前に液剤を混ぜる手間もありませんし脱色もしないので髪を傷める心配もありません。

また、染める際にほんの少し工夫するだけで、一段と染まりを良くすることだって出来るんです。

このような手軽さから、今まで白髪染めを面倒に感じていた人の間でも白髪染めトリートメントの評価はグングン上がっています。

もし使ってみようかと迷っている方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です