白髪染めトリートメントでグレーに染められる!グレーカラーの注意点もご紹介します

40代もすぐそばに迫ってきた時に、ふと鏡を見た時に『白髪』が気になる…。

30代の頃から、ちらほらと生えてきてはいたものの、数本だったから抜くか切れば良いや♪って思って放置してたけど、いつの間にかかなり増えてきて、明らかな「老け」を感じた。

「白髪出てるよ!」って言われることも増えたし、白髪染めしないと…。

そう思って美容院や市販の白髪染めで染めるようになったけど、最近染める回数が増えておっくうになってきたし、染めるたびにギシギシ髪が傷むのもイヤ。

流行りのグレーヘアーに挑戦したいけど、白髪が伸びる途中に”貧乏くさくて疲れた人”とレッテルを貼られるのもイヤだ!

出来ることなら手軽で安く、グレーに染められる”なにか”を使って、大人のおしゃれを楽しんでいきたい!

今回は、そんな悩みを抱える人に向けて「グレーに染まる白髪染めトリートメント」について、紹介していこうと思います。

白髪染めトリートメントでグレーに染めることはできるの?

グレー系の髪色って、実は若者から注目されている色(アッシュ系と言われています)。

その上、最近ではあえて白髪をそめず、色合いを活かした『グレーヘアー』も人気ですし、グレー系の色を入れて白髪を目立たなくさせたいと思う方も多いはず。

そこで気になるのが、「白髪染めトリートメントでもグレーに染めることが出来るか」ということ。

実際はどうなのか、まずはお話していこうと思います。

白髪染めトリートメントで流行りのグレーヘアーになれる人・なれない人

グレーヘアーになれる人

グレーヘアーになれない人

  • 全て白髪の人
  • 半分以上が白髪の人
  • ちらほら白髪が生えている人
  • 白髪がまばらにある人

見てもらうとわかるように、白髪をあえて染めず、色合いを活かしたお洒落な「グレーヘアー」になって、白髪と黒髪が織りなすコントラストを楽しめるかどうかは、白髪の量が大きくかかわっています。

つまり、白髪の量が少ない状態でグレーヘアーに挑戦し、白髪染めトリートメントでグレーにしようなんてことは、かなり難しいんですよね…。

ハッキリ言っちゃうと、「うっすらグレーに染まった白髪は、結局白髪のまま」ってワケです。

そう考えると、グレーヘアーってかなり難易度が高いから、おしゃれ上級者に見える、そう言えるのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントではグレーに染められない?

そしてもう一つ覚えておいてほしいのが、「髪をグレー(いわゆる銀髪)にすること自体、かなり難しいこと」ということ。

元々、髪色をグレーにするためには、一度髪を脱色してその上で色を入れる必要があります。

早い話、染毛力の強い薬剤を使った、ヘアカラーをしないとできない、”科学的な色”なんです。

そのため、頭皮や髪へのやさしさを一番に考え、自然成分で染められる白髪染めトリートメントでは、ほとんどの場合がうまく染まりません。

だからこそ、グレーヘアーを楽しむためには、白髪の量が結構重要と言われるんですよね…。

ただ、髪色をグレー(シルバー)にするのではなく、「グレー系の髪色(アッシュ系)」にするなら話は別です。

グレーっぽく見せるダークカラー系の白髪染めトリートメントも一つの手!

グレー系(アッシュ系)は、簡単に言うと「灰色っぽいくすんだ感じ』の色合いの髪色。

見た感じだと、黒っぽいけど青みがかったような、緑がかったような色なんですが、実は白髪染めトリートメントはこういった色に強く、白髪をグレーっぽく目立たないように染めてくれます。

つまり「なんちゃってグレー系(アッシュ系)」にしやすいんです。

しかも染色成分も天然成分を使っていることが多いので、キレイな髪質で染めることが出来るのもポイント。

白髪の量もありますが、白髪染めトリートメントでもグレーっぽく、くすんだ感じを表現できて楽しむことが出来る、そう考えるちょっと使ってみようかなって思いませんか?

ダークカラーにしてくれるおすすめの白髪染めトリートメントをまとめました!

そこでここからは、ダークカラーの白髪染めトリートメントの中でも、特に人気の商品を三つ紹介しちゃいます!

また、併せてグレーっぽい色合いにしてくれるカラーも紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量

200g

染色成分

6種類

美髪成分

28種類

カラーバリエーション

 
価格

初回限定:2,160円

単品購入:3,240円

※送料540円
(2本セットで無料)

【口コミ】

42歳(女性)★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

30代後半から白髪が数本見えて気になってはいたものの、わざわざ染めるのもな…って思って放置。

そしたらいつの間にか、職場で立ち座りをするときになびくと必ず指摘されるほど、髪の内側に大量に増えてしまい、どうせならちょっとグレーっぽく染めようと思って買ったのがコレ。

現在半年ほど利用しているんですが、白髪が狙い通りグレーっぽい茶色に染まってくれて、元々の栗毛っぽい感じに良いグラデーションになっているのがいいですね。

まだまだ白髪は増えてくると思うので、白髪染めを辞めるまで続けていこうと思います。

47歳(男性)★★★★★ 5
選んだ色:ブラック

元々白髪は多い方ですが、特に気にせず過ごしていたところ、仕事をする上でかなり印象が悪くなり、ひどい時では60代と間違われるように…。

そこで少しでも印象を良くするために、ロマンスグレーのような髪色を目指そうと思って白髪染めを使ったものの、真っ黒に染まってしまい困っていた時に出会ったのが利尻でした。

ブラックなので最初は恐る恐る使っていたんですが、いい具合にグレーに染まってくれて、今では会社内で「ダンディなおじ様」と言われることが増えました(笑)

手軽に染めやすいので、これからも愛用させてもらおうと思います。

27歳(女性)★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

まだ20代なのに、30本くらいずつまばらに白髪があり、定期的に白髪染めしていたんですが、髪はギシギシするし、パサパサした茶色っぽくなって嫌だったときに、利尻のことを知って買い始めて、現在5ヵ月。

かなり良いです、コレ!髪がパサパサ・ギシギシせず指通り滑らかで、染まり具合も問題なし!

ちょっとグレーっぽく染まった白髪がアクセントになって、今流行りのヘアカラーのような色合いを楽しむことが出来ます♪

色落ちし始めるのがちょっと早いような気もしますが、それもアクセントになるのでかなり満足しています。

41歳(男性)★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラック

20代前半頃からサイドの髪色に白髪が目立ち始め、40代になった今ではサイドは完全に白っぽいグレー。

これでも充分おしゃれだと思っていたんですが、娘から年寄り臭いと言われてしまい染めることにしたんですが、これ以上髪や頭皮を痛めて薄くしたくなかったので、利尻で染めてみることに。

しかし、色落ちが早く週に2、3回ほど使わなければいけず、染まり具合も真っ黒になってしまい、逆に違和感が出てしまい…1本使ったあたりで使うのを辞めてしまいました。

人によって合う・合わない色はあるみたいですね。ダークブラウンを選んでおけば、こういった失敗はなかったかもしれません。

52歳(女性)★★☆☆☆ 2
選んだ色:ナチュラルブラウン

週1または最低でも2週に1回は染めないと生え際が真っ白になってしまい、白髪染めと美容院とで白髪と戦っていたんですが、50代になったしそろそろグレーヘアにしてもいいんじゃないかって思うようになり、傷まず手軽に今の髪色に合った利尻を購入。

使い始めて3週間ほど経つんですが、正直言ってグレーっぽく染まった気は全くせず、白髪と茶髪の織り成すコントラストに悩みます。

しかもこれでもか!ってくらいしっかりすすがないと、きちんと染料が落ちないし浴槽につくと落ちにくい。

やっぱり白髪染めトリートメントって言ってもこんなものか…と落胆しました。

37歳(女性)★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ライトブラウン

若白髪が多く、美容院で白髪が増えても目立たないように、明るめのグレージュにしてもらってたんですが、日にちが経って根元に白髪が増えると途端に老けた気がしてしまい…

利尻はそんなときのつなぎとして使おうと思って買いました。

でも、これが大失敗!

白髪に色がしっかり色が定着せず、グレーっぽいと言うより緑に近い色になるし、使った後は必ず髪がギシギシ。

選べる色にグレー系の色がない時点で敬遠すればよかったと思います。

利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布をはじめとした美髪成分で髪に潤いを与えつつ、植物性染料と化学染料で色を定着させてくれる白髪染めトリートメント。

口コミを見てみると、グレーっぽい色合いになるといった意見も多いですが、緑に近い色になった!といった意見も見られますね。

実はこれって、ブラウンやブラックといった色味を出すために、配合している赤・黄・青などを配合しているんですが、髪の毛にダメージがると、赤色がすぐ抜けてしまうから起きてしまうんです。

(ちなみに…これ、どの白髪染めトリートメントでも起きます)

そのため、利尻ヘアカラーを使って髪色をグレーっぽくするなら、ヘアカラーをいったん辞めて、切り替える形で使っていった方がいいかもしれませんね。

【選んでおきたいのはコレ】

ダークブラウン

落ち着いた色合いになるブラウンです。赤みがなくグレーに近づけることが出来ます。

ブラック

利尻のブラックはほかの白髪染めトリートメントと比べて、グレーっぽい仕上がりになるのが特徴。白髪の量が多かったらコチラを使ってみてもよさそうですね。

LPLP

内容量

200g

染色成分

4種類

美髪成分

15種類

カラーバリエーション

価格

初回限定:2,160円

単品購入:3,240円

※送料540円
(2本セットで無料)

【口コミ】

51歳(女性)★★★★★ 5
選んだ色:モカブラウン

白髪の量が増えてきたので、思い切ってグレイヘアにしようと思ったんですが、白髪の量がまだまだ足りず、放置するとズボラなイメージになってしまい、結局白髪染めして酷いかぶれと戦う毎日。

そんな私の戦いに終止符を打ってくれたのがLPLPでした。

使うたびに髪色をグレーっぽく染まるので、地毛の黒髪に隠れてくれますし、白髪がどんどん増えてくると逆にアクセントになってくれて、なんだかいい感じ♪

お風呂に入る前にサッと使って行くことが出来るのも好感触。これからも愛用していこうと思います。

25歳(女性)★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

遺伝の関係か若白髪が多く悩んでいたんですが、開き直ってお洒落なグレイヘアっぽくしようと決意した時に、LPLPのことを知って使い始めました。

普段はおしゃれ染めでグレージュにしてもらって、白髪が生えてきたらLPLPをつかうようにしていたら、ちょっと立体的に見えるようになってかなり良いです!

しかも、カラーリングすると髪がゴワゴワしちゃうんですが、LPLPを使えばさらさらになるので毎日使いたくなります。

39歳(男性)★★★★☆ 4
選んだ色:ソフトブラック

元々白髪が生えやすく、ちらほらと見かけては切るようにしていたんですが、かなり増えてきて切るのも面倒に。

本数が増えてきたし、40も手前なので思い切ってグレーっぽい髪色にしようと思って定期的にLPLPを使っています。

LPLPは白髪だけほんのりグレーっぽく染まってくれるので、自然な髪色になって清潔感も保てますし、色落ちするのも早いのでこれから先白髪が増えた時に、ロマンスグレーに切り替えやすい。

ただ、減りやすいってのが気になりますね。私は短髪なので量を少なくしても大丈夫ですが、女性だと結構すぐになくなるかも。

37歳(女性)★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラウン

若白髪が多く、美容院に行くたびに白髪染めをしていたんですが、毎回カラーにすると値段も高いし、3週間ほどで根元の白髪が目立って年寄り臭くなるしどうしよう…と思っていた時に、LPLPのことを知って試してみることに。

結論から言うと、しっかり染まってくれるけど、すぐ落ちるってところでしょうか。

白髪がグレーっぽいブラウンに染まってくれるのは確かにあるんですが、カラー剤を使っていた頃よりも色落ちが早く、購入するサイクルが早いです。

美容院に行くよりは安いのでいいのですが、できることならもうちょっと色持ちしてくれるモノを使いたいと思い始め、この先使っていくかどうか悩んでいます。

40歳(男性)★★☆☆☆ 2
選んだ色:ソフトブラック

吉川晃司のようなグレイヘアに憧れて白髪染めを辞めたんですが、白髪の量が少ないのかかなり不自然で、同僚からは染めた方が良いと言われる始末。

白髪が増えるのは一向にかまわないんですが、大事なときにサッと染められるものを…と言うことでLPLPを使い始めたんです。

でも、自分には合わないです。

使い勝手は確かに良く、サッと使えて目立たなく仕上がるのには良いんですが、グレーっぽくなるっていうより黒!って感じの色合いになってしまうので、結局辞めてしまいました。

やっぱり、カラー剤で一回グレイヘアにしてしまった方が、自分的には良いみたいですね。

46歳(女性)★☆☆☆☆ 1
選んだ色:ブラウン

元々白髪染め対策として、美容院でアッシュブラウンにしてグレーっぽく仕上げてもらっていたんですが、いざ白髪の本数が増え始めて来ると、かなりみすぼらしく見えると思うようになり、美容院に行く間のつなぎとして、LPLPを使い始めました。

でも、個人的にはかなり失敗。

染まり具合は良い…というか染まりすぎてアッシュブラウンっていうよりも茶!って感じでかなり色にばらつきが出るし、色落ちしはじめるとさらに色にばらつきが出てみっともない状態に。

使わないでいた方がまだましなので、3週間くらいで使うのを辞めてしまいました。

LPLPはガゴメ昆布に含まれるフコダインで傷んだ髪に潤いを与えつつ、植物性染料と刺激の少ない化学染料を加えることで、色の染まり具合を良くしている白髪染めトリートメント。

口コミを見てみると、ダークブラウン・ブラックを選んだ人がグレー系の色に染まって満足していることが分かりますが、その反面、ナチュラルブラウンやライトブラウンといった「明るめ」の色を選ぶと失敗しやすく、ブラックのような暗すぎる色でも髪色に合わなければ失敗することもあるようです。

このことから、LPLPでグレー系の色を楽しむのであれば、ダークブラウンはまず失敗しない色ですが、髪色に合わせて選ぶ時はきちんと自分の髪色と照らし合わせて、染める時間を短くするなどの工夫が必要だと言えます。

もちろん、利尻と同様にヘアカラーしてすぐにコチラを使うと、失敗につながることもあるので注意しましょう。

 

【選んでおきたいのはコレ】

ダークブラウン

利尻と比べると、赤みがかった色になりますが、逆位自然な印象を与えてくれます。

グレーにしたいけど染める勇気がない、と言う人にはオススメですよ。

ソフトブラック

その名の通り、柔らかさのある黒になり、利尻と比べると濃く染まります。そのため、放置時間を5分~10分くらい短くするなどの工夫が必要です。

 

マイナチュレ

内容量

200g

染色成分

5種類

美髪成分

44種類

カラーバリエーション

価格

初回限定:3,650円

単品購入:4,298円
※送料750円
(定期コースは無料)

【口コミ】

48歳(女性)★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

年を重ねるごとに白髪染めする回数が非常に多くなり、かなり面倒になって来たので、思い切ってグレイヘアに挑戦したい!そう思ったときに使っていたのが、マイナチュレのダークブラウン。

ダークブラウンっていうよりもアッシュブラウンに近い色に染まってくれるので、髪に立体感が出ていい感じになります。

スカルプケアしながらサッと染まってくれるので、ヘアカラーした時のようなギシギシする感じはありませんし、染まった感じも気に入ったのでリピ買いして徐々にグレイヘアに近づけていこうと思います。

50歳(女性)★★★★★ 5
選んだ色:ダークブラウン

子供も独り立ちして数年たち、そろそろ自分らしい髪型に戻すために白髪染めを辞めようと思ったんですが、伸ばす途中でいつも挫折して白髪染めする羽目に…。

そんなときに髪を傷めずサッと染めることが出来る、マイナチュレのことを知って試してみたんですが、かなり良い感じ!

グレーっぽいブラウンに仕上がってくれるので、ぱっと見だと白髪が全く気にならなくなりますし、髪質も前より良くなってサラサラ指通りが良く、個人的には大満足なので半年くらいリピ買いしています。

38歳(男性)★★★★☆ 4
選んだ色:ダークブラウン

ここ数年で白髪が一気に増えて目立つようになったんですが、元々地毛が栗毛のため、黒く染めるとかなり違和感が出て、余計貧相に見えてしまう私を救ってくれたのが、マイナチュレでした。

自分の髪色に合っているのか、ちょっとグレーっぽいブラウンに染まると白髪が気にならなくなりましたし、髪だけではなく頭皮にもやさしく、かぶれることはまずないです。

ただ、商品の価格が高いことと、ツヤが出すぎるのは難点ですね。

女性向けに作られた商品だと言うことは知ってはいましたが、逆に違和感を感じるくらいにツヤが出るのを何とかしてほしいかなって思います。

39歳(女性)★★★☆☆ 3
選んだ色:ブラウン

20代後半に娘を出産してから白髪が一気に増え始め、髪をかき上げたり結ったりすると無数の白髪を見えるようになるので、おしゃれな髪形に出来ず。

白髪染めしようと思ったけど髪が傷んでパサつくのも嫌だったので、マイナチュレで白髪対策することに。

期待していた染まり具合は良かったんですが、グレーっぽいっていうよりも赤茶っぽい色合いに染まるので浮いてしまい、キレイな髪色になった!と感じることはありません。

ダークブラウンならこういったことがないかな?と思って、今使っているものを使いきったら切り替えるか、それとも別な白髪染めトリートメントを使ってみるか判断したいと思います。

43歳(男性)★★☆☆☆ 2
選んだ色:ダークブラウン

数年前から白髪が目立ち始め、最近は生え際から一気に白髪が増えてしまい、元々髪が細いのもあって余計に髪が薄くなった気もするので白髪染めして髪を傷めたくはない…そう思ってスカルプケアできるマイナチュレを買ったんです。

でも、色自体が自分の髪色とあっていなかったからなのか、黒と赤茶っぽい色の2トーンになってしまいました。

頭皮にやさしく使っていくことが出来るのは良いですが、自分に合わないので使うのを断念。

初めてこういった商品に手を付けたので、いい勉強になったと考えるようにしています。

29歳(女性)★☆☆☆☆ 1

選んだ色:ブラウン

若白髪が多く、美容院に行くたびにグレー系の明るい茶髪にしてもらっているんですが、数日たつと白髪が目立って汚い有様に。

白髪染めの為に美容院に通うのは金銭的に無理だから…と思ってマイナチュレを使い始めたんですが、大失敗!

ロングヘアなのですぐになくなっちゃうし、3日に一回染めるようにしても、ほんとに染まった?と疑いたくなるくらい、染まり具合は最悪。

使用時間を伸ばしてみたけど、逆に染まりすぎてグレーっぽいっていうよりも赤みがかかった茶髪になって、変な感じ。

使い続けたら変わるかもって思って、2ヵ月位我慢して使ってみたけど、そんなこともなかったのですぐに解約しちゃいました。

マイナチュレは白髪ケア・エイジングケア・スカルプケア・ヘアケアの4つの働きで、白髪を染めつつキレイな髪形を維持できる、白髪染めトリートメント。

口コミを見てみると、ダークブラウンならグレー系の色合いを楽しむことが出来そうですが、明るいブラウンだと赤みがやや強く、グレーっぽくならないことが分かりますね。

ただ、ダークブラウンでも男性には髪色が合わなかったり、ツヤがですぎたりする意見もあるので注意が必要です。

そう考えると、カラーバリエーションが2つのみのマイナチュレは、くすみがかった茶髪に出来るだけではなく、ツヤ等の効果も期待が出来る”女性向けの商品”と言えるのではないでしょうか。

 

【選んでおきたいのはコレ】

ダークブラウン

マイナチュレのダークブラウンは、やや赤みがかった色になり、くすんだ栗毛色のような色合いにすることが出来ます。

グレーっぽい(アッシュ系)印象と結びつきづらいですが、初めてグレー系の色を試してみたい人におすすめです。

 

―ボタン―

市販の白髪染めでグレーカラーに染めることはできるの?

さて、ココまで「グレーっぽい色合いにしてくれる」白髪染めトリートメントについて、色々とお話してきました。

…が、皆さんもご存知の通り、グレーヘアーや、グレーっぽいくすんだ色合いにしてくれる、ヘアカラーやヘアカラートリートメントといった市販商品もちらほら見かけます。

そのため、単純に髪色をグレーにするなら、こっちを使った方が良いと考えている人も多いはず。

実際は、市販のグレーにしてくれる商品ってどうなのでしょうか、最後に少しだけお話していこうと思います。

市販の白髪染めは、はっきり言っておすすめできない!

結論から言うと、市販の(白髪染め用を含む)髪色をグレーに染めるヘアカラーは、基本的におすすめできるものではありません。

最初の方でも紹介しましたが、髪が染まる仕組みは、簡単に言うと「髪を痛める→色を浸透させる→髪を染める」といった形になっています。

しかも、グレー(シルバー)ヘアーは、髪を一度脱色してその上から染めないと、キレイに色が入ることが難しいんです。

そのため、誰でも使えるように作られている市販のヘアカラーは、髪だけではなく頭皮に大ダメージを与えて、かぶれの原因になってしまいますし、染まり具合も人によってばらつきが出ます。

そう考えると、白髪の量を気にせず、とにかくグレーヘアーにしたいんだ!という方は、まずは美容院に足を運ぶことをオススメしますよ。

ヘアカラートリートメントにもグレーに染められる商品はあるけど…

また、市販商品の中には「エブリカラートリートメント」や「ルシードボリュームアップカラートリートメント」、「クリップジョイント カラーバター」のようなグレーカラーを定着させるヘアカラートリートメントもあります。

しかし、髪にグレーを定着させてくれるこういった商品は、基本的に白髪の量に依存してしまい、アナタが望んでいる「グレーっぽい髪色」に近づけること自体がそもそも難しい場合が多いです。

早い話が、「黒髪が多い中でグレーっぽくしても、白髪に見えてしまってみすぼらしく見える」ってこと。

そう考えると、元々の色合いに近づけつつ、アッシュ系(グレーっぽい)の色合いに近づけてくれる、白髪染めトリートメントはかなり重宝する存在と言えるのではないでしょうか。

まとめ

「白髪染めトリートメントでグレーにすることは難しいが、アッシュ系(くすみがかった色合い)にすることはできる」

グレーヘアーはかなりお洒落で、魅力を感じる方も多いと思いますが、”白髪の量”に依存する髪色になるため、いきなり白髪染めを辞めても、期待していた色合いになることはまず難しいです。

しかし、くすみがかった色合いに近づけることで、アッシュ系(グレー系)を楽しむことが出来ます。

そう考えると、白髪の量が一定以上(全体の30%~半分くらい)になるまでは、白髪染めトリートメントでアッシュ系の髪色を楽しみ、徐々に切り替えていった方が、貧相でみすぼらしい印象を与えずにグレーヘアーに出来ると言えるのではないでしょうか。

そのためにも、今回紹介した白髪染めトリートメントを先ず試してみることをおすすめしますよ。


肌に優しい頭髪の白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です